【 黄色い花】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·ハナニガナ  ·下赤阪の棚田  ·下赤阪の棚田の植物  ·キク科/SA-tanada  ·ニガナ属/SA-tanada  ·ニガナ  ·黄色い花  ·ヤマブキソウ  ·初夏の花  ·春植物  ·スプリング・エフェメラル  ·金剛山の花  ·金剛山の植物  ·金剛山  ·黄色い花  ·コガネネコノメソウ  ·シロバナネコノメソウ  ·ネコノメソウ  ·萼の花  ·春の花  ·金剛山の花  ·金剛山の植物  ·金剛山  ·黄色い花  ·白い花  ·タンポポ  ·カンサイタンポポ  ·ケンサキタンポポ  ·セイヨウタンポポ  ·3倍体雑種タンポポ  ·春の花  ·黄色い花  ·キク科の花  ·タンポポハンドブック  ·ヒサカキ  ·春の花  ·黄色い花  ·臭う花  ·陰樹  ·カンサイタンポポ  ·キク科科/SA-tanada  ·頭状花序/SA-tanada  ·下赤阪の棚田の植物  ·黄色い花  ·冬の花  ·春の花  ·カンザキハナナ  ·アブラナ科/SA-tanada  ·十字花/SA-tanada  ·下赤阪の棚田の植物  ·黄色い花  ·冬の花  ·春の花

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

ハナニガナ(花苦菜)-下赤阪の棚田の植物

 ちょっと自信がない花。
 名前がかわってしまうかもしれません。

植物界 被子植物 双子葉類

ハナニガナ(花苦菜)Ixeris dentata var. albiflora f. mplifolia

被子植物門 双子葉植物綱 キク目 キク科 ニガナ属
種ニガナ 変種シロバナニガナ 品種ハナニガナ
多年草
花期:5~7月
痩果


2017年9月下旬

やたらと長い学名を日本語で書き直せば、ニガナの変種のシロバナニガナの花の黄色いやつ、という感じです。

この花と出会ったのが9月。
花期がちょっとずれますので、ちがう花の可能性があります。
ただ、舌状花の数など花の見た目が最も似ていたのがハナニガナ。


2017年9月下旬

ハナニガナの特徴の一部。
茎の上部で枝分かれして複数の頭状花序をつける。
頭状花序は舌状花だけ7~11個。
そして茎葉は茎を抱く。

頭状花序はキク科の特徴ですのであまり役には立ちません。
舌状花の数は種類によっては重要なポイントになリます。
葉のつきかたはハッキリとはわかりません。

様々な角度からの写真を撮っていなかったことが悔やまれます。

植物界 被子植物 双子葉類

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ハナニガナ  下赤阪の棚田  下赤阪の棚田の植物  キク科/SA-tanada  ニガナ属/SA-tanada  ニガナ  黄色い花 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

2017年の春の大型連休後の金剛山のヤマブキソウの花

 春の大型連休から続く花の締めくくりはヤマブキソウ。
 ケシ科の多年草。


 同じ頃クリンソウも咲きますが、ミカエリソウらしき植物に圧倒され、数が減ってしまいました。
 ここのクリンソウは植栽されたもので管理されていると聞いていました。
 何かの事情で管理ができなくなったのかもしれません。
 金剛山では自生していると思しきクリンソウを見たことがないので、山の環境に合わなかったのでしょう。


 ヤマブキソウはニリンソウの谷からのぼったところ、山頂広場直下の林床に生えています。
 ここも種をまいたものと聞いたことがありますが、ほかの谷の人が近寄れないようなところにも生えているので金剛山には合っているのでしょう。


 ヤマブキソウの中には葉が深く切れ込んだものがあります。
 セリバヤマブキソウ。
 金剛山にもあるそうです。
 確かに切れ込みの深いものもありますが、はたしてセリバヤマブキソウでしょうか。

セリバヤマブキソウと言うには浅い切れ込み

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマブキソウ  初夏の花  春植物  スプリング・エフェメラル  金剛山の花  金剛山の植物  金剛山  黄色い花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

2017年の春の大型連休の金剛山のネコノメソウの花

 春の大型連休の金剛山は、一面に花が咲いている景色が有名。
 でも、小さくてぽつんとある花は、うっかりすると見落としてしまいそうです。
 そんな花の一つ。
 ネコノメソウ。

 ユキノシタ目 ユキノシタ科 ネコノメソウ属の一年草や多年草。
 小さな花には花びらがなく、花びらのような萼(がく)があります。
 そしてまわりの葉が花と同じ色になり、なんか大きくごまかしているようなおもしろい花。

 なかにはあまりごまかそうとしないネコノメソウもあります。
 たとえば、コガネネコノメソウ。

コガネネコノメソウ(黄金猫の目草)

 ところが、このシロバナネコノメソウは、三角形の白い花びらが飛び出し、花らしい形をしているちょっと変わったネコノメソウ。

シロバナネコノメソウ(白花猫の目草 )

 よくあるネコノメソウのイメージからすると、ネコノメソウの仲間とは思えない、おもしろい花。
 でもやっぱりネコノメソウなので、花びらのようにみえるのは蕚です。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: コガネネコノメソウ  シロバナネコノメソウ  ネコノメソウ  萼の花  春の花  金剛山の花  金剛山の植物  金剛山  黄色い花  白い花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

『タンポポハンドブック』でいろいろたんぽぽさがし

タンポポハンドブック

新品価格
¥1,350から
(2017/4/18 23:02時点)

 毎年春になるとスミレと並んで気になるのが、タンポポ。
 それも、在来種タンポポと外来種タンポポとその雑種の勢力図。
 今年は待望の『タンポポハンドブック』の出版で、楽しくなりました。

 ということで、『タンポポハンドブック』で最近写したタンポポ写真の分類を。

在来種 カンサイタンポポ

花の集まり(頭状花序)の下にある葉(総苞片)が反り返らずにピタリとひっついているのが多くの在来種の特徴。
カンサイタンポポは、近畿より西に分布して、外側の総苞片(外片)が内側の総苞片(内片)の半分以下。






在来種 ケンサキタンポポ?

外片はない片の半分より長く、ちょっとふわっとした感じでゆるく内片を覆います。
ちょっとゆるいカンサイタンポポのように見えますが、とりあえずケンサキタンポポ(仮)。



外来種 セイヨウタンポポ

外片が大きく反り返っているのが特徴。
反り返り方にはいろいろあり、花の柄(花柄)につくほど反り返ります。
とすると、これはちがうかも?




雑種の3倍体タンポポ?

在来種のタンポポとセイヨウタンポポが交配した雑種。
外片が反らない在来種タンポポと、思いっきり反り返るセイヨウタンポポの両方の遺伝子があるためか、横方向に開きます。
ただ、外見での区別は難しく、遺伝子を見なければはっきりとしたことはわからないようです。




 『タンポポハンドブック』で紹介されている在来種のタンポポは30種。
 近畿地方でも数種が分布しています。
 カンサイタンポポ以外の在来種もあるはず。
 まだタンポポの季節は続きます。
 『タンポポハンドブック』を手にして、出会えるかな?

タンポポハンドブック

新品価格
¥1,350から
(2017/4/18 23:02時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タンポポ  カンサイタンポポ  ケンサキタンポポ  セイヨウタンポポ  3倍体雑種タンポポ  春の花  黄色い花  キク科の花  タンポポハンドブック 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

里山は春の びみょ~な においでいっぱい!  姫榊

 3月も半ばを過ぎて、春分です。

 里山も春を迎え、いろいろな花が咲きはじめています。
 といっても、咲いているのはまだまだごく一部。
 仲春の里山でにおいを放つ花。
 ヒサカキ。

ヒサカキの花

 日光が当たらないところでも何十年も育つことができる陰樹。
 枝に下向きでクリーム色の小さな花が並んでいます。


 ただこのにおい。
 人によって捉え方は様々。
 都市ガスのようなにおい。
 たくあんのようなにおい。
 インスタントラーメンのにおい。
 公衆トイレのにおい。


 知らない人には想像しにくいでしょう。
 ただひとつ言えることは、多くの人にとっては「いいにおい」ではないということ。
 たしかに、びみょうなにおいだと思います。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒサカキ  春の花  黄色い花  臭う花  陰樹 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

カンサイタンポポ(関西蒲公英)-下赤阪の棚田のキク科

 在来種のタンポポ。
 大阪ではカンサイタンポポが圧倒的です。

カンサイタンポポ(関西蒲公英)Taraxacum japonicum

被子植物門
双子葉類
キク目
キク科
タンポポ属
タグ:カンサイタンポポ

多年草
草丈:10~30cm
花期:2~5月
花色:黄
舌状花が集まった頭状花序
雌雄両全種
果実:痩果
自然分布:近畿~九州
生息場所:草地


2015年3月下旬
カンサイタンポポ
2014年4月中旬

カンサイタンポポがかたまって咲いているところがありました。

タンポポの花は、小さな花が円盤状に集まった頭状花序(とうじょうかじょ)。
細長い1枚の花弁に見えるのが、実は一つの花。

そのため、花序(花の集まり)の下についた緑色の部分は、萼(がく)ではなく苞(ほう)。
タンポポの場合は苞片(ほうへん)、全体でまとまったら総苞片(そうほうへん)と言います。

総苞片は外側の短い外片と、内側の長い内片に分かれます。

外片が反り返ってなく、内片の半分以下の長さがカンサイタンポポの特徴です。


2015年3月下旬

種についている白い綿毛(冠羽)は萼が変化したもの。

花のときは子房の上に萼やオシベやメシベがある子房下位。
果実が熟しはじめると萼が冠羽へと変化し、冠羽柄が伸び、おなじみの姿になります。

そうなった果実は風で飛ばされあちこちに広がっていきます。
ただ木や丘に囲まれたようなところは障害になるようで、大きな緑地公園などの丘や樹木に覆われた中心部では、在来種のタンポポが多かったりします。


2015年11月上旬

鏃(やじり)が縦に並んだような姿がタンポポの葉の特徴。
ただ、切れ込みのないものや目立たないもの、逆に切れ込みの深いものや、さらに粗い鋸歯(縁のギザギザ)のあるものまで様々。

カンサイタンポポの葉は、わりと矢印がきれいに並んでいるものが多いようです。
下赤阪の棚田でもきれいな矢印並び型が多いような気がします。


2015年2月下旬

ロゼット 2015年4月下旬

タンポポというと、在来種の地域タンポポと、外来種のセイヨウタンポポ

在来種は根茎が太く栄養を蓄えているので、まわりの草が育って影になっても耐えることができます。
セイヨウタンポポは根茎が細く、日当たりの良いところでないと枯れてしまいます。

ということで、道端や造成地のように草木の少ない「荒れた」ところによく生えるのがセイヨウタンポポ。
カンサイタンポポは植物の多いところでも生き残ることができます。

花が咲きはじめてもロゼットのまま 2015年2月下旬

在来種のタンポポを外来種のタンポポが駆逐しているように見る理由の一つは、人間によって環境が悪化して在来種よりも外来種のほうが生えやすい場所が増えたから、と言われます。

つまり、セイヨウタンポポが在来種の住むところを奪ったのではなく、人間が在来種が生きていけないような環境にしたところに、セイヨウタンポポがやってきたのです。
そのほか様々な原因が考えられ、単純なことではないようです。


2015年4月下旬
カンサイタンポポ(関西蒲公英)Taraxacum japonicum

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カンサイタンポポ  キク科科/SA-tanada  頭状花序/SA-tanada  下赤阪の棚田の植物  黄色い花  冬の花  春の花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

カンザキハナナ(寒咲花菜)-下赤阪の棚田のアブラナ科

 春になると、花壇や畑などでよく見かける花です。

カンザキハナナ(寒咲花菜)
Brassica rapa var. amplexicaulis

被子植物門
双子葉類
アブラナ目
アブラナ科
アブラナ属
タグ:カンザキハナナ

越年草
草丈:80~150cm
花期:12~4月
花色:黄
十字花
雌雄両全種
果実:長角果
園芸種
別名:ナノハナ


2014年1月中旬

2014年2月下旬

アブラナとカンザキハナナのわかりやすいちがいは、葉。

カンザキハナナはしわしわ。
アブラナにはシワはありません。

ただし、アブラナ属だけでも種類が多く、さらに野菜として品種改良も盛んに行われているので、葉のシワだけではっきりと分類することは、できません。
一般的には、「ナノハナ」と言われて葉がしわしわだったら、カンザキハナナの可能性があります。
特に、まだ寒い1月や2月に咲いていたら、カンザキハナナでしょう。


2014年2月下旬

花壇などに「ナノハナ」としてよく植えられています。

「菜の花(なのはな)」は在来種のアブラナ(Brassica rapa
var. nippo-oleifera)の別名です。

明治以降は外来種のセイヨウアブラナに取って代わられ、あまり見かけなくなってしまいました。
今ではカンザキハナナがナノハナとして定着しつつあるようです。


2014年2月下旬
カンザキハナナ(寒咲花菜)Brassica rapa var. amplexicaulis

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カンザキハナナ  アブラナ科/SA-tanada  十字花/SA-tanada  下赤阪の棚田の植物  黄色い花  冬の花  春の花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる