【 虫(節足動物以外)】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

梅雨の森のちょうどいい感じのカタツムリ

 梅雨の里山でちょっとかっこいいカタツムリが。


 よく見るクチベニマイマイやナミマイマイとちがって全体が少し黒っぽく、全体にまだら模様。
 貝殻の高さ(螺塔)もなだらかでちょうどいい感じ。
 渦巻きも6層で、ちょうどいい感じ。
 軟体部も黒っぽくて長いのもいい感じ。



 このカタツムリは、多分、コベソマイマイ。
 森に住むカタツムリです。


カタツムリハント?フ?ック

新品価格
¥1,728から
(2017/7/24 21:48時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: コベソマイマイ  カタツムリ  森のカタツムリ 

スポンサーサイト

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真から現れた6月の沖縄の動物

 古い写真を整理していた出てきた6月の沖縄の写真。
 その動物編です。

この記事にはの画像があります。


 陸上の生き物の分布を広い範囲で見ると、突然何種類もの動物たちがいなくなる「境界」があります。
 たとえばトカラ(吐噶喇)列島の南の悪石島(あくせきじま)と小宝島(こだからじま)の間に引かれた渡瀬線。
 わかりやすく言うと、屋久島の南に連なるトカラ列島と奄美大島の間に引かれた線です。
 この線を中心に、北と南で動物の種類が変わるのです。気候も環境もそれほど変わらないというのに。
 その渡瀬線のずっと南にある沖縄島は、気候が本州や九州(島)と大きくちがうため、本州などでは見たこともないような生き物がたくさんいます。

オキナワシリケンイモリ(沖縄尻剣井守)Cynops ensicauda popei

脊索動物門 脊椎動物亜門 両生綱 有尾目 イモリ科 イモリ属
南西諸島に分布

沖縄ではポピュラーなイモリ。

背中の模様には変異が多いので、沖縄で黒いっぽいイモリを見たら、シリケンイモリかもしれません。

アカハライモリと同じように、皮膚から毒を分泌するので触らないほうが無難。

陸上でも盛んに行動するようです。

アオタテハモドキ(青立翅擬)Junonia orithya のオス

節足動物門 六脚亜門 昆虫綱 チョウ目 タテハチョウ科
九州~沖縄に分布

ムラサキオカヤドカリ(紫陸宿借)Coenobita purpureus

節足動物門 甲殻亜門 エビ綱 エビ目 オカヤドカリ科 オカヤドカリ属
南西諸島を中心に分布
国の天然記念物

上の画像では外来種のアフリカマイマイの殻を使っています。

下の画像はよく見ると殻をつけていません。
引っ越しの途中でしょうか。

こんな大きなヤドカリが陸上を歩いているのが沖縄。

もっと大きなヤドカリのヤシガニもいますが、沖縄島では一時絶滅したといわれた野生のヤシガニを見るのは困難でしょう。

シュリマイマイ(首里蝸牛)Satsuma mercatoria

軟体動物門 腹足綱 柄眼目ナンバンマイマイ科
沖縄島中南部に分布

コウガイビル(笄蛭)類

扁形動物門 ウズムシ綱 ウズムシ目 コウガイビル科 コウガイビル属

見たとおり渦巻きの殻はカタツムリのシュリマイマイ。

見かけたのは中城(なかぐすく)城址。
沖縄の城(ぐすく)は石灰岩の石垣を巡らせています。
シュリマイマイは石灰岩の場所を好むということですので、ピッタリの場所です。

そしてシュリマイマイに巻き付いているのがコウガイビル。
口と肛門が同じ扁形動物で、驚異的な再生能力を持つことで有名なプラナリアの仲間です。

ミミズやカタツムリなど柔らかい動物が好物。
顎を持たないので消化液を出して溶かして飲み込む体外消化を行います。
今はコウガイビルの食事中。

残念ながら種類まではわかりません。

アフリカマイマイ(阿弗利加蝸牛)Achatina fulica

軟体動物門 腹足綱 柄眼目 アフリカマイマイ科 アフリカマイマイ属
世界最大の陸産巻貝の一種
要注意外来生物
生態系被害防止外来種
日本の侵略的外来種ワースト100
世界の侵略的外来種ワースト100
東アフリカ原産

食用として持ち込まれたものが逸出して野生化したもの。

最悪命を落とすことにもなる広東住血線虫症を引き起こす広東住血線虫が寄生していることがあるので、触らないのが無難です。

それだけでないいろいろな問題を起こしているのは、アフリカマイマイの肩書を見ればわかります。

沖縄やんばるフィールド図鑑

新品価格
¥1,728から
(2017/7/3 22:43時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オキナワシリケンイモリ  アオタテハモドキ  ムラサキオカヤドカリ  シュリマイマイ  コウガイビル  アフリカマイマイ  沖縄の動物  沖縄の生き物  沖縄 

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

フタのある巻き貝のタニシが山にいます!錦織公園のヤマタニシ

 ネタの宝庫おなじみ錦織公園。
 町中なのに、意外と自然が残っていたりする、面白い公園です。

 梅雨の公園。
 カタツムリと出会いました。
 でも、普通のカタツムリとちがいます。
 殻が丸くてなんか正三角形っぽい。


 もしやと思って殻の後ろを見ると。
 ありました!
 丸いフタが!
 カタツムリではありません。
 ヤマタニシです。


 カタツムリは巻き貝ですが、肺を持った有肺類。
 田んぼなどにいるモノアラガイやサカマキガイなどの淡水に住む巻き貝の仲間。
 ところが、ヤマタニシは名前のように淡水に住むタニシに近いですが、カタツムリからはちょっと遠い巻き貝。
 たとえば、殻の中に入った時にするフタがついています。
 サザエのように。

腹足綱
直腹足亜綱
新生腹足上目 異鰓上目
原始紐舌目 吸腔目 有肺目 後鰓目
ヤマタニシ
タニシ
カワニナ
ウミニナ
カタツムリ
モノアラガイ
ウミウシ
クリオネ

 海の巻き貝はエラで呼吸しますが、タニシはエラと同時に肺を持っているので、カタツムリと同じように平行進化したようです。
 もちろん、肺に変化しやすい構造を巻き貝が共通して持っていたのでしょう。
 たしかに海とちがい常に干上がる可能性がある淡水では、空気を呼吸できる方が生き残る確率は格段に上がるでしょう。
 だから陸上に進出できたにちがいありません。


 ヤマタニシは名前のようにどちらかと言えば、山にいる巻き貝。
 そしてカタツムリ同様に道路や野原をわたって遠くにいくことは苦手でしょう。
 ということは、この公園のある場所に大昔から住み続けている生き物。
 つまり、絶滅してしまうと、もう二度とこの公園には戻ってこない生き物ということです。
 メスが飛ぶことができないクロマドボタル同様、たいせつにしなければなりません。
 そういえば、ヤマタニシと出会ったところは、クロマドボタルがいるところでした。

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園

カタツムリハント?フ?ック

新品価格
¥1,728から
(2016/6/23 20:33時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマタニシ  陸貝  錦織公園の虫  錦織公園 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

貝なのに毛のはえたカタツムリの謎


 大阪と奈良の間を通る二上山(にじょうざん)から屯鶴峯(どんづるぼう)へ向かうダイヤモンドトレールを歩いている時、カタツムリを見ました。

 といっても大阪でよく見るナミマイマイやクチベニマイマイとはちがって平べったいカタツムリ。



この記事にはカタツムリの画像があります。





平たいカタツムリと出会ったあたりのダイヤモンドトレール
平たいカタツムリと出会ったあたりのダイヤモンドトレール



 でもそれ以上に気になるのが、毛。

 貝なのに毛が生えているのです。

 病気とか何かが着生したのではありません。

 そういうかわった殻を持つカタツムリ。

 オオケマイマイです。



毛がはえた平たいカタツムリ
毛がはえた平たいカタツムリ




 カタツムリは海の貝と同様に石灰質の殻の表面をキチン質の殻皮(かくひ)で覆っています。

 その殻皮が毛のようになっているのです。




オオケマイマイ(大毛蝸牛)

軟体動物門 腹足綱 有肺目 オナジマイマイ科
活動時期:4月~11月
棲息環境:低山の林の草の上,
日本での分布:本州(中部以西),四国,

[レッドデータブック]
 環境省RDB:記載なし
 絶滅危惧I類:山口県,
 絶滅危惧II類:愛媛県,

  • 絶滅(EX):我が国ではすでに絶滅したと考えられる種
  • 野生絶滅(EW):飼育・栽培下でのみ存続している種
  • 絶滅危惧I類(CR+EN):絶滅の危機に瀕している種
  • 絶滅危惧II類(VU):絶滅の危険が増大している種
  • 準絶滅危惧(NT):現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種
  • 情報不足(DD):評価するだけの情報が不足している種




 ところが普通のカタツムリの殻皮にはすごい秘密があることがわかっています。

 目で見てわからないほどの細かい凹凸があり、ゴミがひっつきにくく、ひっついても雨で流れやすいようになっているのです。

 その構造を応用した汚れにくい外壁のような建築素材などもすでにあります。

 たしかに殻の汚れたカタツムリは見たことないような気がします。



 にも関わらずその汚れにくさを無くして毛を生やす。

 謎のカタツムリです。



◆タグ  二上山 ダイヤモンドトレール ◆

■参考外部リンク■
LIXIL INAX | 商品情報 | インテリアタイル・外壁 | タイルのじかん |
カタツムリの防汚メカニズムを生かしたタイルがあるのです。


大阪府/ダイヤモンドトレール情報
日本のレッドデータ検索システム


メガカタツムリ【B-9021_409602】

価格:3,391円
(2013/7/13 23:12時点)

昆虫模型/かたつむり!全長6cm【楽ギフ_包装】【楽ギフ_メッセ入力】

価格:472円
(2013/7/13 23:15時点)

カタツムリ観察ブック [ 小田英智 ]

価格:1,260円
(2013/7/13 23:17時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオケマイマイ  カタツムリ      有肺類  二上山  ダイヤモンドトレール 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

金剛山でのなつかしい再会。シーボルト……


 金剛山山頂広場で長い間会いたかった生き物に再会しました。

 それは、シーボルトミミズ。

 ミミズです。



この記事にはミミズの画像があります。





 シーボルトミミズの特徴の一つは、その大きさ。

 長いものは45センチにもなるという、小さな蛇のような大きさです。

 そしてルリセンチコガネのように瑠璃色に輝く姿。

 子供のころ、田舎ではじめて見た時には大きさと色で本当にヘビかと思いました。

 そのミミズらしくない姿からでしょうか。

 山の坂道を歩いていると上から転がって追いかけてきた!

 というような都市伝説ならぬ「山村伝説」があるのも納得できます。



金剛山山頂広場のシーボルトミミズの頭
金剛山山頂広場のシーボルトミミズの頭




 名前の「シーボルト」は、歴史の教科書にでてくる幕末の日本にやってきたドイツ人(実はオランダ人と詐称)医師であり博物学者のフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトのことです。

 博物学者として日本の植物を中心に集めていたシーボルトが採集したミミズのひとつが、シーボルトミミズです。

 シーボルトが標本にした日本の生き物には幻のアジサイと呼ばれるシチダンカがあります。

 シーボルトミミズも同じように幻のミミズなのか、というとそうではありません。
 ただ山に住んでいるので日常的に目にすることが無いだけです。


 金剛山で見たシーボルトミミズは、ちょっと小さいサイズのようでした。



頭を落ち葉に隠している金剛山山頂広場のシーボルトミミズ
頭を落ち葉に隠している金剛山山頂広場のシーボルトミミズ
定規は15センチ

環形動物門 貧毛綱 ナガミミズ目 フトミミズ科




 このブログをはじめたときから実は書きたかったミミズの記事をやっと書くことができました。



◆関連タグ◆ 〔シーボルト〕 〔金剛山の虫〕


■外部リンク■
金剛山登山道情報(金剛山のホームページ)


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: シーボルトミミズ  ミミズ  シーボルト    金剛山  金剛山の虫 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる