【 微生物・菌類・細菌 等】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

ツバキキンカクチャワンタケをみつけると春がきたなと思います。

 今年もツバキキンカクチャワンタケの季節です。

ツバキキンカクチャワンタケ

 ツバキの花に寄生して、花が散った後、地面の下に菌糸の塊を作ってから、キノコとして地面の上に出てきます。

 おもしろいキノコです。

 小さくて保護色のようで地味ですが、ツバキの樹の下の落ち葉が残っててちょっと湿った感じの地面に出てくるので、探す気になれば見つけやすかもしれません。
 でも、木の下がきれいに掃除されているところではなかなか見つからないと思いますが。

椿菌核茶碗茸

ツバキキンカクチャワンタケ
椿菌核茶碗茸
Ciborinia camelliae
菌界 子嚢菌門 チャワンタケ亜門 ズキンタケ綱 ビョウタケ目 キンカクキン科 ニセキンカクキン属

増補改訂新版 日本のきのこ (山溪カラー名鑑)

新品価格
¥8,800から
(2021/2/14 23:49時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツバキキンカクチャワンタケキンカクチャワンタケチャワンタケ春の茸

スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

雪が積もってもがんばってます。冬の黄橙の小さなキノコ

 雪が数センチ積もった低山の登山道。
 遠くに見える倒木の一部が赤みがかった濃い黄色になっています。
 ということは、キノコでしょう。


 倒木は登山道の横にあったので見てみると。

 小さい!
 やっぱりキノコのようです。


 種類は。

 見えるのは丸い傘のようですが、ぐねっとなっていたり、縁がちょっと透けているようです。
 それに傘は縁が盛り上がった浅いお椀型のように見えます。


 ということは、シイタケのようないわゆるキノコ型ではなく、お椀のような形のチャワンタケに近いキノコのような気がします。

 さて。
 図鑑で調べてみると、すぐそれらしいのが見つかりました。
 ビョウタケとヒイロニカワタケ。


 どちらもよく似ていて、ネット検索すればするほどゲシュタルト崩壊を起こしそうになるほどどっちがどっちかわからなくなります。
 きっとブログやホームページを作っている人のなかにもどっちがどっちかわからない人も少なくないでしょう。

 結果、ぐねっとなってて、縁がちょっと透けていることから、ヒイロニカワタケと結論。
 ただどちらも冬は季節外。
 ちがうキノコかもしれません。

ヒイロニカワタケ
Orbilia delicatula
子嚢菌門 チャワンタケ亜門 オルビリアキン綱 オルビリアキン目 オルビリアキン科 オルビリアキン属

増補改訂新版 日本のきのこ (山溪カラー名鑑)

新品価格
¥8,800から
(2021/1/22 22:50時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒイロニカワタケビョウタケキノコ冬のキノコ

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

お茶碗のような赤いキノコはおもしろい べにちゃわんたけ?

 晩秋の金剛山で出会ったキノコ。


 よく見るキノコ型じゃなくて、お茶碗のようなキノコの傘をひっくり返したような変な形。
 そして、赤い。


 お茶碗のような形のキノコはチャワンタケの仲間かもしれません。
 そのなかでも、内側が赤く、外側がちょっと白っぽいのは、ベニチャワンタケ。
 ということで、このキノコはベニチャワンタケ?


 よく似たキノコがいろいろあるようで、まちがってるかも?
 キノコは難しい。
 けど、見てるだけでもおもしろい!

おいしいきのこ毒きのこハンディ図鑑

新品価格
¥1,782から
(2020/10/30 22:19時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ベニチャワンタケチャワンタケ金剛山の茸赤い茸金剛山

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

杉の落ち葉の中で出会った謎の生物?

 9月の岩湧山。
 杉林の下生えの中で変わったものと出会いました。

チャダイゴケ

 動物でないことはわかります。
 大きさは1センチありません。
 薄い黄色?
 浅い茶碗のような花らしきものだけで、茎も葉も見えません。
 小さな茶碗のような生き物というと、キノコのチャワンタケの仲間があります。
 ところが、この物体はチャワンタケのように薄くなく、もっとしっかりした作りに見えます。

茶台苔

 寄生植物?
 キノコ?
 地衣類?
 変形菌?

 そのどれでもあり、どれでもないような奇妙生き物?

 いろいろ調べてみると、どうもチャダイゴケの仲間のようです。


 この「チャダイゴケ」という名前もまた、ややこしいのです。
 「コケ」「ゴケ」がつく生き物は、もちろん蘚類苔類などのコケ。
 そして地衣類。
 とことがチャダイゴケはそのどちらでもありません。
 キノコです。

 おもしろい名前をしています。

チャダイゴケ(茶台苔)
担子菌門 ハラタケ綱 ハラタケ目 チャダイゴケ科

増補改訂新版 日本のきのこ (山溪カラー名鑑)

新品価格
¥8,800から
(2020/10/1 22:27時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: チャダイゴケ担子菌秋のキノコ岩湧山のキノコ岩湧山

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

道端のキノコとやさしさ ダイヤモンドトレールのあかやまどり

 秋のダイヤモンドトレール。
 大阪と奈良・和歌山の境にある金剛山地と和泉山脈の尾根をつなぐ50キロ近くある山道。

 木の階段に、キノコが3本。
 赤い茶色の傘と黄色く太い軸。
 多分、アカヤマドリ。

赤山鳥

 まだ成長途中でですが、ときには開いた傘が30センチくらいの大きさになることも。

アカヤマドリ

 階段の陰になっていますが、ここはよく人が通る道。
 大丈夫でしょうか。

 この日は同じ道を往復するピストン。
 帰りに同じところを歩くと。

 小さいキノコが転がっていました。
 誰かが折ったのか、足が当たったのか。
 登山する人が皆自然に興味を持ち、大切にする、というわけがありません。
 ときに、登山道周辺でキノコや植物が伐られて転がっているのを目にします。

Leccinum extremiorientale

 今回は、2本も残っているので運悪く足が当たって折れてしまったのでしょう。

アカヤマドリ
赤山鳥
Leccinum extremiorientale
担子菌門 真正担子菌綱 イグチ目 イグチ科 ヤマイグチ属

きのこの教科書 観察と種同定の入門

新品価格
¥2,420から
(2020/9/18 22:07時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アカヤマドリキノコ秋のキノコ赤いキノコイグチ科ダイヤモンドトレール

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

マクロ世界のツノホコリは、いい!

 梅雨も明け、夏真っ盛りの低山。
 倒木の一部が白くなっています。
 これは、ツノホコリ!


 ツノホコリは、原生粘菌とよばれる、アメーバの親戚です。
 よく粘菌とか変形菌と呼ばれる生き物の兄弟のような生き物です。

Ceratiomyxa fruticulosa var. fruticulosa

 白くカビのように見えますが、よーく見ると、面白い形をしています。
 種類によっていろいろな形がありますが、これは1本の柔らかそうな棒状のものがたくさん並んでいます。
 たぶんツノホコリ。

 マクロで撮影すると、ちいさくかわいい生き物です。

ツノホコリ

ツノホコリ
Ceratiomyxa fruticulosa var. fruticulosa
アメーボゾア 原生粘菌

日本変形菌類図鑑

新品価格
¥9,053から
(2020/8/9 23:41時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツノホコリアメーボゾア原生粘菌変形菌粘菌

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

黒いキノコの上の白いキノコの二段重ね ヤグラタケの季節です

 そろそろ梅雨明けのころ。
 ことしもヤグラタケの季節です。

ヤグラタケ

 ヤグラタケはキノコに生えるキノコ。
 黒く腐りはじめたベニタケ科のキノコに生えます。
 おもしろいキノコ。

櫓茸

 まわりには黒くなりかけているキノコがたくさんあるので、ヤグラタケもたくさん生えてくるでしょう。

ヤグラタケ
櫓茸
Nyctalis lycoperdoides
担子菌門
 ハラタケ亜門 ハラタケ綱 ハラタケ目 シメジ科 ヤグラタケ属

きのこの教科書 観察と種同定の入門

新品価格
¥2,420から
(2020/7/23 22:32時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤグラタケ白いキノコ夏のキノコ

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる