【 2月の下赤阪の棚田の動物】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

棚田のいきもの 2016年2月の鳥と哺乳類

 真冬の2月の下赤阪の棚田ビオトープ。
 暖かければコバエなどが花に集まることもありますが、この日は昆虫の仲間と出会えませんでした。
 もちろん、落ち葉の下や葉の裏などに潜んでいるとおもいますが。
 ということで、冬でも高い体温が維持される恒温動物ばかりです。


動物界
脊索動物門 脊椎動物亜門
鳥綱 タグ:下赤阪の棚田の鳥

アオジ(青鵐、蒿鵐、蒿雀)Emberiza spodocephala

スズメ目 ホオジロ科 ホオジロ属
冬鳥
スズメくらいの鳥

画像は初めてですが、実は冬の棚田ではあちこちにいます。

なぜ今まで画像がなかったのかというと、いつも藪の中で写せなかったから。

住宅街でも公園や河原の薮にいたりしますが、身近にいてもなかなか姿を見られないのはウグイス並みです。

ホオジロ(頬白)Emberiza cioides

スズメ目 オジロ科 ホオジロ属
スズメより大きい
留鳥
タグ:ホオジロ

左がオスで右がメス。
名前の由来になった頬の色が白いのがオスで、少し褐色がかっているのがメス。

モズ(百舌,百舌鳥,鵙)Lanius bucephalus のオス

スズメ目 モズ科 モズ属
スズメより大きい
漂鳥
タグ:モズ

ハシボソガラス(嘴細烏)Corvus corone

スズメ目 カラス科 カラス属
全長50cm
留鳥
タグ:ハシボソガラス

ツグミ(鶇)Turdus eunomus

スズメ目
ツグミ科
ツグミ属
ハトより小さい
冬鳥
タグ:ツグミ

鳥綱
動物界 脊索動物門 脊椎動物亜門
哺乳綱 タグ:下赤阪の棚田の鳥

イタチ(鼬)Mustela ?の糞

食肉目 イタチ科 イタチ属
タグ:イタチ

太さが5ミリほどでねじれているのでイタチ。

テンのフンも似ていますが、もうちょっと太くなるようです。

日本にいるイタチは、在来種のニホンイタチと、外来種のチョウセンイタチ。

都市部にいるのがチョウセンイタチで、郊外にいるのがニホンイタチ。

下赤阪の棚田ならニホンイタチになると思いますが、フンではわかりません。

哺乳綱
脊索動物門 脊椎動物亜門
動物界

 鳴き声でいるのはわかっていても、なかなか写せなかったアオジ登場。
 このように鳥の写真を撮るのは大変です。
 もちろん種類にもよりますが。
 そして哺乳類に至っては、いまだ棚田では姿を写すどころか見たこともありません。
 目にするのはフンや足跡ばかりです。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016下赤阪の棚田2016/22月の下赤阪の棚田の動物アオジイタチモズホオジロ鳥類/SA-tanada哺乳類/SA-tanada糞/SA-tanada

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 2月下旬の鳥編


 暦と合わせるかのように植物が動き始めた2月下旬の下赤阪の棚田ビオトープ。

 ところが、動物となるとちょっと腰が重いようです。

 まだまだ鳥だけ。

 虫たちにはまだまだ寒いようです。




遠くに球場や山が見える下赤阪の棚田




すでに紹介している生き物については、一部画像や説明等を省いていますので、
画像や説明等のあるページへのリンクをつけています。
タグ:2月の下赤阪の棚田の動物



動物界
脊索動物門 脊椎動物亜門
鳥綱
モズ(百舌,百舌鳥,鵙)
Lanius bucephalus のオス
スズメ目 モズ科 モズ属
スズメより大きい
漂鳥
タグ:モズ

なぜかオスしか出会いません。

地面の食べ物を狙っているようです。
ヒヨドリ(鵯)Hypsipetes amaurotis
スズメ目 ヒヨドリ科 ヒヨドリ属
ハトより小さい
留鳥
人が生活す量な場所ならどこにでもいるような鳥ですが、意外と近寄ってくれません。

警戒心が強いようですが、鳴き声がうるさいのでいることはすぐにわかります。

ただ、なかなか撮影しやすい場所に出てきてくれませんので、ここではこれが最初の写真です。
ホオジロ(頬白)
Emberiza cioides のメス
スズメ目
ホオジロ科
ホオジロ属
スズメより大きい
留鳥
タグ:ホオジロ

人影を見るとすぐ離れていってしまうホオジロですが、下にいる人ので気付くのが遅れたようです。

顔の白い部分が少し茶色がかっているようなので、メスでしょう。
鳥綱
脊索動物門 脊椎動物亜門
動物界



 冬で暖かければ小さなハエやハチたちが動き出すのです、この日はちょっと寒かったようで、虫は「0」。

 鳥も写真を撮れたのは、これだけ。

 動いているのは、体温を維持できる恒温動物の鳥ばかり。

 動物は植物よりも動き始めるのが遅いようです。



■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


自然散策が楽しくなる! 見わけ・聞きわけ 野鳥図鑑

新品価格
¥1,650から
(2020/11/15 22:47時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田2015/022月の下赤阪の棚田の動物ヒヨドリモズホオジロ野鳥

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 2月下旬の動物編


 山と田んぼと畑がひとつになったビオトープ、棚田。

 大阪の下赤阪の棚田も2月になると何も変わっていないようで、少しずつ春の装いに変わってきています。

 そんな棚田で出会った動物編です。




梅が咲きはじめた2月下旬の下赤阪の棚田




この記事には動物のうんちの画像があります。





動物界
脊索動物門
鳥綱
ビンズイ(便追)
スズメ目 セキレイ科 タヒバリ属
漂鳥

体の模様を見ているとヒバリの仲間、立った姿はツグミの仲間のようですが、ヒバリ科でもツグミ科でもなくセキレイ科。
確かにスラっとした体はセキレイっぽい。

哺乳綱
アライグマ(洗熊,浣熊)?の食痕と糞
ネコ目 アライグマ科 アライグマ属
北アメリカ原産の外来種

一瞬人間が食べ散らかしたものかと思いましたが、それにしてはあまりにもひどすぎる状態です。
よく見ると皮はむかれているようですが、実の方も人間が食べたようには見えません。

そこで、野生動物と仮定しました。

ミカンは地面に落ちているものもありますので木に登る必要はありません。
しかし皮と実が散らばっていたのは1番近いミカンの木から数十メートル離れた場所。
また、皮がむかれていることから器用な手を持つ野生動物。

手先が器用というとすぐ思いつくのがニホンザル。
しかし千早赤阪村や金剛山地にはニホンザルはいないようです。

それなら在来種ではありませんがアライグマ。
調べてみると千早赤阪村にはいるようです。
ということで、プロファイリングの結果はアライグマ。

ミカンのすぐ近くに糞(ふん)が落ちていましたが、オレンジ色で水っぽいのでミカンをたくさん食べたものかもしれません。

タヌキ(狸)?の糞
ネコ目 イヌ科 タヌキ属

コンクリートの上に落ちていたサインポスト(目印)の糞。
黒くてもろもろとした感じはテンのようですが、倍くらいの太さがあります。
大きさからするとアライグマの可能性もありますが、手元のフィールドサインのガイド本の写真では、タヌキの糞の方に似ているので、タヌキとしました。

糞の中に柿の種があるので、テンやイタチではなく、タヌキかアライグマくらいの大きさの哺乳類なのでしょう。

せっかく哺乳類に種を飲み込まれたというのに、コンクリートの上に落とされては、柿の拡散作戦は失敗のようです。


 
 春になったとはいえ、まだまだ寒い日が続きます。

 ということで、昆虫は小さなカのような虫が飛んでいるくらい。

 3月はじめの啓蟄(けいちつ)をすぎると、昆虫とも出会えるようになるでしょうか。



◆タグ 下赤阪の棚田の2014年  下赤阪の棚田 

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 2月の下赤阪の棚田の動物下赤阪の棚田の2014年ビンズイアライグマタヌキフィールドサイン下赤阪の棚田201402鳥/SA-tanada哺乳類/SA-tanada

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS