【 野菜・食用作物】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

赤くて黒い変わった形の冬の実

 かわった実がありました。

 小銭入れのガマクチのように広げた口のところにちょっと大きめの留め金が2つ。
 ガマグチの色はちょっとくすんだ感じの赤、留め金はほのかに青みがかった黒。

トキリマメ

 この実はトキリマメ。
 名前のように豆の仲間。
 豆と言われれば豆のようにも、なんか違うようにも感じます。

 口を開ける前の実はこんな感じ。

吐切豆

 小さいですが、豆です。

 そして葉はこんな感じ。

Rhynchosia acuminatifolia

 ひし形の葉が3枚。
 豆の仲間によくあります。

トキリマメ
吐切豆
Rhynchosia acuminatifolia
マメ目 マメ科 インゲンマメ連 タンキリマメ属の蔓性多年草

新装版 野草 見分けのポイント図鑑

新品価格
¥1,265から
(2021/12/12 00:07時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: トキリマメ赤い実黒い実冬の実

スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

2021年もプランター稲やってました。なかなかむずかしい

 2021年もやっていたプランター稲。
 今年の成果は。
 なんと。
 35グラム。
 たったの。

プランター稲の籾

 今までで一番少なかったのはシリカ以外の肥料を使わなかった16グラム。
 次は有機肥料を使いすぎた30グラム。
 その次が今年の35グラム。
 トビイロウンカの大群に襲われた時でも50グラム。
 一番多いときが肥料が調節された土を使った最初の250グラム。
 今年はかなり少ない。

 過去三番目の悪さ。
 原因は?
 すぐに思い浮かぶものはありません。
 今年はトビイロウンカは1匹も見ません。
 肥料も十分です。

稲穂

 今年の夏はちょっと涼しめで、10月が暑いめ。
 ちょっと変わった気候だったように思いますが、大阪の水稲作況指数は99の平年並み。
 気候のせいではないようです。

■参考外部リンク■
作況調査(水陸稲、麦類、豆類、かんしょ、飼料作物、工芸農作物)

 いろいろ考えて一つ気になることを見つけました。
 サトイモ。
 場所がないのでいつもサトイモと稲を並べています。
 今年はサトイモがよく育ち、大きな葉を伸ばしていました。
 その葉がときおり稲を覆うことがありました。
 気付いたら葉を避けていましたが、それでも朝夕のように斜めからくる光は遮っていたのかもしれません。

花

 しかし、稲の横でサトイモを育てているのは毎年のこと。
 自信はありません。
 もしかしたら、ことしはプランター土をふるいにかけて古い根を取り除きませんでしした。
 それが原因でしょうか?
 よくわかりません。

 植物をそだてるのは、むずかしい。

プランター稲・バケツ稲の索引2015

よくわかる イネの生理と栽培

新品価格
¥1,650から
(2021/11/14 23:42時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: プランター稲2021プランター稲プランター稲の収穫 

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

実は2020年もやっていたプランター稲 その結果は?

 遅れましたが2020年のプランター稲の収穫結果。


 モミの総量はたったの50グラム!

 発芽がうまくいかず苗の元気がなかった2019年は90グラム。
 肥料を控えカブトエビの餌を入れた2018年は72グラム。
 シリカ以外の肥料を使わなかった2017年はたったの16グラム。
 苗を2本しか植えなかった2016年は100グラム。
 病気の影響が大きかった2015年は65グラム。
 スズメの大群に襲われた2014年は40グラム。
 出穂前に葉が病気になった2013年は150グラム。
 有機肥料を使いすぎた2012年は30グラム。
 肥料が調節された土を使った2011年はなんと250グラム。

 50グラムは普通に見えますが1年めの250グラムからすると1/5。
 その原因は。
 トビイロウンカ。
 梅雨頃、中国や台湾からジェット気流に乗って日本にやってきて、爆発的に増え、秋の稲に大きな被害を出す害虫。
 どんな被害かというと、花は咲いても実がならない。
 たくさんのもみがついても中身がないぺたんこで軽いもみばかりになるそうです。
 2020年のもみはそんな感じ。
 これを唐箕(とうみ)などで空のもみを飛ばせばもう少し減るでしょう。
 もちろん、トビイロウンカは確認しています。


なんか軽そうでぺたんこに見えるのがトビイロウンカのもみ

 トビイロウンカにはじめて気がついたのは2019年。
 このとき、大発生は稲刈り後だったので被害はありませんでした。
 2020年もそれほど多くはないと思っていたのですが、被害が出ました。


色が薄く見えるのがトビイロウンカのもみ

 2021年はトビイロウンカ対策が必要でしょう。
 1センチもない成虫を防ぐには、目の細かい網で覆う?
 それとも用心棒をスカウトする?
 今年の課題です。

 いまのところ、ハエトリグモをスカウトしようかと思っていますが、一体どこにいるのか。
 まだいい方法が見つかりません。

プランター稲・バケツ稲の索引2015

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: プランター稲2020プランター稲プランター稲ビオトープ2020プランター稲の害虫プランター稲の収穫プランター稲の稲刈プランター稲の乾燥

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

鉢サトイモ2020 今年は豊作?

 ひそかに始まっていた鉢サトイモ。
 今年も無事終了しました。

 まずは結果から。

 毎年念のために種芋は2個植えています。
 今年も中くらいの種芋を2個。
 そして、寒くなる前の11月半ば、収穫しました。

 大きな方の塊が20個で890グラム。
 小さな塊の方が13個で560グラム。
 合計33個で1450グラム。
 植木鉢で育てたわりには豊作ではないでしょうか。

2020年の大きい方の塊
複雑に絡み合っていたので泣く泣くバラしました

 バケツや植木鉢で育てるようになって5年めですが、今までの収穫は。

 2019年
 大きい塊が10個で505グラム。
 中くらいの塊が7個で385グラム。
 小さい塊が3個で150グラム。
 合計20個で1040グラム

2019年のすべて
いかに2020年が豊作だったかがわかります

 2018年
 全部合わせて17個で845グラム。
 2017年
 全部合わせて28個で1200グラム。
 2016年
 全部合わせて11個で470グラム。

 今年が一番たくさん収穫できました。
 理由はわかりませんが、いつもとちょっと違うところは極端な深植え。
 植木鉢の半分ほどのとこに種芋を植え、成長して茎の白い部分が見えてきたらそこが隠れるほど土を入れます。

植木鉢の直径は約25センチ 高さは約30センチ
その半分のところに植えました

 そのときに一緒に化成肥料を入れます。
 それを繰り返して、植木鉢いっぱいになる頃に秋。
 そして収穫。

 あと、水は欠かさないように。
 夏の間は朝晩の1日2回。
 肥料と水と土盛りのおかげでしょうか。


 特に土盛りは大きかったように思います。
 横に広がることができな小さな植木鉢で、土を盛ることで上へ上へと小芋孫芋をつけることができますから。
 来年もこの3つ、とくに土盛りは大切にしたいと思います。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 鉢サトイモ2020鉢サトイモハチサトイモサトイモ

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

2019年のプランター稲 終了する

 当然、2020年のプランター稲ビオトープははじまっていますが、その前に2019年の結果を。

稲の花

 うまく発芽しないでつまづいた2019年
 その後は色々ありましたが、収穫。
 結果、90グラム。

 肥料を控えカブトエビの餌を入れた2018年は72グラム。
 シリカ以外の肥料を使わなかった2017年はたったの16グラム。
 苗を2本しか植えなかった2016年は100グラム。
 病気の影響が大きかった2015年は65グラム。
 スズメの大群に襲われた2014年は40グラム。
 出穂前に葉が病気になった2013年は150グラム。
 有機肥料を使いすぎた2012年は30グラム。
 肥料が調節された土を使った2011年はなんと250グラム。

 それから考えると、多い方かもしれません。
 肥料の追加はシリカ以外はなかったのですが、カブトエビの餌とカブトエビの糞から窒素を得ていたのでしょう。
 ただ、2018年より多くの餌をやってので、土の表面全体が黒くなりました。
 それだけでなく、土の上にたくさんの根を伸ばしていたことから土の中に酸素がなくなっていたのでしょう。
 酸化していた赤い土が還元して黒くなる(多分)くらいですから。

土が黒くなり水中に根を伸ばした稲

 稲の成長が今一つに感じたのはそのためかもしれません。
 でも、収穫はどちらかといえば多い方だったので、カブトエビの餌が多少は効いたのかもしれません。

頭を垂れる稲穂

収穫した籾

プランター稲・バケツ稲の索引2015

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: プランター稲2019プランター稲プランター稲ビオトープ2019プランター稲の開花プランター稲の登熟プランター稲の収穫プランター稲の脱穀

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

こんなときでも花は咲いています。咲いているかどうかがものすごくわかりにくい大麦

 4月。
 春。
 冬を越した麦の花の季節。

 いっぱい生えてい太い毛のようなものは禾(のぎ)。
 のぎ偏の禾。
 イネ科の花を包む頴(えい)の先から伸びています。


 イネ科は花弁なく、咲いているかどうかがわかりにくいのが特徴。
 よくみると、オシベがはみ出している花があります。
 咲いている、ではなく、咲き終わったところ、のようです。


 オオムギ。
 大麦。
 Hordeum vulgare
 イネ目 イネ科 オオムギ属。
 中東原産と思われる穀物。
 小麦のように粉にして食べるのではなく、醤油・味噌や焼酎などの発酵食品の原料などに使われています。

 花言葉は「思い出」「裕福」。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオムギ春の花緑色の花花言葉

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

こんなときでも花は咲いています。食べるだけではもったいないきれいな花 そらまめ

 4月は花の季節。
 道端の雑草だけでなく、畑でも花盛り。

 数十センチすっくと伸び上がった茎にたくさんの花。
 白い中に、黒?
 いえ、濃い紺色。
 ソラマメの花。


 野菜のソラマメです。
 ダイズやアズキなど食べ物になる種類が多いマメの仲間ですが、スイートピーなど観賞用の花もあります。
 食べるマメも、飾りたくなるほどきれいな花ばかりです。

 ソラマメ。
 蚕豆、空豆。
 Vicia faba
 マメ目 マメ科 ソラマメ属の一年草。
 地中海、西南アジアが原産地と思われる食用植物。
 新石器時代の遺跡から出土、中国へは5000年前、日本へは1300年前ごろつたわったといわれる。
 花言葉は「憧れ」「永遠の楽しみ」。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ソラマメ白い花春の花野菜

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS