【 樹木】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

アラカシ(粗樫)-コナラの座を狙っている木〈錦織公園の樹木〉

 コナラの次は、もしかしたらコナラ以上にあるかもしれないと言われる、アラカシです。

常緑樹 どんぐりの木

アラカシ(粗樫)Quercus glauca

被子植物門 双子葉類
ブナ目 ブナ科 コナラ亜科 コナラ属 アカガシ亜属
タグ:アラカシ

常緑高木 半陰樹 どんぐりの木
花期:4~5月 雌雄同株異花 ♂尾状花序 風媒花
果熟期:11~12月 堅果 1年成
葉:単葉 互生 長楕円形(尾状・楔) 単鋸歯
樹皮:平滑(皮目)
自生地域:宮城・石川~沖縄
成長適地:丘陵~低山
レッドリスト:大阪府2014-記載なし/環境省2015-記載なし
錦織公園内分布:園内林各所(一部を除きほぼ全域)

錦織公園の樹木の話をすると何かと出てくるのがアラカシ。
コナラ同様公園を代表する樹木の一つ。

コナラとちがって日陰でも芽生えが育つことができる半陰樹。
一度森になってしまったらなかなか新しい木が育つことができないコナラとちがい、森のなかでも若木が育つことができます。
そのため、園内には様々な大きさのアラカシを見ることができます。

上の画像の左は葉の表、右は裏。

名前のように葉の形もシラカシに似ます。
アラカシのほうが表面の色が濃く、幅があり、縁のギザギザ(鋸歯)は半分から先にしかありません。
葉の裏は白っぽい緑色。

ただ、葉の細いアラカシもあるので、似ているだけにシラカシかなと思ったら、複数の特徴を調べるほうがいいでしょう。

果実は種が殻で覆われる堅果。

春に花が咲いて、その冬には実が熟す1年成。

どんぐり(堅果)はコナラより短く、丸いラグビーボール型。
ただし、真ん中より先(花柱側)のほうが太くなります。

どんぐりの帽子(殻斗)はコナラとちがって横の縞模様なのは、シラカシと同じ。

樹皮は「平滑」とされますが、実際は小さな皮目(幹が呼吸するための粒状に見える部分)がたくさんあり、「ざらざら」という感じになります。

樹皮でシラカシと見分けるのは難しいですが、アラカシのほうが表面のつぶつぶが多いような気がします。

大きくなったアラカシは、上の右の画像のように樹皮に縦の筋や溝が入ることがありますが、必ずしもすべての樹皮がこうなるわけではありません。

右はアラカシの冬芽。

常緑樹と言っても、冬はじっとしているように見えて、春に芽吹くための用意をしています。

新芽はウロコのようなもの(芽鱗)で多い、寒さなどから芽を守っています。
芽鱗は、葉の根元にある小さな葉のような托葉が変化したものとされます。

伐採された若いアラカシの年輪。

乾燥しているので、樹皮・コルク層と材(木を支える部分)の間に隙間があります。

中心から外側に向かって筋が入ってわかりにくいですが、これは年輪の間がわりと広いように見えます。
日当たりのいいところで育ったのでしょう。

アラカシは伐採に強く、幹を切り倒してもすぐたくさんの芽を出し、あっという間にたくさんのアラカシの幹になります。
その性格を活かし、垣根に使われることもあります。
錦織公園では、河内の里の表門の左右の垣根などに使われています。

荒地のようなところに生える植物は、時間とともに入れ替わっていきます。これを「遷移」といいます。
遷移をしていき、最後に植物の変化がなくなることがあります。その状態を「極相」といいます。
大阪平野部では、極相はカシ類。

内陸では、アラカシとシラカシ。現在、低山のカシ類はアラカシのほうが多いようですが、シラカシも少なくはないようです。
ところが、錦織公園では圧倒的にアラカシのほうが多く、シラカシはごく限られた場所でしか見かけません。
どうやら、公園を作るときにアラカシが積極的に植えられたようです。

【6か月枯れ保証】【生垣樹木】アラカシ単木 1.2m

新品価格
¥1,296から
(2017/4/16 21:30時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アラカシ  錦織公園の樹木  錦織公園  樹木/Nishikoori-park  陽樹/Nishikoori-park  落葉樹/Nishikoori-park  高木/Nishikoori-park  ブナ科/Nishikoori-park 

スポンサーサイト

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その55 金剛山の葛木神社の大鳥居の墓碑守の山毛欅

 修験道の開祖が開いたといわれる金剛山。
 山頂には転法輪寺と葛木神社がある、神仏習合の雰囲気を今も残す場所です。

 神社から少し下ったところに大きな鳥居が立ち、その近くに大きなブナの林があります。
 ブナ林には小さな石碑がいくつも並んでいます。
 「阿闍梨」と書かれたものがあり、今でも花などが供えられているので、高僧の墓碑のようです。
 神社から離れ、杉林の中に大きなブナが残ったのは、墓碑があるからなのかもしれません。

 墓碑のすぐそばに立っている大きなブナがあります。
 まるで墓碑を守っているようです。

金剛山の葛木神社の大鳥居の墓碑守の山毛欅(2017年2月)

 すべての葉が落ち霧氷がついた冬のブナ。
 葉が落ちたからこそその大きさがよくわかります。


 ブナの前にもお供え物があり、まるで神様のようです。
 普通、仏教では木を仏として扱うことはないと思うのですが。
 神仏習合としてはじまった修験道ですから、年老いた木に神を見ることもあるのかもしれません。
 それとも、ブナが墓碑がわりなのでしょうか。

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ブナ  金剛山  金剛山の植物  金剛山の樹木  霧氷  巨樹・古樹・老樹 

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

4月下旬の桃にびっくり! 2017年の長居公園

 4月下旬の長居公園。
 南西入口から植物園までの道に桜を中心にバラ科サクラ属の木々が植えられています。
 もちろん、早咲き品種やソメイヨシノなどは葉桜、花は遅咲きの八重品種にかわっています。

八重咲の桜 サトザクラ

 ところが、びっくりしました。
 モモが咲いています。

ホウキセイハナモモ(箒性花桃)

 駐車場入口のところに、箒性花桃があります。
 ここにはクスノキの大木があり少し日当たりが悪い場所。
 そのためかいつもちょっと遅めに咲き、ソメイヨシノと同じくらいになることもあります。
 それが、今年はソメイヨシノが葉桜になっても咲いています。


 さすがに葉が出ていますが、花も残っています。
 今年も暖冬でしたが、春先に冷え込み梅も桜も開花がいつもとちがっていました。
 しかし、ソメイヨシノが終わっても咲いている桃にはおどろきました!

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ホウキセイハナモモ    サトザクラ  長居公園  春の花  白い花 

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その54 大阪府河南町平石の高貴寺の磐船神社参道入口の枝垂れ大楠

 大阪と奈良・和歌山の府県境を通るダイヤモンドトレイル。
 日本一古い街道と言われる竹内街道と交差する竹内峠から1時間足らず。
 平石峠の西にある高貴寺(こうきじ)。
 大阪南部の山を語るときに必ず登場する役行者が開いた修行場。
 その後、弘法大師空海が高貴寺と改称して今に至ります。

高貴寺の梅園

 そのわりには訪れる人も少なくひっそりとした境内。
 少し離れたところにある磐船大神社。明治まで高貴寺の神宮寺でした。
 微妙に離れた位置や、元は山を御神体としたことなどから、寺の創建のほうが後かもしれません。
 その神社への参道の入り口に、大きなクスノキが道を覆うように立っています。

大阪府河南町平石の高貴寺の磐船神社参道入口の枝垂れ大楠
(2017年3月)

 どのような経緯があったのかわかりませんが、太い幹は傾き、長く伸びた枝は谷に張り出し、根本より下まで垂れています。
 ちょうど参道をトンネルのように覆っています。

 3月。
 クスノキは常緑樹ですが、冬に少しはを落とし、まばらになっていることがあります。
 このクスノキもそう。
 真下から見上げても、その大きさがわかります。

見上げると空が透けてます

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

■参考外部リンク■
高貴寺/河南町ホームページ

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: クスノキ  高貴寺  役行者  巨樹・古樹・老樹 

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その53 天王寺公園の茶臼山古墳の山頂の南の大楠

 2016年の大河ドラマ「真田丸」。
 その終盤で舞台となったところ。
 茶臼山。
 現在の大阪市天王寺区。
 天王寺動物園と大阪市立美術館と一心寺に囲まれるようにしてある小さな山。
 大阪府指定史跡に指定されています。

茶臼山

 「山」といいつつ、標高26メートル。
 大阪五低山のひとつ。
 台地の上にのっているので実際はもっと低く感じ、ビルに囲まれた現在の天王寺では、近寄らなければ「山」があることすらわかりません。
 平らな上町台地の上の不自然な盛り上がり。妙な違和感。
 ここが前方後円墳と言われるのもわかります。
 ただ、本当に古墳かどうかは、様々な説があるようですが、人工的な土盛の可能性は高そうです。

 現在は公園として整えられています。
 山は大阪らしくクスノキに覆われ、登山は一瞬で終わります。
 山頂は何も植えられていませんが、まわりのクスノキに遮られて見通しはよくありません。
 公園になって結構時間がたつのか、クスノキは大きなものばかり。
 なかでもいちばん枝ぶりがよさそうなのが、この南側のクスノキ。

天王寺公園の茶臼山古墳の山頂の南の大楠(2017年1月)

大きなクスノキ

 どれも大きな木ばかり。
 クスノキらしく枝を伸ばして山頂を覆っています。
 たった26メートルと言っても、平らな上町台地の上では、北に向かえば難攻不落の大坂城を臨む場所であり、南に向かえば大坂城への道を遮る場所になるでしょう。
 今はクスノキがなくてもビル群で大坂城がどこにあるのかさえもわかりませんが。
 茶臼山の山頂で、豊臣・徳川両軍が陣を張ったことを偲ぶのは、かなりの想像力が必要かもしれません。

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

■参考外部リンク■
大阪府/府内の史跡公園等の紹介【茶臼山古墳および河底池(天王寺公園)】

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: クスノキ  茶臼山古墳  天王寺公園  巨樹・古樹・老樹 

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その52 安倍晴明神社の大阪市指定の保存樹林第15号の泰名稲荷神社の楠

 説明の必要が無いほど有名な陰陽師(おんみょうじ)、安倍晴明(あべのせいめい)。
 SFやファンタジー系のマンガやアニメやラノベではもはや定番のキャラクター。
 その晴明を祀った神社として有名なのは、京都の晴明神社。
 陰陽寮(おんみょうりょう)の官僚だったときの屋敷跡に造営されたもの。
 しかし、ここは大阪市の阿倍野区(あべのく)にある晴明生誕の地とされる場所。

住宅街の中の安倍晴明神社

 小さな神社で、近くにある阿倍王子神社(あべおうじじんじゃ)の境外の末社なっています。
 駅からも離れ住宅街の中にあるので、昔はお参りする人もいませんでしたが、今は参拝者が跡を絶たないようです。
 境内にある晴明の父、安倍保名(あべのやすな)を祀った泰名稲荷神社(やすないなりじなじゃ)の横に立っているクスノキ。
 一定の基準を満たした木が選ばれる大阪市の保存樹林に指定されています。

安倍晴明神社の大阪市指定の保存樹林第15号の泰名稲荷神社の楠
(2016年12月)

 まわりを建物に囲まれ、クスノキも少し、いやかなり窮屈そうです。
 クスノキは成長が早いですが、長寿の木。
 時には樹齢千年をこえることもあるので、晴明と同時代の木もありえます。
 が、さすがにこの木はもっとずっと年下のようです。

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

■参考外部リンク■
安倍晴明神社
大阪市市政 保存樹・保存樹林等、貴重な緑の保全・育成への助成について

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: クスノキ  安倍晴明神社  巨樹・古樹・老樹  大阪市指定保存樹 

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その51 住吉大社の神館前庭の大阪市指定保存樹第22号の椋木

 創建がほとんど神話の時代になるほど古い住吉大社。
 境内には大きな木がいくつもあり、いくつも大阪市の保存樹に指定されています。
 その一つが神館前庭のムクノキ。

住吉大社の神館前庭の大阪市指定保存樹第22号の椋木(2015年9月)

 2本の木があり、右側のみ注連縄(しめなわ)がついていますが、保存樹には2本一緒で指定されています。
 曲がりくねった幹から伸びた太い枝は間隔があり、どことなく松の盆栽のようです。
 近くから幹を見てみると、浅い縦の筋がたくさん入り、ちょっとささくれているのはムクノキらしいところ。
 盆栽の「シャリ」のように幹が白くなったところは、相当の年月を経ているように感じます。


 しかし、ムクノキはクスノキ同様成長が早い高木。
 この木は何歳か。
 気になります。

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

■参考外部リンク■
HOME | 住吉大社
大阪市市政 保存樹・保存樹林等、貴重な緑の保全・育成への助成について

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 巨樹・古樹・老樹  ムクノキ  住吉大社  大阪市指定保存樹 

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる