【 雪の足跡】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

雪の上で出会った謎の足跡 金剛山のUMA?

 冬の金剛山の沢。
 氷の上に雪が積もっています。
 そこに足跡が。


 ヘンな足跡。
 足の裏をぺたりとつけて歩くように細長く、そして指も細長い。
 大きさは15センチ。
 正直、こんな足跡みたことがありません。
 どんな生きものか見当もつきません。


 ヘンなところはいくつもあります。
 足の裏の大きさに対して細長すぎる指。
 狭い歩幅。
 というか、まるで両足を揃えてぴょんぴょん横へ跳ねているよう。
 鳥のように。


 まさか、鳥?
 いや、鳥の足痕は細長指の跡が放射状に3本、または4本。
 足の裏のような痕はつきません。
 しかし、四足の哺乳類の足跡が横に一筋並ぶなんてことは、ちょっと考えられません。
 やはり鳥?

 実はこの場所の数十メートル上流、さっき通り過ぎたところで1羽の鳥を見ました。
 雪の上を歩いて行く、後ろ姿を。
 大きさも雰囲気もツグミくらい。
 でも、体の色は黒っぽいくお尻だけが白。
 ツグミではありません。
 冬のツグミっぽい鳥というと、シロハラ?

シロハラ

 にしては、足痕の長さは15センチほど。
 大きすぎます。
 しかし、細い指のところは5センチくらい。
 ツグミの仲間ならありうる大きさです。

 ということは、ツグミの仲間がつけた足跡?
 そんなに大きな鳥じゃないので、雪に体が埋もれて跡がついた。

 しかしそれでは足の裏のような凹みは説明できませんし、足の幅も広すぎます。
 そもそも、そこまでして鳥が歩くだろうかという気もします。
 飛ぶでしょう。
 それにここまで雪が凹むほど体重があるとも思えません。

 それくらいの体重がある動物というと、体の小さな哺乳類。
 金剛山に生息している動物ではテン。
 傾斜があるので体を滑らせながら登っていった。
 足が滑ったので指が長いような跡になった。

テンの剥製(兵庫県立人と自然の博物館)

 それでもまだスッキリとは納得はできません。
 やはり、謎の足跡。
 つけたのは金剛山に住む謎の動物、UMAなのかもしれません。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 雪の足跡金剛山雪の金剛山足跡足痕フィールドサイン

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

霊場高野山の巡礼道で雪の上に小鳥が足跡をつける現場に遭遇しました。


 お正月の高野山。

 雪の高野山。

 その参道の不動坂の途中。

 小さな鳥がいました。



高野山への道で出会った小鳥
高野山への道で出会った小鳥




 全体が黒っぽいような焦げ茶色のような鳥。

 大きさはスズメくらい?

 どうやらカヤクグリのようです。



カヤクグリのようです
カヤクグリのようです




 白い雪の上ですから食べ物はありません。

 遊んでいるのでしょうか。



雪の上で遊んでいます
雪の上で遊んでいます




 カヤクグリが飛び去った後、その場所に行ってみました。

 果たして、たくさんの足跡が残っていました。

 跡は4センチほど。

 『鳥の足跡ハンドブック』によればカヤクグリよりもちょっと大きいくらい。

 移動するときに雪を蹴散らしたと考えればこのくらいでしょうか。



カヤクグリの足跡?
カヤクグリの足跡?




 でもヘチマのような形で趾(あしゆび)が見えません。

 まるでリスのようです。

 大きさもリスくらいで、歩幅もリスくらい。

 もしかして、カヤクグリの前にリスがつけていた?



ジグザクの足跡
ジグザクの足跡




 でもよく見ると、跡がジグザグだったり、いきなり消えていたりとリスっぽくありません。

 鳥は飛び立ち、飛んでくるのでいきなり足跡が現れたり、消えたりします。

 もちろんリスは木に登るまで続きますし、ジグザグにはなりません。

 カヤクグリは地面の上を歩くときは両足を揃えてピョンピョンと跳ねるように移動します(ホッピング)。

 木にとまる鳥なので趾の間が狭まっています。

 崩れやすい雪の上ではヘチマ型になってもふしぎはない、かも?

 やっぱりカヤクグリの足跡のようです。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カヤクグリ雪の足跡バードトラック高野山冬の鳥雪の鳥フィールドサイン足跡

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

山に雪が積もったら もちろん あしあとさがし!


 大阪で一番高いところがあるけど、山頂じゃない金剛山。

 この冬も雪の季節がやって来ました。

 雪が積もると楽しみなのが動物の足跡。

 哺乳類が「アニマルトラック」、鳥類が「バードトラック」とも言います。




雪が積もった金剛山山頂の転法輪寺




 哺乳類や大きな鳥類などは、日頃姿を見ることがほとんどありません。

 そういった生き物たちがたしかに生活していることがわかるものの一つが、足跡。

 でも、足跡というのは残りにくいもの。

 普通はちょっと硬くなった泥に残るくらいですが、どこにでもあるような場所ではありません。

 ところが雪が積もると足跡がいたるところで残るのです。



ヤマドリ?の足跡


山に住むキジの仲間。
地面の上を歩くので後ろに向いた第1趾がほかの趾(あしゆび)より短くなっています。
大型の鳥でなかなか姿を見ることができません。





テン??の足跡


金剛山に住むイヌやネコの仲間(食肉目)は少なく、その中でもテンではないかと思います。
ただ足跡の上からまた踏みつけているようでわかりにくくなっています。





 雪の降り始めで足跡も少なくははっきりしません。

 でも雪の季節ははじまったばかり。

 この冬にはどんな足跡と出会えるか楽しみです。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマドリテン足跡バードトラックアニマルトラックフィールドサイン金剛山の脊椎動物雪の足跡冬の金剛山金剛山の鳥

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

雪の山の小さな小さなアニマルトラック―動物の足跡


 野山にいる野生動物。

 闇雲に野山に出かけても、会えるとは限りません。

 特に哺乳類は数も少ない上に夜行性が多く、人間を避けています。

 出会うのは至難の業。



 でも、そうした動物たちと出会うことはできなくても、そこで生きている証なら、出会えることも少なくありません。

 そういった動物が生きている証拠となる跡、「生活痕(せかつこん)」。

 足跡に糞に巣、食べ残しなど生きている時にできる跡のことです。

 「フィールドサイン」とも言います。




雪が積もった山はアニマルトラックの宝庫(金剛山千早本道)




 フィールドサインの中でも哺乳類の足跡は「アニマルトラック」と呼ばれます。

 特に雪が降った後はいろんな動物の足跡が残り、姿を見ることがない動物たちが確かに住んでいることを実感できます。

 そんな雪が降り積もった金剛山で出会った足跡の中でも、小さな生き物。
 ネズミとリスです。



アカネズミ(赤鼠) ニホンリス(日本栗鼠)
ネズミ目 ネズミ科 アカネズミ属
北海道から九州までの低地から山地
日本固有種
ネズミ目 リス科 リス属
本州・四国・九州の平地から高山
日本固有種
ネズミの足跡の特徴は両足跡の真ん中の1本の筋。
尾を引きずった跡です。

歩くときはイヌやネコのように左右が互いちがいになりますが、跳ねるときは左右がそろいます。
リスは尾を持ち上げて移動しますので跡はつきません。

足跡が逆ハの字型に先が広がります。
リスのほうが大きいので足跡も歩幅も大きくなります。

参考「カヤネズミ」
(天王寺動物園)

アカネズミよりも小さいネズミ

参考「タイワンリス」
(大阪狭山市立市民ふれあいの里)

ニホンリスよりも大きいリス
※足跡がわかりやすいように画像を調節していますので、実際の色とはちがいます。
※雪の上の不明瞭な足跡で種を確定することは困難なので、最も可能性が高いと思える種を選びました。


 金剛山では、アカネズミもニホンリスも1回しか見たことがありません。
 しかも一瞬なので写真は1枚もありません。

 そんな稀にしか出会えない動物たちも、足跡なら出会うことができます。



 他にもいろいろ出会っていますが、それらは雪の季節が終わった時にまとめて紹介するつもりです。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アニマルトラックフィールドサイン足跡アカネズミニホンリス雪の金剛山冬の金剛山雪の足跡

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

雪は足跡の宝庫です。姿の見えない動物を知ることができます。


 山に住む哺乳類の動物と出会うのは結構運が必要です。

 数が少ないこと、夜行性の種類が多いこと、人間を恐れて近寄ってこないこと、他にもいろいろと理由はあるでしょう。

 そんな姿を見ることができない動物たちが、そこで生きている証拠となるのが、フィールドサイン。
 動物たちの生活の痕跡(こんせき)です。




 しかし(ふん)足跡(あしあと)食痕(しょくこん)、寝床などのフィールドサインも、多くの動物ではそう簡単に目にするものではありません。

 そんなフィールドサインにいっぱい出会えるのが、冬。
 雪が積もったとき。

 足跡限定ですが、いろいろな動物のフィールドサインと出会えます。




雪の金剛山


雪の葛城山



 ということで2013年の冬の金剛山地の金剛山(こんごうざん)大和葛城山(やまとかつらぎさん)周辺で出会ったフィールドサインです。


 ただし、間違っている可能性がありますので、ご注意ください。



哺乳類の足型・足跡ハンドブック

新品価格
¥1,512から
(2017/2/1 14:25時点)




ウサギ目
いわゆる「ウサギ」とよばれる動物です。

雪の野山のフィールドサインの定番?

特徴は「Y」字型の足跡と、極端に長い後足の足跡。


ニホンノウサギ(日本野兎)
ウサギ科 ノウサギ属

横に並んだ二つの細長い足跡と、縦に並んだ丸い二つの足跡が特徴。
前にある細長いのが後足で、縦に並んだ小さいほうが前足になります。


旧国道309号線の遊歩道の足跡

葛城山天狗谷道の足跡

葛城山天狗谷道の足跡
藪の中から出てきています。

天狗谷道の足跡

旧国道309号線の遊歩道の足跡



食肉目
別名「ネコ目」ですが「イヌ」も含まれ、ほとんどが肉食です。

山に多いイヌ科の野生動物は足跡の形もよく似ていますが、大きさや歩き方などが見分けるポイントになりそうです。


イエイヌ(家犬)
イヌ科 イヌ属

タヌキの可能性もありますが、車が通る旧国道部分の駐車場から伸びる歩道部分で、人の足跡の上にもついているので飼い犬としました。
爪の跡があるのでネコではないでしょう。

旧国道309号線の遊歩道の足跡

旧国道309号線の遊歩道の足跡
上の二つは蹠球(しょきゅう)と3番目4番目(四つ並んだ内の内側のニつ)の指球(しきゅう)の間が開いているのでタヌキかもしれません。

旧国道309号線の遊歩道の足跡
タヌキ(狸)
イヌ科 タヌキ属

イヌの可能性も捨てられないところですが、山頂付近で近くに人間の足跡がなかったのでタヌキとしました。

大和葛城山山頂付近の足跡
金剛山ダイヤモンドトレイル付近の足跡
金剛山ダイヤモンドトレイル
付近の足跡
左はちょっと小さいのでテンの可能性も。
右は蹠球と3番目4番目の指球の間が開いているのがタヌキっぽい。

大和葛城山山頂
テン(貂)
イタチ科 テン属

金剛山地の山ではよく見かける足跡です。
雪のないときはサインポストの糞をよく見かけます。

よく似た動物にイタチがいますが、イタチは平野の水辺を好むということでテンとしました。

見た目はタヌキやイヌと似ていますが、小さいので区別出来ます。

金剛山ガンドガコバ林道の足跡

大和葛城山天狗谷道の足跡
テンもウサギのような足跡を残すこともあります。
テンは前足も後足も足跡の大きさはそれほど変わりませんが、ウサギは後足のほうが前足の数倍の長さがあります。
左右に並ぶ後足の部分が後に続く前足とそれほど変わらないのでテンとしました。

和泉葛城山ダイヤモンドトレイルの足跡
一見ウサギのようですが、よく見ると後脚が大きくありません。

金剛山ちはや園地のウサギ型足跡
金剛山モミジ谷のくずれたウサギ型足跡
金剛山モミジ谷の
くずれたウサギ型足跡



ネズミ目
名前の通りネズミの仲間です。

前足と後ろ足の大きさは違うのですが、足跡そのものが小さく大抵崩れているので種の判別は困難。

足跡の真ん中に筋が一つあれば尻尾を引きずったあとでネズミの可能性が高くなりますが、跡がないからといってリスと決めつけるわけにはいきません。
また、スズメのような小鳥の可能性もあります。

ネズミの場合は、山に住んで地面をよく走るアカネズミ、リスの場合は、ホンドリスの可能性が高いと思います。

ということで、とりあえず足跡写真を並べました。


アカネズミ(赤鼠)?
ネズミ科 アカネズミ属

足跡の間に何かを引ずったような細い線があるのでネズミとしました。

葛城山ダイヤモンドトレイルの足跡

大和葛城山天狗谷道の足跡

大和葛城山天狗谷道の足跡
ニホンリス(日本栗鼠)?
リス科 リス属

こちらは足の間に尻尾の跡がないのでリスにしました。

葛城山ダイヤモンドトレイルの足跡

葛城山天狗谷道の足跡


鯨偶蹄目
もとは偶蹄目(ぐうていもく)と言われ、足の先に歩くための大きな爪(蹄)を持つ哺乳類の内、蹄の数が偶数の動物です。

日本の里に近い山ではイノシシとニホンジカがよく現れます。


イノシシ(猪)
イノシシ科 イノシシ属

金剛山地は人が住む平野に挟まれた狭い山でニホンジカを見かけた話は聞きません。
麓ではイノシシ注意の看板を見かけますので、イノシシとしました。

やたらと真っ直ぐな足跡が気になりますが、足跡は幅があり(足が大きい)、歩幅も開いているのでそれこそイノシシくらいの大きさの動物でしょう。

大和葛城山山頂付近の足跡

大和葛城山山頂付近の足跡

大和葛城山山頂付近の足跡
一見タヌキのような食肉目が雪を蹴り飛ばしながら歩いたように見えます。
でもよく見ると右のように2本の指跡らしきものがみえますので、鯨偶蹄目(げいぐうていもく)の動物のイノシシとしました。


サル目
「霊長目」とも言われます。
「霊長類」も同じような意味です。

「サル」と呼ばれる動物ですが、日本の在来種はニホンザルのほか史前帰化と思われる一種しかいません。


ヒト(人)
ヒト科 ヒト属

足跡ではありません。

5、6歳程度の幼体のものと考えられます。
何らかの意図を持った成体によって付けられた可能性が高いと思います。

なにかの儀礼跡かもしれません。





 普段見ることがない動物が確かにいることがわかるフィールドサインは、このように雪が積もった時によくみつかります。

 住宅街でもヒト以外にも色々な生き物のフィールドサインが見つかるかもしれません。

 雪の季節が楽しみです。



哺乳類の足型・足跡ハンドブック

新品価格
¥3,256から
(2021/1/30 00:13時点)

鳥の足型・足跡ハンドブック

新品価格
¥1,760から
(2021/1/30 00:14時点)

アニマルトラック&バードトラックハンドブック

新品価格
¥1,320から
(2021/1/30 00:14時点)

哺乳類のフィールドサイン観察ガイド

新品価格
¥1,980から
(2021/1/30 00:17時点)

鳥のフィールドサイン観察ガイド

新品価格
¥3,450から
(2021/1/30 00:17時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 足跡フィールドサイン雪の金剛山雪の大和葛城山ニホンノウサギイエイヌタヌキテンイノシシ雪の足跡

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS