【 4月の下赤阪の棚田の動物】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

棚田のいきもの 2016年4月中旬の脊椎動物

 4月の棚田ビオトープの最後は、まず鳥。
 哺乳類がなかなか姿を見せてくれない棚田では、鳥は大きは動物になります。
 特にキジは大きな鳥です。
 そして、小さなカエルもいました。


動物界 脊索動物門 脊椎動物亜門
鳥綱 タグ:下赤阪の棚田の鳥類

キジ(雉子,雉)Phasianus versicolor のオス

キジ目 キジ科 キジ属
カラスより大きい
留鳥
タグ:キジ

日本の国鳥でもあるキジ。

下赤阪の棚田ではよく鳴き声を聞きますが、姿はたまにしか目にしません。

この後、泣きながら羽をバタバタさせる母衣打ち(ほろうち/ドラミング)を幾度もしていました。
母衣打ちは縄張りの主張や威嚇の意味があります。
一体誰に対しての威嚇でしょうか。

ハシボソガラス(嘴細烏)
Corvus corone

スズメ目
カラス科
カラス属
全長50cm
留鳥
タグ:ハシボソガラス

ムクドリ(椋鳥)
Sturnus cineraceus

スズメ目 ムクドリ科 ムクドリ属
スズメより大きい
留鳥
地上採餌・樹上採餌:植物の種子,昆虫類等
タグ:ムクドリ

住宅街にもいる身近な鳥。

クチバシとアシユビがオレンジ色なのが特徴。
鳴き声も独特です。

鳥綱
動物界 脊索動物門 脊椎動物亜門
両生綱 タグ:下赤阪の棚田の両生類

ニホンアマガエル
(日本雨蛙)
Hyla japonica

カエル目
アマガエル科
アマガエル属
タグ:ニホンアマガエル

カエルの姿を目にする季節になりました。

緑色で葉の上にいると気が付きません。

両生綱
動物界 脊索動物門 脊椎動物亜門

 カエルが現れ、鳥も冬鳥の姿が見られなくなり、季節が移り変わったのを感じます。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016下赤阪の棚田2016/44月の下赤阪の棚田の動物キジムクドリニホンアマガエル鳥類/SA-tanada両生類/SA-tanada

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

棚田のいきもの 2016年4月中旬のチョウ目

 晩春の下赤阪の棚田ビオトープ。
 昆虫もどんどん増えてきました。
 とはいえ、昆虫から切り離したからといってチョウがものすごく多いわけではありません。

この記事にはの画像があります。



動物界 節足動物門 六脚亜門 昆虫綱 タグ:棚田の昆虫
新生類 雄の交尾器がより進化した昆虫
完全変態亜節 蛹になる新生類昆虫
チョウ目 タグ:下赤阪の棚田のチョウ目

モンシロチョウ(紋白蝶)Pieris rapae

チョウ目 シロチョウ科 モンシロチョウ属

スジグロシロチョウとも思いますが、筋があまり黒くないようなので、とりあえずモンシロチョウ。

ベニシジミ(紅小灰蝶)春型
Lycaena phlaeas

チョウ目
シジミチョウ科
ベニシジミ属
タグ:ベニシジミ

幼虫はスイバやギシギシを食べるので、人の生活範囲ではわりと見かけるシジミチョウ。

小さなチョウです。

ウリキンウワバ(瓜金上翅蛾)Anadevidia peponis

チョウ目 ヤガ科 Anadevidia属

幼虫はウリ科やシソ科などどこにでもあるような葉を食べます。

これは若齢幼虫のようです。

成長するともっと角だらけになります。

クワゴマダラヒトリ
(桑胡麻斑灯蛾)
Lemyra imparilis

チョウ目
ヒトリガ科
Lemyra属

幼虫が食べるのはブナ科広葉樹等と書かれていますが実は広食性。

色んなところで目にします。

チョウ目
完全変態亜節
新生類 
動物界 脊索動物門 脊椎動物亜門 昆虫綱

 意外とイモムシや毛虫が少なかったような気がしますが、実はイモムシのシーズンは5月から6月。
 里山では落葉樹が葉を広げきったくらいがほんとうに嫌というほどイモムシ・毛虫が現れます。
 うっかりすると、ぶら下がっているのにぶつかってしまいます。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法

田んぼの生き物400 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2016/6/5 23:31時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016下赤阪の棚田2016/44月の下赤阪の棚田の動物ウリキンウワバクワゴマダラヒトリモンシロチョウベニシジミチョウ目/SA-tanada昆虫/SA-tanada

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

棚田のいきもの 2016年4月中旬のチョウ目以外の昆虫

 花がたくさん咲きはじめた4月の棚田ビオトープ。
 虫も増えてきました。
 冬を越してきた虫から、春に生まれた虫までいろいろいました。

この記事にはの化石の画像があります。



動物界 節足動物門 六脚亜門 昆虫綱 タグ:棚田の昆虫
多新翅亜節 直翅上目 翅脈が直線状の昆虫
バッタ目

ヤブキリ(藪螽蟖,藪切)
Tettigonia orientalis
の若齢幼虫

バッタ目
キリギリス科
ヤブキリ属

身近なキリギリス。

幼虫も成虫も、頭から背中に茶色い線があるのが特徴。

バッタの仲間のように見えて、ほかの昆虫を食べる肉食なのは、ほかのキリギリスと同じ。

バッタ目
多新翅亜節 直翅上目
動物界 節足動物門 六脚亜門 昆虫綱
新生類 雄の交尾器がより進化した昆虫
準新翅亜節 サナギにならない新生類昆虫
カメムシ目

ソラマメヒゲナガアブラムシ(蚕豆鬚長蚜虫)
Megoura crassicauda

カメムシ目 アブラムシ科 Megoura属

アブラムシは、寄生する植物が決まっているものが多くあります。
名前のようにソラマメ属に寄生します。
身近ではヤハズエンドウ(カラスノエンドウ)など。

仲間には、「セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ」というとても長い名前のアブラムシもいます。

カメムシ目
準新翅亜節
新生類
完全変態亜節 蛹になる新生類昆虫
ハチ目

セイヨウミツバチ(西洋蜜蜂)Apis mellifera

ハチ目 ミツバチ科 ミツバチ属
タグ:セイヨウミツバチ

全体に黄色っぽいのが特徴。
在来種のニホンミツバチは、ちょっと黄色が薄くて全体がセイヨウミツバチよりは黒っぽく見えます。

ちょっと離れたところに養蜂会社があるので、そこから飛んできたのかもしれません。

ハチ目
新生類 完全変態亜節
甲虫目

ナミテントウ(並天道虫)
Harmonia axyridis

甲虫目
テントウムシ科
Harmonia属

体の模様の種類がとても多いてんとう虫。

黒地に2つの赤点は、西日本では基本的な柄。

ナナホシテントウ(七星天道)
Coccinella septempunctata
の幼虫

甲虫目
テントウムシ科
コッキネラ属
タグ:ナナホシテントウ

オレンジ色の点が離れているのが特徴。

ナミテントウはつながって線のように見えます。

テントウムシ(天道虫)のサナギ
Coccinellidae(科名)

甲虫目
テントウムシ科

黄色いので、脱皮して蛹になったばかりのようです。

ハナカミキリ類?
Lepturinae(亜科名)

甲虫目
カミキリムシ科
ハナカミキリ亜科

花にやってくる小さなカミキリムシということで、ハナカミキリの仲間だと思います。

甲虫目
新生類 完全変態亜節
ハエ目

アシブトハナアブ(脚太花虻)
Helophilus virgatus

ハエ目
ハナアブ科
Helophilus属

名前のように後足の腿のところが太くなっているハナアブですが、翅で隠れてみません。

腿が見えなくても背中の縦2本線と、腰の毛が特徴。

キイロナミホシヒラタアブの雌?
Syrphus vitripenis

ハエ目
ハナアブ科
Syrphus属

名前のように平たいアブ。

ヒラタアブもよく似た種類がたくさん。

微妙に違いはありますが、微妙すぎてうっかりするとまちがってしまいます。

ハエ目
完全変態亜節
新生類 
動物界 節足動物門 六脚亜門 昆虫綱

 いろいろ虫が増えてきましたが、まだまだこれからという感じです。
 次はチョウやガの予定です。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法

教えてゲッチョ先生! 昆虫のハテナ (ヤマケイ文庫)

新品価格
¥950から
(2016/6/3 00:15時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016下赤阪の棚田2016/44月の下赤阪の棚田の動物ヤブキリソラマメヒゲナガアブラムシナミテントウアシブトハナアブキイロナミホシヒラタアブハナカミキリ昆虫/SA-tanada

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 4月下旬の節足動物編


 まだまだ田んぼは乾いたままの4月の下赤阪の棚田。

 でも暖かくなってきたので、今まで隠れていた虫たちがどんどん出てきます。

 一気に棚田ビオトープがさわがしくなってきました。



この記事にはの画像があります。






西側の棚田も土起こしが終わっていました




すでに紹介している生き物については、一部画像や説明等を省いていますので、
画像や説明等のあるページへのリンクをつけています。
タグ:4月の下赤阪の棚田の動物



動物界
節足動物門
昆虫綱 新翅節 内翅上目
チョウ目
ヒメウラナミジャノメ(姫裏波蛇目)Ypthima argus
チョウ目 タテハチョウ科 ウラナミジャノメ属
タグ:ヒメウラナミジャノメ
翅の表裏に目玉模様(蛇の目模様)があるジャノメチョウの仲間。

目玉模様で天敵の鳥を驚かすとも言われますが、目玉どころかさんつきすぎています。

そういうわけで鳥に対しては効果が無いとも言われています。
キタテハ(黄立羽)の夏型
Polygonia c-aureum
チョウ目
タテハチョウ科
キタテハ属
タグ:キタテハ

棚田ではわりと見かけるチョウです。

一見ヒョウモンチョウのようですが、翅の縁が破けているような感じのチョイワルなチョウです。
ベニシジミ(紅小灰蝶)Lycaena phlaeas
チョウ目 シジミチョウ科 ベニシジミ属
タグ:ベニシジミ
ニトベエダシャク(新渡戸枝尺蛾)Wilemania nitobei
チョウ目 シャクガ科 Wilemania属
体の色からニトベエダシャクとしました。

ただスイバについていたのですが、ニトベエダシャクは樹木の葉を好むようなのでちがうイモムシの能性があります。
チョウ目
動物界 節足動物門 昆虫綱 新翅節 内翅上目
その他の目
ビロウドツリアブ(天鵞絨吊虻)Bombylius major
ハエ目 ツリアブ科 Bombylius属
ふわふわの毛が生えたからだと長い口が特徴のアブ。

花の蜜が好物で、人は刺しません。

晩春から初夏にかけて草原をよくホバリングしています。
ホソヒラタアブ(細扁虻)Episyrphus balteatus
ハエ目 ハナアブ科 ホソヒラタアブ属
タグ:ホソヒラタアブ
ニホンミツバチ(日本蜜蜂)Apis cerana japonica
ハチ目 ミツバチ科 ミツバチ属
タグ:ニホンミツバチ
モモブトカミキリモドキ(腿太髪切擬 )
Oedemeronia lucidicollis
甲虫目 カミキリモドキ科 Oedemeronia属
見ての通り後肢の「腿」が太いのが特徴。

ただしオスだけ、メスは普通の太さ。

体液がつくと水ぶくれができることもあるので、要注意。
その他の目
昆虫綱 新翅節 内翅上目
動物界 節足動物門
クモ綱
キクヅキコモリグモ
(菊月子守蜘蛛)
Pardosa pseudoannulata
クモ目
コモリグモ科
オオアシコモリグモ属
タグ:キクヅキコモリグモ

棚田の常連グモ。

巣を張らないのになぜが目につきます。
クモ綱
節足動物門
動物界



 虫がでてきて4月の棚田もこれでおわり。

 鳥が出てこなかったのは、鳥がいないからではありません。

 キジが母衣打ちしていましたし、ムクドリやホオジロらしい鳥も飛んでいました。

 ただ、木々に葉が茂ってしまって鳥がよく見えず、写真が撮れなかったから。

 でも落ち穂が無くなった棚田は、田植えがはじまるまでは鳥も少ないような気がします。



タグ♦ 4月の下赤阪の棚田の動物 下赤阪の棚田の2015年

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田2015/044月の下赤阪の棚田の動物ニトベエダシャクビロウドツリアブモモブトカミキリモドキキクヅキコモリグモチョウ目/SA-tanadaハエ目/SA-tanada昆虫/SA-tanada

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 4月上旬の動物編


 続いてきた4月の下赤阪の棚田の生き物も、これで最後。

 暖かくなってきましたが、棚田ビオトープのいきものにとっては冬と春の間のような時期。

 動物も少し増えてきました。




スポーツ公園から見た4月の棚田




動物界
脊索動物門
鳥綱
スズメ目
モズ(百舌,百舌鳥,鵙)Lanius bucephalus のオス
スズメ目 モズ科 モズ属
スズメより大きい
漂鳥

スズメ目の猛禽。
※「猛禽」には諸説あり。

季節で住む場所を変える漂鳥ですす。
百舌鳥太郎も畑に来るのは子育ての間だけ。

ここでは一年中見かけます。
同じモズなのかどうかはわかりませんが。
ツグミ(鶇)Turdus naumanni
スズメ目 ツグミ科 ツグミ属
ハトより小さい
冬鳥

愛称「つぐみん」。

冬鳥ですが、晩春までいるのんびり屋さんです。
ムクドリ(椋鳥)Sturnus cineraceus
スズメ目 ムクドリ科 ムクドリ属
スズメより大きい
留鳥

なんかかっこよく写ったムクドリ。

なんか顔が白っぽい。
スズメ目
動物界 脊索動物門 鳥綱
キジ目
キジ(雉子,雉)Phasianus versicolor のオス
キジ目 キジ科 キジ属
カラスより大きい
留鳥

よく鳴き声を聞きますが、めったに姿は見せません。

メスはもっと姿を見せません。
キジ目
鳥綱
動物界 脊索動物門
哺乳綱
ネズミ目
ハタネズミ(畑鼠)Microtus montebelli の巣穴?
ネズミ目 ネズミ科 ハタネズミ属

大きさからネズミが作った穴かな、と思います。

田んぼなのでハタネズミにしました。
大きさもそれくらいですし。
ネズミ目
哺乳綱
脊索動物門
動物界
節足動物門
昆虫綱 ここからは虫の画像があります。【虫の部分をとばす】
チョウ目

嶽山方向の棚田

モンシロチョウ(紋白蝶)Pieris rapae
チョウ目 シロチョウ科 モンシロチョウ属

蝶の代名詞のようなチョウ。

菜の花も咲いていたのでたくさん飛んでいましたが、じっとしてくれないのでなかなか写真が取りにくい蝶です。
ベニシジミ(紅小灰蝶)Lycaena phlaeas
チョウ目 シジミチョウ科 ベニシジミ属

アカタテハに似ていますが、シジミチョウですので、親指の爪くらいの小さい蝶です。
テングチョウ(天狗蝶)Libythea celtis の幼虫
チョウ目 タテハチョウ科 テングチョウ属

成虫の頭が尖っているのが名前の由来。

その幼虫のイモムシです。

タグ♦ テングチョウ
チョウ目
動物界 節足動物門 昆虫綱
甲虫目
ナナホシテントウ(七星天道)Coccinella septempunctata
甲虫目 テントウムシ科 コッキネラ属

テントウムシを代表する虫。

背中に「●」が7つあるので「七星」ですが、一番頭に近いところの一つが左右の翅に分かれているので本当は「八星」?

緑の葉っぱに赤い体なのでよく目につきます。
甲虫目
動物界 節足動物門 昆虫綱
ハチ目
ニホンミツバチ(日本蜜蜂)Apis cerana japonica
ハチ目 ミツバチ科 ミツバチ属

普通のはちみつを集めるのはセイヨウミツバチ。
外来種です。

これは体が黒っぽいのでニホンミツバチだと思います。
在来種です。
ハチ目
昆虫綱
節足動物門
動物界



 田んぼにはまだ水が入っていませんので、田んぼの動物の多くはまだ姿を見せていません。

 昆虫も越冬してきたもの中心で、まだまだ本番ではないようです。



タグ♦ 2014年4月の下赤阪の棚田 下赤阪の棚田

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 4月の下赤阪の棚田の動物ハタネズミモンシロチョウテングチョウニホンミツバチ下赤阪の棚田の2014年下赤阪の棚田201404鳥/SA-tanada哺乳類/SA-tanada昆虫/SA-tanada

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS