【 哺乳類】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·瀬戸内海の自然を楽しむ  ·48th-setonaikai  ·スナメリ  ·ハセイルカ  ·ナガスクジラ  ·マッコウクジラ  ·カミツキマッコウ  ·クジラ  ·メガ恐竜展2017  ·MegaKyouryuu2017  ·パンダ  ·ジャイアントパンダ  ·王子動物園  ·動物園  ·クマ  ·ウォンバット  ·ヒメウォンバット  ·五月山動物園  ·哺乳類  ·有袋類  ·公園ネコを考える  ·ネコ  ·ヤマネコ  ·ネコの生態  ·山のエビフライ  ·旗尾岳  ·食痕  ·フィールドサイン  ·47th-hyougajidai  ·氷河時代展  ·大阪市立自然史博物館  ·トラ  ·ニホンムカシジカ  ·ヘラジカ  ·ヒグマ  ·更新世  ·氷河時代  ·気候変動  ·47th-hyougajidai  ·氷河時代展  ·大阪市立自然史博物館  ·ヘラジカ  ·ケナガマンモス  ·ヤベオオツノジカ  ·ナウマンゾウ  ·パレオパラドキシア  ·デスモスチルス

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

第48回特別展「瀬戸内海の自然を楽しむ」でクジラのふしぎがいっぱい!〈大阪市立自然史博物館〉

 特別展「瀬戸内海の自然を楽しむ」の見どころの一つは、クジラ。
 初お目見えのザトウクジラをはじめいくつもクジラの骨格標本が展示されています。


 え、展示されてるのはイルカばかりじゃないかって?
 いえいえ、イルカはクジラです。
 ハクジラの中の小型のものを「イルカ」と呼びます。
 分類学的にはクジラとイルカのちがいはありません。
 呼び名としては、どうも4メートルあたり境界があるようですが、名前に「クジラ」がつくか「イルカ」がつくかで十分でしょう。
 ということで、今回は個別の名前以外は「クジラ」で統一します。

 そのクジラの骨を見て、不思議に思うところの一つ。
 指の骨の数。
 クジラの指の骨は、人間より多いのです。
 人間の指の骨は、見えているところが3個で手の甲の中に見えないのが1個の計4個。
 親指だけ1個少なく3個です。

ザトウクジラ 最も長い指で9個


でも指が4本しかなかったり骨の数が増えてない指があったりと
必ずしもすべての指の骨が増えたわけではありません

 クジラと人間では見た目も生活の仕方もちがうので、指の骨の数がちがっても当然。
 と思うかもしれません。
 人間とクジラは同じ有胎盤類の哺乳類。
 同じ先祖から分かれてきました。
 魚のようなクジラも元は四足の動物。
 そして、霊長類は哺乳類の古い形(基本的な形)をわりと残しています。
 もちろん人間も。
 つまり、クジラの指の骨は、増えているのです!

大阪湾にも住んでいるスナメリ 人差し指と中指だけが増える



 進化すりゃ増えることもあるだろう。
 と思うかもしれません。
 ところが、脊椎動物の進化は基本的に減る方向に進みます。
 そして、一度なくなったものはもとに戻りません。
 たとえば、一度陸上に出てから再び水中に戻って魚のようになった脊椎動物にクジラのほかに魚竜がいます。
 どちらも尾鰭には骨がなく、皮膚を変化させヒレの形を作っています。
 陸上に上がって失ったヒレの骨は戻らなかったのです。

 人間の指の骨の数は哺乳類の基本的な数です。
 展示されているクジラの手の指と比べてみてください。
 足の骨を骨盤以外なくし、腕の骨も短くしたのに、指の骨だけを増やしたふしぎなクジラ。
 その理由を考えてみるのもおもしろいかもしれません。

ハセイルカ
人差指(9個)と中指(7個)が増えていますが薬指と小指は減っています



 クジラは「瀬戸内海の自然を楽しむ」展以外でも見られます。

博物館前ポーチのナガスクジラのナガスケ
小指はなくなっているようですが指の骨数は増えてるか変わっていない



ナガスケのとなりのマッコウクジラのマッコ
指の骨はやはり人差し指と薬指が増えています


親指がわからないほど細くなっていますが5本そろっています

 本館第3展示室にもナガスクジラがいます。
 まるでくじらの博物館のようです。
 また、自然史博物館が主催しているもう一つの夏の展。
 ATCの「メガ恐竜展2017」にもクジラが展示されています。
 「瀬戸内海の自然を楽しむ」と「メガ恐竜展2017」は相互チケット割引があります。
 What's New: 特別展「瀬戸内海の自然を楽しむ」×「メガ恐竜展2017」相互割引を実施します

メガ恐竜展2017のカミツキマッコウ
この復元では人差し指と中指の骨の数は増えていないようですが
まだ見つかっていないだけかもしれません


マッコウクジラの「ご先祖様」で古い姿を残していると言われています

指の数以外にも、歯がみんな同じ形をしてる(たとえば人間は犬歯とか奥歯とかいろいろな形の歯があります)とか、ほかの哺乳類とちょっとちがうところがあります。
 クジラの大きな体には不思議がいっぱいつまっています。

■参考外部リンク■
第48回特別展 瀬戸内海の自然を楽しむ~生き物のにぎわいとその恵み~
メガ恐竜展2017-巨大化の謎にせまる- 大阪開催【公式サイト】
大阪市立自然史博物館

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 瀬戸内海の自然を楽しむ  48th-setonaikai  スナメリ  ハセイルカ  ナガスクジラ  マッコウクジラ  カミツキマッコウ  クジラ  メガ恐竜展2017  MegaKyouryuu2017 

スポンサーサイト

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

パンダのかわいさは草食系肉食動物だから? 王子動物園

 パンダ。
 説明の必要がないほど人気がある動物。
 上野動物園ではいなくても話題になるほどの人気動物です。
 そしてかわいいだけでなくおもしろい動物です。

王子動物園のパンダ

 「パンダ」というのは、ジャイアントパンダとレッサーパンダを合わせた名称ですが、普通はジャイアントパンダのことを指します。
 ジャイアントパンダは、哺乳綱 食肉目 クマ科 ジャイアントパンダ属。
 食肉目。別名ネコ目。
 つまり、肉食動物ばかり集まったグループです。
 もちろん、パンダは笹を食べます。
 草食動物です。

丸顔は草食のおかげ

 実は動物は植物を消化できません。
 植物が生まれるよりずっと昔からいるからでしょう。
 でも草食動物はいます。
 それは、植物を分解できる生き物(細菌)の力を借りているから。
 内臓の中にたくさん細菌を住まわせて、分解してもらっているのです。
 ですから、体が大きかったり、常に食べていたり、いつものんびりしていたりします。
 体の中に細菌をいっぱいにして、それでもなかなか分解できないので、たくさん食べたり、のんびりして細菌を活発にしたりしなければならないのです。

ぐでパンダ

 パンダがいつも笹を食べてて、ゴロゴロしているのもきっとそうにちがいありません。
 そしてクマらしからぬ丸い顔も固い笹をかみつぶすために太い筋肉をつけたためだとか。
 パンダのかわいさは、草食動物だから。
 でも、同じ草食動物の牛や馬や羊にはパンダのようなかわいさは感じられません。
 別のかわいさです。

 それは、パンダは体が柔らかい肉食動物の仲間だったからかもしれません。
 牛も馬も羊もパンダのようにおしりをついて座れませんから。
 それにパンダは元が肉食のクマ。
 まだ体が草食に適応しきれてなく、腸に十分な長さがありません。
 それもほかの草食動物には見られないパンダらしさの理由なのかもしれません。

■参考外部リンク■
神戸市立王子動物園【公式】

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: パンダ  ジャイアントパンダ  王子動物園  動物園  クマ 

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

ぬいぐるみみたいなウォンバットと出会える五月山動物園

 大阪府池田市の五月山動物園。
 日本で二番目に小さいと言われる動物園ですが、無料。
 そして、日本では数少ないウォンバットを見ることができる場所。
 五月山動物園にいるのは、ヒメウォンバット。

小さいけど無料でウォンバットが見られる五月山動物園

 ウォンバットはオーストラリアに住む哺乳類。
 オーストラリア大陸は恐竜がいた中生代白亜紀末にほかの大陸と別れ、恐竜絶滅後独自の進化をしました。
 そのため、有袋類という、人間を含む有胎盤類とはちがう哺乳類が繁栄しています。
 白亜紀後期に現れた有袋類はほかの大陸にも広く分布していましたが、恐竜絶滅後に現れた新しい哺乳類の有胎盤類との競争に負け、各地で絶滅。
 オーストラリアは有胎盤類が誕生した大陸から遠くはなれていたので、有袋類は多様化しました。
 その一つがウォンバット。

ぬいぐるみみたいなヒメウォンバットのフク

ヒメウォンバットの分類の位置
動物界
脊索動物門
脊椎動物亜門
哺乳綱
後獣下綱真獣下綱
有袋上目有胎盤類
双前歯目ウマ
ヒツジ
ウサギ
トラ
 カンガルー科
ウォンバット科コアラ科カンガルー
ワラビー
ヒメウォンバット属ケバナウォンバット属コアラ

 ヒメウォンバットは草食で、室内犬くらいの大きさ。
 全体がころころしていて、まるでくまのぬいぐるみが動いているよう。

顔もかわいい

 五月山動物園は、オーストラリア以外で最初にウォンバットの繁殖に成功した動物園。
 展示場の近くの五月山ギャラリーではヒメウォンバットについての展示があります。
 そこにはヒメウォンバットの骨格標本や剥製もあります。

五月山ギャラリーでは標本を展示

 五月山動物園、大阪府池田市にある日本で2番めに小さいと言われる、ヒメウォンバット以外にもワラビーやエミューなどオーストラリア率が高い動物園です。

■参考外部リンク■
五月山動物園 公式サイト [SATSUKIYAMA ZOO]

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウォンバット  ヒメウォンバット  五月山動物園  哺乳類  有袋類 

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

公園ネコを考える5 ノラネコの生態について考えてみることにしました。

 ネコは人間がつくりだした、自然界には存在しない生き物です。
 といっても、錬金術のように材料を集めて錬成したものではありません。
 品種改良してつくりだしたものです。

これまでの【公園ネコを考える】
【1 ノラネコについて考えてみることにしました。】
【2 分類学的にネコについて考えてみることにしました。】
【3 人間との関係でネコを分類してみることにしました。】
【4 ヤマネコの生態について考えてみることにしました。】


 生き物はもともと環境などに応じて変わっていく能力を持っています。
 それを利用して、人間が都合よく作り変えていったものを、動物の場合は「家畜」といいます。
 ネコは、野生動物のヤマネコを家畜化したものです。

 人間は数多くの家畜を作り出してきましたが、その中でもネコは野生の特徴を最も残していると言われています。
 たとえば、絹を作り出すカイコガは、家畜化が進み、成虫は飛ぶこともできず、幼虫は食べ物を探すこともできなくなっています。
 つまり、人間が世話をしなければ生きていくことができないのです。
 ネコがノラネコになって生きていけるということは、それだけ野生を残しているという証かもしれません。


 ですから、完全に野生化した野猫の生態は、基本的にヤマネコと同じと考えられます。
 しかし、人間への依存をして生きている野良猫の場合、ヤマネコとちがうところも多いようです。
 その一つが縄張り。
 ヤマネコの場合、単独で生活し、平均約3平方キロメートル(約1.7キロメートル四方)のなわばりをもつといわれます。
 たとえば豊かな自然があると言われる明治神宮の面積は0.72平方キロメートルですから、広いことで有名でも数字の上では1匹も生きていくことはできません。
 つまり、近所の公園レベルでは、ネコは1匹でも生きていくことは、できるわけがないのです。

 でも、野良猫はたくさんいます。
 それは、食べ物が自然界にはない形で提供されているからです。
 一つは残飯。
 そして他には餌やり。
 どちらも特定の場所でなされます。
 結果、野良猫たちはそうした餌場を中心に縄張りが交差することになります。
 まだ、極めて狭い範囲で食べ物を得ることができるので、自ずと縄張り自体も狭いものになります。
 ですから、小さい公園でも多数の野良猫が生きていくことができるのです。


 縄張りが接する餌場で特に餌やりが行われる場合、本来は単独行動をするはずのネコが複数集まります。
 すると、そこには集団生活を行うイヌのように、序列が生まれます。
 これは飼い猫を複数を飼うと現れることで、ある意味家畜化の特徴とも言えることです。

 単純なネコとしての行動一つ一つは、おそらく野生のヤマネコと変わらない事が多いと思います。
 しかし、縄張りと集団行動という点では、かなり特異な状態にあるのが野良猫と言えるでしょう。
 そこに注目すれば、野良猫は明らかに飼猫の一種ということが言えるかもしれません。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 公園ネコを考える  ネコ  ヤマネコ  ネコの生態 

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

山のエビフライをつくったのは、だれ?

 また富士山に行ってきました。
 もちろん、標高600mにも届かない、大阪の天見富士。旗尾岳。
 富士山と言いつつ、ここのメインルートはほとんど同じくらいの高さの名もない尾根を歩いていく、登山というよりトレッキングな道。

 そこに落ちていたのが、山のエビフライ。
 動物が食べたまつぼっくり。
 リスのものが有名ですが、ムササビや鳥もエビフライをつくります。







 まつぼっくりは松の「実」。
 種が入っている「実」。
 「実」といっても、果肉のようなものはありません。
 芯とタネを覆っているウロコのようなものだけ。
 リスやムササビが食べるのはタネ。
 タネを食べるためにじゃまになるところをとった結果できるのがエビフライ。

 山の動物たちがつくるエビフライ。
 いろいろと見分け方があるようですが、まだよくわかりません。
 これらをつくったのはリスでしょうか?
 それともムササビでしょうか?

哺乳類のフィールドサイン観察ガイド

新品価格
¥1,944から
(2016/10/10 22:32時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 山のエビフライ  旗尾岳  食痕  フィールドサイン 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

第47回特別展「氷河時代」寒いときは日本にトラだっていました!?〈大阪市立自然史博物館〉

 どうも日本にトラがいたことにこだわる方が多いようです。
 日本のトラについて書いたページによくメッセージがあります。
 日本にもいろいろな動物たちがいて、絶滅してしまった動物も少なくありません。
 日本だけでなく地球上から絶滅してしまった動物もいますが、日本で絶滅しても、ほかの地域に生き残っている動物もいます。
 トラはそんな動物の一つ。

●今までの「氷河時代展」の記事
【気候変動はなにも今にはじまったことではありません?!】
【大きな動物は日本中しかも大阪にもいました!?】
【気候変動の証拠はいつの時代にだってあります!?】

センター南門の看板

 そう、日本にトラはいたのです。
 それを実感できるのが、自然史博物館の「氷河時代展」。
 もちろん、今の日本に野生のトラはいません。
 そして、少なくとも文書(もんじょ)には日本にトラがいたことは残っていないようです。
 つまり、日本で歴史が始まったころには、トラはもういなくなっていた、ということです。

トラ左第5中手骨 後期更新世 岐阜県郡上市

トラ下顎骨 トラ上顎骨・関顎骨 中期更新世 山口県美祢市

 トラが見つかった時代の様子を年表風にまとめてみました。
 いつものように直感的に時代の長さがわかるように、基本的に表の縦の高さは時代の長さに比例するようになっています。
 ただし、完新世はものすごーく短く文字が見えなくなるので、かなり高くしています。

年前
新生代第四紀完新世後氷期↑ 0(現在)縄文時代
更新世後期最終氷期↑ 1万1700トラ(岐阜県郡上市)
最終間氷期↑ 7万最古の石器(島根県出雲市)
中期↑ 12万6000
ヴルム氷期↑ 15万トラ(山口県美祢市)
間氷期↑ 70万
カラブリアン↑ 78万1000
リス氷期↑ 130万
ジェラシアン間氷期↑ 180万
ミンデル氷期↑ 230万
新第三紀↑ 258万
「氷河時代展」解説書と展示を元に「日本地質学会-地質系統・年代の日本語記述ガイドライン」と「氷河期 - Wikipedia」も参考にしました。

 日本は骨が残りにくい地質になっています。
 もともと化石自体が残りにくいものなのに、日本で化石が見つかるとは、当時は普通にトラがいたのかもしれません。
 ただ、それは寒かった氷期(ひょうき)に限られるようです。
 化石がないから暖かい間氷期(かんぴょうき)にいなかったとはいえませんが。

 なぜ寒い時期にしかいなかったのか。
 考えれる理由はいくつかあります。
 まず、寒いと氷が増えて海水面が下がり、日本が大陸と陸続きになったり、海峡が狭くなって、どんどん日本に動物がやってきます。
 トラも、トラが食べる動物も。
 そして寒いと草原が増え、大型草食動物も生きていくことができるようになります。
 大型草食動物がたくさんいるので、大型肉食獣のトラも生きていけるのです。

 最終氷期のトラと同じ岐阜県の郡上市(ぐじょうし)の熊石洞(くまいしどう)で見つかった日本では絶滅した動物たちです。

ヤベツノオオジカの角 更新世後期 岐阜県郡上市(地球上から絶滅)


ニホンムカシジカの角と下顎骨 更新世後期 岐阜県郡上市
(地球上から絶滅)


ヘラジカの下顎骨 更新世後期 岐阜県郡上市


ナウマンゾウの下顎骨 更新世後期 岐阜県郡上市(地球上から絶滅)


ヒグマの椎骨 更新世後期 岐阜県郡上市(北海道では絶滅していません)


 考古学的な証拠から現在日本と呼ばれる地域の中で、ホモ・サピエンスとトラが同じ時代に住んでいたことはまちがいないようです。
 ただ、家や土器をつくりだすようになり現在の日本人につながる縄文時代は、最後の氷期が終わって地球が暖かくなってから。
 そのころには日本のトラは全滅していたかもしれません。

本館のヤベツノオオジカとナウマンゾウ

 また、最終氷期とその前の氷期にトラの化石が見つかっていますが、その間の間氷期がどうだったのかわかりません。
 現在いないことを考えると、暖かかった最終間氷期には日本のトラは絶滅していた可能性が高そうです。
 このように生き物の絶滅と進出は、地質学的な尺度で見ると日本のような島では頻繁に起こっていたようです。
 つまり、生き物の生息について考えるとき、人間の極端に狭い尺度で考えるのではなく、もっと広い尺度で考え、想像することが大切なようです。
 そんな証拠がたくさんあるのが、「氷河時代展」です。

■参考外部リンク■
第47回特別展 氷河時代|大阪市立自然史博物館
ようこそ大阪市立自然史博物館へ

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 47th-hyougajidai  氷河時代展  大阪市立自然史博物館  トラ  ニホンムカシジカ  ヘラジカ  ヒグマ  更新世  氷河時代  気候変動 

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

第47回特別展「氷河時代」大きな動物は日本中しかも大阪にもいました!?〈大阪市立自然史博物館〉

 副題は「化石でたどる日本の気候変動」。
 動物などいろいろな化石で、日本の気温の変化をなぞっています。
 「氷河時代」というと、普通は新生代、恐竜が滅んでからのこと。
 残念、大きな動物の化石は、ない!

●今までの「氷河時代展」の記事
【気候変動はなにも今にはじまったことではありません?!】

特別展恒例の幟

 いえいえ、まったくいないわけではありません。
 哺乳動物には「ベルクマンの法則」というのがあります。
 同じ種類の動物は、寒いところに住む種のほうが大きくなる、というものです。
 簡単に言うと、寒いところの哺乳類は、でかい! ってことです(かなり乱暴な説明!)。
 つまり、今よりも寒い氷河時代には、今よりも大きな哺乳類がいたはずだ! ということ。

 まずは入口の、ヘラジカ。
 これは大阪万博のとき展示されていたという年代物。
 最終氷期(最も近い寒い氷河時代)のころは、日本中にいたと考えられています。
 奈良公園や厳島神社に行ったことがある方は実感できると思いますが、ニホンジカは四足で立っているとそんなに大きくありません。
 ただ、鹿せんべいを食べようと伸び上がると、人間よりも大きく(長く)なりますが。
 ヘラジカはニホンジカよりちょっと大きいくらいですが、ちょっと牛っぽくてずいぶん重そう。

角がないのでちょっと残念なヘラジカ

 そして、その奥にもっと大きな動物が見えますが、順路は右手へ。
 うーん、やっぱり、こういうのは入り口から見えないほうがその場で見たときのインパクトが強いように思います。

 そして20億年前の化石や、7万年の歴史を刻んだ地層などを見ながらグルっと回って、その大きな生き物たち。
 まず目を引くのは、真ん中のケナガマンモス。
 ただ、日本でマンモスがいたと思われるのは北海道だけですが、別のゾウ、ナウマンゾウは大阪にもいました。
 頭の骨だけですが、マンモスのとなりにちょこんとあります。
 マンモスとナウマンゾウは同じゾウ科のゾウ。
 どちらも肩の高さが3メートルほど。
 アフリカゾウよりも小さいとはいえ、見上げるような大きさ。

アフリカゾウより遥かに迫力がある牙のケナガマンモス

 マンモスの隣には大きな角の鹿がいます。
 ヤベオオツノジカ。
 マンモスの隣では小さく感じまずが、肩の高さ2メートル近く。人間よりもずっと大きく、ずっと重い鹿で、大阪にいました。
 ニホンジカとちがい、角が手を広げたような形になり、ヘラジカのように大きく広がっています。
 もし、奈良公園の鹿がニホンジカでなくヤベオオツノジカだったとしたら、まるでオオタカが襲ってきたように、上の方から角を広げた顔が降りてきて鹿せんべいを食べます。
 もっとくれとヤベオオツノジカが群がってきたら……
 春日大社の参拝は命がけになったでしょう。

背骨の長い突起(棘突起)は筋肉がたくさんついてた証拠のヤベオオツノジカ

 会場のは骨を組み立てたものですが、本館のナウマンホールには、生きているときの姿を再現したヤベオオツノジカと、ナウマンゾウがいます。

大昔の大阪にいた本館のヤベオオツノジカとナウマンゾウ

 そして、ちょっと目立たないですが、もう一つ大きな生き物が。
 ケナガマンモスの展示場所からちょっと戻ったところに、ぺったりと寝そべっています。
 パレオパラドキシア。
 今から1300万年前、今の氷河時代が始まるより前の、まだ暖かかった時代の日本にいた束柱類と言われる絶滅哺乳類。
 展示されている化石は、組み立てずに並べているだけなので、生きている姿が想像しにくいですが、海辺でカバかセイウチのような生活をしていたと考えられています。

寝そべってる?パレオパラドキシア

 パレオパラドキシアの体長は2メートルほど。
 大きいとはいえ、ゾウには及びません。
 やっぱり、暖かいよりも寒いほうが哺乳類は大きくなるのだなぁ。
 ベルクマンの法則は正しかった!

 パレオパラドキシアと同じ束柱類のデスモスチルスの復元骨格が本館第2展示室にあります。
 こちらは四足で立っています。

パレオパラドキシアもこんな感じだった?本館のデスモスチルス

 ということで、氷河時代展の後には博物館本館がおすすめです。

■参考外部リンク■
第47回特別展 氷河時代|大阪市立自然史博物館
ようこそ大阪市立自然史博物館へ

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 47th-hyougajidai  氷河時代展  大阪市立自然史博物館  ヘラジカ  ケナガマンモス  ヤベオオツノジカ  ナウマンゾウ  パレオパラドキシア  デスモスチルス 

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる