【 ビオトープ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

林冠の空中散歩径 ソラード・万博記念公園自然文化園

 久しぶりに行った万博記念公園。
 ここにくると寄りたくなるのが、ソラード。
 木と同じ高さで森を見ることができる、空中歩道。

 突然、森の中にソラードの入り口、木登りタワーが現れます。


 1970年に開催された万国博覧会の会場跡地に整備された万博記念公園。
 そこに100ヘクタールに260種60万本の樹木が植えられ森がつくられました。
 その森の林冠付近をつなぐ通路がソラード。
 木登りタワーから空中の通路を歩いていきます。


 開園40年を過ぎ作られたソーラードも設置後20年ほどで、多くは林冠の中。
 それでも普通は見上げるしかない樹木の葉が迫ってくるのは新鮮。


 一方通行ですが、ところどころに階段が設置され、地上に下りることができます。


 ソラードが続く方向しか視界が開けず、しかもジグザグなのでまったく先が見えないワクワク感。


 小さな吊り橋も。
 ほんのちょっとゆれます。


 枝が迫ってくるので、プロペラのようなモミジの実が目近に。


 年老いた樹木を倒れる前に伐っているようで、ところどころギャップができています。
 樹冠が開けたところに大きなユーラシア原産のギンドロ。
 ポプラの仲間。


 森が割れてソラード終点の展望タワーが現れました。
 以前はもうちょっと手前から見えていましたが、森が成長したようです。


 展望タワーの高さは19メートル。
 林冠のずっと上。
 階層状になっているのでいろいろな高さで森を見ることができます。


 森の中に消えるソラード。


 屋上から千里丘陵が一望。
 左手の奇妙な形の建物群は国立民族学博物館。
 右手の白いものは太陽の塔。


 常緑樹だけでなく、落葉樹もあるので、秋や冬にはまたちがう林冠を見ることができるでしょう。
 ただ回廊がせまく、立ち止まってゆっくり観察できるところが少ないのが残念。
 もうちょっと観察デッキがほしいな。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ソラード林冠樹冠万博記念公園自然文化園

スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

冬。霜が降りていました。

 12月中旬。
 朝、冷え込みました。

 低山の登山口へ向かう途中。
 まだ日が当たらない場所。

 霜で地面が白くなっています。


 枯れた草の茎はトゲが生えたかのように細い氷が覆っています。


 よくみると同じ太さの柱状。


 トゲというより、枯れ茎を封印しているようです。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ:

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

どうしてサクラがキノコに覆われたのかを考えてみると?

 赤いキノコと出会った同じ日、キノコだらけの木がありました。


 樹皮からサクラ、おそらくソメイヨシノ。
 キノコはシロハカワラタケ?
 幹の下の方からキノコは生えていますが、上の方の枝には緑の葉がついているので、まだ枯れてはいません。
 でも、幹にキノコが付きはじめているので、遠くない未来に枯れてしまうでしょう。

Trichaptum elongatum

 キノコに覆われた木をどう見るか。
 それは立場で変わるでしょう。

 木の側から見ると、キノコに木が蝕まれているので、サクラを助けるためにキノコを駆除しなければ。
 となるかもしれません。
 キノコの側から見ると、朽ちかけた木を土に返すことができる。
 となるかもしれません。

 人間とは随分ちがいますが、木にも病原菌などから体を守る仕組みがあります。
 健康ならば普通キノコは生えません。
 弱ってくると、キノコを防げなくなってきます。
 キノコで弱ったのか、弱ったのでキノコが生えたのか。

シロハカワラタケ

 キノコに覆われたサクラのまわりを見てみます。
 すぐとなりにはアラカシ。
 反対にヤマモモ。

 アラカシは幹を伸ばし、上の方で枝を広げてサクラを日陰にしています。
 ヤマモモはアラカシほど高くはありませんが、密に枝を伸ばして、まるで壁のようにサクラを圧迫しています。
 どういう経緯でこんな狭い範囲に3種類の木が育つことになったのかはわかりません。
 ただ、育つためには太陽の光がたくさん欲しいサクラに対して、ちょっとくらい日陰でもガンガン成長していくアラカシとヤマモモ。
 この3種が並んで生えていればサクラはアラカシとヤマモモに負けてしまうのは当然。

白歯瓦茸

 キノコに覆われたサクラをまわりの木々も含めた「環境」でみると、アラカシとヤマモモに邪魔をされて弱ったところにキノコがやってきた。
 ように見えます。

 ということは。
 サクラについたキノコを駆除するのではなく、もっと前にアラカシとヤマモモの成長を抑える.かべきだったでしょう。
 大切なことは、日々木が育っている環境を観察し、悪くなる前に早めに対処すること。


 生き物は、樹木だけ、チョウだけ、鳥だけ、と特定の種類だけで生きていることはありません。
 もっと多くの生き物、目に見えない生き物も含めて、多数の生き物とそれらを包む環境のもとで複雑な関係を結んで生きています。
 キノコに覆われたサクラも、サクラとキノコだけの関係だけではなく、となりのアラカシやヤマモモとの関係の結果、キノコとの関係ができたのかもしれません。
 生き物のことを知るためには、広い視野と深い観察と多くの知識のもとに、豊かな想像力を働かせることが必要になる、と感じます。

シロハカワラタケ
白歯瓦茸
Trichaptum elongatum
坦子菌門 ハラタケ綱 タマチョレイタケ目 タマチョレイタケ科 シハイタケ属

しっかり見わけ観察を楽しむ きのこ図鑑

新品価格
¥1,430から
(2021/9/20 00:23時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: シロハカワラタケソメイヨシノ白いキノコタマチョレイタケ

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

真冬の茅場 岩湧山のキトラの茅場

 2021年。
 大阪府河内長野市の岩湧山。
 1000メートルに満たない低山。
 山頂は茅場としてすすきの原が維持されています。

 すすきは枯れ、春の刈り取りを待つばかり。
 下の方ではまだかろうじて白い毛が生えた実は残っています。



 でも、風が吹き抜ける上の方ではみんな飛んでしまい、ふわふわした感じがなくなりちょっと寒々しく見えます。

遠くに金剛山が見えます

和泉山脈の山並み

 岩湧山山頂は一年の間に何度も姿を変えます。
 次は3月。
 茅の刈り取りが始まるまで、すすきが風にゆらぐ姿が見られます。
 その後は、山焼きで真っ黒になり、その後すぐわらびやすみれが芽吹きます。

 そのころも登れるようになっていてほしいと思います。

大阪府の山 (分県登山ガイド)

新品価格
¥2,090から
(2021/1/18 22:38時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ススキキトラの茅場茅場岩湧山

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

実は2020年もやっていたプランター稲ビオトープ カイエビVSカブトエビ?

 今年もプランター稲ビオトープはじめていました。
 プランター田んぼでカブトエビやカイエビなどを育てて、小さな田んぼを再現できるか挑戦を続けています。

 今年のテーマは、カブトエビを取り除く、です。
 今までプランター稲は1ヶ月もしないうちにカイミジンコを残して全滅していました。
 去年はプランターの中に網で囲んだところを作り、そこにカブトエビを隔離しました。
 すると、いつもはすぐいなくなるカイエビが1ヶ月以上いました。

プランタービオトープのホウネンエビとカイエビ

 カイエビがいなくなるのは、カブトエビに食べられるから。
 カブトエビがいなくなるのは、食べ物がなくなるから。
 そう考えました。
 隔離したカブトエビには餌をやりましたが、カイエビには何もしません。
 イネを育てるために時々肥料をやるだけ。
 それであっという間の全滅は避けられたので、自然に土の上に増える微生物でまかなえるのでしょう。
 そもそもカブトエビより小さいですから。

 ということで、今年は孵化直後から見つけ次第徹底的にプランターからカブトエビを取り除きました。
 もちろん、カブトエビはたくさんあるエビ伝説の容器に入れて育てました。
 共食いが起きにくいように大きさを合わせ、成長するにつれて同じ容器に同居する数を減らしていって。

プランタービオトープのカイエビ
大きさは8ミリくらい
腹部の小さなつぶつぶは卵

 その結果、9月までカイエビが生き残りました。
 ホウネンエビも。
 カイエビがプランターでこんなに長く、何匹も生き残ったことは初めてです。
 やはりカイエビの全滅はカブトエビが関係していそうです。

プランタービオトープのホウネンエビ
おおきさは20ミリくらい 腹部の小さなつぶつぶは卵

 そこから考えると、カブトエビというのは田んぼの水生甲殻類の中ではかなり獰猛な肉食動物というになります。
 たしかに、以前からカブトエビの多い田んぼではカイエビは見えないかいても少なく、カイエビの多いところではカブトエビはあまり見かけません。
 という感じがします。

 しかも、日本のカブトエビは外来種と考えられています。
 それに対してカイエビやホウネンエビは在来種、のようです。
 もしかして、カブトエビは田んぼの在来種を食べ尽くしてしまいかねない恐怖の外来種、なのでしょうか。

プランタービオトープのカブトエビ
大きさは50ミリくらい

 しかし、よく考えてみれば、田んぼは人間が作った人工の環境。
 自然にはない環境。
 だからカブトエビも問題ない?
 というか、カブトエビが日本にやってきておよそ100年と言われます。
 カブトエビが原因でカイエビが全滅した地域はあるのでしょうか?

茂った藻類を食べてカイエビは育っていたのかも

 というか、カイエビやホウネンエビも稲作と一緒に入ってきた外来種の可能性は?
 カイエビは複数の種がいて、なかには特定の池に住むものとかいるようですが、ホウネンエビの方は?
 なかなかおもしろそうです。

ニチドウ トリオプス飼育観察セット

新品価格
¥1,001から
(2020/12/15 00:21時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: プランター稲ビオトープ2020プランター稲ビオトープカイエビホウネンエビカブトエビビオトープ

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

11月 茅原 すすきの海 いわわき山

 岩湧山。
 大阪河内長野市にある和泉山脈の山。
 府県境から離れた支脈なので大阪の山です。

 山頂付近は約8ヘクタールの茅場、一面ススキの原になっています。

 11月。
 ススキの穂が風にそよぎ、海のようです。

山頂の方を見る
岩湧山

ススキ
大阪湾の方へ連なる和泉山脈の山々
和泉山脈

薄
遠くに見える金剛山
金剛山

すすき10.5cmPOT

価格:462円
(2020/11/16 23:54時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キトラの茅場ススキ茅場岩湧山和泉山脈

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

虎刈りの岩湧山 4月の山焼きを前にして

 2月下旬の岩湧山山頂。
 ここは広い茅場になっていて、前に大きな山がないため、南河内地方からは四季を通じてススキの色の変化が目を楽しませてくれます。

 毎年4月初旬ころに山焼きが行われます。
 それに向けてカヤの収穫が始まっていましたが、茅場は広いのでまだその途中。

なんかざわざわな山頂
キトラの茅

穂も実が落ちてすきまだらけ
岩湧山

遠くに見えるのは金剛山
金剛山

 虎刈りになっています。

ヤマノススメ 1 (アース・スターコミックス)

新品価格
¥590から
(2020/4/5 23:46時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ススキ茅場岩湧山春の岩湧山

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS