【 その他の海の動物】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

特別展「石は地球のワンダー」アンモナイトの異常巻きは実は異常でなかった!?〈大阪市立自然史博物館〉

 「石は地球のワンダー」展
 サブタイトルは「鉱物と化石に魅せられた2人のコレクション」。
 その一人は鉱物学を研究した広島大学の故北川隆司教授の好物コレクション。
 そしてもう一つが、香川県在住の金澤芳廣氏から自然史博物館に寄贈された化石コレクション。


 金澤芳廣化石コレクションは、主に四国から見つけられた化石です。
 恐竜がいた中生代白亜紀後期の動物から植物までいろいろな生き物の化石が展示されています。
 そのなかでも興味深いのがアンモナイト、その「異常巻き」と言われるもの。

異常巻きアンモナイトのディディモセラス

 なぜ「異常巻き」と言われるかは、見ればわかります。
 アンモナイトは、巻き貝のように渦巻きの殻を持つ生き物で、体は貝ではなく、イカやタコのような形をしていたと考えられています。
 また殻も貝とはちょっとちがいます。
 巻き貝は横から見ると山のように三角形をしていますが、アンモナイトは膨らまずに平らに巻いていきます。
 全体の雰囲気は、水族館でよく展示されているオウムガイに似ています。
 ところが、それが想像もできないようなグニャグニャな形の殻になっているのです。

 アンモナイトもオウムガイも巻き貝も、みんな同じようにい「等角螺旋(対数螺旋,ベルヌーイ螺旋)」と呼ばれる規則でつくられています。
 それが「異常巻き」は、どう考えてもそんな規則があるようには見えません。

異常巻きアンモナイトのポストリコセラス

 アンモナイトが絶滅したのは、ちょうど白亜紀後期。
 古生代に誕生して、繁栄したアンモナイトが進化の袋小路に入って異常な巻き方になり、それが原因で絶滅してしまった、ともいわれていました。
 しかし、ちょっと待って下さい。
 異常巻きのアンモナイトの化石はたくさん見つかっています。
 会場でも「これでもかっ!」ってほど展示されています。

 生き物が化石になって見つかるということは、実はとんでもない数のハードルがあるのです。
 まず、化石に残るような部分があること。
 形が崩れる前に埋もれること。
 熱や圧力で壊れないこと。
 そして地面の表面までやってくること。
 そのあと風化しないこと。
 最後に人間に見つかること。
 さらに、これだけのハードルを超えるためには、その生き物がたくさんいること、つまり繁栄してることが必要です。
 ということは、異常巻きがたくさん見つかるというのは、絶滅の道を歩んでいたのではなく、繁栄していたのです。

異常巻きというか巻いてないアンモナイトのバクリテスほか

 それだけでなく、「異常巻き」は同じ巻き方の化石がたくさんあるのです。
 つまり「異常」ではなく、進化の一つの方向として決まった巻き方だったのです。
 会場でも同じ属ごとに並べられています。
 見ると同じ巻き方のものがたくさんあります。

 たとえばディディモセラスは、先のほうが巻き貝のように三角形になって、その後ぐるりと向きを変えるものがあります。
 当然のことですが、アンモナイトの形はアンモナイトの生活の仕方に関係しています。
 オウムガイのような普通の形のアンモナイトは、オウムガイと同じように水中に浮かんで生活していたと考えられます。
 ということはディディモセラスは、巻き貝の殻のようなときは海底や岩などの上で巻き貝のように生活して、ある程度大きくなったらアンモナイトらしく水中に浮かんで生活したのかもしれません。

巻き貝+チューブワームのディディモセラス

 成長によって生活の場所を変えるのは、同じ種類の大人と食べ物の取り合いをしなくてすみます。
 体の大きさに応じた天敵から逃れるのにも役立つかもしれません。
 アンモナイトと同じ地層(和泉層群)からは、白亜紀末期の海の肉食動物最強とも言われるモササウルスの化石も見つかっています。
 アンモナイトを食べたと言われるモササウルスと同じ海で繁栄したのですから、モササウルス対策かも?

アンモナイトと同じ地層から見つかったモササウルスのアゴの化石

 と考えると、異常巻きのアンモナイトは絶滅寸前の進化の袋小路ではなく、1億年かけてもどのアンモナイトが達成できなかった新しい方向性を見つけ出した進化の成功者だったのかもしれません。
 たしかにそうすれば化石がたくさん見つかることも納得できます。

ディディモセラスいろいろ

 それなら、なぜそんな大繁栄したアンモナイトが絶滅したのでしょうか。
 それは謎でもなんでもありません。
 恐竜が絶滅するきっかけとなった大隕石の落下の影響で、海の生き物も多くが絶滅しました。
 アンモナイトはその中のひとつ。
 大繁栄した異常巻きアンモナイトも、隕石落下を生き残れるようには進化していなかったようです。

ディディモセラスいろいろ

 「異常巻き」のアンモナイトを一度にこれだけ見られる機会はそれほどないでしょう。
 いい加減のように見えて、実はちゃんと決まりがある「異常巻き」。
 じっくり観察すると何か発見があるかもしれません。

■参考外部リンク■
特別展 石は地球のワンダー|大阪市立自然史博物館
大阪市立自然史博物館
大阪市立科学館 公式ホームページ | 大阪市立科学館 公式ホームページ

マダガスカル 産 アンモナイト シルバー ボックス

新品価格
¥1,299から
(2017/5/25 22:57時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 石は地球のワンダー  Isi-Wonder  大阪市立自然史博物館  異常巻きアンモナイト  ディディモセラス  ポストリコセラス  バクリテス  アンモナイト  モササウルス 

スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

5億年前の重防御生物に似た生き物が大阪湾にいるなんて知らなかった!「いきもの いっぱい 大阪湾 ~フナムシからクジラまで~」


 大阪湾にいる生き物がいっぱい集まった大阪市立自然史博物館の「いきもの いっぱい 大阪湾 ~フナムシからクジラまで~」。

 チラシを見た時から気になっている生き物がいました。



この記事には変わったウニの画像があります。





会場入り口の釣り看板<
会場入り口の釣り看板




 チラシには展示されている生き物たちのキャラクターがいっぱい載っています。

 みんなマンガっぽくなっていますが、よく特徴を捉えていて、自分が知っている生き物ならすぐわかります。

 その中で気になるのが、丸くって毛がモジャモジャで何かトゲのようなものが生えているいきもの。

 まるで5億年前のカンブリア紀中期のバージェス動物群の「ウィワクシア」のようです。

 まさか大阪湾の底に大絶滅を何度も生き抜いた「生きた化石」がいるのでしょうか。



 そのイラストの生き物はオカメブンブク。

 会場に展示されているはずです。

 果たして実物は?



 残念ながら標本になっていましたが、ちゃんといました!

 体は丸い玉のようですが、イラストのように毛、それも硬そうな毛が同じ方向に流れていて、ウィワクシアほど重防御ではありませんが、同じ仲間のようにも見えます。

 でも、オカメブンブクはウニの仲間。



ウニには見えない淡路島の成ヶ島のオカメブンブクの標本
ウニには見えない淡路島の成ヶ島のオカメブンブクの標本




 オカメブンブクなどのブンブクチャガマと呼ばれるウニの仲間は、海底の砂の中に潜って生活します。
 砂に潜りやすいようにトゲが細く同じ方向に向くように進化したようです。

 カンブリア紀のウィワクシアはどの分類に所属するかよくわからない生き物の一つで、背中は鱗(うろこ)で覆われ、トゲは剣のようになっています。

 逆に体の下側は巻き貝のようにひっついて動く平らな“足”になっていたと考えられていて、体のつくりが左右対称(左右相称(さゆうそうしょう))になっている生き物です。



 それに対してウニは下側にも動くためのトゲや管足がならび真ん中には口があります。

 体の作りも同じ構造のものを5つ星形に並べた五放射相称(ごほうしゃそうしょう)になっています。
 ウニも含まれる棘皮動物(きょくひどうぶつ)と言われる生き物の特徴です。

 ここまでちがうとウィワクシアとオカメブンブクは親戚どころかまったくちがう生き物です。



垂井沖のオカメブンブクの背中?
垂井沖のオカメブンブクの背中?
垂井沖のオカメブンブクのお腹?
垂井沖のオカメブンブクのお腹?


 ということで、大阪湾には5億年生き延びた古代生物はいないようですが、こんなかわったウニがいることがわかりました。



 ほかにも見たことも聞いたこともないいきものがいっぱい展示されているのが「いきもの いっぱい 大阪湾」。

 もちろん大阪湾に住んでいる、住んでいた生き物たち。

 簡単に会えない生き物もいっぱいいます。

 そんな生き物に会えるのもあとわずか。

 2013年10月14日(祝)まで!



◆タグ いきもの いっぱい 大阪湾 ウニ 棘皮動物 ◆

■参考外部リンク■
第44回特別展 いきもの いっぱい 大阪湾 ~フナムシからクジラまで~ | 大阪市立自然史博物館
ようこそ大阪市立自然史博物館へ


アノマロカリス M

価格:1,575円
(2013/10/10 21:44時点)

ハルキゲニア Hallucigenia サイズ:L19cm(メール便NGです)

価格:1,365円
(2013/10/10 21:45時点)

オパビニア GREEN(B) Opabinia サイズ:L46cm(メール便NGです)

価格:2,100円
(2013/10/10 21:46時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: いきものいっぱい大阪湾  44  オカメブンブク  ウニ  棘皮動物  大阪湾 

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

大阪湾にこんな生き物がいた?!ナメクジウオ「いきもの いっぱい 大阪湾 ~フナムシからクジラまで~」自然史博物館


 大阪湾の生き物と、それにまつわる人々の文化が展示されている大阪市立自然史博物館の「いきもの いっぱい 大阪湾」。

 大阪湾でみつかった生き物の標本がいろいろと展示されています。

 その中でびっくりしたのがナメクジウオ(蛞蝓魚)。



長居公園の植物園分岐の角に立つ看板
長居公園の植物園分岐の角に立つ看板




 ナメクジウオは5センチあるかないかの大きさの動物で、魚のようで魚でなく、名前のようにナメクジが魚に進化したとも思えるような生き物です。

 ナメクジウオは頭索動物(とうさくどうぶつ)に分類され、人間も含まれる脊椎動物(せきついどうぶつ)と同じ脊索動物門(せきさくどうぶつもん)。
 親戚です。

 ところが最近、ナメクジウオの遺伝子の解析の結果、頭索動物は脊椎動物の先祖だったことがわかったのです。

 つまり、脊椎動物は頭索動物から分かれたことがわかったのです。



神戸垂水区で採取されたナメクジウオの標本
神戸垂水区で採取されたナメクジウオの標本




 ナメクジウオのような頭索動物は、動物の基本的な種類がいきなり増えたカンブリア紀に登場したと考えられています。

 有名なバージェス動物群のピカイアなども頭索動物と考えられています。
 復元された絵は、ナメクジウオそっくり。

 ナメクジウオは生きた化石だったのです。

 しかしナメクジウオは原始的な魚のように見えないこともありませんが、体の作りはかなりちがっています。


自然史博物館「OCEAN! 海はモンスターでいっぱい」で展示されていたバージェス動物のピカイアの化石
自然史博物館「OCEAN! 海はモンスターでいっぱい」で
展示されていたバージェス動物のピカイアの化石




 「ウオ(魚)」と名前にありますが、魚ではありません。

 例えば、目はありませんし、心臓もありませんし、脳もありません。
 光を感じる器官や、血液を流す器官、神経はありますが、特定の機能を持つまでの形になっていないのです。

 例えば魚にある脊椎がありません。
 かわりにあるのが脊索。



自然史博物館の第39回特別展「ホネホネたんけん隊」で生体展示されていたナメクジウオ
自然史博物館の第39回特別展「ホネホネたんけん隊」で
生体展示されていたナメクジウオ



 なんとなく似ているようですが、脊索は神経の管、脊椎は中枢神経(ちゅうすうしんけい)の一つ脊髄(せきずい)を守る骨のこと。
 骨で覆われているかいないかの違いのようですが、脊椎動物の多くは最初は脊索を持っていますが生まれてくる前に消えてしまいかわりに脊椎ができます。

 つまり、脊索と脊椎は役割は似ていてもちがうものであることと、脊椎動物は脊索動物から進化したことがわかります。



 そんな人間のご先祖様が大阪湾にも住んでいたのす。

 大阪湾に接する府県のレッドデータも兵庫県で絶滅危惧II類に指定されているだけで、大阪府も和歌山県も指定されていません。

 ナメクジウオはそんなに深くない砂地に住んでいます。

 普通に海水浴に来ただけでは出会うチャンスはなさそうですが、人間のご先祖様が大阪湾に住んでいるというのは、おもしろい!



 「いきもの いっぱい 大阪湾」には、ほかにもいっぱい「大阪湾にこんなのいたの!?」というような生き物が展示されています。



◆タグ いきもの いっぱい 大阪湾 大阪湾 生きた化石 ◆

■参考外部リンク■
第44回特別展 いきもの いっぱい 大阪湾 ~フナムシからクジラまで~ | 大阪市立自然史博物館
ようこそ大阪市立自然史博物館へ

What's New: 大阪市立自然史博物館 特別展 「OCEAN! 海はモンスターでいっぱい」 の開催について ※すでに終了しています。
大阪市立自然史博物館 ホネホネ探検隊 ※すでに終了しています。

日本のレッドデータ検索システム


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: いきものいっぱい大阪湾  44  ナメクジウオ  生きた化石  大阪湾の生き物  大阪湾  ピカイア  レッドデータ 

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

小さい大王烏賊でも十分恐ろしいかもしれない〈ナンダーランド~ふしぎで遊ぶ夏休み~〉

 大阪南港のATCホールで「ナンダーランド」というイベントが始まりました。

 科学マジックやトリックアートなど「ふしぎ」を集めた夏休みイベントです。

 トリックやマジックばかりだったらこのブログでは取り上げません。

 ということで生き物の不思議ということなのでしょう、なんと深海生物のコーナーがあります。



 水族館ではありませんので展示は標本か模型が中心になります。

 模型のなかで一番目立つのは観測された中では最大の体長18mのダイオウイカ(大王烏賊)かもしれません。
 コーナーのの端から端まで横になっていますが、本当に大きい!

 18mというと、体長13mのティラノサウルスよりも「長い」のです。

ティラノサウルスよりも長い模型のダイオウイカ[ナンダーランド]
ティラノサウルスよりも長い模型のダイオウイカ[ナンダーランド]




 船に乗っているときにこんなのに襲われたら……と思うとぞっとします。

 でも、この大きさで生きていけるのは水中だからで、おそらく腕1本ですら水面の上に空高く掲げることはできないでしょう。



 でもそんなに大きなダイオウイカでもやはり模型ではちょっともの足りません。
 ということで、ダイオウイカの標本もあります。
 もう生きてはいませんが、本物です。

 保存液の中に漬かっているのは、白くなったイカです。
 いわゆるスルメイカと同じような形をしている「筒烏賊」。

白くなった標本のダイオウイカ[ナンダーランド]
白くなった標本のダイオウイカ[ナンダーランド]



 18mの模型を見た後ではものすごく小さく見えます。
 といっても、横になった人間よりももっと大きいのです。
 しかもイカです。

 よく考えると……でかい!

 小さくてもさすがダイオウイカ。


 たとえば海水浴しているときに出会ったとしたら、この程度でもものすご~く怖いに違いありません……

■外部リンク■
 ナンダーランド~ふしぎで遊ぶ夏休み~



◆記事ナビ◆ [その他の海の動物]


サファリ レプリカ ダイオウイカ

新品価格
¥1,470から
(2010/7/30 23:35時点)




Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ダイオウイカ  ナンダーランド 

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

赤い海鼠。真の海鼠

今回はナマコの記事です。
ナマコの画像もあります。
ナマコが苦手な方は【記事の下へ】をクリックしてください。
記事の下にジャンプします。


海中の海岸


 大阪にほんのわずかに残った自然の海岸。大阪の南端の岬町(みさきちょう)の長松海岸。
 この海岸は「岩場」です。
 あちこちごろごろと石が転がり、でこぼこの地盤が顔を覗かせています。

 この海岸は満潮になると恐らく海岸すべてが海中に没するようです。
 防潮堤防のコンクリート風化具合や堤防にいくつも貝のカキ(牡蠣)がついているのでまちがいないでしょう。

防潮堤防のまだ小さいカキ
防潮堤防のまだ小さいカキ




なまこ


 その堤防の根元にちょっとへこんだところがありました。
 堤防にあたった海水の複雑な動きが作った小さなポケットなのかもしれません。

 その中に20センチくらいの赤っぽくとげとげですがやわからかそうなものがありました。いや、いました。

 ナマコです。

 おそらく、日本中の海岸に普通にいるマナマコでしょう。
 色が赤っぽいので「アカナマコ」とよばれるタイプのようです。
 アカナマコは岩場に多いマナマコで、食用にされます。

アナマナコ(マナマコ)
アナマナコ(マナマコ)




海鼠


 ナマコは漢字で「海鼠(かいそ)」と書きます。中国語では「海参(ハイシュヌ)」。
 棘皮動物(きょくひどうぶつ)(もん)ナマコ(こう)の海の動物の総称です。

 棘皮動物の共通の特徴に「五放射相称(ごほうしゃそうしょう)」というのがあります。
 体の中のある軸を中心として5つの同じ形がくるりと輪になってつながっているような体のつくりなのです。
 棘皮動物のヒトデを絵に描くとよく星型になりますが、これがわかりやすい五放射相称の例です。

 しかしのっぺりぺったりころころのナマコはどう見ても五放射相称に見えませんが、体の中の構造は五放射相称になっているそうです。

 今までも生ナマコを調理したことはありませんし今後も無いでしょうから、目で確認する機会はなさそうです……


結界


 手の届くところにいるナマコはぐにゃリぺたりとやわらかそうなからだからこれもやわらかそうなとげとげが生えていて、果たして五放射相称には見えません。

 狭い潮溜まりは我慢できないのか、石に張りついて水面を突破しようと口から盛んに触手を伸ばしていますが、どうも水面を突破できません。

 ナマコにとっての水面は越えられない壁、障壁(しょうへき)結界(けっかい)AT(エーティー)フィールドのようです。

結界を抜け出せないアカナマコ
結界を抜け出せないアカナマコ



◆記事ナビ◆ [その他の海の生き物] 〔長松海岸〕


■外部リンク■
大阪府岬町のホームページ | ようこそ岬町へ






Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ナマナコ  アカナマコ  棘皮動物  長松海岸    大阪湾 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

いさましいちびのモクズウニ(仮称)



ちいさなちいさな潮だまり


 砂浜には潮だまりはない、なんて書きましたが、実はそうではありません。

 「タイドプール」のイメージ合うような大きなものはありませんが、あっという間に乾いてしまいそうな水たまりのようなちいさなものなら、たまにあります。

 ちょっと大きな石、プラスチックのような漂流物や不法投棄のタイヤなどがあると、引き波の時に海側が少しえぐれ、そこに海水がほんちょっとだけたまるのです。
 ですので生き物はとても少なく、見当たらないこともよくあります。

 生き物がいたとしても、岩場のタイドプールのように大きな魚などを避けてきたというのではなく、不幸にして取り残されたようなものばかりのようです。
 ですから興居島(ごごしま)の砂浜の潮だまりでは、魚は1匹もみかけませんでした。

●興居島については 【フィールド〈メモ〉てくてく: 興居島てくてく



海藻のかたまり?


 ハガキ2、3枚分くらいの小さく浅い潮だまりの中にカサガイの仲間、たぶんマツバガイの貝殻が見えます。
 岩場の貝ですから貝殻だけが転がっているだけでしょう。

マツバガイとゴミ?
マツバガイとゴミ?



 とりあえず確認のためにゆっくりと貝殻を取ってみると、空でした。

 しかし貝殻と同じくらいのごみがひっついています。まるくって奇妙な海藻(かいそう)の塊です。
 と思っていると、ごみが動きました。

 なんだぁ?


ちいさなちいさな


 顔を近づけてよく見ると、ウニです。

ゴミの塊のようなウニ
ゴミの塊のようなウニ



 とげとげの間から、先に吸盤(きゅうばん)が付いた細長い触手のようなものをいっぱいのばしています。
 これは管足(かんそく)と言って、簡単にいうとウニの手です。

 その管足(かんそく)を使って貝殻をつかみ、海藻(かいそう)の切れ端などをつかんでたのです。
 海藻(かいそう)だらけになってゴミのふりして敵から逃れようという戦術なのでしょう。

管足で貝につかまるウニ
管足で貝につかまるウニ




いさましくない?


 大きさが5センチもない小さなマツバガイですから、ウニの大きさもたいしてかわりません。

 とげとげだらけにもかかわらず、大きな魚が来ないこんなところで、さらにゴミをかぶるというのは、結構小心者なのでしょうか。

 いやいや油断が大敵ならぬ超敵なのは自然界の(おきて)。とげとげの勇ましいちびウニ君も、(おきて)を守っているのでしょう。


謎だらけ


 ちびウニ君はなんという名前でしょうか。

 ゴミだらけの姿を見ていると、「モクズウニ」という名前がぴったりするような気がしますが、どうもそういうウニはいないようです。

 謎です

 ちいさな「モクズウニ」は、ちいさなちいさな潮だまりで海藻をまとって誰から逃げているのでしょう?。

 もしかしたら、日よけ?

 謎です。


最後は


 もちろん最後はマツバガイの殻と一緒に潮だまりの中に返しました。

ウニの口
ウニの口




興居島のほかの記事は タグ興居島



キッズgoo




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウニ  棘皮動物  カサガイ  マツバガイ  興居島  砂浜  潮だまり 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる