【 微生物・菌類・細菌 等】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·ベニチャワンタケ  ·チャワンタケ  ·子嚢菌  ·金剛山のキノコ  ·金剛山  ·二河原辺道  ·アミガサタケ  ·キノコ  ·春のキノコ  ·オオチャワンタケ  ·子嚢菌  ·春のキノコ  ·オオチャワンタケ  ·チャワンタケ  ·子嚢菌  ·春のキノコ  ·下赤阪の棚田2016  ·下赤阪の棚田2016/10  ·10月の下赤阪の棚田の隠花植物  ·菌類/SA-tanada  ·ムシカビ/SA-tanada  ·白僵病菌  ·変形菌  ·原生粘菌  ·粘菌  ·ウツボホコリ  ·クダホコリ  ·アミホコリ  ·ツノホコリ  ·エダナシツノホコリ  ·タマツノホコリ  ·キヌガサタケ  ·キツネノエフデ  ·シロソウメンタケ  ·ツガサルノコシカケ  ·ノボリリュウタケ  ·キノコ  ·腹菌類  ·ヒダナシタケ類  ·担子菌  ·子嚢菌

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

どういうわけか金剛山の登山道の真ん中に生えていた赤いチャワンタケ

 二河原辺(にがらべ)道。
 大阪と奈良にまたがり、山頂は思いっきり奈良の金剛山。
 その低山にあるまじき長さと標高差の登山道。
 ほとんどが尾根とその迂回路。
 ですが、杉の巨木に覆われ、意外と薄暗く湿気の多い道。

 道の真中に真っ赤なものが落ちてました。


 真ん中がヘンコでグニャリとした歪んだ小さなお碗のようなもの。
 チャワンタケの仲間のキノコのようです。


 内側が赤く外側が白っぽいチャワンタケは、ベニチャワンタケ。
 しかし、ベニチャワンタケは倒木などにはえるキノコ。
 この赤いキノコはどう見ても地面から生えています。


 地面の下に死んでしまった根があり、そこから生えているのでしょうか。
 謎です。

しっかり見わけ観察を楽しむ きのこ図鑑

新品価格
¥1,404から
(2017/9/27 21:57時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ベニチャワンタケ  チャワンタケ  子嚢菌  金剛山のキノコ  金剛山  二河原辺道 

スポンサーサイト

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

4月になったから ちょっとかわったアミガサタケが

 4月。
 春キノコの代表格、アミガサタケ。

 根雪がない大阪では一年中キノコを見かけますが、やっぱり冬は極端に少なく、ツチグリくらい。
 春になってこれから色々なキノコと出会えるな、と思うころに出会うのが、アミガサタケ。


 傘のある「キノコ型」ではありませんが、りっぱなキノコ。
 頭にたくさんあるへこみで胞子を作ります。
 ちょっとかわっているのは、子嚢菌(しのうきん)という種類だから。
 キノコ型のキノコは、担子菌(たんしきん)という種類。


 キノコは植物のように栄養を作り出すことはできません。
 動物と同じように、他の生き物などを食べて生きています。
 シイタケのような木から生えるキノコは、木を分解して食べる腐朽菌(ふきゅうきん)。
 マツタケのように地面から生えるキノコは、植物の根から栄養をもらって生きる菌根菌(きんこんきん)。


 アミガサタケは地面から生えているので菌根菌ですが、状況次第では腐朽菌のように木を食べることもあるそうです。
 見た目だけでなく、食べ物もちょっと変わっているようです。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アミガサタケ  キノコ  春のキノコ 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

オオチャワンタケは、おおきかった!

 「オオチャワンタケ」というのに、あまり大きくないように感じたキノコ
 でも、2週間後には。

オオチャワンタケ

 ちょっとくずれてかけていますが、大きさは5センチを超えます。
 キノコとしては普通か小さくらいの大きさですが、チャワンタケとしては「大」がつくのも納得できそうです。


 ただ、大きくなると「椀」(子嚢盤)が開いて茶碗というより丼という感じ。
 「ドンブリタケ」というなら、ちょっと小さいような気がします。

ポケット図鑑 日本のキノコ262

新品価格
¥1,296から
(2017/4/26 22:00時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオチャワンタケ  子嚢菌  春のキノコ 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ちょっとだけ織部好み?の春の茶碗 大茶碗茸

 キノコというと、秋というイメージが一般的かもしれません。
 でも、根雪の無い大阪では、年中見ることができます。
 もちろん、冬に出会えるキノコはとても少ないのですが。

 秋でも梅雨でもない春のキノコ。
 チャワンタケ。
 上に向かって口を広げた姿が茶碗のようなことが由来です。
 キノコっぽくない、子嚢菌(しのうきん)のキノコ。

これは楽焼っぽい?チャワンタケ
チャワンタケ

 チャワンタケにはいろいろな種類がありますが、これはおそらくオオチャワンタケ。
 漢字では「大茶碗茸」。
 「大きなチャワンタケ」です。

碗の中は抹茶が映えそうな色です

 それで、どれくらいの大きさかというと、3センチくらい。

大きくないオオチャワンタケ

 大きいのは8センチということですが、これはぜんぜん大きくありません。
 それでも、群生している中でも大きいほうです。

大きくないオオチャワンタケもあります

 これも「看板に偽りあり」系でしょうか。
 実はチャワンタケは小さいのが多いので、これでもチャワンタケの中では大きな方でしょう。

織部好みのオオチャワンタケ?
織部好み

 春にはもっと大きなアミガサタケも見られますが、今年はまだ出会っていません。
 これからです。

ポケット図鑑 日本のキノコ262

新品価格
¥1,296から
(2017/4/1 23:24時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオチャワンタケ  チャワンタケ  子嚢菌  春のキノコ 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

白僵病菌(はくきょうびょうきん)―下赤阪の棚田の菌類

ムシカビ類
菌界 子嚢菌門 子嚢菌綱 ボタンタケ目

白僵病菌(はくきょうびょうきん)Beauveria bassiana

子嚢菌門 子嚢菌網 ボタンタケ目 バッカクキン科 ボーベリア属
別名:昆虫病原糸状菌,ムシカビ,ボーベリア

蝋物質を体につけたイモムシと思っていましたが、まったく動きません。
触っても動かないので、ムシカビとわかりました。

ムシカビは菌類の一種で虫に寄生します。
最後は虫を殺してしまい、白い菌糸を外に出してきます。

菌類ですが、目に見える大きさのキノコ(子実体)を作らないので、キノコでも、冬虫夏草(虫草)でもありません。

菌界 子嚢菌門 子嚢菌綱 ボタンタケ目
ムシカビ類

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

冬虫夏草ハンドブック

新品価格
¥1,512から
(2016/12/4 23:18時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016  下赤阪の棚田2016/10  10月の下赤阪の棚田の隠花植物  菌類/SA-tanada  ムシカビ/SA-tanada  白僵病菌 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

今年の変形菌・粘菌との出会いは、ちょっと少ないなぁ

 変形菌は梅雨以外にも活動していますが、見つけやすいのが梅雨。  今年の梅雨は、はじまった途端大雨でしたが、その後は天気は悪いものの、雨は中途半端。
 そのためでしょうか、なかなかいい感じの変形菌とは出会えない梅雨でした。

森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん

新品価格
¥1,728から
(2016/7/30 21:54時点)

 「変形菌」。
 昔は「粘菌」とよばれていました。
 小さくて胞子で増えるところはカビと同じです。
 ただ、胞子から生まれると動きまわって微生物などを食べます。
 そういうところはアメーバと同じ。
 あるときはアメーバ、あるときはカビ。
 変形菌は面白い生き物です。

 バリエーションに乏しい今年の梅雨時の変形菌・粘菌です。

変形菌類 モジホコリ亜綱

ウツボホコリ
ケホコリ目ウツボホコリ科
近寄るとスポンジ状の表面が見たはずなのですが、何故か近寄りませんでした。
失敗。
クダホコリ
コホコリ目ドロホコリ科
上のオレンジ色が、時間がたつと下の白いチョコレート色になります。
アミホコリ?
コホコリ目アミホコリ科
小型のキノコでこのような形をしているものがあります。
これは傘の形になってないようなので、変形菌だと思います。

原生粘菌類 ツノホコリ亜綱

ツノホコリ目ツノホコリ科
原生粘菌類は、変形菌とよく似た姿をしています。
でもとても小さく、子実体(胞子を作る部分)の構造にちがいがあるので、変形菌とは別のグループになっています。
ただ、ツノホコリの仲間は変形菌とおなじくらいの大きさがあるので、よく目立ちます。
IWOでは、変形菌と原生粘菌を合わせたものを「粘菌」としています。
ツノホコリ
名前のように子実体が角のようになっています。
白いヌルヌルのものは、子実体になる前の変形体だと思います。
エダナシツノホコリ幼菌?
タマツノホコリ
“角”をたくさんはやすツノホコリの中で、網状で丸くなるタマツノホコリ。
きれいな構造です。

日本変形菌類図鑑

新品価格
¥3,984から
(2016/7/30 21:55時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 変形菌  原生粘菌  粘菌  ウツボホコリ  クダホコリ  アミホコリ  ツノホコリ  エダナシツノホコリ  タマツノホコリ 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

今年の梅雨のキノコらしくないキノコいろいろ

 キノコ。
 と言われて思い出すのは、多分いわゆるキノコ型のキノコ。
 シイタケやシメジのような。

 キノコは、菌類の内、胞子を作る大きな器官(子実体)を作るもののこと。
 小さいものはカビと呼ばれます。
 キノコは生物学的分類では担子菌(たんしきん)と子嚢菌(しのうきん)に分かれます。
 担子菌を見た目で分けると、キノコ型の「ハラタケ類」、キクラゲやサルノコシカケのようにヒダがない「ヒダナシタケ類」、丸かったり塔のような形をしている「腹菌類」。
 子嚢菌の見た目はいろいろな担子菌と似ています。

 ということで、今年の梅雨に出会った、キノコっぽくないキノコ、ハラタケ類以外のキノコです。

腹菌類のキヌガサタケ

まわりにあるレース状の部分が広がると、きれいです。
中華料理の食材でもあります。

腹菌類のキツネノエフデ


ヒダナシタケ類のシロソウメンタケ


ヒダナシタケ類のツガサルノコシカケ

サルノコシカケの仲間のキノコは何年も成長します。
そのため他のキノコとちがって硬く、
年輪のような輪があります。

子嚢菌のノボリリュウタケ

一見傘の形が崩れたハラタケ類のようですが、
胞子を作るのは「傘」の表面。
ハラタケ類のように傘の裏側ではありません。

 たった5種類。
 この間見かけたハラタケ類はもっとたくさん。
 さすが、キノコの代名詞となっているキノコです。
 その分、名前を探すのはたいへんです!

ポケット図鑑 日本のキノコ262

新品価格
¥1,296から
(2016/7/19 23:32時点)

増補改訂新版 日本のきのこ (山溪カラー名鑑)

新品価格
¥8,640から
(2016/7/19 23:33時点)

日本の毒きのこ (フィールドベスト図鑑)

新品価格
¥2,052から
(2016/7/19 23:33時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キヌガサタケ  キツネノエフデ  シロソウメンタケ  ツガサルノコシカケ  ノボリリュウタケ  キノコ  腹菌類  ヒダナシタケ類  担子菌  子嚢菌 

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる