【 seimeidaiyakusin】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

特別展「生命大躍進展」にはダンクルオステウスとか今はいなくなった超古代魚がたくさん!〈大阪市立自然史博物館〉

 大阪展は終わってしまいました。
 でも期間中に書けなかったことがまだ少しあります。
 ブロガー招待していただいた自然史博物館には申し訳なく思いますが、すでに4つ書いていますし、入場券でも見に行っていますので、大目に見てもらえると信じています。
 そして生命大躍進展は岡山会場ではじまりましたので、見逃した方はまだだいじょうぶです。

●今までの「生命大躍進展」の記事
【生命誕生から人類まで40億年の本物の証拠がたくさん!】
【5億年分のいろんな動物がたくさん!】
【カンブリア爆発のいろんな動物がたくさん!】
【巨大ウミサソリとぞわぞわの節足動物がたくさん!】

しょくぽんといっしょ

 生命大躍進展の見どころはとてもたくさんありますが、その一つは6メートルのダンクルオステウスの実物大生態復元模型。
 化石の実物でもレプリカでもありませんが、現在の知識で復元した生き物は、専門家でない者にとっては、ある意味化石以上に意味のあるもの。
 クジラも首長竜もいなかった時代にも、こんな大きな生き物が海を泳いでいたということを実感できます。
 文字や絵ではちょっとわかりにくいことです。

迫力ある6メートルのダンクルオステウス!

 ただ、このダンクルオステウスはちょっとクセモノ。
 なぜなら、頭の骨しか見つかっていないのです。
 大きな頭の化石を残していながら、軟骨魚類という骨が柔らかい種類。
 体の骨が化石になりにくいのです。
 そもそも大きな生き物の全身が化石に残ることはとてもまれなこと。
 さらに骨自体が化石になりにくい。
 そして大きな生き物は数がものすごく少ないとしたら。
 ですから、このダンクスオステウスの胴体は、100%想像なのです。

ダンクルオステウスの頭の化石のレプリカ

 といっても、まったくのデタラメにつくったわけではありません。
 近い種類の魚の化石などから推測して復元していくことになります。
 ということは、復元をする人の知識やセンスが大きく影響します。
 つまり、10人いれば、10種類の復元があるわけです。
 とはいえ、ダンクルオステウスに恐竜のうような体をつけるわけはなく、概ね似たような姿になります。

 ダンクルオステウスは古生代の巨大魚ということで結構有名ですから、復元図はよく目にします。
 それらの多くは細長い尾の上下にヒレがつくオタマジャクシのような姿。
 ヒレの形はオタマジャクシよりもスマートな形が多いですが。
 生命大躍進展のダンクルオステウスもスマートなオタマジャクシ型。

鏃のようなダンクルオステウスの尾とヒレ

 残念ながら、今回の復元に至るまでの経緯は図録にも載っていませんのでわかりません。
 ただ、今は一般的な復元された姿ということは言えるでしょう。
 ところが、オリジナルグッズを販売している売店で売られているフェバリットのダンクルオステウスのフィギュア。
 ビニールモデルとソフトモデルの2種とも尾ヒレはサメのような形をしています。

 もちろん、このデザインも適当につくったものではありません。
 原型デザインは古生物復元模型作家の徳川広和さん。
 ご本人から直接お聞きしたこともありますが、ブログによると、ダンクルオステウスに近い種類と考えられ全身の化石が見つかっているコッコステウスを参考にしたものだそうです。
 ただコッコステウスは小型魚なので、同じ軟骨魚類で今も生きている巨大サメ類も参考にし、研究者の監修のもとつくりだされた姿です。
 専門家ではないので、どちらの復元が正しいのかはわかりません。
 しかし、会場に展示されているコッコステウスの化石を見ればなんか納得できます。

全身残ったコッコステウスの化石

 コッコステウスの化石では、背骨が尾の方で急に上向きに曲がっています。
 これはサメと同じ。
 サメの場合、この向きが変わっているところから尾ビレがはじまります。
 つまり、この上に曲がった背骨は、ブーメラン型の尾の上側。
 そして下側は細長い軟骨が支えています。
 タイやイワシなどの魚の尾ビレには背骨はなく、細い鰭条で支えられています。
 このように見た目は似ていても、尾のつくりはまったくちがいます。
 コッコステウスは、サメのように背骨で上のヒレを支え、下のヒレを細長い軟骨で支えていたと考えられています。
 当然、近い種類のダンクルオステウスも同じと考えてもおかしくありません。

タイやイワシの尾に近い形のユーステノプテロンの化石の尾

 魚の尾ヒレというと、どうしても胴の後端から扇形に広がったものを想像してしまいますが、泳ぐための尾ヒレの形として考えると、むしろ少数派になります。
 たとえは今もいる魚類でも、軟骨魚類はエイのように尾になっているか、サメのようなブーメラン型。
 また尾をヒレに変化させた生き物でも、このブーメラン型の尾は少なくありません。
 魚竜とかモササウルスのように。
 と考えると、ブーメラン型の尾ヒレは進化としてはよくある形なのかもしれません。

 会場には、ほかにも古代魚の化石がたくさん。
 見くらべてみると、おもしろい発見があるかもしれません。
 そしてグッズコーナーもチェックです。

2016/07/19加筆

【年代層序表〈顕生代〉β2 動物と植物】

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 生命大躍進ダンクルオステウスコッコステウスユーステノプテロン板皮類古生代の魚巨大魚大阪市立自然史博物館seimeidaiyakusin

関連記事
スポンサーサイト



theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

特別展「生命大躍進展」には巨大ウミサソリとぞわぞわの節足動物がたくさん!〈大阪市立自然史博物館〉

 40億年の生き物が展示されている「生命大躍進展」。大阪展も残すはあとわずか。
 入ってすぐ、最初は虫の世界。
 5億年前のカンブリア紀の虫、バージェス動物群には今生きている動物のほとんどのご先祖さまがいます。

●今までの「生命大躍進展」の記事
【生命誕生から人類まで40億年の本物の証拠がたくさん!】
【5億年分のいろんな動物がたくさん!】
【カンブリア爆発のいろんな動物がたくさん!】

この記事にはの化石の画像があります。


右へ行っても左へ行ってもだいじょうぶ

 こういった生き物を見て思うのは、「虫」が多いこと。
 それも節足動物っぽい虫が。
 人類に繋がる脊椎動物(せきついどうぶつ)の進化がテーマなので、虫はちょっとずれてしまいますが、貴重な化石がこれだけたくさん見られる機会はそんなにないでしょうから、ちょっと脱線してみます。

 「虫」の中の節足動物は、単純なつくりのからだを特徴的に変化させて5つの大きなグループに分かれました。
 昆虫類とムカデの仲間(多足類)とエビの仲間(甲殻類)とクモの仲間(鋏角類)、そして絶滅した三葉虫類。
 ただ、カンブリア爆発の頃は、三葉虫以外はまだまだ発展途中で、かろうじて甲殻類(こうかくるい)や鋏角類(きょうかくるい)が現れつつあるくらいでした。

カンブリア爆発の三葉虫オレノイデス

 カンブリア紀に動物の種類が爆発的に増えた理由の一つが目の獲得にあることは、生命大躍進展のテーマでもあります。
 この時期、様々な種類の動物達が独自に目を獲得していきました。
 そしてその後の脊椎動物の大躍進には顎(あご)の発達があります。
 それは節足動物の発展にも関係があったのです。

大きな目を獲得したアノマロカリス

 「顎(あご)」は食べ物に噛み付いたり噛み切ったりする器官で、動物によって形や由来は様々です。
 脊椎動物は、魚の時期にエラ周辺の骨を顎に変化させました。
 節足動物は、たくさんあった足を変形させながら口のまわりに集めて顎にしました。
 昆虫やカニの口にある動くギザギザしたものがそうです。

カンブリア紀にすでに大きな顎を持っていたアノマロカリスの「顎」

ただし硬い三葉虫は噛み砕けなかったとも言われています
ちなみに足を変化させたものではないので
アノマロカリスは今の「節足動物」ではないともいわれます

 ところが、三葉虫とクモの仲間の鋏角類は、足を顎に変化させませんでした。
 顎がないということはどういうことかというと、硬いものや口より大きい物は食べることができません。
 噛み切るあごがありませんから。
 鋏角類はハサミ状の鋏角を口の近くに持ち、顎のかわりにしました。
 三葉虫は顎のかわりになるものがなかったので、泥の中の有機物を食べていたと考えられています。
 節足動物の中で最後まで顎を持たなかった三葉虫のみ絶滅したのも、顎の有無が関係しているかもしれません。

初期の節足動物の特徴を残していると思われるリーンチョイリア

「レアンコイリア」とされることもあります

 会場には最大の節足動物と言われる巨大ウミサソリの化石と復元模型が展示されています。
 ウミサソリは絶滅した鋏角類の仲間と考えられ、今いる生き物では、クモやサソリの仲間になります。
 鋏角類の特徴は、6対12本の「足」があること。
 6対の「足」は種類によって役割が変わってきますが、6対12本はかわりません。
 クモの足は4対8本というのが常識ですが、よく見えると頭の方に触角のように使っている足が1対2本。
 そしてもっとよく見てみると、口の周りに短い足のようなものが1対2本。
 合計6対12本です。

 展示されている人間より大きなウミサソリ。
 化石はちょっとわかりにくいので、復元模型を見てみましょう。
 先にハサミが付いた長い手が1対2本、歩く足が4対8本、ヒレのような足が1対2本。
 合計6対12本。
 確かに鋏角類です。

生態復元された巨大ウミサソリ

左側の足が数えやすい

 ところが、復元模型を下からのぞくと、口のところにギザギザの顎が1対。
 節足動物の顎は足が変化したもの。
 ですから、顎は足として数えると、7対14本。
 鋏角類ではなくなってしまいます。
 ヘンです。
 化石を見ても口がありそうなところに同じようなギザギザが見えますから、うっかり間違いではないようです。

復元模型のウミサソリの「顎」


巨大ウミサソリのアクチラムスの頭部のギザギザ(中央左の少し下)

上のギザギザは折れ曲がった鋏角?

 実は、鋏角類の前の2対の足(鋏角と次の足)の付け根が顎のように変化しています。
 内側に向かってギザギザの「歯」が生えているのです。
 なんか違和感があります。昆虫をひっくり返してもそんなもの見えません。
 節足動物は足は体の左右から生えているようなイメージがありますが、実は体の中心から左右に分かれてはえています。
 そして、歩く足以外にも、エラがつき、本当は2種類で1セット。
 それが無くなったり体の中に入ったりしたのが、今の多くの節足動物たちです。

 甲殻類でもカブトエビのような古い姿を残しているものは、左右の足の付け根で食べ物を挟めるようになっています(食溝)。
 カブトエビは甲殻類で顎を持っていますので、足の付け根の「顎」は食べ物をつかんだり、味見をしたりするようです。
 前の2対の足にのみ「顎」が残ったのが鋏角類なのでしょう。
 ただ、鋏角類の口は鋏角と次の足の付け根辺りにありますから、模型のウミサソリの「顎」の位置は後ろすぎることになると思います。
 生きているウミサソリは見たことがないので、あくまで今の鋏角類からの推測ですが。

拡大模型のカブトエビの顎と足の付け根の食溝(本館第5展示室)

 鋏角類のウミサソリが現れるのは今から4億6000万年前のオルドビス紀後期。
 カンブリア爆発から1億年以上も後。
 カンブリア爆発の動物たちの中には、鋏角類と考えられるサンクタカリスは、まだエビのような見た目をしていました。
 この1億年の間に今につながる姿の鋏角類が誕生したのでしょう。
 ちなみに、今回はサンクタカリスは展示されていません。残念。

 そんなことを考えながら、カンブリア爆発のバージェス動物と澄江(チェンジャン)動物とウミサソリを比べてみるのもおもしろいかもしれません。
 そして本館の常設第5展示室には、カブトエビの巨大模型があります。
 特別展のチケットで入れますので、時間があればぜひバージェス動物と見くらべてみてください。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 生命大躍進アクチラムスウミサソリオレノイデスアノマロカリスレアンコイリア鋏角類節足動物大阪市立自然史博物館seimeidaiyakusin

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

特別展「生命大躍進展」にはカンブリア爆発のいろんな動物がたくさん!〈大阪市立自然史博物館〉

 40億年分の動物がたくさん並んでいる「生命大躍進展」。
 最初にやってくるたくさんの展示がカンブリア爆発。
 今からおよそ5億年前にいきなり動物の種類が増えたできごとです。
 ものすごく昔のようですが、地球に生命が誕生しておよそ40億年。
 と考えると、結構最近の事かもしれません。

●今までの「生命大躍進展」の記事
【生命誕生から人類まで40億年の本物の証拠がたくさん!】
【5億年分のいろんな動物がたくさん!】

この記事にはの化石の画像があります。


地下駐車場入口近くの看板

 このカンブリア爆発は動物にとってはとてつもなく大きなできごとです。
 動物の体の基本的な体のつくりで分類する「門」。
 その基本的な「門」のほとんどがそろったのが、カンブリア爆発。
 その前まではもう動物かどうかもわからない生き物しかいなかったのに、突然です。

エディアカラ紀の動物かどうかもよくわからないディッキンソニア

 その「カンブリア爆発」が見つかるきっかけとなった、カナダのブリティッシュコロンビア州のバージェス山のバージェス頁岩(けつがん)化石の実物が山のように展示されています。
 興味がある人ならいろんな本やテレビなどで見た写真やスケッチの実物も数多く展示されています。
 そしてバージェス動物群よりも地質学的にちょとだけ古い中国雲南省の澄江(チェンジャン)動物群の化石も。

 ということで、展示されている中からほんの少しだけですが、見た目の形で分けてみました。

ぞわぞわ系

「虫(節足動物)」風に見える動物

アノマロカリス(節足動物)


オダライア(節足動物)


オパビニア(節足動物)


オレノイデス(節足動物)


マルレラ(節足動物)


ぞろぞろ系

歩く足がたくさんついている動物

アイシェアイア(有爪動物)


ハルキゲニア(葉足動物)


ミクロディクチオン(葉足動物/澄江動物)


いがいが系

棘のようなものに覆われている動物


ウィワクシア(軟体動物)


オルスロザンクルス(軟体動物)


にょろにょろ系

足がなくて細長い動物

オットイア(鰓曳動物)


バージェソケタ(環形動物)


すいすい系

およぐ動物

ピカイア(脊索動物)


ハイコウイクティス(脊椎動物/澄江動物)


ペチュリコラ(不明/澄江動物)


ひらひら系

平たく柔らかそうな動物

オドントグリオフス(軟体動物)


アミスクウィア(不明)


ゆらゆら系

海底から植物のように生える動物

シフソークタム(不明)


ディノミスクス(不明)


 この時代の化石を見て思うことは、小さい。
 ほとんどが「虫」くらいの大きさ。
 虫に興味のあるひとにとっては、なんとなく見たことがあるような姿の生き物が少なくないこと。
 とはいえ、虫のような生き物が多い反面、人間を含む脊椎動物はほとんど目立ちません。
 いないわけではありませんが、手足のない虫のようで、まだ魚の形になっていません。
 現在の動物のほとんどの体の基本デザインがそろったといっても、文字通りまだまだ基本的なものが多かったようです。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 生命大躍進カンブリア爆発バージェス動物群澄江動物群オダライアオルスロザンクルスバージェソケタペチュリコラ大阪市立自然史博物館seimeidaiyakusin

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

特別展「生命大躍進展」には5億年分のいろんな動物がたくさん!〈大阪市立自然史博物館〉

 生き物の長い歴史がみられる「生命大躍進展」。
 地球の生き物の歴史で、最初は単細胞だった生き物はとんでもなく多様化します。
 それをみんな展示というのは、現実的ではありません。
 ということで、今回は人間につながる生き物の歴史がテーマのようです。
 地球に誕生した命が、人間になるまでの長い道のりを大きなテーマで分けて展示されています。

●今までの「生命大躍進展」の記事
【生命誕生から人類まで40億年の本物の証拠がたくさん!】

南西入口から真っすぐ行ったところの看板

プロローグ 生命誕生

 人間が登場してたった20万年くらいですが、命の誕生そのものはとても古く、およそ40億年前。先カンブリア紀のはじまり。
 地球の形ができてたった5億年後。
 ただ、そのときの生き物のの姿は恐竜のように化石になってはいません。
 化石として残っているのは、生き物がいた痕跡。
 見た目はただの縞模様のただの石にしか見えませんが、人間の超先輩がつくったものです。

35億年前の生き物の化石が含まれる石

第1章 カンブリア大爆発

 生命の誕生は早かったのですが、ほとんどの期間は単純な単細胞の生き物でした。
 それが一気に複雑で大きな動物たちが現れたのが古生代のカンブリア紀。
 今いる動物のほとんどのご先祖様が現れたのも、カンブリア紀。
 あまりにも突然にたくさんが現れたので、カンブリア爆発と呼ばれています。

 そのカンブリア爆発の動物たちを一気にメジャーにしたスティーヴン・ジェイ・グールドさんの『ワンダフル・ライフ』。
 その本にはどこかで見たことがあるような気がするカンブリア紀の動物から、不思議で奇妙な動物まで、写真やスケッチが掲載されています。
 その本物の化石が!
 すごい!

『ワンダフル・ライフ』と左右が逆?のオパビニア

 ただカンブリア紀の人間のご先祖様はまだ地味な生き物でした。
 うっかり見過ごしてしまいそうです。

人間のご先祖様の脊椎動物メタスプリッギナ

第2章 海から陸へ

 たくさんいた個性的な生き物の中で地味だった人間のご先祖様。
 それがカンブリア紀の次のシルル紀には硬い骨やたくさんのヒレをもつようになり、シルル紀の次のデボン紀には海の覇者に。
 そういった化石をみていると、あの地味で弱々しいメタスプリッギナの面影は微塵もありません。

深海怪獣のようなダンクルオステウスの頭

 そして陸上への進出。
 でも、みんなあまり「かっこいい」動物ではありません。
 どちらかというと、ゆるキャラ。

魚のような体に四肢を持った両生類のアカントステガ

第3章 哺乳類の出現と多様化

 上陸した両生類が、陸上で生活できるようになり、単弓類を経て、中生代のジュラ紀にやっと哺乳類の誕生。
 でも、それは巨大な恐竜が現れた時期。
 ネズミのように小さくなり、さらに見つかりにくくなるよう木の上で夜に活動していたようです。

最古の哺乳類と言われるジュラマイアの授乳姿の復元

 会場では恐竜の化石も展示されていますが、比べるとまったく大きさがちがいます。
 しかもここに展示されているの恐竜たちは決して大きくはない種類。
 そんな中で絶滅しなかったのですから、小さく夜行性というのは、なかなかどうして結構したたかな戦略だったのかもしれません。

哺乳類を食べてたかもしれない小型の肉食恐竜ドロマエオサウルス

第4章 人類への道

 その後、白亜紀末の有名な恐竜の絶滅が起きます。
 新生代がはじまり、ちょっとした紆余曲折がありましたが、哺乳類の時代がやってきます。
 恐竜と同じように哺乳類は多様化、いろんなタイプの哺乳類が現れます。

まだ指が3本あったころの馬メソヒップス

 その中に登場したのが霊長類。
 人間にぐっと近づいたご先祖様。
 でも、とても小さい!
 恐竜がいなくなって地面に降りて多様化と大型化していった哺乳類の中で、小さいまま樹上生活を続けていたようです。

とても小さい最古の哺乳類化石の一つアルタニウスの顎

 そして人間にとても近い仲間のヒト属(ホモ属)登場。
 たくさん展示され、最後は人間、ホモ・サピエンス・サピエンスが登場します。
 これだけのたくさんのヒト属の化石を一度に見られる機会はあまりないでしょう。
 古い順に並んでいますが、頭が小さいゴリラ型から、頭が大きい人間型に変化していく様子がわかります。

人間と同じヒト属のホモ・ハビリスと
人間とちがうアウストラロピテクス属のパラントロプス・ボイセイ

頭蓋骨の形がまったくちがう!

 40億年の生き物の歴史は、とても複雑です。
 全体の流れを追っていくのも面白いですし、特定のコーナーをじっくり見ていってもおもしろい。
 いろいろな楽しみ方ができる特別展。
 だからこそ、会期中使えるパスをつくってほしかった。

直接の先祖でないものの人間にも遺伝子が伝えられている
ネアンデルタール人

タグ♦【年代層序表〈顕生代〉β2 動物と植物】

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 生命大躍進メタスプリッギナダンクルオステウスアカントステガジュラマイアメソヒップスアルタニウスアウストラロピテクス大阪市立自然史博物館seimeidaiyakusin

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

特別展「生命大躍進展」には生命誕生から人類まで40億年の本物の証拠がたくさん!〈大阪市立自然史博物館〉

 40億年前の生命の誕生から人類までのはるかな長い道のりをギュッとまとめた「生命大躍進 -脊椎動物のたどった道-」。
 去年、東京の科学博物館ではじまった展覧会が、名古屋・愛媛とめぐって、やっと大阪に来ました。
 おなじみ長居公園の自然史博物館です。
 今回もブロガー招待に当選しましたので、内覧会に行ってきました。

内覧会なので「予告」の公園入口の案内看板

 展示は40億年の歴史をたどるように展示されています。
 入り口をくぐると37億年前の最古の生命の痕跡化石。
 この頃の生物はまだまだ小さく単純な形でしたので、見た目で「生き物」を感じることができないのはすこし残念。

37億年前の最古の生命の痕跡化石の本物!

 でも、生き物はそんな状態が何十億年も続きます。
 そして6億年前、見た目で「生き物」を感じることができる生物が現れます。
 エディアカラ生物群。
 でも、このころはまだなんだかよくわからない生き物ばかり。

 そして動物が一気に多様化したカンブリア爆発。
 今では専門家でなくても知っている有名なバージェス頁岩動物群。
 カナダのブリティッシュコロンビア州のバージェス頁岩から見つかった化石動物たち。
 テレビやいろいろな本などで紹介され、目にしたことがある人は少なくないと思います。
 その実物の化石がカナダからやって来ました。
 カンブリア紀生物をメジャーに押し上げた『ワンダフル・ライフ』とくらべると、まったく一緒!
 実物ですから、当然です!

『ワンダフルライフ』でスケッチや写真で紹介されてた
カナダのロイヤル・オンタリオ博物館からやってきた本物!

ハルキゲニア


オパビニア


ピカイア


クラゲに間違われたアノマロカリスの口


エビに間違われたアノマロカリスの付属肢


アノマロカリスの復元模型


 そしてバージェスよりちょっと新しい澄江(チェンジャン)動物群。
 これらのカンブリア紀に現在に繋がる主な動物群が出そろったと言われます。
 ですから見たこともないような動物もありますが、どこかで見たことあるような動物も少なくありません。

 カンブリア紀の生き物たちに後ろ髪を引かれつつ先に目を向けると、オルドビス紀の大絶滅コーナーの向こうから巨大な生き物が襲いかかってくるのが見えます。
 ダンクルオステウス。
 6mとも10mとも言われる巨大な魚。その生きている様子の復元。
 大きく開けた口には大きな牙があり、魚というより怪獣。

巨大魚ダンクルオステウスと巨大節足動物ウミサソリ

 ダンクルオステウスに襲いかかられているの最大級節足動物のウミサソリ。
 新旧の海の覇者(当時)の交代劇です。

 その後魚は両生類に、そして海から陸上に進出して哺乳類の先祖が現れます。
 ただこの頃は爬虫類と変わらないような見た目で、哺乳類になるとは到底思えません。

哺乳類の先祖の単弓類のデメトロドン

 いつ哺乳類が現れるのかなと思いながら2億5千万年前のペルム紀末の大絶滅の門をくぐると中生代、恐竜の時代です。
 この頃哺乳類が誕生しますが、まだネズミのような小さな動物で、恐竜の陰にかくれています。

主役なのに小さい最古の哺乳類ジュラマイア


今回は脇役の恐竜カスモサウルス


 白亜紀の大量絶滅で恐竜が絶滅し、新生代の展示がはじまります。
 ネズミみたいな姿だった哺乳類が多様化していきます。

 そんな中から霊長類が現れ、そして人類へ。

初期霊長類のほぼ完全な化石のイーダ

 最後は人類とどこがちがうのかわからないネアンデルタール人に見送られて、出口。
 そこにはオリジナルグッズがいっぱいのショップが待っています。

出口の前で名残惜しそうに見送ってくれるネアンデルタール人

 と、一通り紹介しましたが、もちろんこれはほんの少し。
 もっとたくさんの展示と解説があります。
 なんといっても40億年分の展示。
 じっくり見ていると結構時間がかかります。
 展覧会ホームページやブログのレポートなどで予習するといいかもしれません。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 生命大躍進アノマロカリスハルキゲニアオパビニアピカイアダンクルオステウスネアンデルタール人バージェス動物群大阪市立自然史博物館seimeidaiyakusin

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS