【 錦織公園のキノコ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

梅雨の里山の黄色い儚いきのこ

 まだ梅雨の頃の里山公園。
 落ち葉の間から鮮やかな淡い黄色の小さなキノコが。

キツネノハナガサ

 多分、キツネノハナガサ(狐花傘)。
 その傘が開く前の幼菌。

狐花傘

 傘が開いても5センチにもなりません。
 もっと色が淡くなり、とても儚げ。

 とてももろいので、見つけたら、さわらないでそっと写真を撮るだけにしてください。

くらべてわかるきのこ 原寸大 (くらべてわかる図鑑)

新品価格
¥1,944から
(2019/8/1 22:28時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キツネノハナガサ黄色いキノコ担子菌梅雨のキノコ錦織公園のキノコ

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

今年は櫓になってない櫓茸

 梅雨もキノコのシーズン。

 里山を模した錦織公園にも色々なキノコが。
 その中でもちょっと変わったキノコ。
 ヤグラタケ。
 キノコは普通、土の上か木の上にできます。
 でも、このキノコはどちらにもできません。

 できるのは、キノコの上。
 キノコから生える、キノコ。
 キノコの2階建て。
 その姿が名前の由来。

去年のおなじところのヤグラタケ
ヤグラタケ

 ところが。
 今年はちょっと変なヤグラタケが。
 キノコの横から生えています。
 もはや櫓ではありません。
 なぜでしょう?

いつもと同じ櫓のようですが

 ところで、この場所は毎年ヤグラタケが見られる場所。
 キノコはいきなり現れ、数日から数週間でくさって崩れたり、小さな動物に食べられたり、乾燥したりしてなくなります。
 でも、キノコの本体は木や土の中に残っています。
 キノコは、植物でいうと花や実のこと。
 本体は別。

横から生えていました

 ということは、土台となるベニタケ科のキノコ(宿主)と同時に、ヤグラタケの本体もいっしょにいる?
 ヤグラタケの胞子が毎年ベニタケ科のキノコにつくのではなく、一度取り付いたらずっといっしょで、キノコをつくったら、そこに便乗?  土台のキノコは毎年できているし、ヤグラタケが生えるのはキノコが腐り始めてから。
 土台となるキノコは大きな被害は受けていない?
 つまり、ヤグラタケは「キノコ」ができないときも土台となるキノコと一緒にいる、片方のみが利益を得る片利共生?

 謎です。

しっかり見わけ観察を楽しむ きのこ図鑑

新品価格
¥1,404から
(2019/7/5 21:34時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤグラタケ寄生白いキノコ7月のキノコ錦織公園のキノコ錦織公園共生片利共生

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

雨が降る公園で謎の宇宙生物と遭遇? と思ったら土栗

 6月。
 今年はまだ梅雨入り宣言はありませんが、しとしと降る雨。
 地面に張り付いて地球人の動向を観察している謎の宇宙生物のようなキノコが。

土栗

 ツチグリ。
 土栗。

 キノコはたいていすぐ朽ちてしまうのですが、結構長いあいだこのような姿を見せてくれます。
 この日もかなり怪しげな様子で地面に張り付いていました。

ツチグリ

 手のような足のような部分が星型に開いた時なら、たたくと胞子を吐き出しますが、ここまで行くともう無理でしょう。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツチグリキノコ梅雨のキノコ錦織公園のキノコ錦織公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ことしさいしょのきのこかな? 椿菌核茶碗茸

 ちょっと早いかなと思ったのですが、今年は暖かいのでもしかしたら、と思い行ってみました。
 すると。
 去年と同じとこで生えていました。
 キノコが。
 ツバキキンカクチャワンタケ。
 真冬でも見かけるツチグリや、年中見られるサルノコシカケやキクラゲの類を除けば、今年最初のキノコのような気がします。

ツバキキンカクチャワンタケ
ツバキキンカクチャワンタケ

 漢字で書くと「椿菌核茶碗茸」。
 「椿菌核茶茸」と書かれることもあるようですが、木は味噌汁椀、茶碗は陶器磁器が多いように思うので、「椿菌核茶茸」にします。

 名前のように茶碗のような形のキノコ。
 ふつう、キノコというと下向きに開く傘型をイメージするかもしれませんが、傘が強風でひっくり返ったような形をしています。
 それだけでなく、胞子は上に向かって開いた茶碗の内側にできます。
 イメージとは逆なのがおもしろい。

お碗状のツバキキンカクチャワンタケ

 名前のようにツバキを食べるキノコですが、ツバキの木の上にはできません。
 生えるのは地面の上。
 ふしぎです。

 菌がつくのはツバキの花。
 そのため、花の見栄えを悪くする病害菌とされています。
 やがて花は落ちます。
 そしてその花が土に埋もれ、土の中の花に菌核というかたまりをつくって翌年キノコを出します。

ちっちゃく地味な色で目立ちません

 とありますが、ツバキキンカクチャワンタケの柄は数センチ、長ければ10センチくらいになることがあります。
 たった数ヶ月で花びらがそんなに埋もれるとは考えられません。
 1.花から栄養を取りつつ、菌核を守るために花びらよりも深いところに作った。
 2.花が深く埋まるため数年待ってからキノコになる。
 3.偶然深くうもることができた花からキノコになった。
 4.実は地面に埋まらなくても大丈夫。
 2と3の条件がそろうのはかなり確率が低そう。
 生えてる場所ではたくさん見つかるので、1番と4番?

胞子ができる子嚢盤(しのうばん)を拡大するとわりとつるつる

 ともあれ、見た目もそうですがちょっと変わったツバキキンカクチャワンタケ。
 実は、けっこう人気があるキノコだったりします。

 庭や近所の公園にツバキが咲いていたら、木の下をじっくりみると、そこに生えているかもしれません。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツバキキンカクチャワンタケチャワンタケキノコ春のキノコ子嚢菌錦織公園のキノコ春の錦織公園錦織公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

キノコの上のキノコはなぞだらけ 櫓茸

 ちょっと変わったキノコと出会いました。
 このブログでは2度目ですが。


 名前はヤグラタケ。
 漢字では「櫓茸」。
 ほかのキノコの傘の上にできるキノコ。
 台の上に乗っているのを「櫓」に見立てたものだそうです。


 なぜキノコの上から生えるのかというと、キノコに寄生しているから。
 ただ、ちょっと気になります。
 キノコはいきなり現れますのでまるで植物が芽吹くようにタネから成長したかのように見えます。
 ところが、キノコの本体は土や木の中。
 そこで栄養を蓄え成長していき、植物が花を咲かせたねをつけるようにできたのがキノコ。
 いきなりのように見えますが、実は見えないところで成長してきたのです。


 ヤグラタケは一体どのタイミングで寄生したのか気になるところ。
 すぐ腐ってしまうのでキノコのある時間は決して長くありません。
 人工的にキノコに寄生を成功させたという話もありますが、そんなに短時間で胞子からキノコまでに成長できるとは。
 ヤグラタケが現れるのは夏から秋。
 ということは、夏に現れるヤグラタケの胞子は秋からずっと空中を舞っていたのでしょうか。


 それはちょっと考えにくいですが、なかなか興味深いキノコです。
 しかし、不思議なキノコはヤグラタケだけではありません。
 特に土の中から生えるキノコは、よくわからないことだらけだったりします。
 なにせ、本体は見えないところにいるのですだから。
 そんなふしぎな生き物にたくさんあるのが、秋雨です。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤグラタケキノコ木のキノコ錦織公園のキノコ錦織公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

どうしてここまで黄色い必要が? 晩春の黄色いキクラゲ 黄金膠茸

 4月中旬の里山で、落ちてました。
 黄色っぽい橙色の物体が。
 枝にひっついています。


 プルンプルン感でクニャクニャ感はキクラゲのよう。
 その橙色版?

コガネニカワタケ

 たしかに、このキノコはコガネニカワタケ(黄金膠茸)のようです。
 担子菌門シロキクラゲ目シロキクラゲ科シロキクラゲ属のキノコ。
 キクラゲの仲間です。

サクラ(周囲にあるのはヤマザクラ)の枝?

 担子菌は木を食べる種類が多いキノコ。
 枝が下に落ちていたので、もう枯れていたのでしょう。
 でも、地面に落ちたら、地面の上が得意なキノコに横取りされるかも?

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: コガネニカワタケキクラゲキノコ春のキノコ錦織公園のキノコ錦織公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

やっと出会ったキノコの驚くべき真実! ツバキキンカクチャワンタケ

 春の公園でやっと出会うことができました。
 キノコに。

やっと出会えたキノコ

 名前は「ツバキキンカクチャワンタケ」。
 漢字では「椿菌核茶椀茸」。
 名前のようにツバキの病害菌ですが、キノコはツバキにはできません。
 地面の上。
 できるのは、春。
 ツバキが咲いている時。

ツバキキンカクチャワンタケ
ツバキキンカクチャワンタケ

 落ちた椿の花についた胞子が菌糸を伸ばし、菌核という塊になり、翌年の花が咲くころにキノコを作り、胞子を飛ばします。
 ということは、生きているツバキを食べるわけではありませんから、病害菌ではないように思います。
 どうやら、咲いている花についた胞子が成長すると、見栄えが悪くなるようです。

 インターネットで見るツバキキンカクチャワンタケの写真は、いつも落ちたばかりの花びらがあるので、ツボミに寄生して花が落ちるとすぐキノコを作るものすごく成長の早いキノコだな、とふしぎに思っていました。
 どうやら、そういった写真はちょっとした「演出」をされたものが多いようです。
 実際、いくつものツバキキンカクチャワンタケを見ましたが、落ちた花と関係なく、すべて地面の中から生えていました。
 細長い柄を伸ばして。

予想に反した地面から生えた長い柄

 ツバキが咲いていて、落葉が積もっているところならわりと簡単に見つけることができました。
 今まで何度も探していたところですが、一度も出会ったことがありません。
 多分、時期が微妙に早かったり遅かったりしたのでしょう。
 もしかしたら、「演出」のため無意識のうちに落ちた花ばかり注意していたのかもしれません。

こんなところに生えてます

 でも、名前から想像するのとちがって地面の上から生えているのがツバキキンカクチャワンタケ。
 ただし、ツバキの木の下、落葉が積もって腐葉土になっているようなところに限るようです。
 この場所でもツバキが植えられてないところまで行くと、急に一つも見えなくなりました。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツバキキンカクチャワンタケチャワンタケキノコ春のキノコ錦織公園錦織公園のキノコ子嚢菌

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS