【 博物館・植物園・催事 等】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

狭山池博物館「樹木年輪と古代の気候変動」樹木は地球環境の鏡だったとは!

 日本一古いダムとか溜池とか言われる狭山池。
 となりには博物館があります。
 大阪府立狭山池博物館。
 1600年の歴史を持つ狭山池。
 たび重なる改修の土木技術について、主に考古学的視点で展示されています。

大阪出身の超有名建築家のデザインなだけあって
一体どこが入り口なのかわからない博物館

 令和元年度特別展「樹木年輪と古代の気候変動」。
 樹木の年輪から気候の変動の様子を知ることができるのです。

特別展の入り口

 木は1年ごとに年輪という輪が刻みます。
 その輪の数を数えれば木の年齢(切った幹や枝の年齢)を知ることができます。
 ところが、それだけではないのです。

特別展示室での撮影ができないの特別展示室の外から

 年輪は毎年同じ割合で増えているのではありません。
 間隔が開いているときもあれば、狭いときもあります。
 木の成長が良かったときには幅が広く、成長が良くなかったときには狭くなります。
 成長を左右する原因はいろいろありますが、基本となるのは気候。


 その年の気温が高くなると幅が広くなり、低くなると狭くなります。
 といっても、成長が変わるのは気温だけではありません。
 隣に大きな木があり日陰になれば、気候に関係なく成長も悪くなります。
 それに、緯度や標高のちがいでも、差が出ます。

 ところが、針葉樹で地域差があまりない種類があることがわかりました。
 その木を使えば、生えていた場所に関係なく、時代をさかのぼって気候の変動を知ることができます。
 切った時期がはっきりしている現代の樹木からはじまり、遺跡などから見つかった針葉樹の年輪パターンを合わせていき、それをつなぎ合わせてより古い時代に遡ることもできるようになってきました。

入って右側に輪切りの木が展示されています

 また年輪付近の組織に残っている同位体炭素や同位体酸素の比率や量によって当時の気温などを推定できるようになったのです。
 特に酸素の同位体比は、樹種や地域によらず広い範囲で共通することから、年輪と合わせてその年の気候を知る手がかりになります。

 博物館の展示はその年代測定に利用された輪切りの木や木製の出土物など。
 また、年代推定に使われる様々な考古学的出土物もいろいろとあります。
 ほかにも、湖の底に溜まった堆積物の年縞や、古墳から出土した土器など、過去の年代を推定するための考古学関係のものなどいろいろ展示されています。

左側が出土土器

 特別展示室は大きなコンビニ2軒程度で決して広くありませんが、博物館を含め入場料無料で見ることができます。
 しかも図録が340円というわけのわからない値段です。
 もちろん、コピーの薄い本ではなく、カラー印刷された普通の図録です。
 ちょっと読みにくいところがありますが、マンガ雑誌程度の値段で読めるのですから、すごい。

 この2千年ほどでも気候の変動は激しく、温暖化も寒冷化も繰り返し起きていることがわかります。
 この年輪パターンを合わせていく方法はまだ数千年ほどしか遡れないようですが、それでもとても興味深いことを教えてくれます。

■参考外部リンク■
令和元年度特別展 樹木年輪と古代の気候変動
大阪府立狭山池博物館

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 樹木年輪と古代の気候変動狭山池博物館年輪

スポンサーサイト



theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

「特別展 昆虫」〈大阪市立自然史博物館〉に、G、G、G、G、GOKIBURIがたくさん?!

 タイトルのように今回は「G」だらけです。
 画像もたくさんあります。
 そして以下「G」という表記は使いません。
 ご覧になるかどうかの判断はおまかせします。

この記事にはの画像があります。


 昆虫だらけの特別展「昆虫」。
 もちろん、あの昆虫もいます。
 御器囓り。
 ゴキブリ。

全体についてざっくり書いたのはこちら
「特別展 昆虫」〈大阪市立自然史博物館〉は、む、む、む、む、むしだらけっ!

会場南側入口

 さすがに他の昆虫と一緒というわけにはいかないのか、「Gの部屋」という一角があります。

へ、へや?

 このGの部屋には、なんと、生体が展示されています。
 昆虫展ですが、残念ながら生体展示はここだけです。

ハテナゴキブリ

ヒカリモンゴキブリ

マダガスカルゴキブリ

 もちろん標本もあります。





 おもってたより少ないですが、世界中のゴキブリがいろいろ展示されています。

 色もいろいろ、日本のものとはちがい、ゴキブリのようには思えません。
 でも、じっくり見ていると、みんな形はゴキブリ。
 数億年姿を変えていないと言われるゴキブリ。
 そうとうこの形がゴキブリの生活では理にかなっているのでしょう。

 ところで、Gの部屋以外にもゴキブリは、います。
 ご注意ください。

■参考外部リンク■
特別展 昆虫 | イベント | 関西テレビ放送 カンテレ
大阪市立自然史博物館

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 特別展昆虫大阪市立自然史博物館ゴキブリGの部屋ハテナゴキブリヒカリモンゴキブリマダガスカルゴキブリキイロテントウゴキブリケンランマルゴキブリニコニコゴキブリ

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

「特別展 昆虫」〈大阪市立自然史博物館〉は、ぜひ、ぜひ、本館も!

 昆虫のことならなんでもそろっているに違いない!
 と思ってしまう「特別展昆虫」。
 標本を中心にいろいろと「昆虫」が展示されています。

全体についてざっくり書いたのはこちら
「特別展 昆虫」〈大阪市立自然史博物館〉は、む、む、む、む、むしだらけっ!

しょくぽんが見えたらもうすぐ!

 2メートルの巨大昆虫模型がある最初のエリア。
 その壁の年表みたいなパネル。
 最大の昆虫、メガネウラの生体復元模型の上にあります。
 昆虫の出現時期の年表です。

540000000年の年表!

 カンブリア爆発から数千万年で昆虫の出現。
 このころの昆虫はまだ水中にいたのか、もう陸上にいたのか気になります。
 そして、昆虫の特徴とも言える翅(はね)の出現。

カンブリア紀の次のオルドビス紀に昆虫は登場

 その翅を、飛ばないときにはじゃまにならないように折りたためるようになり、そしてカブトムシやチョウのように幼虫と成虫が全くちがう生活をする完全変態の昆虫の出現。
 それがなんと、恐竜の出現より1億年も前。
 昆虫はこんなに昔に、現在に続く基本的な体を作り上げていたのです。
 巨大恐竜が繁栄したジュラ紀には現在の目(もく)のほとんどが出揃いました。
 つまり、チョウやガのチョウ目やカブトムシの甲虫目などがもうそろっていたのです。

古生代に完全変態昆虫が登場しジュラ紀には現在の形に落ち着く

 そして鳥以外の恐竜が絶滅した中生代末(白亜紀末)の大絶滅も乗り越え、今まで生き残っています。
 それよりももっとひどかった古生代末(ペルム紀末)の大絶滅も乗り越えているのですから、当然のことかもしれません。
 それどころか、オルドビス紀末、デボン紀末、三畳紀末と「ビッグファイブ」と呼ばれる5つの大絶滅すべてを生き抜いてきました。
 昆虫はすごい!

 そしてコーナータイトルの横の昆虫の系統研究最前線。

なぜか1億5千万年ころ多様化がピタリと止まるのがふしぎ

 昆虫の目レベルと節足動物がどのように分かれてきたのかを表しています。

ほかの節足動物と分かれたのは5億年以上前

不完全変態の昆虫もどんどん多様化しています

大絶滅など関係ないようです

 大絶滅を物ともせず、恐竜時代に目が出そろっています。
 中生代は恐竜の時代と言われますが、昆虫もそれ以上に繁栄していたようです。

 ただ、この表にはちょっと不満があります。
 昆虫の「翅を持つ昆虫」が「不完全変態群」と「完全変態群」の2つにしか分けられていないこと。
 もちろん、昆虫を理解する上で不完全変態と完全変態という分け方はとても便利です。
 ただ、これでは上の年表が反映されていません。
 もう少し細かく、昆虫の進化に合わせた分類をしてほしかったと思います。

 でも、ご安心を。
 ここは自然史博物館。
 本館の展示室に、あります。
 2階の第3展示室。
 様々な動物の標本が展示されています。
 もちろん、昆虫も。

クジラが出迎えてくれる本館

 昆虫展には及ばないものの、いろいろな形でたくさんの標本が展示されています。
 それだけでなく、昆虫の解説も。

年表はありませんが標本と種数付きで昆虫を分類

 特別展でみたかったのが、これ。
 ちょっと古いかな、という気もしますが、昆虫にはいろいろと仕組みの違いがあることがわかります。

 もともと昆虫は翅がなかった(無翅亜綱)ところに翅のある昆虫(有翅亜綱)が現れます。

このあたりは翅を基準に考えるとわかりやすい

 その翅も最初はトンボのように羽ばたく方向にしか動かせなかった(旧翅群)ところ、腹部に重ねてたためる昆虫(新翅群)が現れます。
 翅をたためる昆虫も古い順からバッタなどの多新翅群、セミなどの準新翅群、カブトムシやチョウなどの貧新翅群と分かれます。
 ただ出現から3億年以上たちそれぞれのグループの中でいろいろ変化しているので、翅以外の特徴のほうがわかりやすいかもしれません。

 多新翅群は大きな後翅を折りたたんで前翅で覆っています。

不完全変態のグループ

 そしてお尻の角(尾角)がなくなりスマートになり、セミやカメムシのような準新翅群と、蛹になり幼虫と成虫が全く違う形をしている貧新翅群に分かれます。
 貧新翅群は完全変態昆虫、それ以外の有翅昆虫は不完全変態昆虫とよばれます。

完全変態(貧新翅群)のグループ

 この自然史博物館の常設展のように、もうちょっと細かく分けてみると昆虫への理解も深まってくる、かもしれません。

昆虫標本の上はクジラの骨

 本館へは特別展のチケットで入場ができます。
 ぜひ、昆虫展の後には本館へ。
 常設展では昆虫以外にも恐竜や植物など様々な生き物が展示されています。

 ただ特別展昆虫は再入場不可なので、本館を先に行って予習する方が良いか、先に特別展を堪能して行くか。
 どちらがいいかな?

■参考外部リンク■
特別展 昆虫 | イベント | 関西テレビ放送 カンテレ
大阪市立自然史博物館

教養のための昆虫学

新品価格
¥3,240から
(2019/8/20 23:28時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 特別展昆虫大阪市立自然史博物館不完全変態完全変態有翅亜綱旧翅群新翅群多新翅群準新翅群貧新翅群

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

「特別展 昆虫」〈大阪市立自然史博物館〉の、キラ、キラ、キラ、キラ、きれいな虫!

 大阪市立自然史博物館で開催中の「特別展 昆虫」。
 タイトルのように「昆虫」がいっぱい。

全体についてざっくり書いたのはこちら
「特別展 昆虫」〈大阪市立自然史博物館〉は、む、む、む、む、むしだらけっ!

ヤンマーフィールド長居の競技場が見えてきたらあと400m

この記事にはの画像があります。


 とにかく、世界中の昆虫がいっぱい。
 それも実物の標本が!
 昆虫にはいろんな色や形があります。
 詳しくなくても、細かいことは知らなくても、ただ見ているだけで、おもしろい。

2-2 さまざまな環境に住む昆虫 関西近辺 林内

全部オオセンチコガネ
左から
ルリセンチコガネ、ミドリセンチコガネ、アカセンチコガネ(仮)

地域によって色が変わりますが近畿にはこの3色揃っています。
ただ標本への照明がイマイチなのが残念。

2-3 特徴のある昆虫

インドネシアの固有種オウゴンオニクワガタ

オセアニアのニジイロクワガタ

美しい昆虫

アジアのカナブンの仲間

ホウセキゾウムシの仲間

中南米のプラチナコガネのなかま

標本への照明がイマイチなのが残念。

昆虫に学ぶモノづくり

モルフォチョウ

 会場には数万点の標本。
 これは、ほんの、ほんの、ほんの一部です。

日本の昆虫1400 (1) チョウ・バッタ・セミ (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,296から
(2019/8/7 22:23時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 特別展昆虫大阪市立自然史博物館オオセンチコガネオウゴンオニクワガタニジイロクワガタカナブンホウセキゾウムシプラチナコガネモルフォチョウ

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

「特別展 昆虫」〈大阪市立自然史博物館〉にで、で、で、で、でっかい虫っ!

 大阪市立自然史博物館で開催中の「特別展 昆虫」。
 タイトルのように「昆虫」という大きなくくりの展示がいっぱい。

全体について書いたのはこちら
「特別展 昆虫」〈大阪市立自然史博物館〉は、む、む、む、む、むしだらけっ!

この記事にはの画像があります。


あと650m

 専門的な展示ばかりでなく、小さな子供も楽しめる展示もあります。
 そのひとつが、でっかい昆虫。
 大きさは2メートルくらい。
 日本の昆虫を30~200倍に拡大した模型です。
 記念写真ポイントにもなっています。

 最初は200倍のニホンミツバチ。
 日本在来種のミツバチです。
 普通、はちみつとして売られているものは日本では外来種となるセイヨウミツバチが集めたもの。
 どちらもよくにていますが、野原で見かけるのは、セイヨウミツバチのほうが多いような気がします。


 ミツバチは後脚に花粉を串団子みたいにしてつけるのですが、左右で花粉の有りバージョンと無しバージョンに分けられています。

ニホンミツバチ

 そして30倍のオオムラサキ。
 日本の国蝶とされています。
 にもかかわらず、いまだ野原で見たことはありません。
 見るのは昆虫館だけ。

オオムラサキ

 オオムラサキなどタテハチョウ科の特徴は前脚が折りたたまれ、胸にピタリとひっついて、4本脚のように見えること。
 この超巨大オオムラサキは前脚がちょっと浮いていて、ちょっとヘンに感じます。
 ただ、ピタリとひっついていると本当に4本脚に見えてしまうので、あえて浮かして6本脚ですと、とわかるようにしているのかもしれません。


 45倍のミンミンゼミ。
 東京の博物館ではじまったからでしょう。
 最初からここでやっていたならクマゼミになったかも?


 セミの仲間は背中にかっこいい模様がよくあります。
 クマゼミは翅の筋が黄緑色できれいなのですが、背中はちょっと地味。
 ミンミンゼミのほうが背中の模様はかっこいいので、よかったかな?

ミンミンゼミ

 最後は30倍のオオクワガタ。
 ノコギリでもミヤマでもなくオオクワガタ。
 日本最大のクワガタムシなので、2メートルの大きさも違和感がない?

オオクワガタ

 大顎の先トンガリと内側のトンガリ(内歯)がかっこいい。


 超巨大昆虫はこれで終わりですが、いろんな虫の本物の昆虫標本がたくさんあります。
 これだけたくさんの昆虫を一度に見られる機会はそんなにないと思います!

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 特別展昆虫大阪市立自然史博物館ニホンミツバチオオムラサキミンミンゼミオオクワガタ

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

「特別展 昆虫」〈大阪市立自然史博物館〉は、む、む、む、む、むしだらけっ!

 大阪にやってきました、昆虫展。
 去年、夏はいつも恐竜か絶滅動物をやっているイメージがある東京の国立科学博物館で意表をついて開催された「特別展 昆虫」です。

この記事にはの画像があります。


 大阪市立自然史博物館の夏の特別展です。
 今回もブロガー招待に当選できました。
 大阪市の南部にある長居公園内の博物館から棟続きのいつもの会場です。

地下鉄で来きたときのたぶん最初の看板
長居公園

 科学博物館のときから、なんとひねりもなにもないつかみどころのないタイトルだと思っていました。
 しかし。
 もう「昆虫」としか言い表せないほど、多岐にわたる切り口で無数の「昆虫」が展示されています。

入口にはでかいロゴ
昆虫展

1.昆虫とは

 会場に入ってすぐ目につくのが、2メートルの巨大昆虫。
 もちろん、今も昔もこんなでかい昆虫はいません。
 30倍から200倍に拡大された昆虫の模型がドン、ドン、ドン、ドンと置かれています。

超巨大昆虫がいくつも!

 大きくなって見やすいだけでなく、気がつかなかった発見があります。
 ニホンミツバチの200倍模型を見ていた子供さんが、「ハチはこんなに毛がはえてるの!」と驚いていました。
 そう、実は昆虫はけっこうけむくじゃらなのです。
 そうでないのもいますが。

200倍のニホンミツバチ
ニホンミツバチ

 ただ、こんなに大きな模型を見てしまうと、奥にある2億年以上昔の最大の昆虫と言われる超巨大トンボのメガネウラの復元模型がなんか小さく感じてしまうのが、ちょっと残念。

拡大しなくてもでかい!メガネウラ
メガネウラ

 展示は昆虫の模型や化石、標本だけではありません。
 昆虫の出現時期の巨大年表や昆虫の分類表なども見ることができます。

恐竜が絶滅するころには昆虫の目(もく)が出揃っていました

恐竜出現より前に完全変態の昆虫は出現していました

2.昆虫の多様性

 科学博物館では展示されていなかった、自然史博物館所蔵の大阪の昆虫が展示されています。

大阪の昆虫が環境ごとに並んでいます

 今話題の「赤いクワガタ」という不本意な名前で呼ばれているツチハンミョウの仲間のヒラズゲンセイも見られます。
 クワガタの仲間でないのはもちろん、ハンミョウの仲間でもないというややこしい昆虫です。

最近話題の平頭芫青(ヒラズゲンセイ)
ヒラズゲンセイ

 長期間の開催のためか、生きているものはほとんどなく、標本が基本。
 でも、そのためいろいろな展示が可能になっています。
 たとえば世界のカブトムシを大きさの順に丸く並べたもの。

大きいカブトはよく見ますが小さいカブトは珍しいかも
カブトムシ

 世界のクワガタムシ版も。

ギラファは長い!
クワガタムシ

 ほかにチョウもあります。

 日本にいるのはちょっと地味なのばかりですが、外国では名前以上のわけのわからない形をしたものがたくさんいるツノゼミ。
 アブラムシのようにとても小さいので、みんな拡大された写真がついています。
 ブログやツイッターで書かれているように、虫メガネが必要かも。

小さすぎて虫メガネがあったほうがいいかものツノゼミ
ツノゼミ

3.昆虫の生態

 怒涛のような展示の3分の2ほど過ぎたころにあるのが、2017年の生物学賞を受賞することになった昆虫標本。
 その賞は、あのイグノーベル賞。
 そう、雌雄の生殖器が逆転したというものすごく変わった昆虫、トリカヘチャタテ。

ちいさなトリカヘチャタテ

 そしてイグノーベル賞の賞状レプリカ。


 アリやシロアリの巣に入り込む昆虫がいるのですが、そんな変わった昆虫がマンガで紹介されています。
 アリは仲間以外を巣に入れません。
 ちがう種類の昆虫はもちろん、同じ種類でもちがうファミリーのアリなら攻撃します。
 なのに、ちゃっかり巣に入り込むアリでない昆虫たち。
 その方法も様々。

マンガでわかりやすく解説

4.昆虫の能力

 ここはパネル展示が中心ですが、昆虫の飛ぶための筋肉のちがいや足の構造などがわかります。

昆虫の飛ぶ筋肉の付き方

5.昆虫研究室

 となりには採集や標本作成などの研究コーナー。


 続いて標本壁。
 壁が様々なコレクションの標本で埋め尽くされています。


 いろいろな昆虫標本を間近でたくさん見ることができます。
 ここにも小さな昆虫がありますので、やっぱり虫メガネはあったほうがいいかも。
 ただ上の方は見上げるばかりでよく見えませんし、小さいのはあるのか無いのかわかりません。
 もはや斬新なデザインの壁。
 ここは標本をアートとしても楽しむ場なのかもしれません。

 最後はモルフォ蝶などの構造色を応用した様々な商品の展示など。

 そして、あえて飛ばしていましたが、途中には科学博物館でも話題になった「Gの部屋」も。


 もちろん「ゴキブリ」です。
 よく見ると形はゴキブリですが、「思っていたのとちがう」ゴキブリがいろいろ展示されています。
 そしてなにより、ここでは生体展示がされています!
 「G」が苦手な方は素通りしましょう。

 会場入口の前には、いつもと同じようにオリジナルグッズコーナー。
 おすすめは、図録。
 展示のカタログ的な意味もありますが、なにより昆虫の出現時期に分類、体の作りや機能に飛び方など、展示されているさまざなま昆虫学の情報が詰まっています。
 これだけの内容が2000円で1冊にまとまっているなんて、ほかにはないのでは?


 ただただ展示されているのが小さな昆虫。
 全体ではとんでもない数になります。
 一度と言わず二度三度と足を運びたくなる昆虫展。
 いや、何度も行かなければ見られないほどすごい量の昆虫がいます。

■参考外部リンク■
特別展 昆虫 | イベント | 関西テレビ放送 カンテレ
大阪市立自然史博物館

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 特別展昆虫大阪市立自然史博物館ニホンミツバチメガネウラヒラズゲンセイカブトムシクワガタムシツノゼミトリカヘチャタテイグノーベル賞

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

万葉集といきものの関係 萬葉植物園

 新元号の「令和」の由来となったことで万葉集が注目されています。
 万葉集、約4500首の歌の約3分の1で150種以上の植物が詠まれていると言われます。
 その植物が、万葉植物。

 もちろん身近にも万葉植物は生えていますが、植物園などでは万葉植物コーナーを設置して、解説板をつけているところもあります。
 奈良県には「萬葉植物園」というそのものズバリの植物園もあります。
 文字通り万葉集に詠まれた植物に特化した、最古の万葉植物園です。
 場所は奈良公園の春日大社の駐車場の南。

万葉植物園の入口は植物園っぽくない

田んぼや畑もあります

奈良市の天然記念物「春日大社境内のイチイガシ巨樹群」の一つ
臥龍(がりゅう)のイチイガシ

朽ちかけたイチイガシの倒木

 今までは秋の七草やナンバンギセルを見に秋から初冬に行っていましたが、春から初夏にも行ってみようと思います。

■参考外部リンク■
世界遺産 春日大社 公式ホームページ/国宝殿・植物園・庭園喫茶/萬葉植物園概要

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 萬葉植物園春日大社世界遺産奈良公園万葉植物園植物園万葉集

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる