【 野鳥園】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

大阪南港野鳥園はこれからどうなるのしょうか? ビオトープで考えてみる


 大阪湾の埋立地にある大阪南港野鳥園。
 財政難の大阪市の改革のため廃止が検討されています。

 ここは国際的なシギ・チドリネットワークに登録され、環境省の「日本の重要湿地500」にも選ばれている人工の干潟です。

 貴重な鳥もやってきますので大阪市も干潟をなくすのではなく、展望塔と管理者の常駐の廃止を検討しているようです。

 展望塔がなくなると鳥達を観察できなくなりますし、常駐者がいなくなると干潟への侵入者が現れるなどして干潟が壊される可能性もあります。

 もちろん野鳥愛好家の方たちが中心となって野鳥園を守る活動が行われています。



大阪南港野鳥園の入り口
大阪南港野鳥園の入り口




 ビオトープ好きの視点から見ると、もちろん廃止は反対ですが今の野鳥園にも不満はあります。

 それは干潟から遠いところからしか見ることができないこと。

 干潟に鳥が集まるということは、干潟には鳥の餌になる小さな生き物たちがいっぱいいることの証。

 しかしそういう小さな生き物たちを見ることはできません。

 ここは干潟の野鳥園であって、残念ながら干潟のビオトープ園ではないのです。



大阪南港野鳥園の北池
大阪南港野鳥園の北池




 人が干潟に入って行くと鳥は逃げてしまうのはわかります。

 しかしここは池が3つもあるような干潟です。

 その一部で干潟まで降りることができ、干潟の小さな生き物を観察できるようにしても、干潟全体に影響があるとは思えません。

 野鳥観察用の壁で囲むなどすれば、野鳥を近くで観察することもできてむしろ一石二鳥ではないでしょうか。



野鳥園の北にある淀川河口の矢倉干潟のハクセンシオマネキ
野鳥園の北にある淀川河口の矢倉干潟のハクセンシオマネキ

見ることはできませんが野鳥園にもこんな生き物がいっぱいいるはずです。




 大阪南港野鳥園は廃止にならないでほしいと思います。

 といっても、それは野鳥のためだけではありません。

 展望塔には望遠鏡のような大きなレンズを付けたカメラで撮影している人がいつもいます。

 でもそんなカメラでも写すことができない小さな生き物たちもいっぱいいます。

 そんな生き物たちを間近で見ることができれば、この干潟の大切さももっとよくわかってもらえるのではないでしょうか。



 現在の野鳥園の存続だけでなく、たとえば野鳥も含めた干潟のビオトープについて学習するための「ビオトープ園」としての再出発もありじゃないかな、と思います。



◆タグ 大阪南港野鳥園 ◆

■参考外部リンク■
大阪南港野鳥園

大阪市市政 大阪南港野鳥園の見直し


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 大阪南港野鳥園野鳥園干潟

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

干潟ビオトープの常連猛禽のミサゴ 大阪南港野鳥園


 大阪の南港埋立地にあった湿地帯。

 そこに多くの野鳥が集まっているので人口の干潟を整備してできたのが大阪南港野鳥園。
 シギ・チドリネットワークの登録湿地で環境省の「日本の重要湿地500」にも選ばれています。

 大きな展望塔があり、そこから野鳥を観察することができます。

 ただし、遠くから見ることになりますので、カメラは高倍率レンズ、観察には高倍率の双眼鏡や単眼鏡が必要です。

 双眼鏡は展望塔にレンタルがあります。



大阪南港野鳥園の展望塔
大阪南港野鳥園の展望塔




 敷地内には林もありますので野山の鳥もいますが、ここの特徴はやっぱり干潟の鳥。

 サギ類や冬のカモ類のように、どこでも見ることができる鳥も多いですが、シギやチドリのように干潟でしか見ることのできない鳥もいます。

 そして鳥が多いということで、肉食の猛禽(もうきん)も見ることができるのがここの特徴。

 トビやモズ以外の猛禽を見ることができる貴重な場所です。



大阪南港野鳥園の池
大阪南港野鳥園の池




 オオタカやハヤブサもやってきますが、さすがにいつでも出会えるというわけではありません。

 そんななかでいつ行っても見ることができるのが、ミサゴ。

 魚専門のタカ目の猛禽です。



ミサゴ(鶚,雎鳩)

鳥綱 タカ目 ミサゴ科 ミサゴ属
別名:魚鷹(うおたか)
留鳥(一部漂鳥)
カラスより大きい

ミサゴ(鶚,雎鳩)
食事中のミサゴ
食事中のミサゴ
いつ行ってミサゴは池の杭の上に止まっていますが、この日はお食事中でした。




 よく見ると反対側の松林にもミサゴが1羽いました。

 それが野鳥園の中央あたりで時折追いかけ合うように2羽が絡んで飛んでいました。  野鳥園の方が言うには縄張り争いのようです。

 猛禽系肉食の鳥は縄張りを持ちます。

 それでも野鳥園から追い出すところまで行きませんでしたから、とりあえずミサゴ2羽が暮らせるだけの広さのようです。



縄張り争いをするミサゴ
縄張り争いをするミサゴ




 その松林のミサゴが自分より小さいカラスに追われていたので、猛禽といえども強いわけではないようです。

 鳥食じゃなくて魚食だからでしょうか。

 でも、スズメ目のモズは自分よりすっと大きいヒヨドリだって追いかけてるというのに。



カラスに嫌がらせされるミサゴ
カラスに嫌がらせされるミサゴ




 そんなかわいいミサゴに出会えるのが大阪南港野鳥園。

 ただ高倍率の双眼鏡や単眼鏡はあったほうがいいです。

 カメラももちろん高倍率レンズ付きを。



◆タグ ミサゴ 野鳥 大阪南港野鳥園 ◆

■参考外部リンク■
大阪南港野鳥園

シギ・チドリネットワーク|干潟の環境保全|WWFジャパン
日本の重要湿地500インターネット自然研究所


ナシカ ワンタッチ 50倍 双眼鏡 GEO SPORT50 アウトドア 登山 バードウォッチング 5年間保証付 【HLS_DU】 【RCP】 【after20130610】

価格:4,800円
(2013/9/22 14:32時点)

フィールドスコープ バードランドミニ63 三脚付き 20~60倍 63mm 初心者 入門タイプ Kenko ケンコー フィールドスコープ バードウォッチング 地上望遠鏡 送料無料 【RCP】

価格:13,320円
(2013/9/22 14:32時点)

ワシタカ類飛翔ハンドブック新訂 [ 山形則男 ]

価格:1,470円
(2013/9/22 14:33時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ミサゴ大阪南港野鳥園野鳥園猛禽カラスより大きい鳥

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

南港の野鳥の楽園。だから猛禽類もいます 大阪南港野鳥園 初冬の鳥


大阪の端の野鳥園


 大阪湾に突き出した埋立地、南港(なんこう)
 咲洲(さきしま)と呼ばれる人工島の通称。

 貯木場、物流倉庫、港、マンション街、そして商業施設と様々な顔を持つ場所です。

 その南港の端にあるのが大阪南港野鳥園。
 「野鳥園」ではありません。「野鳥園」です。

 最寄り駅は南港ポートタウン線の「トレードセンター前」駅。そこから15分ほど歩くことになります。
 土日祝日はとなりの「コスモスクエア」駅からバスがあります。

大阪南港の野鳥の楽園


 もともとこのあたりは住吉浦と呼ばれ渡り鳥の生息地の一部でした。
 埋め立てられると、もちろん野鳥は行き場を失います。

 そこでNGOの働きかけなどで埋め立て中の湿地帯を整備し、野鳥を観察できる場所として公開されるようになりました。

 それが大阪南港野鳥園です。

野鳥園の西池と干潟
野鳥園の西池と干潟



拠点展望塔


 野鳥公園の真ん中あたりに展望塔があり、ここからは野鳥園が一望できます。
 職員の方が質問に答えてくれたり、レンタルの望遠鏡や双眼鏡があります。

 野鳥を観察する場所としてはいいのですが、野鳥たちから少し離れています。
 その分ガラス越しに野鳥を見ていても鳥たちはこちらをまったく気にしませんが、どうしても遠くなります。

 写真を撮ろうと思っている人は、高倍率レンズのカメラが必要になります。
 鳥まで遠いのはちょっと残念ですが、その分いろいろな鳥を見ることができるので、しかたありません。

野鳥園の北池と展望塔(中央)
野鳥園の北池と展望塔(中央)



野鳥園の干潟で出会った鳥たち


 まずは中央の展望塔や北観察所から見えた鳥たちです。

水辺の鳥たち

カルガモ(軽鴨)
カモ科
留鳥
こちらの姿を見て気にしながら泳いでいくカルガモの群れ
こちらの姿を見て気にしながら泳いでいくカルガモの群れ

鴨というとカルガモ。といってもいいくらい身近にいる鴨です。
渡りをしない留鳥です。


オナガガモ(尾長鴨)
カモ科
冬鳥
逆立ちして食べるオナガガモ
逆立ちして食べるオナガガモ

水中に上半身を突っ込み逆立ちしながら食べるのがオナガガモの特徴です。
日本には冬にやってくる冬鳥です。


ヒドリガモ♂と♀(緋鳥鴨)
カモ科
冬鳥
頭の真ん中が白いのがオスのヒドリガモ
頭の真ん中が白いのがオスのヒドリガモ

頭に白いラインがあるので恐らくヒドリガモだと思います。


ダイサギ(大鷺)
サギ科
冬鳥(一部留鳥)
嘴が冬仕様になったダイサギ
嘴が冬仕様になったダイサギ

白鷺三兄弟(ダイサギ、チュウサギ、コサギのこと)の長兄(一番大きいということ)。
嘴が黄色いのは冬の装いです。
日本には冬にやってくる冬鳥ということになっていますが、一年中見ることができます。


アオサギ(蒼鷺)
サギ科
留鳥
大きいので飛ぶ様子は迫力があるアオサギ
大きいので飛ぶ様子は迫力があるアオサギ

首を縮めて飛んでいます。
このように首の長い鳥が飛ぶときは首を縮めることが多いようです。
サギ類ではコサギに次いでよく見かける鳥です。


カワウ(川鵜)
ウ科
留鳥
いつも群れでいるカワウ
いつも群れでいるカワウ

淡水の川ではなく海水のある干潟ですが、カワウです。
ウミウは崖があるような岩場にすみ、干潟にはいません。
ちなみに、鵜飼に使われるのは川ですがウミウです。




水辺周辺の林や繁みの鳥たち

ミサゴ(鶚・雎鳩)
タカ科
留鳥
嘴と後頭部が猛禽類っぽいミサゴ
嘴と後頭部が猛禽類っぽいミサゴ

野鳥公園の方に教えていただきました。
いわゆる猛禽類になりますが、小型です。
干潟にいるのは水鳥を狙っているのではなく、魚を狙っているからです。
渡りをしない留鳥です。


チョウゲンボウ(長元坊)
ハヤブサ科
漂鳥
遠くを飛ぶばかりできれいに写せないチョウゲンボウ
遠くを飛ぶばかりできれいに写せないチョウゲンボウ

野鳥園の方に教えていただきました。
こちらも猛禽類ですが小型ですので虫や小鳥を食べます。
渡りをしませんが、高地と低地を行き来する漂鳥です。


モズ♂(百舌・百舌鳥)
モズ科
留鳥
この角度ではスズメっぽい嘴のモズのオス
この角度ではスズメっぽい嘴のモズのオス

一般的に猛禽類と呼ばれるのはタカ目とフクロウ目の鳥のことです。
モズはスズメ目なのですが、小型のタカ目の鳥と同じように虫やカエル、時にはスズメを狩ることもあるので猛禽類に加えられることもあります。
留鳥です

モズ♀(百舌・百舌鳥)
モズ科
留鳥
この角度なら猛禽ぽい嘴のモズのメス
この角度なら猛禽ぽい嘴のモズのメス

基本的に大きさも模様も同じなので、遠目に見分けるのにはちょっと難しいところがあります。
メスの特徴は、眼線(眼のところにある黒い線)が無い(または薄い)こと、お腹に茶色い鱗のような模様があること。
慣れればなんとなくわかるようになります。
肉食なので繁殖期以外はいつも1匹で縄張を見張っています。




野鳥園の緑地で出会った鳥


 野鳥園のおよそ1/3は緑地です。
 植物園のようにいろいろな植物が植えられていますので、林を好む鳥たちも住んでいます。


ジョウビタキ♀(尉鶲)
ヒタキ科
冬鳥
スズメくらいの大きさのジョウビタキのメス
スズメくらいの大きさのジョウビタキのメス

色数は少ないですが、すっきりとしたデザインが特徴です。


シジュウカラ(四十雀)
シジュウカラ科
留鳥
腹側からだとネクタイのような黒い線が特徴のシジュウカラ
腹側からだとネクタイのような黒い線が特徴のシジュウカラ

いつも群れで行動する小鳥です。
住宅街でも街路樹が多いところにはよくいます。
鳴き声も豊富で、知っている鳥の声を消去法で消していって残ったら、この鳥の声かもしれません。
留鳥です。


メジロ(目白)
メジロ科
留鳥
ぐにゃりと体を曲げたメジロ
ぐにゃりと体を曲げたメジロ

この骨が無いようなぐにゃりと体を伸ばすのがメジロの特徴です。
あまり人間をこわがらないのか、
チュルチュルという泣き声がかわいい小鳥です。
群れで行動して横向きにとまったり枝からぶら下がったりと見ていて飽きません。




野鳥園への道



 トレードセンター前駅と野鳥園の間のおよそ1kmの間は歩道を覆うように木が植えられていて、ここにも林を好む鳥たちがいます。
 野鳥と出会えるなかなか侮れない場所です。


ツグミ(鶇)
ツグミ科
冬鳥
物陰からこちらを伺うツグミ

物陰からこちらを伺うツグミ
もうやってきていました。
つぐみんらしくすぐ植え込みの向こうへ隠れてしまいました。
気弱なのか、人影を見るとすぐ逃げてしまいます。
うちのつぐみんはまだですが、もう日本に来てました。
冬鳥です。


シロハラ(白腹)
ツグミ科
冬鳥
大きさも行動も雰囲気もツグミに似ているシロハラ
大きさも行動も雰囲気もツグミに似ているシロハラ

つぐみ位の大きさで、最初はつぐみと思いましたが、画像を拡大して見るとちがうことがわかりました。
同じツグミ科だからでしょうか、ツグミ同様人影を見るとすぐ逃げます。
ツグミ科らしく?冬鳥です。


ジョウビタキ♂(尉鶲)
ヒタキ科
冬鳥
コントラストがきれいなジョウビタキのオス
コントラストがきれいなジョウビタキのオス

オスはこのきれいな模様が特徴です。
色あいは違いますが、オスとよく似たデザインです。


シジュウカラ(四十雀)
シジュウカラ科
留鳥
メジロのように横向きに止まったシジュウカラ
メジロのように横向きに止まったシジュウカラ

かわいい見た目ですが、虫も食べます。
木から木へ群れで移りますので、野鳥園内の林と行き来しているでしょう。


メジロ(目白)
メジロ科
留鳥
じっとしていないメジロ
じっとしていないメジロ

常に動き回ってまわって木の上でじっとしているときはありません。
群れで行動し、決まったコースを巡回することが多いようです。


コゲラ(小啄木鳥)
キツツキ科
留鳥
枯れ木をつつくコゲラ
枯れ木をつつくコゲラ

住宅街にもいるキツツキです。
ヒヨドリくらいのかわいい鳥ですが、「ギィ~ギィ~」という似合わない鳴き声が特徴です。


キジバト(雉鳩)
ハト科
留鳥
正面から見るとカワラバトにも見えるキジバト
正面から見るとカワラバトにも見えるキジバト

正面からはわかりにくいですが、かすかに見えた首の横縞が特徴です。
そこらじゅうにいるカワラバト(ドバト)は首の横が緑色の構造色で縞模様になっていません。




 このようにいろいろな種類の野鳥に出会えます。
 そして、ミサゴやチョウゲンボウ、そしてハヤブサもいるそうですので、野生の猛禽類と出会える可能性のある場所のひとつです。
 ただや長がいるところから離れていますので、レンタルもありますが低い倍率のものでもいいですから双眼鏡や単眼鏡を持っていくほうがより楽しめると思います。
 写真を撮りたいときはできるだけ光学倍率の高い機種を持っていくほうがいいでしょう。

 それからトレードセンター前駅と野鳥園の間の並木道も要チェックです。


■外部リンク■
大阪南港野鳥園


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 大阪南港野鳥園干潟緑地オナガガモヒドリガミサゴチョウゲンボウ野鳥園大阪湾

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる