【 虫】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

腕をぶんぶん振り回す小さな小さな虫 ウデナガダニ

 低山で出会った小さなキノコ

 よく見ていると、なんか、小さな虫がいました。

この記事にはの画像があります。


 大きさは1ミリもないような。
 頭もお腹も区別がつかないような丸いからだ。
 それに対して脚は長め。


 そしてほかの脚よりずっと長い脚を振り回しています。
 触角のようですが、節の数が少なく触角っぽくないので、一番前の脚だと思います。


 小さな丸い虫で思いつくのが、甲虫、クモ、ダニ、ザトウムシ。
 前脚を振り回しているので甲虫じゃない。
 頭部と腹部がひとまとまりに見えるのでクモでもない。
 ダニかザトウムシか。
 それともちがう虫か。

 こんな特徴があれば詳しい人なら簡単に絞り込めるでしょうが、詳しい人ではありません。
 いろいろ調べてみた結果。
 ウデナガダニの仲間、と結論。

ウデナガダニ

 ウデナガダニはダニなので脚は4対8本。

 その中の一番前の第一脚をものすごく長くして、触角のように振り回して歩きます。

 目も触角もないので脚で周囲の状況を探っているとも言われます。

 でもよくわからない、謎が多い小さな生き物のようです。

ウデナガダニ属の一種
Podocinum sp.
鋏角亜門 クモ綱 ダニ目 トゲダニ亜目 ウデナガダニ科 ウデナガダニ属

ダニのはなし ?人間との関わり?

新品価格
¥3,300から
(2022/8/2 00:18時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウデナガダニトゲダニダニ鋏角類小さい虫

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

樹液の近くでひたすら待つ虫? ナミクシヒゲハネカクシ

 夏のクヌギというと、樹液に集まるカブトムシ!
 もちろん、他の虫もいろいろあつまります。

この記事にはの画像があります。


 クワガタムシ、カナブンにハナムグリ、さまざまなスズメバチ、ハエやアブや、タテハチョウ、夜にはコメツキムシも。
 樹液を食べに昼も夜もいろいろな虫が集まります。
 クヌギの樹液は虫たちには美味しい食べ物のようです。

樹液に集まる虫たち
シロテンハナムグリとヒアリによく間違われるオオズアリ?

 ところが、ちょっと雰囲気のちがう虫がいました。
 多くの虫たちが集まる樹液が漏れ出てくるところから少し離れて、樹皮の裂け目の中に隠れています。

樹液を食べないで隠れてる虫

 スリムな体で腹部の体節が見えるので幼虫のようですが、背中に小さい甲羅みたいなものがあるので成虫のハサミムシのよう。
 でも、腹部の先端にはハサミはありませんので、ハサミムシではありません。
 この虫は、ハネカクシ。
 ハネカクシ科の甲虫。
 鞘翅が短くてもカブトムシの仲間です。

ナミクシヒゲハネカクシ

 ただ、ハネカクシはわりと小さい昆虫で、大きくても1センチ前後。
 ところがこのハネカクシは、2センチくらいある、大きな種類。
 大きくて、黒くて、触角が太いハネカクシは、ナミクシヒゲハネカクシ?
 きっと漢字では「並櫛髭羽隠」でしょう。


 ハネカクシの多くは肉食性。
 ということで、この大きなハネカクシは、ここで樹液を食べに集まってくる虫たちを狩るため待ち構えているのでしょう。
 しかし、すでにハチやらアブやら集まってますが、クヌギの隙間で一向に動く気配を見せません。
 接写しても逃げません。
 一体、どんな虫を狙っているのでしょうか。

 まさか、最強カブトムシ?!

[カラー版]昆虫こわい (幻冬舎新書)

新品価格
¥1,080から
(2017/8/22 22:43時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ナミクシヒゲハネカクシハネカクシシロテンハナムグリオオズアリ樹液に集まる虫昆虫

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

カブトエビの飼育キットに新登場!『キセキの古代生物 カブトエビ 飼育・観察キット』誠文堂新光社


 今年もカブトエビがはじまりました。

 まずは、田んぼビオトープの再現を狙ったプランター稲ビオトープの去年の卵の孵化。

 これは、失敗



 次は毎年恒例のエビ伝説。

 最近はなせかエビ伝説と相性が悪く、ほとんどが生まれたての幼生の段階で死んでしまい、なかなか卵を生むまで育ってくれません。

 そこに新しく登場したのがこれ。

 誠文堂新光社の『キセキの古代生物 カブトエビ飼育・観察キット』。



キセキの古代生物 カブトエビ飼育・観察キット

【1000円以上送料無料】キセキの古代生物カブトエビ飼育・観察キッ

価格:1,620円
(2014/8/11 00:28時点)




 出版社がカブトエビというのも妙な感じがするかもしれませんが、学研の科学雑誌『科学』の付録になったこともありますから、そんなに変ではないはず。

 それに誠文堂新光社は図鑑なども出版する科学関係雑誌の老舗出版社。

 『子供の科学』は戦前から出版され90年もの歴史を持ちます。

 その「子供の科学」が特別編集したのが、この『キセキの古代生物 カブトエビ飼育・観察キット』。



名前の通りいろいろ入っている「カブトエビ飼育・観察キット」
名前の通りいろいろ入っている「カブトエビ飼育・観察キット」




 税込1620円とエビ伝説よりもちょっと高めですが、「自由研究成功BOOK」という冊子が入っていて、いろいろとカブトエビの説明や育て方のコツが書かれています。

 ホームページでも解説やカブトエビの写真やイラストのコンテストまでやっているという力の入れよう。

 育て方のコツが書いてあるのはとても参考になります。

 エビ伝説でうまくいかない場合は、『キセキの古代生物 カブトエビ飼育・観察キット』で挑戦してみるのもひとつの方法かもしれません。



専用水槽に水道水と水質調整用の石灰石を入れたら飼育が始まります
専用水槽に水道水と水質調整用の石灰石を入れたら飼育が始まります




タグ♦ カブトエビ 甲殻類

■参考外部リンク■
誠文堂新光社/商品詳細 キセキの古代生物 カブトエビ飼育・観察キット
「キセキの古代生物 カブトエビ飼育・観察キット」特設サイト|誠文堂新光社


カブトエビのすべて [ 秋田正人 ]

価格:1,728円
(2014/8/9 21:47時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キセキの古代生物カブトエビカブトエビ甲殻類節足動物

関連記事

theme : 川・河・池・沼の生き物達
genre : ペット

昔の日本のうつくしい自然と 人々の暮らしと ふしぎないきものの ものがたり「蟲師」と「蟲」


昔の日本のどこかで

 「蟲師」。

 漆原友紀(うるしばら ゆき)さんのマンガです。

 「蟲(むし)」と呼ばれる目に見えない不思議な「いきもの」とその専門家の「蟲師(むしし)」と普通の人々の物語。

 「ファンタジー」の類に含まれるかもしれませんが、明治から昭和初期を思わせる架空の時代の、日本のどこかにありそうな架空の山村漁村を舞台にした物語は、昔の日本で実際にあったのではと思わせるところがあります。



「蟲師」に登場しそうな風景[飛騨民俗村・飛騨の里]
「蟲師」に登場しそうな風景[飛騨民俗村・飛騨の里]

■参考外部リンク■ 飛騨民俗村・飛騨の里




蟲師 愛蔵版(1) (アフタヌーンKCデラックス)

新品価格
¥1,200から
(2014/2/27 21:08時点)

ふしぎないきもの

 ファンタジーと言っても英雄が極悪非道な怪物を倒すというのではなく、ふしぎな蟲が引き起こすふしぎな現象を、解決できなくてもいい方向へ向かわせるのが蟲師。

 タイトルは「蟲師」ですが、物語の中心にあるのは「蟲」。

 「虫」ではありません。
 「虫」が3つ集まったあまり見慣れない漢字の「むし」です。



蟲師 愛蔵版(2) (アフタヌーンKCデラックス)

新品価格
¥1,200から
(2014/2/27 21:27時点)

「蟲」と「虫」

 「蟲」は「虫」の旧字体です。

 しかしもともと「蟲」と「虫」はちがう文字。

 今では「虫」は昆虫やクモなど節足動物をまとめた意味で使われますが、それはもともと「蟲」の意味。

 「虫」はヘビを表す象形文字(しょうけいもじ)で、特にマムシのような毒蛇を指します。

 「蟲」は小さな生き物がいっぱい集まっている様子を表して会意文字(かいいもじ)。  まさに「むし」です。

 「蟲」の省略体として「虫」を使うようになってから、「虫」は本来の意味が薄れてしまい、かろうじて辞書に載っている程度になったようです。



殷時代の「虫」
殷時代の「虫」
およそ3000年前
春秋戦国時代の「蟲」
春秋戦国時代の「蟲」
およそ2500年前
※書体は四川辞書出版社の『甲金篆隷大字典』を参考にしました。



 「蟲師」の「蟲」について、1巻の冒頭にこうあります。

およそ遠しと されしもの

下等で奇怪 見慣れた動植物とは まるで違うと おぼしきモノ達

それら異形の一群を ヒトは古くから 畏れを含み

いつしか 総じて「蟲」と呼んだ

蟲師 愛蔵版(3) (アフタヌーンKCデラックス)

新品価格
¥1,200から
(2014/2/27 21:29時点)

 物語の中では、原因がわからないふしぎな現象、自然現象から病気に至るまで、多くのふしぎな現象に蟲がかかわっているとされます。

 「疳(かん)のムシ」や「三尸(さんし)」のように、実在しない架空の小さな生き物も「蟲」とよばれていましたので、「蟲師」の「蟲」にふさわしい漢字です。


 作者も旧字が使われていた時代の物語であることを表すためだけでなく、現在の「虫」と区別するために「蟲」という字を使ったのではないでしょうか。



蟲師の役割

蟲師 愛蔵版(4) (アフタヌーンKCデラックス)

新品価格
¥1,200から
(2014/2/27 21:30時点)

 物語は蟲によって起こされる様々なふしぎな現象に戸惑う人々を、主人公の蟲師のギンコが助ける短いエピソードが積み重なっています。

 ただ「助ける」といってもギンコができるのはその時できる最良と思えることまで。

 必ずしもすべてが丸く収まるハッピーエンドではありません。

 もちろんボスを倒せば呪いが解けて元通り、という作品でもありません。

 蟲によっておこされる様々な出来事を、それに関わる人々の喜びや悲しみで綴っているのが「蟲師」の物語です。



蟲師 愛蔵版(5) (アフタヌーンKCデラックス)

新品価格
¥1,200から
(2014/2/27 21:31時点)

映像化

 2005年から2006年にかけてアニメーション化、2007年には実写映画化もされました。

 2014年1月には新作のアニメが放送され、4月からは新作として原作すべてのエピソードをアニメ化する予定だそうです。

 人々の物語と同時に、アニメ版では鮮やかな映像で表現される日本の自然の美しさも見どころの一つになっています。



タグ♦ 蟲師 六書

■参考外部リンク■
TVアニメ『蟲師 続章』公式サイト


【期間限定生産】 蟲師 二十六譚 Blu-ray BOX スタンダード版

新品価格
¥19,144から
(2014/2/27 21:32時点)

蟲師 二十六譚 DVD Complete BOX

新品価格
¥23,081から
(2014/2/27 21:33時点)

蟲師 特別篇 日蝕む翳(ひはむかげ) [Blu-ray]

新品価格
¥5,195から
(2014/2/27 21:32時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 蟲師象形文字会意文字漆原友紀六書

関連記事

theme : 漫画
genre : アニメ・コミック

貝なのに毛のはえたカタツムリの謎

 大阪と奈良の間を通る二上山(にじょうざん)から屯鶴峯(どんづるぼう)へ向かうダイヤモンドトレールを歩いている時、カタツムリを見ました。
 といっても大阪でよく見るナミマイマイやクチベニマイマイとはちがって平べったいカタツムリ。

この記事にはカタツムリの画像があります。


平たいカタツムリと出会ったあたりのダイヤモンドトレール
平たいカタツムリと出会ったあたりのダイヤモンドトレール

 でもそれ以上に気になるのが、毛。
 貝なのに毛が生えているのです。
 病気とか何かが着生したのではありません。
 そういうかわった殻を持つカタツムリ。
 オオケマイマイです。

毛がはえた平たいカタツムリ
毛がはえた平たいカタツムリ

 カタツムリは海の貝と同様に石灰質の殻の表面をキチン質の殻皮(かくひ)で覆っています。
 その殻皮が毛のようになっているのです。


オオケマイマイ(大毛蝸牛)

軟体動物門 腹足綱 有肺目 オナジマイマイ科
活動時期:4月~11月
棲息環境:低山の林の草の上,
日本での分布:本州(中部以西),四国,

[レッドデータブック]
 環境省RDB:記載なし
 絶滅危惧I類:山口県,
 絶滅危惧II類:愛媛県,

  • 絶滅(EX):我が国ではすでに絶滅したと考えられる種
  • 野生絶滅(EW):飼育・栽培下でのみ存続している種
  • 絶滅危惧I類(CR+EN):絶滅の危機に瀕している種
  • 絶滅危惧II類(VU):絶滅の危険が増大している種
  • 準絶滅危惧(NT):現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種
  • 情報不足(DD):評価するだけの情報が不足している種


 ところが普通のカタツムリの殻皮にはすごい秘密があることがわかっています。
 目で見てわからないほどの細かい凹凸があり、ゴミがひっつきにくく、ひっついても雨で流れやすいようになっているのです。
 その構造を応用した汚れにくい外壁のような建築素材などもすでにあります。
 たしかに殻の汚れたカタツムリは見たことないような気がします。

 にも関わらずその汚れにくさを無くして毛を生やす。
 謎のカタツムリです。

カタツムリハント?フ?ック

新品価格
¥1,760から
(2021/7/11 14:03時点)

カタツムリ・ナメクジの愛し方 日本の陸貝図鑑

新品価格
¥2,200から
(2021/7/11 14:03時点)

ちっちゃな生きものたち カタツムリ

新品価格
¥1,650から
(2021/7/11 14:04時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオケマイマイカタツムリ有肺類二上山ダイヤモンドトレール

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ワラジムシのようでワラジムシでない。それはニホンヒメフナムシ。


 生きている姿を自然の中で見てみたい動物があります。

 中には「なんだそれ?」と知名度のないマイナーな動物もあると思います。
 もちろん知名度が高くて多くの人も共感してくれる動物もあるでしょう。
 そして「どうして?」と不思議に思われる動物もあると思います。

 多分「どうして?」と言われる動物の一つが、ニホンヒメフナムシ(日本姫船虫)です。



この記事には虫(ワラジムシやフナムシ)の画像があります。





 名前のとおりフナムシの仲間ですが、住んでいるのは海から遠く離れた山。
 落ち葉の下にいる小さな虫です。

 住んでいるところも食べ物も大きさも形も、簡単に言うとワラジムシ(草鞋虫)。
 でもフナムシです。

 それほど珍しい生き物ではないようですが、見たことがありません。
 だから今までダンゴムシやワラジムシと思っていた虫の中に紛れ込んでいたのではないか、と気になっていたのです。



ツルツルピカピカのワラジムシ?
ツルツルピカピカのワラジムシ?




 そのニホンヒメフナムシにやっと出会うことができました。

 錦織(にしこおり)公園ですみれを探していたとき。
 遊歩道のために切りくずして崖になった面をはいまわるワラジムシを見つけました。

 しかし、そのワラジムシの背中はなんだかつるつるしていて光沢があります。

 そしておしりの部分から長いヒゲのような尾脚(びきゃく)が2本生えています。
 これもワラジムシっぽくありません。

 どちらかと言うと、フナムシに似ています。

 まさか?!



フナムシ[矢倉干潟]
節足動物門-甲殻亜門-エビ綱-等脚目-ワラジムシ亜目
     -フナムシ科-フナムシ属 フナムシ[矢倉干潟]




 ということで追いかけて写真を何枚も取りました。

 その日はスミレ仕様の用意で、虫を観察する道具は持ってきていません。
 小さい穴の中に隠れるまで何枚も写真を撮りました。

 家で確認してみると……

 はたして、ニホンヒメフナムシでした。



ニホンヒメフナムシ[錦織公園]
節足動物門-甲殻亜門-エビ綱-等脚目-ワラジムシ亜目
     -フナムシ科-ヒメフナムシ属 ニホンヒメフナムシ[錦織公園]




 ワラジムシによく似ているヒメフナムシのわかりやすい特徴は、つるつるした背中、頭の白い模様、そして長く伸びた2本の尾脚。

 尾脚は近い仲間のワラジムシやダンゴムシにもありますが、短いのです。
 フナムシは長いのが特徴。

 ニホンヒメフナムシもフナムシの仲間ですので、この尾脚が長いのです。



ワラジムシ
節足動物門-甲殻亜門-エビ綱-等脚目-ワラジムシ亜目
     -ワラジムシ科-ワラジムシ属 ワラジムシ




 これでワラジムシによく似たフナムシを見ることができました。

 次はダンゴムシによく似たタマヤスデ探しです。



◆タグ ダンゴムシ 等脚類 甲殻類 ◆

■外部リンク■
大阪府営 錦織公園

大阪市 西淀川区 西淀川区の名所


【10P04Aug13】科学シリーズ ダンゴムシのヒミツ観察セット【生物/自然観察/夏休み/冬休み/自由研究セット/自由工作セット/体験学習/理科実験キット/マルムシ】

価格:1,155円
(2013/8/6 09:11時点)

ダンゴムシ [ 今森光彦 ]

価格:1,470円
(2013/8/6 09:12時点)

(海水 無脊椎)冷蔵 オオグソクムシ(1匹) 別途クール手数料 常温商品同梱不可

価格:6,728円
(2013/8/6 09:10時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニホンヒメフナムシヒメフナムシフナムシ甲殻類ワラジムシ等脚類錦織公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

金剛山でのなつかしい再会。シーボルト……


 金剛山山頂広場で長い間会いたかった生き物に再会しました。

 それは、シーボルトミミズ。

 ミミズです。



この記事にはミミズの画像があります。





 シーボルトミミズの特徴の一つは、その大きさ。

 長いものは45センチにもなるという、小さな蛇のような大きさです。

 そしてルリセンチコガネのように瑠璃色に輝く姿。

 子供のころ、田舎ではじめて見た時には大きさと色で本当にヘビかと思いました。

 そのミミズらしくない姿からでしょうか。

 山の坂道を歩いていると上から転がって追いかけてきた!

 というような都市伝説ならぬ「山村伝説」があるのも納得できます。



金剛山山頂広場のシーボルトミミズの頭
金剛山山頂広場のシーボルトミミズの頭




 名前の「シーボルト」は、歴史の教科書にでてくる幕末の日本にやってきたドイツ人(実はオランダ人と詐称)医師であり博物学者のフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトのことです。

 博物学者として日本の植物を中心に集めていたシーボルトが採集したミミズのひとつが、シーボルトミミズです。

 シーボルトが標本にした日本の生き物には幻のアジサイと呼ばれるシチダンカがあります。

 シーボルトミミズも同じように幻のミミズなのか、というとそうではありません。
 ただ山に住んでいるので日常的に目にすることが無いだけです。


 金剛山で見たシーボルトミミズは、ちょっと小さいサイズのようでした。



頭を落ち葉に隠している金剛山山頂広場のシーボルトミミズ
頭を落ち葉に隠している金剛山山頂広場のシーボルトミミズ
定規は15センチ

環形動物門 貧毛綱 ナガミミズ目 フトミミズ科




 このブログをはじめたときから実は書きたかったミミズの記事をやっと書くことができました。



◆関連タグ◆ 〔シーボルト〕 〔金剛山の虫〕


■外部リンク■
金剛山登山道情報(金剛山のホームページ)


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: シーボルトミミズミミズシーボルト金剛山金剛山の虫

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS