【 象形文字】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

虎って象形文字なの?

 2022年寅年はトラの年。
 トラは漢字で虎。


 漢字には様々な作り方があります。
 よく言われるのが象形文字。
 物の形をかたどってその意味を表した漢字。
 虎も象形文字。
 でも、正直、「虎」はトラに見えません。
 そこで「虎」のルーツをざっくりたどってみました。

 書道の手本にされる王羲之(おうぎし)の時代。
 今からおよそ1700年前の魏晋南北朝(ぎしんなんぼくちょう)の中国。
 それより遡ること500年ほど前の秦(しん)の時代。
 そのころの虎がこれ。

乕

 今の「虎」の面影がありますが、俗字の「乕」のほうが似ているように感じます。


 さらに秦よりまえの春秋戦国時代の虎。

虎

 秦の時代のトラの雰囲気がありますが、文字というより線画のようです。

 さらにさかのぼって殷周(いんしゅう)時代。
 甲骨文字が使われていた時代です。

トラ

 このころの「虎」の字はは四足で口が大きく尾の長い動物を表しているものがいくつもあります。
 そのなかでももっともトラっぽい文字を選びました。
 牙のある大きな口、鋭い爪を持った足、背中の湾曲は体がしなやかなネコ科のよう、その先のしなやかな長い尾、そして体の縞模様。
 トラの象形文字です。

 文字というよりほとんど線画ですが、曲線があるので亀の甲羅に掘られた甲骨文字ではないでしょうが、古い文字です。
 最も古い漢字と言われる甲骨文字の象形文字でも簡略化されていますので、この虎はわかりやすい方になると思います。

 殷周時代の虎から春秋戦国時代の虎をみると、ぜんぜん違うように見えます。
 でも、殷周時代の虎の顔を逆に向け、後足を前足の方へずらしていくと、春秋戦国時代の虎のようになります。

 たしかに虎は象形文字です。

常用字解 第二版

新品価格
¥3,300から
(2022/1/7 00:31時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 象形文字説文解字漢字

関連記事
スポンサーサイト



theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

サソリと「萬」とミクソプテルス


 先日、ある書道家の作品を見て気づきました。
 その作品は古代の甲骨文(こうこつぶん)甲骨文字(こうこつもじ))と呼ばれる今わかっている中で最も古い漢字を使った作品です。



この記事にはサソリ虫の化石の画像があります。





 先がちょっと尖った楕円形の中には模様のような×印。

 下には伸びた線は、シッポのように先が曲がっています。

 楕円の先からは左右にカニのハサミのように線が飛び出し先は内側に向かって何本も線が生えています。

 全体の雰囲気はサソリですが、手の爪が二本のサソリに対してまるでクシのようで、サソリというにはちょっと違和感があります。



ダイオウサソリの拡大模型 橿原市昆虫館常設展示(2011年)
ダイオウサソリの拡大模型 橿原市昆虫館常設展示(2011年)




 サソリのようでちょっとサソリとちがう生き物は、います。
 いや、いました。

 そうです。

 ウミサソリ。



ウミサソリのユーリプテルス(OCEAN! 海はモンスターでいっぱい2012年)
ウミサソリのユーリプテルス(OCEAN! 海はモンスターでいっぱい2012年)




 ウミサソリはいまから4億年くらいから2億年くらい前の古生代の海にいた節足動物の仲間です。
 名前に「サソリ」とついていますが、サソリの先祖というわけでもないようで、古生代に絶滅していまい、今はいません。

 そのウミサソリの中でも人間よりも大きい大型の種類の一つ。

 ミクソプテルスにそっくりです。



人間くらい大きいウミサソリのミクソプテルス(OCEAN! 海はモンスターでいっぱい2012年)
人間くらい大きいウミサソリのミクソプテルス
(OCEAN! 海はモンスターでいっぱい2012年)




 甲骨文(甲骨文字)というのは、百年くらいまえに見つかった数千年前の中国で使われていた文字で、今私達が使っている漢字の祖先です。

 甲骨文は2000年前の漢の時代にはすでに存在が忘れられていたことは間違いなく、失われていた文字です。

 古代エジプトのヒエログリフとよく似ていますが、ロゼッタストーンが見つかるまで数百年の間まったく解読できなかったヒエログリフに対して、見つかってわずか20年くらいで解読できるようになったのは、現在の漢字につながる文字だったから。

 形こそまるで絵のようですが、すでに漢字と同じ構造を持っていた立派な文字なのです。

甲骨文字小字典 [ 落合淳思 ]

価格:1,995円
(2014/1/20 23:59時点)




 よく漢字は「象形文字(しょうけいもじ)」と言われます。

 これは「六書(りくしょ)」と言われる漢字の分類のひとつですが、実は正しくなく、漢字のほとんどが複数の漢字パーツを組み合わせてできた形成文字(けいせいもじ)や会意文字(かいいもじ)で、象形文字はそれほど多くありません。

 それでも物の形を象った象形文字は漢字の基本。

 甲骨文ですらすでに「絵」というにはかなり簡略化されていますが、まだまだ元の形の雰囲気を残しています。



 そこで巨大ウミサソリのミクソプテルスそっくりの甲骨文です。

 もしかすると、実は2億年前に絶滅したと思われたウミサソリが4000年前の中国で生きていたのでしょうか!

 なんと漢字はオーパーツだったのでしょうか?!



甲骨文の「萬」殷(商)時代その1
甲骨文の「萬」殷(商)時代その1
甲骨文の「萬」殷(商)時代その2
甲骨文の「萬」殷(商)時代その2
殷(いん)は今から3000年以上前の中国の王朝です。
現在確認されている中で最も古い中国王朝になります。
中国では「商(しょう)」とされます。
甲骨文字は王朝の吉凶の占いなどに使われたシカの骨やカメの甲羅に刻まれていました。
※甲骨文字は四川辞書出版社の『甲金篆隷大字典』を参考にしました。



 この文字は「萬(まん)」。「万」の旧字。
 残念ながらサソリを象った象形文字と考えられています。

 草冠の「艸(そう)」は草のことではなく、サソリのハサミを表していたのです。

 実は「屮(さ)」は象形文字で、それが並んだ「艸」は両手をかざしている状態になります。

 それが時間を経て字体が変わっていくうちに草冠と同じ形になってしまったのです。

 草と関係がなさそうなのに草冠が付いている文字は、手を表していることもあります。



 ということで「萬」はウミサソリではなく、普通のサソリ。

 ウミサソリは中国ができるはるか以前に絶滅していたようです。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 甲骨文字ウミサソリサソリダイオウサソリミクソプテルスユーリプテルス六書象形文字

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

昔の日本のうつくしい自然と 人々の暮らしと ふしぎないきものの ものがたり「蟲師」と「蟲」


昔の日本のどこかで

 「蟲師」。

 漆原友紀(うるしばら ゆき)さんのマンガです。

 「蟲(むし)」と呼ばれる目に見えない不思議な「いきもの」とその専門家の「蟲師(むしし)」と普通の人々の物語。

 「ファンタジー」の類に含まれるかもしれませんが、明治から昭和初期を思わせる架空の時代の、日本のどこかにありそうな架空の山村漁村を舞台にした物語は、昔の日本で実際にあったのではと思わせるところがあります。



「蟲師」に登場しそうな風景[飛騨民俗村・飛騨の里]
「蟲師」に登場しそうな風景[飛騨民俗村・飛騨の里]

■参考外部リンク■ 飛騨民俗村・飛騨の里




蟲師 愛蔵版(1) (アフタヌーンKCデラックス)

新品価格
¥1,200から
(2014/2/27 21:08時点)

ふしぎないきもの

 ファンタジーと言っても英雄が極悪非道な怪物を倒すというのではなく、ふしぎな蟲が引き起こすふしぎな現象を、解決できなくてもいい方向へ向かわせるのが蟲師。

 タイトルは「蟲師」ですが、物語の中心にあるのは「蟲」。

 「虫」ではありません。
 「虫」が3つ集まったあまり見慣れない漢字の「むし」です。



蟲師 愛蔵版(2) (アフタヌーンKCデラックス)

新品価格
¥1,200から
(2014/2/27 21:27時点)

「蟲」と「虫」

 「蟲」は「虫」の旧字体です。

 しかしもともと「蟲」と「虫」はちがう文字。

 今では「虫」は昆虫やクモなど節足動物をまとめた意味で使われますが、それはもともと「蟲」の意味。

 「虫」はヘビを表す象形文字(しょうけいもじ)で、特にマムシのような毒蛇を指します。

 「蟲」は小さな生き物がいっぱい集まっている様子を表して会意文字(かいいもじ)。  まさに「むし」です。

 「蟲」の省略体として「虫」を使うようになってから、「虫」は本来の意味が薄れてしまい、かろうじて辞書に載っている程度になったようです。



殷時代の「虫」
殷時代の「虫」
およそ3000年前
春秋戦国時代の「蟲」
春秋戦国時代の「蟲」
およそ2500年前
※書体は四川辞書出版社の『甲金篆隷大字典』を参考にしました。



 「蟲師」の「蟲」について、1巻の冒頭にこうあります。

およそ遠しと されしもの

下等で奇怪 見慣れた動植物とは まるで違うと おぼしきモノ達

それら異形の一群を ヒトは古くから 畏れを含み

いつしか 総じて「蟲」と呼んだ

蟲師 愛蔵版(3) (アフタヌーンKCデラックス)

新品価格
¥1,200から
(2014/2/27 21:29時点)

 物語の中では、原因がわからないふしぎな現象、自然現象から病気に至るまで、多くのふしぎな現象に蟲がかかわっているとされます。

 「疳(かん)のムシ」や「三尸(さんし)」のように、実在しない架空の小さな生き物も「蟲」とよばれていましたので、「蟲師」の「蟲」にふさわしい漢字です。


 作者も旧字が使われていた時代の物語であることを表すためだけでなく、現在の「虫」と区別するために「蟲」という字を使ったのではないでしょうか。



蟲師の役割

蟲師 愛蔵版(4) (アフタヌーンKCデラックス)

新品価格
¥1,200から
(2014/2/27 21:30時点)

 物語は蟲によって起こされる様々なふしぎな現象に戸惑う人々を、主人公の蟲師のギンコが助ける短いエピソードが積み重なっています。

 ただ「助ける」といってもギンコができるのはその時できる最良と思えることまで。

 必ずしもすべてが丸く収まるハッピーエンドではありません。

 もちろんボスを倒せば呪いが解けて元通り、という作品でもありません。

 蟲によっておこされる様々な出来事を、それに関わる人々の喜びや悲しみで綴っているのが「蟲師」の物語です。



蟲師 愛蔵版(5) (アフタヌーンKCデラックス)

新品価格
¥1,200から
(2014/2/27 21:31時点)

映像化

 2005年から2006年にかけてアニメーション化、2007年には実写映画化もされました。

 2014年1月には新作のアニメが放送され、4月からは新作として原作すべてのエピソードをアニメ化する予定だそうです。

 人々の物語と同時に、アニメ版では鮮やかな映像で表現される日本の自然の美しさも見どころの一つになっています。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 蟲師象形文字会意文字漆原友紀六書

関連記事

theme : 漫画
genre : アニメ・コミック

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS