【 爬虫類・両生類】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

山で出会ったヤマカガシとヒキガエル

 金剛山の下山途中。
 林道を歩いていると、突然足下で動きが。
 びっくりしましたが、どうやらヘビのようです。

この記事にはヘビカエルの画像があります。


 体は黒くて太い筋も間がちょっと赤い。
 ということは、ヤマカガシ?
 でも、なんかヘンです。
 頭が異様に大きいような。
 まさかヤマカガシ型のUMA?


 落ち着いてよくみてみると、どうやら食事中のようです。
 くわえているのは、カエル。


 ヒキガエルでしょうか。
 足の方から飲み込んでいます。


 見たとおり、ヤマカガシの頭はヒキガエルよりもずっと小さく、飲み込めるようには思えません。
 無理に飲み込もうとして、ヘビが窒息してしまいそうです。
 しかし。
 ヘビは結構思い切った進化をした動物で、細い体になったものの、自分より大きい生き物を食べることができます。
 さらに歯が内側を向いていて、噛みつかれると逃げられないようにもなってます。


 自分よりも大きな生き物を食べることができる。それも丸呑みで。
 ヘビは結構すごい肉食動物かも!

日本の爬虫両生類157 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2017/6/21 22:17時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマカガシ  ヒキガエル  金剛山の動物  金剛山  ヘビ  カエル 

スポンサーサイト

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ニホンアカガエル 絶滅危惧種、絶滅を免れる! VU→CR→EN?

 お馴染みの錦織公園。
 赤松に覆われたところに植樹して作られた人工の公園。
 ですが、少ないですが、貴重ないきものもいます。
 その一つが、ニホンアカガエル。

この記事にはカエルの画像があります。


 アカガエル科アカガエル属の日本の固有種。
 環境省のレッドリストには記載されていませんが、多くの都府県で記載されています。
 もちろん大阪でも。
 絶滅危惧II類、VU。「絶滅の危険が増大している種」。

2016年10月に出会った大人のニホンアカガエル

 ニホンアカガエルはおもしろいところがあります。
 変温動物ですので、冬になると冬ごもりをします。
 ところが、12月から2月の一番寒い時期に出てきて、産卵します。
 もちろん、そのあとはまた冬ごもりに戻ります。

 ところが。
 2月初旬。
 毎年卵を産む水車の前の淀みの水がなくなっていました。
 きれいに底のコンクリートが見えています。
 2016年に続いて2年連続。

2月初旬の水のない水車前の淀み

 2016年は、その後カエルが卵を産むこともなく、オタマジャクシはもちろん、小さなカエルをみることもありませんでした。
 もうだめです。
 ニホンアカガエルの寿命は数年。  すぐ絶滅することはないでしょうが、2年連続は絶滅への大きな一歩になってしまうでしょう。

 またまたところが。
 2月下旬に行くと、水車池には水がたまり、卵塊がたくさんありました。

水が戻った2月下旬の水車前の淀み

 数えてみると25個。
 上の池にもいくつかありました。

卵塊がありました!

 ちょっと遅いですが、この時期に塊になる卵を水中に産む両生類は限られます。
 そもそも、水辺が多いのにカエルの種類が極端に少ない錦織公園。
 河内の里ではニホンアカガエルしか見たことがありません。
 きっとそうでしょう。

卵の中では着実に成長しています

 ニホンアカガエルのオタマジャクシはより目で背中に2つの斑点があります。
 もう少し大きくなったら、はっきりするでしょう。
 絶滅は、なんとか免れたようです。
 おそらく。

その一週間後には孵化していました

 ところで、なぜ、淀みを掃除したのでしょうか。
 本当のことはわかりませんが、底には落葉がたまり、藻類が繁殖していたので、見た目は悪くなっていました。
 ここは府営の公園。
 「みばえ」は大切。
 絶滅危惧種がいることを知らない市民の苦情があれば、すぐ対処しなければならないでしょう。

 そこれに、ここは自然を守ることを目的とした自然公園ではなく、地域住民が利用できるように整えられた緑地の都市公園。
 公園の管理者も絶滅危惧種が住んでいることに気付いていなかったのかもしれません。
 もしかしたら、今年は気づいて卵を別の場所で保管し、掃除が終わってから戻したのかもしれません。
 そうだったら、これから先は安心なのですが。

日本の爬虫両生類157 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2017/3/21 00:06時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニホンアカガエル  カエル  産卵  絶滅危惧種  大阪VU  錦織公園  都市公園 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

「恐竜博2016」ティラノサウルスとスピノサウルスの骨からわかることもたくさんあります!〈大阪文化館・天保山〉

 いよいよ大阪会場の閉会が近づいてきました。
 しかも日本最後の開催地ということで、泳ぐスピノサウルスと出会えるのもあとわずか。
 グッズショップでは海洋堂フィギュアのガチャガチャを4種類コンプリートのセット販売もはじめていました。
 もしかしたら、ほかにもお得なセットがあるかもしれませんが、きっと早い者勝ち! でしょう。

 今までスピノサウルスのことばかりだったのですが、大人気のティラノサウルスもいます。
 カナダで見つかった最大のティラノサウルス「スコッティ」。
 大阪会場ではスピノサウルスと同じ部屋、向き合うように展示されていますので、二大肉食恐竜を見比べる事ができます。

大阪港駅から会場までの幟

 概ね同じ“大きさ”の獣脚類肉食恐竜。
 でも片方は陸上を二足歩行し、恐竜を食べる。
 片方は水中を泳ぎ、魚を食べる。
 同じ獣脚類の恐竜ですが、まったくちがう生活を送っています。
 生活のあり方は、動物の姿を決めます。
 ティラノサウルスとスピノサウルスの復元骨格にも生活のちがいが表れているか、くらべてみました。

 まず全体を見ると、T字型に立っているティラノサウルスと、寝そべったような形のスピノサウルス。
 2つの恐竜の生活のちがいをはっきりと表した姿です。

T字立ちのティラノサウルス「スコッティ」


泳ぐスピノサウルス


 全体の雰囲気は、重量級のティラノサウルスと、ちょっと華奢というかスリムなスピノサウルス。
 ということは、ティラノサウルスよりもスピノサウルスのほうが軽いのでしょうか。
 恐竜は大きな体を支えるため骨に空洞を多くして軽量化していますが、スピノサウルスは例外的に骨がつまっています。
 これは水中での行動時間が長い鳥のペンギンや、哺乳類のカバなどに似た特徴。
 これもスピノサウルスが水中で生活していた証拠の一つ。
 ということは、意外と同じくらいの重さか、もしかしたらスピノサウルスのほうが重いかもしれません。

 獣脚類の体重を支える2本の足(後肢)。
 骨盤から大腿骨(ふともも)にその下の脛骨(けいこつ)・腓骨(ひこつ)に指と、足の骨は全体がティラノサウルスのほうが太くて大きい。
 「スコッティ」とちがってスピノサウルスはいろいろな化石の寄せ集めで、足りない部分は近い種類の恐竜の化石を使い、それでも足りないところは予想して作られたもの。
 ですから本当に足が細かったのかと疑ってしまいまそうですが、骨盤と足の骨が一緒に見つかったので、体に対して小さいことがわかっています。

ティラノサウルスの骨盤(左)とスピノサウルスの骨盤(右)
 

 ほかにも人間でいうと足の甲のところにある中足骨(ちゅうそくこつ)。
 獣脚類の恐竜には3本ありますが、ティラノサウルスは3本が一体化し、真ん中だけが細くなっています。
 これは重い体重で二足歩行する恐竜の特徴。
 ところが、スピノサウルスはまとまっていますが、、真ん中はティラノサウルスほど細くはなっていません。

ティラノサウルスの中足骨(左)とスピノサウルスの中足骨(右)
 

 足に対して小さな手(前肢)のティラノサウルスと、足とそれほどかわらない長さのスピノサウルス。
 ティラノサウルスはどう考えても歩くのには使っていたとは思えません。
 それどころか、巨体にこの大きさでは使える用途は限られるでしょう。
 それに対してスピノサウルスは足と手がよく似た大きさなので、水から出たときは四足で歩いていたと考えられます。

ティラノサウルスの手と頭


スピノサウルスの手と頭


 恐竜を最も特徴つける、頭。
 これも圧倒的に大きなティラノサウルス。
 すべての方向に大きく、見るからに頑丈そう。
 スピノサウルスは、長さはそれほど変わらないものの、小さく、特に幅が狭く、先の方へ細くなっていきます。
 口の先まで太いのがティラノサウルス。

 恐竜の頭蓋骨(頭骨)にはいろいろな穴が開いていますが、その一番後ろの穴は顎を動かす筋肉が通る側頭窓(そくとうそう)。
 この穴のおかげで顎を動かす筋肉がたくさんつき、顎を大きく開けられたり噛む力が強くなったりします。
 ティラノサウルスはこの穴が大きいのですが、スピノサウルスはそれほど大きくはありません。
 ティラノサウルスは大きな恐竜の肉を噛み切るため強い力が必要で、スピノサウルスは小さな魚を丸飲みするのでティラノサウルスほど大きい必要はなかったでしょう。

逆B形のティラノサウルスの側頭窓


小さいスピノサウルスの側頭窓


 そしてスピノサウルスの特徴、背中の長い骨。神経棘(しんけいきょく)。
 ティラノサウルスは、特に目立つほど大きくはありません。
 恐竜によっては重い尾が垂れないように支えるため、神経棘を大きくして筋肉をたくさんつけることもあります。
 しかし、人間の身長を超えるような骨をたくさんつけたスピノサウルスは、いくらなんでも全体に筋肉がついていたとは考えられません。
 いろいろな説がありつつも、まだ謎が解けていないところの一つ。

小さいティラノサウルスの神経棘


ものすごく長いスピノサウルスの神経棘


 雌にアピールするためとも言われますが、いくらなんでも大きすぎるでしょう。
 しかもみんな骨。無駄が多すぎるように思います。
 ですから、体温がどんどん逃げていく水中にいるので、太陽の光を受けて体を温めるほうが理にかなっているように思えます。
 しかし骨に血管が通る穴や筋が少ないので否定されています。
 いや、血を温めて全身に送るのなら、血管は骨の中じゃなくて皮膚の表面の方がいいのでは。
 スピノサウルスの時代は、陸上にも神経棘を大きくした恐竜が現れました。
 暖かいと言われる中生代でも寒冷化した時期ですので、体を温めた説は完全な外れ、ではないと思うのですが。

スピノサウルスの近縁のイクチオヴェナトルの神経棘

 わからないこともありますが、骨は生き物の生活の様子を表し、化石からでもわかることは少なくありません。
 ティラノサウルスとスピノサウルスの骨を比べてみると、まったくちがう生活をしていたことがよくわかります。

 ただ、ちょっと気をつけなければならないこともあります。
 展示されているのは化石の復元骨格。
 もちろん、専門家が復元したのですから、ちゃんとした理由があってのこと。
 しかし専門家とはいえ、生きている恐竜を見たことがありませんので、100%真実の姿というわけにはいきません。
 その証拠に、私たちが知っている恐竜の姿は、常に変わり続けています。
 たとえば尻尾を浮かせてT字型に立つティラノサウルスの姿も、昔は尻尾を引きずった「ゴジラ立ち」でした。
 そのティラノサウルスも今では羽毛が生えてることもあります。

恐竜博2016では羽毛なし復元図

 最新の研究成果による復元ですが、恐竜博2016のびっくりするようなスピノサウルスも、数年後にはもっとびっくりする姿に変わっているかもしれません。
 その時にはきっと「恐竜博20XX」があるでしょう。

■参考外部リンク■
恐竜博2016

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: スピノサウルス  ティラノサウルス  スコッティ  恐竜博2016  大阪文化館・天保山  恐竜  化石 

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

「恐竜博2016」最大の肉食恐竜スピノサウルスの姿をいろいろ想像してみるとおもしろい!〈大阪文化館・天保山〉

 「恐竜博2016」でびっくりしたのが、スピノサウルスの復元された姿。
 足より手が大きく、水かきを持った足で泳ぐスピノサウルス。
 水中で魚を食べることは知っていましたが、ここまで水中に適応した姿だったとは思ってもいませんでした。


 ただ、いろいろな動物とくらべてみて不思議に思うところもあります。
 後脚の水かき。
 恐竜に水かきがあるのは水中生活しているのなら不思議ではありません。
 恐竜から進化した鳥にもありますから。
 ただ、小さな後脚にあることが気になります。
 巨体を抵抗の多い水中で動かすためには強い力が必要。
 にも関わらず、手よりも小さな足、ひかえめに言っても手とたいしてかわらない大きさの足。
 なんかしっくりしません。

手と足どちらが大きいでしょうか
※画像スライドできます ⇒⇒

 スピノサウルスを含む獣脚類の恐竜は二足歩行で、手(前脚)は全体重を支える足(後脚)より小さくなります。
 それが逆になったスピノサウルスは、足の負担が減る水中で生活していたからだと言われます。
 確かに納得できそうですが、手が大きくなった理由にはなりません。
 スピノサウルスの細い口は、水中でも抵抗が少なく動かしやすいため、と考えられてます。
 つまり、魚を捕まえるのは手でなく口。
 手が大きくなる理由は、泳ぐ以外に想像できません。
 手を水をかいていたと考えると、足が小さいことも手が大きいこともうなづけます。


 一旦陸上に適応してから水中に適応した四肢動物の多くが泳ぐため使うのは、尾(+胴)か手(前脚)。
 鳥も水中に適応したペンギンは、手(翼)を使います。
 首長竜も主に前脚を使っていたとする研究もあります。
 クジラやイルカは足が退化してなくなっています。
 意外と泳ぎに足(後脚)は使われないことが多いのです。
 こういうところからも、スピノサウルスは泳ぐのに使っていたのは足ではなく手かもしれません。
 もし水かきが付いているのなら、手のほうがはるかにしっくりくると思います。

 また、鳥の水かきには指の間に広がる膜の「蹼足(ぼくそく)」と、「弁足(べんそく)」と呼ばれるものがあります。
 蹼足はカモや白鳥の足にある普通イメージする水かき。
 弁足は指のところの皮膚が左右に広がったもので、蹼足のようにつながらず、水をかくときに広がり、ます。
 鳥の蹼足は「目」のような大きなグループに共通して現れる特徴ですが、弁足は種類も少なく「属」のような小さなグループに現れます。
 ということは、スピノサウルス類の多くに蹼足がないのなら、弁足の可能性があるかもしれません。


 まだまだスピノサウルスの泳ぎ方には気になるところがあります。
 それは長い尾。
 獣脚類は尾が長いのが特徴です。
 それは二本脚で歩くので大きな筋肉をつけるためと、上半身の重さと釣り合わせるため。
 ですから、獣脚類は腰のあたりに重心がきます。
 ところが、スピノサウルスの重心は腰よりも前。
 水中で生活し、陸上では前足も使って四足歩行するスピノサウルスにとっては、あんな長い尾は必要でしょうか。
 もしかしたら、スピノサウルスは、足でも手でもなく、尾を使って泳いでいたのかもしれません。

 想像していなかった新しい姿でびっくりさせてくれたスピノサウルス。
 でも、その姿を見ていると新しい疑問がいくつも湧いてきました。
 これからの研究がたのしみです。
 ただ、スピノサウルスの全身骨格の前に化石の展示ケースが置かれ、横から見ると手足が隠れてしまいます。
 天井が低くて展示しにくいのはわかりますが、一番の見所なのですから、もう少し展示に工夫をしてほしかったと思います。
 残念です。

■参考外部リンク■
恐竜博2016

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: スピノサウルス  恐竜博2016  大阪文化館・天保山  恐竜  化石 

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

「恐竜博2016」最大の肉食動物スピノサウルスの真実がそこにある!?〈大阪文化館・天保山〉

 国立科学博物館で行われた「恐竜博2016」。
 大阪にもやって来ました。
 最新の恐竜学が紹介されています。
 が、やっぱり一番目を引くのがスピノサウルスの復元全身骨格。
 スピノサウルスの全身骨格が見られるのはもちろん珍しいのですが、その姿が驚きです。
 もちろん、最新の復元です。

会場 右に見えるのは海遊館

 スピノサウルスの名前と姿を広めたのは、やっぱり映画「ジュラシックパークIII」でしょう。
 川の中に住み、時々陸上に上がってくる。
 太い2本足と十分攻撃に使える手。
 背中には大きな帆があり、長い尾。
 迫ってくる大きな口(というイメージ)のティラノサウルスにたいして、体全体を巧みに使った攻撃を行う(というイメージの)スピノサウルス。
 なんて無責任に思っていたりします。

 ところが、今、スピノサウルスの姿が、変わってしまっているのです!
 それが、恐竜博2016で展示されているスピノサウルス。
 2014年に発表された論文がもとになっています。
 それをまとめるて、こんな感じになります。

細長い頭に細長い口
歯もティラノサウルスよりも小さい

大きな手
ティラノサウルスよりもずっと大きく、まるで怪獣のようなバランス

手よりも小さな足
スピノサウルスのからだからすると、小さく両足では体を支えられそうにない

長い尾
ティラノサウルスよりも華奢

たくさん並ぶ長い背中の骨
骨の列は真ん中あたりがへこむ

全体のイメージは、恐竜というよりもヨーロッパの伝承などに出てくるドラゴンのよう。
泳ぐ姿?に復元されたスピノサウルス
※画像スライドできます ⇒⇒

 スピノサウルスの基本的な姿は変わりませんが、目を引くのは大きな手と小さな足。
 いや、足より大きな手と、手より小さな足といったほうがいいかもしれません。
 これはスピノサウルスやティラノサウルスが含まれる獣脚類の恐竜では異例なこと。
 いや、二足歩行型から進化した恐竜は、四足歩行型でも前足が後ろ足より小さいのが普通。
 特に2本脚で歩く獣脚類の恐竜は、もちろん足のほうが大きく頑丈になっています。
 大きな体を支えるために。
 脚より大きな手と手より小さな足は、とても不思議な姿です。

 ということは、華奢な脚のスピノサウルスはどうやって歩いていたのでしょうか。
 前脚を地面につけて、獣脚類では特異な4つ足で歩いていたと言われています。
 しかし、前足の指は長く、長い爪が曲がり、どうみても歩くための形ではありません。
 ですから、陸上よりも水中の移動が中心だったようです。
 水の中では浮力で体が軽くなるので、太くて頑丈な足は必要ありません。
 ただ、時には陸に上がることもあり、そのときは手をついて「四足歩行」に。

正面から見る魚のような体の断面

 そして、復元図の方で目を引くのは、両足の水かき。
 足の指の間に膜があります。
 水かきの化石が残っていたのではなく、主に水中で活動していた様子からの想像のようですが、妙でもあり、納得もでき、とても不思議な復元図です。
 恐竜の一部、それもスピノサウルスと同じ獣脚類の恐竜が進化した鳥には、足に水かきを持つものがたくさんいます。
 それも、進化の系統とは関係なく水かきをもちますので、獣脚類の恐竜に水かきができるのも、ある意味あたりまえのことかもしれません。

スピノサウルスの最新復元図

 そして化石展示意外で見逃せないのが、スピノサウルスのCG映像。
 会場からちょっと離れた大阪城そばの大川にスピノサウルスが現れます。
 大阪の大川を遊覧する水上バスのアクアライナーに乗りかかり、108人乗りのアクアライナーが小さく見えます。
 そして、なんと、会場隣の海遊館の大水槽の中をスピノサウルスが泳いでいます。
 ものすごくリアル!
 恐竜展を出たらそのままスピノサウルスを見に海遊館に行きたくなります。
 東京ではじまって北九州とすでに2つの会場で行われています。
 そちらの会場では、どこをスピノサウルスが泳いだのか気になります。

 そんな従来のスピノサウルスどころが恐竜のイメージも変えてしまうようなリアルな復元。
 ただ、じっくりと見ているといろいろと気になるところも出てきますが、それは次回に。

■参考外部リンク■
恐竜博2016
大阪水上バス

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: スピノサウルス  恐竜博2016  大阪文化館・天保山  恐竜 

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

ほんとうに名は体を表していたんだ!ニホンアカガエル

 大阪では絶滅危惧II類(VU)のニホンアカガエル。
 漢字で書くと「日本赤蛙」。

 卵は真冬に産むのでよく目立ちます。
 春になると、オタマジャクシになるのですぐわかります。
 オタマジャクシはもちろん、子供のカエルはくろっぽくて、「どうして赤蛙?」と思っていました。
 大人になると赤くなるのかなと思いますが、すぐ草が茂る池の中に飛び込んでしまうので、なかなかその姿を見ることができません。

どう見ても赤くないニホンアカガエルの幼体

 そして10月。
 ついに見ることができました。
 涼しくなってきて、あまり自由に動けないのでしょうか。




 確かに、アカガエルは、赤かった。

あまり赤くないのもいました

■参考外部リンク■
大阪府/大阪府レッドリスト・大阪の生物多様性ホットスポット

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニホンアカガエル  絶滅危惧種  大阪VU 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

日本最古と言われる池で出会った準絶滅危惧の日本のカメ

 日本最古のダム式溜池と言われる大阪狭山市の狭山池。
 『古事記』や『日本書紀』にも名前が書かれているほど古い池。
 つまり、少なくても1300年くらい前にはあった池で、国の史跡にも指定されています。
 ただし、平成の改修を経て生まれ変わったので、景観としては新しい池になっています。


結構新しく見える狭山池

 池ですから、いろいろな水の生き物がいます。
 カメも。
 もちろん、外来種のミシシッピアカミミガメ(通称「アカミミガメ」)ばかり。
 世界の侵略的外来種ワースト100、日本の侵略的外来種ワースト100、そして要注意外来生物にしていされているカメです。


浮きの上で甲羅干しするアカミミガメ

 ところが、そんな狭山池にちょっとヘンなカメが。


アカミミガメ?

 甲羅はどちらかと言うと小判形、頭から尾にかけて山のように盛り上がっています。
 色はところどころ黄土色っぽく縁にはギザギサ。
 脚には黄色い線。
 これはニホンイシガメ(通称「イシガメ」)の特徴で、ミシシッピアカミミガメの特徴ではありません。
 そして、多くはクサガメの特徴でもありません。
 ただ、ニホンイシガメとクサガメの交雑種の「ウンキュウ」というカメもいるそうなので、その可能性もありますが。


ニホンイシガメのようです

 日本の在来種のカメというと、イシガメとクサガメというイメージがあります。
 ところが、クサガメは江戸時代ころに日本にやってきた外来種と言われています。
 この3種類のカメの中では、日本在来種はニホンイシガメだけ。
 にもかかわらず、3種類のカメのかなでは最も数が少ないのです。
 環境省でも大阪府でもレッドリストで「NT(準絶滅危惧種)」。


クサガメにある首の黄色い模様がありません

 そういうカメと出会うことができたのは、日本最古のダム式溜池だから?
 それとも、準絶滅危惧というのは、絶滅に瀕しているというわけではないので、やたらと多いミシシッピアカミミガメにばかり注意が向いてるだけでしょうか。

■参考外部リンク■
大阪府/狭山池ダム


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニホンイシガメ  イシガメ  狭山池  ミシシッピアカミミガメ  準絶滅危惧  レッドリスト  レッドデータ  カメ 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる