【 黄色い花】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·ショウジョウバカマ  ·春の花  ·赤紫色の花  ·黄色い花  ·錦織公園の花  ·錦織公園  ·ヒメリュウキンカ  ·春の花  ·黄色い花  ·キンポウゲ科の花  ·ハナニガナ  ·下赤阪の棚田  ·下赤阪の棚田の植物  ·キク科/SA-tanada  ·ニガナ属/SA-tanada  ·ニガナ  ·黄色い花  ·ヤマブキソウ  ·初夏の花  ·春植物  ·スプリング・エフェメラル  ·金剛山の花  ·金剛山の植物  ·金剛山  ·黄色い花  ·コガネネコノメソウ  ·シロバナネコノメソウ  ·ネコノメソウ  ·萼の花  ·春の花  ·金剛山の花  ·金剛山の植物  ·金剛山  ·黄色い花  ·白い花  ·タンポポ  ·カンサイタンポポ  ·ケンサキタンポポ  ·セイヨウタンポポ  ·3倍体雑種タンポポ  ·春の花  ·黄色い花  ·キク科の花  ·タンポポハンドブック  ·ヒサカキ  ·春の花  ·黄色い花  ·臭う花  ·陰樹

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

来るたびに色が変わる? ショウジョウバカマ咲いています。

 ショウジョウバカマ(猩々袴)。
 単子葉類 ユリ目 メランチウム科 ショウジョウバカマ属の多年草。
 この場所では冬でも葉が枯れない常緑。


 地面に広げた何枚もの葉の中心から茎を伸ばし、その先にちょっとうつむいた花をいくつもつけます。

ショウジョウバカマ

 花被片(はなびら)は小さく、6本のオシベのほうが目立ちます。


 花の色は薄い赤紫から濃い赤紫までいろいろ。
 咲き終わっても残り、色褪せていき、最後は緑色になり、まるで園芸種のように色は豊富。


 群落では、最初に咲いた花が終わったころが一番の見頃かもしれません。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ショウジョウバカマ  春の花  赤紫色の花  黄色い花  錦織公園の花  錦織公園 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

仲春の黄色く輝く花 姫立金花

 仲春。
 黄色い花が咲いていました。
 きらきらしたパラボラアンテナみたいな花は、キンポウゲの仲間の証。

ヒメリュウキンカ

 この植物は、ヒメリュウキンカ(姫立金花 Ranunculus ficaria)。
 在来種のリュウキンカに似ててちょっと小さめだからのようです。


 ということで、外来種。
 人間の管理から離れないように。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒメリュウキンカ  春の花  黄色い花  キンポウゲ科の花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

ハナニガナ(花苦菜)-下赤阪の棚田の植物

 ちょっと自信がない花。
 名前がかわってしまうかもしれません。

植物界 被子植物 双子葉類

ハナニガナ(花苦菜)Ixeris dentata var. albiflora f. mplifolia

被子植物門 双子葉植物綱 キク目 キク科 ニガナ属
種ニガナ 変種シロバナニガナ 品種ハナニガナ
多年草
花期:5~7月
痩果


2017年9月下旬

やたらと長い学名を日本語で書き直せば、ニガナの変種のシロバナニガナの花の黄色いやつ、という感じです。

この花と出会ったのが9月。
花期がちょっとずれますので、ちがう花の可能性があります。
ただ、舌状花の数など花の見た目が最も似ていたのがハナニガナ。


2017年9月下旬

ハナニガナの特徴の一部。
茎の上部で枝分かれして複数の頭状花序をつける。
頭状花序は舌状花だけ7~11個。
そして茎葉は茎を抱く。

頭状花序はキク科の特徴ですのであまり役には立ちません。
舌状花の数は種類によっては重要なポイントになリます。
葉のつきかたはハッキリとはわかりません。

様々な角度からの写真を撮っていなかったことが悔やまれます。

植物界 被子植物 双子葉類

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ハナニガナ  下赤阪の棚田  下赤阪の棚田の植物  キク科/SA-tanada  ニガナ属/SA-tanada  ニガナ  黄色い花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

2017年の春の大型連休後の金剛山のヤマブキソウの花

 春の大型連休から続く花の締めくくりはヤマブキソウ。
 ケシ科の多年草。


 同じ頃クリンソウも咲きますが、ミカエリソウらしき植物に圧倒され、数が減ってしまいました。
 ここのクリンソウは植栽されたもので管理されていると聞いていました。
 何かの事情で管理ができなくなったのかもしれません。
 金剛山では自生していると思しきクリンソウを見たことがないので、山の環境に合わなかったのでしょう。


 ヤマブキソウはニリンソウの谷からのぼったところ、山頂広場直下の林床に生えています。
 ここも種をまいたものと聞いたことがありますが、ほかの谷の人が近寄れないようなところにも生えているので金剛山には合っているのでしょう。


 ヤマブキソウの中には葉が深く切れ込んだものがあります。
 セリバヤマブキソウ。
 金剛山にもあるそうです。
 確かに切れ込みの深いものもありますが、はたしてセリバヤマブキソウでしょうか。

セリバヤマブキソウと言うには浅い切れ込み

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマブキソウ  初夏の花  春植物  スプリング・エフェメラル  金剛山の花  金剛山の植物  金剛山  黄色い花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

2017年の春の大型連休の金剛山のネコノメソウの花

 春の大型連休の金剛山は、一面に花が咲いている景色が有名。
 でも、小さくてぽつんとある花は、うっかりすると見落としてしまいそうです。
 そんな花の一つ。
 ネコノメソウ。

 ユキノシタ目 ユキノシタ科 ネコノメソウ属の一年草や多年草。
 小さな花には花びらがなく、花びらのような萼(がく)があります。
 そしてまわりの葉が花と同じ色になり、なんか大きくごまかしているようなおもしろい花。

 なかにはあまりごまかそうとしないネコノメソウもあります。
 たとえば、コガネネコノメソウ。

コガネネコノメソウ(黄金猫の目草)

 ところが、このシロバナネコノメソウは、三角形の白い花びらが飛び出し、花らしい形をしているちょっと変わったネコノメソウ。

シロバナネコノメソウ(白花猫の目草 )

 よくあるネコノメソウのイメージからすると、ネコノメソウの仲間とは思えない、おもしろい花。
 でもやっぱりネコノメソウなので、花びらのようにみえるのは蕚です。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: コガネネコノメソウ  シロバナネコノメソウ  ネコノメソウ  萼の花  春の花  金剛山の花  金剛山の植物  金剛山  黄色い花  白い花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

『タンポポハンドブック』でいろいろたんぽぽさがし

タンポポハンドブック

新品価格
¥1,350から
(2017/4/18 23:02時点)

 毎年春になるとスミレと並んで気になるのが、タンポポ。
 それも、在来種タンポポと外来種タンポポとその雑種の勢力図。
 今年は待望の『タンポポハンドブック』の出版で、楽しくなりました。

 ということで、『タンポポハンドブック』で最近写したタンポポ写真の分類を。

在来種 カンサイタンポポ

花の集まり(頭状花序)の下にある葉(総苞片)が反り返らずにピタリとひっついているのが多くの在来種の特徴。
カンサイタンポポは、近畿より西に分布して、外側の総苞片(外片)が内側の総苞片(内片)の半分以下。






在来種 ケンサキタンポポ?

外片はない片の半分より長く、ちょっとふわっとした感じでゆるく内片を覆います。
ちょっとゆるいカンサイタンポポのように見えますが、とりあえずケンサキタンポポ(仮)。



外来種 セイヨウタンポポ

外片が大きく反り返っているのが特徴。
反り返り方にはいろいろあり、花の柄(花柄)につくほど反り返ります。
とすると、これはちがうかも?




雑種の3倍体タンポポ?

在来種のタンポポとセイヨウタンポポが交配した雑種。
外片が反らない在来種タンポポと、思いっきり反り返るセイヨウタンポポの両方の遺伝子があるためか、横方向に開きます。
ただ、外見での区別は難しく、遺伝子を見なければはっきりとしたことはわからないようです。




 『タンポポハンドブック』で紹介されている在来種のタンポポは30種。
 近畿地方でも数種が分布しています。
 カンサイタンポポ以外の在来種もあるはず。
 まだタンポポの季節は続きます。
 『タンポポハンドブック』を手にして、出会えるかな?

タンポポハンドブック

新品価格
¥1,350から
(2017/4/18 23:02時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タンポポ  カンサイタンポポ  ケンサキタンポポ  セイヨウタンポポ  3倍体雑種タンポポ  春の花  黄色い花  キク科の花  タンポポハンドブック 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

里山は春の びみょ~な においでいっぱい!  姫榊

 3月も半ばを過ぎて、春分です。

 里山も春を迎え、いろいろな花が咲きはじめています。
 といっても、咲いているのはまだまだごく一部。
 仲春の里山でにおいを放つ花。
 ヒサカキ。

ヒサカキの花

 日光が当たらないところでも何十年も育つことができる陰樹。
 枝に下向きでクリーム色の小さな花が並んでいます。


 ただこのにおい。
 人によって捉え方は様々。
 都市ガスのようなにおい。
 たくあんのようなにおい。
 インスタントラーメンのにおい。
 公衆トイレのにおい。


 知らない人には想像しにくいでしょう。
 ただひとつ言えることは、多くの人にとっては「いいにおい」ではないということ。
 たしかに、びみょうなにおいだと思います。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒサカキ  春の花  黄色い花  臭う花  陰樹 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる