【 錦織公園】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

巨樹・古樹・老樹 その60 錦織公園の梅の里の西尾根の百二十歳小楢

 開園30年の錦織公園。
 多くの木が植樹されたそうですが、公園以前からの木もある、と言われています。
 ただ、どの木がそうなのかはほとんどわかりません。
 それがわかる数少ない木の一つ。

錦織公園の梅の里の西尾根の百二十歳小楢(2012年11月)

 園内にはたくさんあるコナラ(小楢)のひとつ。
 木の前にある説明によると、「木の周囲の長さ÷3×2」がその木の推定年齢。
 ということで、この木は120歳。
 いつの時点で120歳なのかわかりませんので、本当は130歳かもしれませんし、140歳かもしれません。
 この写真を撮って5年たっているので、少なくとも推定125歳以上。


 ただ、木は生える環境によって成長速度が変わります。
 まわりに木がなければどんどん大きくなるし、近くに大きな木があって日当たりが悪ければ成長が悪くなります。
 また、寒い年や雨の多い年にも成長も悪くなります。
 ですから、本当の年齢は木を切り倒して年輪を数えるしかありません。
 ということで、誤差はかなり大きいと思いますが、公園ができる前からここに生えていたことは間違いないでしょう。

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 巨樹・古樹・老樹  120歳小楢  コナラ  錦織公園の木  錦織公園 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

謎のちっちゃいカタツムリ 少し解けてきました!

 秋雨の中で出会った謎の小さなカタツムリ
 カタツムリというととても身近な生き物ですが、実は、とても種類が多く、分類がかなり難しいのです。
 そして同じ種類でも地域差や個体差が多く、素人がおいそれを手を出せない怖さがあります。
※個人の感想です。

 そんな「謎のカタツムリ」のヒントをいただきました!
 ブログ「相生山からのメッセージ」のアイさんから資料を紹介していただきました。
 アイさんは相生山と呼ばれる名古屋市の丘陵に残された自然環境を保全されていて、ブログをよく参考にさせてもらっています。

 それで、あっという間によく似たカタツムリを発見。
 ナミヒメベッコウ。
 さらにいろいろたどっていっても、やっぱりナミヒメベッコウ。


 ただ、色んなサイトの「ナミヒメベッコウ」を見ると、殻の色も模様もさまざま。
 気持ちよく「ナミヒメベッコウ」とはいえません。

 まだ納得できるところまではいっていませんが、前進しています。
 ほんと、カタツムリは、むずかしい!

■参考外部リンク■
相生山からのメッセージ

カタツムリハント?フ?ック

新品価格
¥1,728から
(2017/9/22 21:56時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ナミヒメベッコウ  カタツムリ  錦織公園 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

秋雨の中で出会ったちっちゃなカタツムリは謎のカタツムリ

 秋雨の里山。
 ちっちゃなカタツムリがいました。
 カタツムリは動きがのんびりなので、色んな角度で写真撮って、図鑑で確認。


 このカタツムリの特徴は、ちっちゃいこと。


 そして殻の巻数がちょっと多いこと。
 よく見かけるカタツムリの殻は5~6巻き。
 ところがこのカタツムリは6~7巻き。


 そして、殻を横から見ると、三角じゃなくて、丸くなっています。
 よく見るカタツムリは、殻を横から見ると、三角。
 とんがるか、つぶれるかのちがいはありますが、三角。


 かなり特徴的なカタツムリです。
 図鑑ではヤマタカマイマイが近いような気がします。
 なだらかに盛り上がった殻や黒い斑模様(火炎彩)もよく似ています。
 大きさがちがうので、幼貝?
 しかし、Webでいろいろ画像を見ていると少し形が違うようです。
 そしてににより小さいのに多い巻数。
 カタツムリは、成長いていくにつれ、殻の口のところを伸ばすようにして巻数を増やしていきます。
 1センチに満たないのに、ほかのカタツムリよりも多い巻数ということは、おそらく、このカタツムリは子供ではありません。


 となると、もう、図鑑には載っていません。
 ふしぎな謎のちいさなカタツムリ。
 自然の生き物は、奥深い!

カタツムリハント?フ?ック

新品価格
¥1,728から
(2017/9/22 21:56時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カタツムリ  錦織公園 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

秋。今年も赤とんぼがやってきました?

 秋の錦織公園。
 赤とんぼが目立つようになってきました。

この記事にはの画像があります。


 ここでよく見る赤とんぼは、リスアカネ。
 河内の里とその周辺でよく見かけます。


 赤とんぼというと、秋になると真っ赤になって山から里に降りてくるアキアカネが有名ですが、リスアカネは羽化した場所からあまり離れないトンボ。
 羽化は6月下旬くらいから始まりますが、目にするようになるのは秋。
 不思議です。
 なぜかというと、羽化したときは真っ赤じゃないからでしょう。


 季節を感じる赤とんぼ。
 実はいるのに見えないトンボ。
 赤い色は本当によく目立つことがわかります。

日本のトンボ (ネイチャーガイド)

新品価格
¥5,940から
(2017/9/17 22:45時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: リスアカネ  赤とんぼ  錦織公園の虫  錦織公園の昆虫  錦織公園のトンボ  錦織公園 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

地を這う大顎を持った黒くて細長い虫は一体?

 おなじみの錦織公園。
 大阪府の都市公園ですが、緑が多く、一度行けばブログのネタはいくつもみつかります。

この記事にはの画像があります。


 ふと足元を見ると、黒いヤスデが。
 実はここではほとんどヤスデを見ていません。
 ムカデのほうが何倍も見てます。
 最大の理由は、落ち葉の下を見ていないから。
 なぜなら、ヤスデは枯れた植物を食べますから。
 ところが、ヤスデと言うにはちょっと動きが早いような。
 あわてて写真を数枚撮ったところで石垣の隙間に入っていってしまいました。


 そして家に帰ってパソコンで見てみると。
 体が平たくて尾に向かって細くなっていきます。
 どちらもヤスデらしくありません。
 そして足がたくさんではありません。
 ヤスデではなく、昆虫のようです。

マイマイカブリ幼虫

 拡大してみると頭とかわらないくらいの大きな顎。
 昆虫でこんな細長くて大きな顎をもっているのは、動物食(肉食)甲虫の幼虫。
 ということで調べてみると。
 マイマイカブリの幼虫のようです。

大顎

 マイマイカブリは名前のようにカタツムリ(マイマイ)にかぶりつく(食べる)昆虫。
 正しくは、カタツムリの殻に頭を突っ込んで被っているよう見えることからですが。
 大きな顎でカタツムリを噛み切るのかと思ったら、消化液を出して溶かして飲み込むという体外消化。
 大顎は、カタツムリを食べるためではなく、仕留めるためのようです。

 マイマイカブリは、オサムシの仲間では最大級の日本固有種。
 成虫の大きさは5センチ前後。
 この幼虫は2センチあるかないか。
 ですから、きっと1齢の幼虫でしょう。
 1齢幼虫というのは、卵から生まれて一度も脱皮をしていない幼虫のこと。
 2センチで1齢幼虫というのは間違いのようですが、マイマイカブリは卵自体が1センチ位という、昆虫としてはとんでもない大きさ。
 さらに1齢幼虫から脱皮して2齢幼虫になったら、次はサナギという、これもとんでもなく少ない回数。
 普通は何度も何度も脱皮と成長を繰り返して成虫になります。
 それがたった2回。
 すごい昆虫です。

成虫のマイマイカブリ これも錦織公園にて 成虫

 マイマイカブリはほかのオサムシ同様後翅が退化して飛ぶことができません。
 つまり、錦織公園のような孤立したところで一度絶滅してしまうと、二度と戻ってくることはありません。
 もちろんマイマイカブリを守るのは、マイマイカブリただ1種だけのことを考えてもだめです。
 公園の環境が大きく変わらないよう、願っています。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マイマイカブリ  肉食昆虫  甲虫  幼虫  飛べない虫  オサムシ  錦織公園 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

旅するトンボがやってきました! 薄羽黄蜻蛉

 7月半ば。
 今年もウスバキトンボがやってきました。
 場所はネタの宝庫、錦織公園。


 ウスバキトンボは南方生まれの旅するトンボ。
 旅の途中で世代交代しながら北上してきます。
 しかし、到達した北の世界では冬を越せない片道切符。
 不思議ですが、多分、1万年くらいは続けていると思いますので、これでも絶滅しない方策をもっているのでしょう。

日本のトンボ (ネイチャーガイド)

新品価格
¥5,940から
(2017/7/25 21:45時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウスバキトンボ  夏の虫  錦織公園の虫  錦織公園 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

かんちがいしていた虫は、実は激レア虫だった?

 数年前の画像を見ていると、ちょっと変わったワラジムシを見つけました。
 錦織公園で移した画像です。
 薄い小豆色で、背中の中央に白い筋、その左右に白い模様があります。
 ちょっと変わったヤマトサトワラジムシと思っていました。

この記事にはの画像があります。


 しかし拡大して見てみると、ワラジムシ特有のお尻から伸びた触角のような1対の尾肢(びし)がありません。
 ということは、ワラジムシじゃなくて、ダンゴムシ?!


 ダンゴムシと言うにはちょっと平たい感じまします。
 それに背中を覆う装甲の背板の縁がちょっと外側に反っているように見えます。
 ですから、見た目はワラジムシ。
 でも尾肢がない。
 やっぱりダンゴムシ。


 ということで、探してみてみつかったのが、ハナダカダンゴムシ。
 微妙に背板の模様がちがうようですが、変異が多いらしいのでちがうとは言い切れません。
 なのでハナダカダンゴムシ(仮)のようです。

 このハナダカダンゴムシは、結構レアなダンゴムシなのです。
 神戸と横浜の一部でしか見つかっていないようです。
 ということは、超絶滅危惧種?
 といいたいところですが、数百キロ離れたふたつの都市、それも世界的港湾都市。
 つまり、最近入ってきた外来種です。
 ヨーロッパ原産の。


 調べてみると、神戸と横浜から徐々に広がっているようですが、それが大阪の南東にある錦織公園まで?
 大阪を縱橫断したようなもの。
 ということは、途中のいろんなところにもいるはず。
 どうなのか、気になります。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ハナダカダンゴムシ  ダンゴムシ  等脚類  錦織公園 

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる