【 微生物・菌類・細菌 等】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

こんなときでもキノコははえています。下向きに開いています きくらげ

 4月。
 朽木にキノコが生えていました。
 キノコというと、梅雨時や秋のイメージがありますが、年中あります。

 キノコは、じつは、胞子を飛ばす花のようなもの。
 本体は土の中や木の中に隠れています。
 それが胞子を作るために作り出したのがキノコ。
 胞子は、キノコが増える種のようなもの。
 だからキノコは花のようなもの。

キクラゲ

 このキノコは、多分キクラゲ。
 中華料理に使われる、あのキクラゲ。
 たぶん。

木耳

 キノコはすぐ崩れてしまうものが多いのですが、キクラゲの仲間は結構残っています。
 乾燥して色も形も変わってしまうこともありますが、雨が降ると元通り。
 おもしろいキノコです。

 キクラゲ。
 木耳。
 Auricularia auricula-judae
 菌界 担子菌門 真正担子菌綱 キクラゲ目 キクラゲ科 キクラゲ属。
 広葉樹の倒木や枯枝に発生

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キクラゲ担子菌春のキノコ腐朽菌茶色いキノコ

スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

今年もツバキの樹の下に小さなキノコが出てきました 椿菌核茶碗茸

 毎年見かける場所で、今年もたくさん出てきていました。
 ツバキキンカクチャワンタケ。
 椿菌核茶椀茸。
 Ciborinia camelliae

ツバキキンカクチャワンタケ

 ツバキの花を食べるキノコ。
 ツバキの木を見つけたら、その根本にはえているかもしれません。

椿菌核茶椀茸

 この場所にはツバキが何本も並んでいますが、なぜかチャワンタケが有るところ無いところ、多いところ少ないところがあります。
 ふしぎです。

DVD付 きのこ[改訂版] (小学館の図鑑 NEO)

新品価格
¥2,200から
(2020/2/9 22:02時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツバキキンカクチャワンタケチャワンタケ子嚢菌キノコ春のキノコ

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの 白くてつるつるのキノコは微妙な毒キノコ?

 2018年の9月に出会ったキノコ。
 白くてつるつるのキノコ。
 これは、タマゴタケの仲間?


 タマゴタケは、幼菌が卵に似ていることが由来ですが、タマゴタケは赤いいろ。
 これは白いので、シロタマゴタケ?


 調べてみると、いろいろと見つかりました。
 まずはシロタマゴテングタケ(Amanita verna)。
 ドクツルタケ(Amanita virosa)。
 そして、シロタマゴタケ(Amanita ovoidea)。
 みんな担子菌門 真正担子菌綱 ハラタケ目 テングタケ科 テングタケ属。


 Webではシロタマゴテングタケとドクツルタケばかりで、シロタマゴタケは実在するのか間違いか微妙です。
 とりあえず学名があるので、まったくの勘違いではないのでしょう。

 シロタマゴタケとドクツルタケはどちらもよく似ていて、外見で見分けるのが難しいキノコのようです。
 わかりやすい違いは、柄。
 表面がささくれだっていたらドクツルタケ、ささくれがなかったらシロタマゴテングタケ。


 ということで、これはシロタマゴテングタケ。
 と言いたかったのですが、シロタマゴテングタケは傘の直径は5~10cmのちょっと小型のキノコ。
 ところがこのキノコの傘は直径15cmくらいあります。



 柄の長さも15cmくらい。
 これに合うのが、シロタマゴタケ。

 ただ、よーく見ると、柄が少しささくれだっているようにも見えますので、ドクツルタケかもしれません?


 ちなみに、シロタマゴテングタケとドクツルタケも猛毒です。
 ということで、同じテングタケ属ですので、シロタマゴタケも猛毒と考えるのが良さそうです。

きのこの教科書 観察と種同定の入門

新品価格
¥2,420から
(2019/12/9 22:30時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: シロタマゴタケシロタマゴテングタケドクツルタケキノコ秋のキノコ毒キノコ

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

コンクリートの上の橙色の地衣類は、いったいなんて呼んだらいいんだ?

 コンクリートの上がオレンジ色に染まっています。


 地衣類。
 菌類と藻類が共生したちょっと変わった生き物。

 コンクリートがあるところなら、けっこうどこでも見かけるような、ありふれた種類です。
 ところが、名前を調べてみようとすると、なんかややこしい。

ツブダイダイゴケ

 ネットで探すと簡単に「ツブダイダイゴケ」が見つかります。
 ところが、コケと地衣類を一つにまとめた図鑑ではダイダイゴケ属の「カロプラーカ・フラボヴィレスケンス」とあります。
 これは学名の「Caloplaca flavovirescens」をカタカナにしたもののようです。
 また、別の地衣類の図鑑で「ツブダイダイゴケ」は希少種で近畿では報告がなかったとありました。

カロプラーカ・フラボヴィレスケンス

 ネットの場合、専門家と思える方のページでない場合、どこかの適当なページの孫引き曾孫引きで、元をたどれはたった一つということもあります。
 複数のページで書かれているからと言ってにわかに信じることはできません。
 ここは、2冊の本を参考にしましょう。

 ダイダイゴケの仲間のカロプラーカ・フラボヴィレスケンス、かもしれない。

2019年11月26日追記
 この地衣類は、コウロコダイダイゴケ Squamulea aff. subsolutaではないかという指摘がありました。
 ちょっと時間がかかるかもしれませんが、確認して追記します。
 ということで、現時点では、「ダイダイゴケの仲間にちがいない」と言う感じです。

校庭のコケ―野外観察ハンドブック

新品価格
¥2,096から
(2019/11/20 00:14時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カロプラーカ・フラボヴィレスケンスダイダイゴケツブダイダイゴケ地衣類錦織公園の地衣類錦織公園

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

なかなかおもしろいいきもの地衣類 ヤリノホゴケ

 公園の植え込みの地衣類。
 雨に濡れて色が鮮やか。

 これは、たぶん、ヤリノホゴケ。

ヤリノホゴケ

 地衣類はちょっと変わった生き物。
 見えるところは、実はカビ。
 というよりもキノコというほうがいいかもしれません。

槍の穂木毛

 カビやキノコと同じ菌類が菌糸で形を作っています。
 中にはたくさんの部屋があって、そこにいる藻類が光合成して栄養を作り、それをもらって菌類が生きています。

 見えるところは菌類ですが、藻類と一つになっています。

 ちょっと変わった生き物です。

街なかの地衣類ハンドブック

新品価格
¥1,540から
(2019/10/26 22:57時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤリノホゴケ地衣類錦織公園

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

丸いキノコはおもしろいキノコ ほこりたけ

 秋の金剛山で出会ったキノコ。
 ホコリタケ。


 埃茸。
 担子菌というシイタケなど仲間のキノコ。


 キノコですが、傘のようなものはありません。
 丸いところはそのまま柄につながり裏にはひだはありません。
 ですから、胞子の飛ばし方がちょっと変わっています。


 丸いところの中心には穴が開いています。
 たとえば、雨が丸い部分に落ちます。
 すると真ん中の穴から煙のようなものが吹き出します。
 胞子です。
 そうやって胞子を飛ばす、おもしろいキノコです。

DVD付 きのこ[改訂版] (小学館の図鑑 NEO)

新品価格
¥2,200から
(2019/10/24 23:31時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ホコリタケ担子菌キノコ秋のキノコ金剛山のキノコ金剛山

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

秋の真夏日の低山の変形菌 まめほこり

 秋の低山。
 といっても9月なのでまだまだ真夏のような暑い日が続いていましたが。

 変形菌。
 倒木の上。


 薄いピンク色で表面はつぶつぶ。
 丸い形でかたまっています。


 多分、マメホコリ?

 今まで見たことがあるマメホコリはもう少し赤みが強かったような。

 でも、老菌らしきものはそっくりなので、マメホコリでよさそうな。


 小さな変形体よりももっと小さな虫が集まっている秋の変形菌です。

変形菌 (Graphic voyage)

新品価格
¥3,218から
(2019/9/11 23:59時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マメホコリ変形菌粘菌秋の変形菌

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる