【 MegaKyouryuu2017】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

今年の新説にも対応してその場で確認できる!「メガ恐竜展2017-巨大化の謎にせまる-」〈大阪南港ATCホール〉

 「メガ恐竜展2017-巨大化の謎にせまる-」。
 タイトル通り巨大な竜脚類の化石の展示と、巨大化の謎解きのパネル展示がとても興味深い恐竜展。
 でも、見どころはそれだけではありません。

ニュートラムの駅から入ってくると出迎えてくれます

 恐竜の面白いところの一つは、目まぐるしく「新説」がでてくること。
 昨日までの常識が、明日の非常識になることは珍しくありません。
 たとえばティラノサウルス。
 トカゲのように鱗に覆われていたのに、数年前から背中が毛に覆われはじめました。
 この姿はティラノサウルスファンにとっては衝撃的だったようで、なかなか市民権を得られなかったように感じます。
 それが今は「やっぱり背中には毛はなかった」になり、元の姿に戻りそうです。

メガ恐竜展2017では毛が無い説のティラノサウルス

 そして、今年また恐竜の認識が大きく変わる可能性が示されました。
 恐竜の分類でよく使われるのが、竜盤類と鳥盤類。
 骨盤をつくる3つの骨の内、恥骨が前後に伸びて後ろ側が坐骨と並んでいるのがトリケラトプスやステゴサウルスのような鳥盤類。
 鳥の骨盤と似ていることが由来です。

鳥盤類のサウロロフスの骨盤 右が頭
(比べやすいように左右反転しています)

腰から左下へ伸びる2種類の骨の下の短いほうが恥骨(わかりにくい)

 そして恥骨が前や下の方に向いているのが竜盤類。
 竜盤類にはティラノサウルスのような獣脚類と、4つ脚で巨大な体のディプロドクスのような竜脚類に分かれます。

獣脚類のアロサウルスの骨盤 右が頭

腰から真下に伸びている2つの骨が恥骨
左に伸びているのは坐骨だけ

竜脚類のエウロパサウルスの骨盤 右が頭

腰から右下に伸びている2つの骨が恥骨

 ところが。
 新しい説では、獣脚類に近いのは竜脚類じゃなくて、鳥盤類だったのです。
 獣脚類と鳥盤類が一つになって「鳥肢類」という新しいグループができました。

鳥肢類新解釈パネル

 たしかに今までの「常識」を覆す説ですが、そもそも鳥盤類の名前の由来となった鳥は、竜盤類の獣脚類から進化しました。
 つまり、鳥のような骨盤(鳥盤)は、竜盤から変化できるということ。
 恥骨の向きというのは、生活様式でも変わってしまうようなもので、恐竜の大きな分類には使えない特徴だったのでしょう。

左からディプロドクス(竜脚類)
アロサウルス(鳥肢類・獣脚類)
ステゴサウルス(鳥肢類・鳥盤類)

 もちろんこれはあくまで「新説」で、まだ多くが認めた「定説」ではありません。
 そして「定説」になったとしても、新説が現れて「古い説」になるかもしれません。
 常識は常に非常識になる可能性を持っています。
 これも恐竜の面白いところです。

最初に見つかった恐竜イグアノドンの昔の生体復元

もちろん今の復元はまったくちがいます

 会場には竜脚類以外にも獣脚類や鳥盤類などいろいろな恐竜がたくさん展示されていますので、見比べてみるとおもしろいと思います。

■参考外部リンク■
メガ恐竜展2017-巨大化の謎にせまる- 大阪開催【公式サイト】
大阪市立自然史博物館

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: メガ恐竜展2017  MegaKyouryuu2017  鳥肢類  竜盤類  鳥盤類  獣脚類  竜脚類  ディプロドクス  アロサウルス  ステゴサウルス 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

天井高くてもちょっと狭そうな恐竜がいた!「メガ恐竜展2017-巨大化の謎にせまる-」〈大阪南港ATCホール〉

 大阪南港のATCホールで夏の間開かれている恐竜博。
 夏のATCホールのmandai presentsとなると、対象がちっちゃな子供。
 今まで何度か恐竜展がありましたが、どちらかと言うとイベントの要素が強く、恐竜の学術的展示を見たい人にはちょっと残念でしたが、今回はちがいます。
 恐竜好きの子供はもちろん、恐竜の学術的展示を見たい人もや楽しめる恐竜博です。
 なぜなら、ベースが幕張メッセで行われた「メが恐竜展2015」で、毎年春に恐竜など古生物展を開催している大阪市立自然史博物館が主催メンバー。
 今回もブロガー招待が行なわれ、運良く当選しました。

 会場は9つのテーマに分けられ、恐竜の巨大化を中心に、生物巨大化の謎が解かれていきます。

メガ恐竜展2017

01 地球には巨大生物がくらしていた

 入るといきなり生きていたときの姿に復元された生体復元の恐竜が出迎えてくれます。
 おなじみのティラノサウルスは羽毛なし。
 最近、羽毛があったかもしれないと言われていたのが、今年やっぱりなかったかもしれないとなったので、ちょうどいいかもしれません。
 それに合わせた展示かどうかはわかりませんが。

ティラノサウルス生体復元

 奥に行くと、恐竜以外の「巨大生物」がたくさん出てきます。
 最大の魚竜とも言われるショニサウルスの頭。
 頭だけでもこんなにもでかい!

ショニサウルス

 天井からは首長竜のタラソメドン。
 頭は恐竜よりも小さいですが、体よりも長い首を持っています。

タラソメドン

 そして恐竜より昔の古生代に生きていた大型節足動物ウミサソリの仲間、ミクソプテルス。
 化石とよく似た格好をした生体復元が展示されています。

ミクソプテルス

 化石から得られる情報はどれも不完全で、そこから生きていた姿を作るのは、ほとんど骨しか見つからない恐竜の場合はほとんどが想像にならざるを得ません。
 そういうものの展示を嫌う人もいますが、等身大の生体復元モデルがたくさんというのは、生きていたときの姿が想像しやすく大歓迎です。

02 地球史上、最も大きな陸上動物「竜脚類」

 化石を中心に竜脚類がたくさん。
 それだけでなく、竜脚類の巨大化の秘密がパネルで展示されています。
 それを読んで、化石で確認できます。

竜脚類

03 竜脚類の起源「三畳紀」

 大きというイメージが強い恐竜ですが、誕生した三畳紀には小さい恐竜も当たり前だったようです。
 奥からプタテオサウルス(頭部)、コエロフィシス、エオラプトル、パンファギア。
 コエロフィシスですら、中型犬くらいの大きさ。
 重さならもっと軽いはず。

コエロフィシス、エオラプトル、パンファギア

04 竜脚類が大繁栄した「ジュラ紀」

 竜脚類が竜脚類らしくなったジュラ紀。
 竜脚類だけでなく、肉食の獣脚類や鳥盤類も展示。
 ディプロドクス、アロサウルス、ステゴサウルスなどの化石でジュラ紀の世界を再現しています。

ディプロドクス、アロサウルス、ステゴサウルス

 恐竜自体だけでなく、うんちの化石も。
 恐竜が巨大化したので、うんちも巨大。
 もちろん、文字通りに石になっていますので、汚くありません。
 そのはずです。
 化石の中には石英のようなものが見え、石になったことがわかります。

恐竜の糞化石

05 世界中に放散、そして絶滅した「白亜紀」

 アルゼンチンにいたアマルガサウルス。
 首から背中の長い骨が特徴です。
 ほかにもいろいろ展示されています。

アマルガサウルス

06 巨大化した獣脚類

 もちろん、最強の肉食恐竜と言われるティラノサウルスの骨格もあります。
 人が少なければ、最初に戻って生体復元と見比べると、おもしろそう。

ティラノサウルスの骨格

07 新生代の巨大動物

 恐竜絶滅後、恐竜に替わって地上で繁栄した哺乳類。
 コウガゾウのような大きな種類も生まれましたが、竜脚類の恐竜ほど巨大化はできませんでした。
 その理由が解説されます。

コウガゾウ

08 大きくなれなかった竜脚類

 信じられないほど巨大な獣脚類ばかりでしたが、エウロパサウルスのように「ちっちゃい」獣脚類もいました。
 なぜ「ちっちゃいのか」も解説されます。
 といっても人間よりずっと大きいですが。

エウロパサウルス

09 巨大化の謎にせまる

 そして、関西初公開の恐竜。
 ヨーロッパ最大の竜脚類トゥリアサウルス登場。
 前半身だけですが、ほんとでかい!
 前にある陸上哺乳類最大級のコウガゾウとくらべても、圧倒的な差。
 そして、どうしてここまででっかくなったかの総まとめ。

トゥリアサウルス

 最後はお約束のグッズコーナー。
 オリジナルグッズもたくさんで、そのほか恐竜グッズもいろいろ。
 子供でなくてもつい買ってしまいそうです。

 と、今年は今までとちがって恐竜の学術的展示を見たい人にとっても見どころ満載。
 博物館とちがい天井が高い見本市会場なので巨大恐竜たちもゆったり。
 一頭をのぞいてですが。

 もちろん、小さい子供にとっても巨大恐竜の化石や生体復元はおもしろいものばかりでしょうし、展示場の外にはいつものように巨大遊具や飲食コーナーもたくさん。
 ゆっくり見て、遊んで、食べて、もう一度見て、と一日楽しめます。
 そして、会場は駅に直結し、屋内駐車場完備、レストランやショップがたくさんのショッピングエリアもあって、外に出ればそこは海が見えるテラス。
 隣にはフェリーが停泊しているときもあります。
 恐竜展を見終わっても、いろいろ楽しむこともできるATCホールのメガ恐竜展2017です。

■参考外部リンク■
メガ恐竜展2017-巨大化の謎にせまる- 大阪開催【公式サイト】
大阪市立自然史博物館

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: メガ恐竜展2017  MegaKyouryuu2017  ティラノサウルス  ショニサウルス  タラソメドン  ミクソプテルス  アマルガサウルス  コウガゾウ  エウロパサウルス  トゥリアサウルス 

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる