【 哺乳類】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

そしてトラや大きな動物は消えていった

 実は、日本に住んでいたトラ
 でも日本の歴史が始まるより前にいなくなってしまいました。

アムールトラ〈天王寺動物園〉
アムールトラ

 トラがいた頃は、今よりも寒くて海面が下がり大陸と地続きだったときもあり、大きなシカやゾウもいました。
 でも、そういった大きな動物は日本にはいなくなりました。

 地球が暖かくなり、海水面が高くなり、平地も少なくなり、草原が森林に変わり、大きな草食動物が生きていけなくなった。
 そして大きな草食動物を食べる大きな肉食動物もいなくなった。
 と言われますが、トラは平原ではなく森に住みます。
 草原の森林化では説明ができません。

ヤベオオツノジカ(1万2千年前頃まで)の生態復元
ナウマンゾウ(1万5000年前頃まで)の生態復元
〈大阪市立自然史博物館〉
ヤベオオツノジカとナウマンゾウ

 トラ以外にもヒョウやオオヤマネコなどネコ科の動物が住んでいましたが、沖縄県西表島のイリオモテヤマネコと、長崎県対馬のツシマヤマネコ以外いなくなってしまいました。
 一斉に滅んだわけではありませんが、縄文時代がはじまりましたので、温暖化による環境の変化で数が減ったところへ、人間の活動がダメ押しをしたのかもしれません。

 ただ、同じ食肉目でネコ科に近縁のイヌ科の動物は、オオカミ、タヌキ、キツネと3種も生き残りました。
 大型の食肉目のクマも生き残りました。
 オオカミもクマも森が住処。
 単独行動が基本でトラとは食べ物があまり被らない雑食性のクマはともかく、集団で狩りを行うオオカミは、トラには最大のライバルだったのかもしれません。

更完境界絶滅(仮)を乗り越えたのに
明治になって絶滅してしまったニホンオオカミ
〈和歌山県立自然博物館〉
ニホンオオカミ

 生き物がなぜ絶滅したのか。
 その理由を見つけるのは本当に難しい。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: トラ十二支アムールトラヤベオオツノジカナウマンゾウニホンオオカミ

スポンサーサイト



theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

日本在来の動物で一番トラなのは?

 2022年は寅年。
 トラ年。

 本来は動物とは関係がなかったのですが、干支が広がっていく過程でわかりやすいように動物が当てられるようになり、今に至ります。
 中国発祥ですので日本には住んでいなかったり日本風に変わっていたりする動物もあります。

 その一つが、今年のトラ。

アムールトラ〈天王寺動物園〉

 トラがネコの仲間なのはよく知られていると思います。
 分類でトラは。
  食肉目 ネコ型亜目 ネコ科 ヒョウ亜科 ヒョウ属
 ネコは。
  食肉目 ネコ型亜目 ネコ科 ネコ亜科 ネコ属
 亜科から分かれています。
 それどころか、「トラ」は分類では現れてきません。
 ヒョウ属だったのです。

ネコ科
亜科 ヒョウ亜科 ネコ亜科
ヒョウ属     ベンガルヤマネコ属 ネコ属   オオヤマネコ属  
ライオン トラ ベンガルヤマネコ イエネコ オオヤマネコ
亜種 ツシマヤマネコ イリオモテヤマネコ

 今の日本には、在来種としてのトラは住んでいません。
 しかし、大昔にはトラは住んでいました。
 ただ、それは日本の歴史が始まるはるか前。

 「歴史」は、本来、文字による人間の活動の記録のこと。
 つまり、日本の場合は奈良時代かせいぜい古墳時代、無理して弥生時代後期でしょうか。
 文書には日本にトラがいたことが記録されていないようなので、日本の歴史が始まるころにはもうトラが住んでいたことは忘れ去られていたようです。

トラ 下顎骨・上顎骨
山口県 中期更新世(13万~180万年前)
大阪市立自然史博物館〈氷河時代展(終了しています)〉

トラ 左第5中手骨
岐阜県 後期更新世(1万2千~13万年前)
大阪市立自然史博物館〈氷河時代展(終了しています)〉

 1万年以上前にはトラ以外にもヒョウやオオヤマネコなどネコ科の動物が住んでいました。
 それが、沖縄県西表島のイリオモテヤマネコと、長崎県対馬のツシマヤマネコ以外日本からいなくなってしまいました。

ツシマヤマネコ〈京都市動物園〉

イリオモテヤマネコ〈国立科学博物館〉

 ということで、現在の日本の在来種でもっともトラに近いのは、イリオモテヤマネコと、ツシマヤマネコ。

トラ

Panthera tigris
食肉目 ネコ型亜目 ネコ科 ヒョウ亜科 ヒョウ属

ツシマヤマネコ
対馬山猫
Prionailurus bengalensis euptilurus
食肉目 ネコ型亜目 ネコ科 ネコ亜科 ベンガルヤマネコ属 種ベンガルヤマネコ
ベンガルヤマネコの亜種アムールヤマネコの日本在来種の名

イリオモテヤマネコ
西表山猫
Prionailurus bengalensis iriomotensis
食肉目 ネコ型亜目 ネコ科 ネコ亜科 ベンガルヤマネコ属 種ベンガルヤマネコ
ベンガルヤマネコの日本固有亜種

ベンガルヤマネコ〈天王寺動物園〉

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: トラ十二支アムールトラツシマヤマネコイリオモテヤマネコベンガルヤマネコ

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

いったいどこからウシなんでしょうか?

 2021年は丑年。
 動物の牛がシンボルになっています。
 そこで、動物の分類でどこからが牛か考えてみました。

六甲山牧場のウシ
六甲山牧場のウシ

 とりあえずウィキペディアを見てみると。

 牛はウシ亜種で、その上の分類はオーロックス種。
 「ウシ」がなくなってしまいました。
 でもその上はウシ族。
 そして上へ上へとたどっていきます。
 ウシ亜科、ウシ科、ウシ亜目。
 次は鯨偶蹄目でとうとう「ウシ」は無くなってしまいました。

 でも鯨偶蹄目はクジラと一緒になる前は偶蹄目と呼ばれていて、またの名を「ウシ目」。
 ということで、無理矢理には目レベルから、またはその下の亜目レベルから「牛」と言えそうに思えます。

 そこでそれぞれの分類にどんな動物が含まれるか見てみました。

鯨偶蹄目
偶蹄類(旧ウシ目) クジラ亜目
ウシ亜目 イノシシ亜目 ラクダ亜目
真反芻小目 マメジカ小目
ウシ科 シカ科 キリン科他
ウシ亜科 ヤギ亜科 インパラ亜科他
ウシ族 ネジツノレイヨウ族他 シャモア族 ヤギ族 ジャコウウシ族他
ウシ属 アジアスイギュウ属他 カモシカ属 ヤギ属 シロイワヤギ属 ヒツジ属
ウシ コブウシ ヤク スイギュウ エランド ニホンカモシカ ヤギ シロイワヤギ ヒツジ ジャコウウシ インパラ ニホンジカ キリン マメジカ イノシシ ラクダ クジラ・イルカ
赤色が「ウシ」がつく分類 黄色が日本在来種の偶蹄類

 どこまで牛か、を直感的に考えてみます。

 まず、ウシ目。
 ラクダやイノシシが含まれます。
 言うまでもなく、ラクダはラクダ、イノシシはイノシシ。
 牛とは思えません。
 「目(もく)」はからだの一部に注目したもので、生活の仕方や見た目でも様々なものを含みます。

 次にウシ亜目。
 今度はキリンがいます。
 そしてシカも現れてきます。
 今度もどう考えても牛ではありません。

奈良公園のニホンジカ
奈良公園のニホンジカ

 そしてウシ科。
 「科」という区分ではわりと生活の仕方が似てきますので、見た目もなんとなく似てきます。
 しかし、ヤギやヒツジが含まれます。

天王寺動物園のヒツジ
天王寺動物園のヒツジ

六甲山牧場のヤギ
ヤギ

 まだまだウシではないようです。
 ただ、カモシカが含まれます。
 枝分かれしない角が2本。
 からだもシカよりは重量感があるように思えます。
 ウシとシカの中間という感じです。

神戸市立森林植物園のニホンカモシカ
神戸市立森林植物園のニホンカモシカ

 ウシ亜科。
 ウィキペディアの「ウシ」の項目では「広義では、ウシ亜科 (subfamilia Bovinae) の総称」とあります。
 ここにはエランドが含まれます。
 走るのが早そうな姿は、牛よりもカモシカのほうが近いような気がします。

天王寺動物園のエランド
エランド

 ウシ族。
 ここには水牛が含まれます。
 もう牛と言ってもいいような気がしてきます。

 最後にウシ属。
 チベットなど標高が高い地域にいるヤクが含まれますが、これはもう、牛でしょう。

六甲山牧場のウシ(ホルスタイン)
ホルスタイン

 ということで、どこまで牛かの結論は。
 分類学的にウシは鯨偶蹄目ウシ科ウシ属の種オーロックスの亜種、Bos primigenius taurusのこと。
 学術的でない牛については。
 「ウシ」が使われる偶蹄類以下どのグループでもいいんじゃないかな、と思います。

 ちなみに、個人的にはギリでカモシカから?

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウシ十二支ホルスタインエランドニホンカモシカヤギヒツジニホンジカ

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

子年でネズミネズミと言いますが、ネズミの範囲はどこまで? 境界は?

 毎年恒例のその年の最初の干支に関することです。

 今年、2020年は子年です。
 ねどし、ねずみどし。

 そこで気になるのは、いったい「ネズミ」ってどこまで?
 テレビ番組などで「ネズミ」と冠される動物や、年賀状素材などを見てみると、いかにもネズミっぽいものからネズミなのかな? と思ってしまういろいろな「ネズミ」があります。
 どこまでがネズミなのかものすごく気になってきます。

カヤネズミ〈天王寺動物園〉

 そんなときはまず分類。
 分類にはじめて「ネズミ」が出てくるのは目(もく)。
 体の色んな部分の基本的特徴が共通している仲間です。
 もちろん、生き物の常で例外はありますが。
 ということで、ウィキペディアを参考に表にしました。

真主齧類 ローラシア獣類
ネズミ目 ウサギ目 ハリネズミ形目
ネズミ亜目 リス亜目 ヤマアラシ亜目
ネズミ下目 ビーバー下目
ネズミ科 キヌゲネズミ科
クマネズミ
ドブネズミ
カヤネズミ
アカネズミ
ハツカネズミ
キヌゲネズミ
ハタネズミ
ハムスター
ビーバー ニホンリス
ヤマネ
モモンガ
プレーリードッグ
ヤマアラシ
ヌートリア
カピバラ
マーラ
モルモット
ウサギ ハリネズミ

 いろいろ細かいところを省略してざっくりとしていますが、まあ、概ねこんな感じ。
 分類に「ネズミ」が出てきはじめるのは目。
 単純に考えれば、目レベルまではまとめて「ネズミ」と言えるかもしれません。
 実際にカピバラは「最大のネズミ」とか言われますし、特定外来生物のヌートリアでも小型犬くらいの大きさがあります。

ヌートリア〈大阪城公園〉

 そこで気になるのはハリネズミ。
 年賀状素材としてときおり目にします。
 ところが、分類ではネズミから思いっきり遠いのです。
 簡単に言えば、ネズミが現れるよりずっと前に分かれてしまったのです。
 ネズミとは兄弟姉妹のような関係にあるウサギよりもずっとずっと遠いのです。

 ネズミ目の下を見ていくと、ヤマアラシ亜目がでてきます。
 もちろん、ヤマアラシが含まれますが、カピバラやヌートリアにモルモットなどが含まれます。
 ヤマアラシはハリネズミよりもずっとずっとネズミに近い、というかネズミです。

アフリカタテガミヤマアラシ〈王寺動物園〉

 ヤマアラシ亜目のとなりにリス亜目があります。
 リスはリスでネズミとはちがうようなイメージがあります。
 ヤマネはリスよりネズミっぽく感じますし、モモンガはぜんぜんネズミとはちがうような気もします。
 ここは、ネズミっぽいのとネズミっぽくないのが共存するグループかもしれません。

ニホンリス(剥製)〈人と自然の博物館〉

ヤマネ(剥製)〈和歌山県立自然博物館〉

ホンシュウモモンガ〈天王寺動物園〉

 さらに下のネズミ亜目に来ると、びっくり。
 ビーバー下目のビーバーがいます。
 ビーバーはビーバーでネズミじゃないような気がしますが、カピバラがネズミなら仕方ないか、という気もします。

アメリカビーバー〈みさき公園〉

 そしてネズミ下目はネズミ科とキヌゲネズミ科に別れます。
 画像で見ると尾が長めか(ネズミ科)尾が短めか(キヌゲネズミ科)のちがいくらいで、見た目はどちらもネズミでいいんじゃないかな、と思います。

 ネズミ科の中にはいくつも属がありますが、ネズミ属はありません。
 と考えると、最終的にネズミ=ネズミ科の哺乳類ということになりそうですが、別にネズミ目の哺乳類でも大丈夫のような気がします。
 ただ、ハリネズミは、ちょっとだめかな、と思います。
 ということで、うっかり年賀状にハリネズミを使ってしまった人は、ヤマアラシだとごまかしたほうがいいかも?

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ネズミ干支子年カヤネズミヌートリアアフリカタテガミヤマアラシニホンリスヤマネホンシュウモモンガアメリカビーバー

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

下赤阪の棚田の春(2~4月)の哺乳類

 山と里山の間にある下赤阪の棚田にも哺乳類はやってきます。
 ただ、なかなか姿を見せてくれませんので、残った跡から推測するしかありません。
 そして山の哺乳類と里山の哺乳類のどちらもくるので、ちょっとややこしい。

この記事にはうんちの画像があります。


脊索動物門
 脊椎動物亜門 哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類の仲間
 〉四肢動物上綱 哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類の仲間
 〉〉有羊膜類 哺乳類・鳥類・爬虫類の仲間
 〉〉〉哺乳綱 哺乳類の仲間 タグ:哺乳綱
 〉〉〉〉ネズミ目

ハタネズミ(畑鼠)Microtus montebelli の巣穴?

ネズミ目 ネズミ科 ハタネズミ属

タグ:ハタネズミ

〈2014年4月〉

4センチほどの直径、棚田という環境からハタネズミの巣穴としました。
もちろん、他のネズミの穴の可能性も、人間を含めほかの動物が開けた可能性もあります。

 〉〉〉〉ネズミ目
 〉〉〉〉食肉目 

ホンドタヌキ(本土狸)
Nyctereutes procyonoides viverrinus

〈2014年3月〉

食肉目
イヌ科
タヌキ属

タグ:タヌキ

カキのタネがまるまる入っていること、太さが2センチくらいあることからタヌキとしましたが、ほかの動物の可能性は十分あります。

アライグマ(洗熊.浣熊)Procyon lotor ?の食痕と糞

〈2014年2月〉

食肉目
アライグマ科
アライグマ属
北アメリカ原産

タグ:アライグマ

ミカンのタネらしきものが入った糞、近くには乱雑に捨てられたむかれたミカンの皮。
この棚田に来てミカンの皮をむけそうな動物は、アライグマか人間。
ということでアライグマとしましたが、食べ跡についてはマナーが悪い人間の可能性もあります。

〈2014年2月〉

イタチ(鼬)Mustela ?の糞

〈2016年2月〉

食肉目
イタチ科
イタチ属

タグ:イタチ

金剛山の麓なのでテンの可能性もありますが、太さが1センチありませんのでイタチとしました。
場所からすると在来種のニホンイタチの可能性が高いと思います。

 〉〉〉〉食肉目

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

哺乳類のフィールドサイン観察ガイド

新品価格
¥1,944から
(2019/2/19 00:42時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 春の哺乳類/SA-tanadaネズミ目/SA-tanada食肉目/SA-tanada春の食肉目/SA-tanada哺乳類/SA-tanada春の動物/SA-tanada脊椎動物/SA-tanada生活痕/SA-tanada糞/SA-tanada

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

雪が積もっていたらあしあとさがし

 今年はなかなか雪がふらない金剛山。
 2月の雨でとける前の雪に残った足跡。

テン?の足痕

 指の跡がきれいに残っています。
 金剛山の哺乳動物の種類は少ないので、幅5センチ位で爪の跡が残り、2つ並んで間が空いてまた2つの足跡。


 多分、テンの亜種ホンドテン。

 野生の中型小型の哺乳類はなかなか姿を見せてくれません。
 足跡は貴重な情報です。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 足跡足痕ホンドテンテンフィールドサイン金剛山の哺乳類金剛山の脊椎動物冬の金剛山金剛山

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

イノシシはむかしから身近な、そして大切ないきものでした。

 2019年、最初はイノシシです。

 そして十二支の最後の干支動物。

 和名:イノシシ
 漢字表記:猪,豬
 学名:Sus scrofa
 脊椎動物亜門 哺乳綱 鯨偶蹄目 イノシシ科 イノシシ属

イノシシの親子の剥製〈きしわだ自然資料館〉

 ユーラシア大陸に分布し、日本では北海道を除き本州から沖縄まで広く分布します。
 本州から九州に分布するのが、亜種のニホンイノシシ(Sus scrofa leucomystax)。
 奄美諸島から琉球諸島に分布するのが、亜種のリュウキュウイノシシ(Sus scrofa riukiuanus)。

 「イノシシ」の「シシ」は「肉」のことで、古代の日本では大切な食料だったことがわかります。
 そのイノシシを家畜化したものがブタ(Sus scrofa domesticus)。
 学名を見ればわかるように、イノシシとブタは同じ「イノシシ」という種のちがう亜種ということになります。
 つまりブタもイノシシの一種ということができます。
 古代の遺跡から発掘される骨がイノシシかブタかについては諸説ありますが、弥生時代には大陸からブタが持ち込まれていた可能性は高いようです。

動物形埴輪 猪 藤井寺4号墳 5世紀〈大阪府立近つ飛鳥博物館〉

 大阪の和泉市にある大阪府立弥生文化博物館では、各地の古代遺跡からの発掘成果をもとに仮想した卑弥呼の食卓を再現しています。
 お膳の左奥の椀に盛られているのがサトイモ、タケノコと一緒に煮られたブタ肉。
 発掘された様々なものから、日本では弥生時代やさらに昔の縄文時代からすでにイノシシは身近な動物だったようです。

復元された卑弥呼の食卓〈大阪府立弥生文化博物館〉


そのサトイモ・タケノコ・ブタ肉の煮物〈大阪府立弥生文化博物館〉

 ところが、十二支のイノシシにはある秘密があるのですが、それは次回に。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: イノシシニホンイノシシリュウキュウイノシシブタ埴輪卑弥呼十二支

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS