【 蘭】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

初夏の山で出会った蘭 采配蘭

 春の花も一段落。
 落葉樹の葉も広がり、林床も薄暗くなってきた初夏。
 蘭と出会いました。


 まっすぐ伸びた花茎にちょっとうつむき加減の花が並んでいます。
 なんとなくキジカクシ科のような雰囲気ですが。
 花びらの根本のところを見ると、縦の溝がねじれています。


 これは花柄じゃなくて子房。
 子房がねじれて花の上下が逆になるのが蘭の特徴。
 果実が熟す間にねじれがなくなっていきます。
 ですから、この植物は蘭。

サイハイラン

 この蘭はサイハイラン(采配蘭)。
 戦いのとき指揮官が軍勢を指揮するときに使った采配に似ていることが由来。
 というには、采配が多すぎ、「船頭多くして船山に登る」になってしまいそうです。
 リーダーにとってちょっと縁起が悪い花かもしれません?


 この蘭も盗採が後を絶たず、数を減らしているようです。
 蘭は菌類と共生して生きる植物。
 ですから多くの蘭は栽培は困難。
 サイハイランもそのような蘭の一つ。
 盗採はいたずらに蘭を減らすだけ。
 もちろんそれ以前に犯罪です。

日本のランハンドブック (1) 低地・低山編

新品価格
¥1,728から
(2017/5/30 22:09時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: サイハイラン    初夏の花  夏の花  紫色の花  白い花 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

ネジバナのネジネジを決めるのは一体なんだろう?

 蘭なのに雑草のネジバナ。
 公園など草刈りがよくされるところに生えます。

彡巻のネジバナ

 ネジバナの特徴は、名前のように小さな花が花茎の上を螺旋(らせん)を描いて並んでいること。
 螺旋は、自然界ではよく目にすることで、たとえば巻貝の殻や、フジの蔓(つる)の巻き方などがあります。
 螺旋の重要な特徴は、巻の方向が必ずあること。「右巻き」「左巻き」です。
 ただ、右から巻くのが右巻きか、右へ巻いていくのが右巻きか、呼び方はとてもややこしかったりします。

 それで螺旋を扱う業界では、混乱を避けるためにそれぞれ呼び方を決めています。
 植物の蔓が巻くのをイメージして、「S巻」「Z巻」という呼び方がされることもありますが、全体で統一された呼び方はありません。
 IWO(いきもの は おもしろい!)では、もっと直感的にわかりやすいように、横から見たときの螺旋の方向を文字の形に見立て「ミ巻(みまき)」「彡巻(さんまき)」としています。

ミ巻のネジバナ

 さて、ネジバナの花の巻き方は、ミ巻なのか、彡巻なのか。
 それは、両方。
 出現する割合は、ほぼ半々と言われています。
 IWOでも2014年2015年に調べてみた結果、たしかにほぼ半々でした。
 そこで次に気になるのは、ミ巻彡巻は、どのようにして決まるのか。
 同じ株からは毎年同じ巻き方の花が咲くのか。

 ところが、ネジバナは多年草ですが、地面に出ている葉のひとかたまり(株)は1年で枯れてしまいます。
 花が咲いて実がなると、その株は枯れ、入れ替わるようにとなりから新しい葉が生えてきて、新しい株になります。
 地面の下でも古い根は枯れて、新しい根に入れかわります。
 毎年新しくなりますが、種を経ないで連続していますので、多年草。
 つまり、毎年咲いているのは株が変わっても同じ遺伝子のネジバナです。

ネジバナの根

 それで、同じ鉢に咲くネジバナの巻き方を追ってみると、みごとにばらばら。
 この鉢には根の塊を一つしか植えていないので、2株は同じ遺伝子のはず。
 種が落ちた可能性もありますが、1年では花は咲かないので、同じ根由来でしょう。


2016年
ミ―彡

2015年
彡―ミ

2014年
彡―彡

 巻貝やフジの蔓のように螺旋の向きが決まっている生き物は少なくありません。
 でも、ネジバナの巻き方は遺伝で決まるのではないようです。
 新しい株になると、葉の形などの性質も変わるそうなので、そういう「個性」の細かいところは、なにか外からの要因で決まるのでしょう。
 とはいえ、右か左に巻くか決める何かがあるはず。
 それが働かなかったのか、時折ねじれないネジバナもありますが。
 身近な雑草ですが、なかなか不思議がいっぱいのネジバナです。

【山野草】白花秋咲大輪ネジバナ

価格:820円
(2016/8/3 20:21時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ネジバナ    夏の花  赤紫色の花  螺旋 

関連記事

theme : 草花
genre : 趣味・実用

今年もネジネジ雑草蘭のネジバナが咲いています。錦織公園

 初夏の蘭。
 ネジバナが咲きはじめました。
 蘭というと、山に生える貴重な花。
 そういうイメージをくつがえす芝生の上などに生える「雑草」の蘭。

 里山公園の錦織公園でも園内のあちこちで咲いていますが、わかりやすいのが公園の中央、展望台のとなり。
 草地になっている丘。





 丘のまわりの道をぐるりと。
 イネ科やカヤツリグサ科に混ざってところどころで咲いています。





 ネジバナが生えるのは、年に数度草刈りがされるようなところ。
 草がないところには生えませんし、茂りすぎているところにも生えません。
 自然界にはあまりありませんが、人間の生活のまわりにはどこにでもある場所です。

 雑草とはいえ、蘭。
 まわりに草が生えていないと生きていけません。
 でも、草が大きく茂って日陰になっても生きていけません。
 意外と繊細な雑草かもしれません。

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ネジバナ    梅雨の花  初夏の花  赤紫の花  錦織公園 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

春の蘭 毎年咲くということの大切で悲しい意味

 今年も蘭が咲いていました。

 去年は閉じていたキンランは開いていました。
 開くと蘭らしい花。

キンラン

 ギンランは開かないので去年と同じ。
 ただちょっと環境があれてしまい、半月ほど前は葉がササバギンランのように細かったのですが、ギンランらしい葉になっていました。

ギンラン

 シュンランはもう咲き終わっていました。

シュンラン

 これらの蘭は多年草ですから環境が悪化しなければ毎年咲くはず。
 でもそれ以上に、今年も咲いていたということは、盗採という犯罪に遭うことがなかった証。
 自然の中で蘭が「咲く」ということは、花が咲く以上の意味があります。

 悲しいことですが。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キンラン  ギンラン  シュンラン    春の花  絶滅危惧種 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

梅雨の芝生の上に咲くネジバナのねじねじは毎年同じ?

 梅雨の頃に咲く花、ネジバナ。

 愛好者が多いランの仲間ですが、そこら辺に生えている雑草。

 多年草で、葉は年中地面にはりつくようなロゼット状。

 花が咲くこの時期が過ぎると、どこにあるのかわからなくなります。


 別名「ねじり草」。

 名前のとおり、花がぐるりとねじれてつくのが特徴。

 「ねじれ」には必ずつきものの右巻き左巻き。

 ややこしいのでこのブログでは、横から見て巻いている方向をそのまま文字にして「ミ巻」「彡巻(さんまき)」と言っています。


 ネジバナの面白いところは、ミ巻き彡巻きがだいたい同じ数ということ。

 次に気になるのは、毎年同じ巻き方かどうか。

 ネジバナは太い根の数箇所から芽を出しますが、ひとつの芽から咲くのは1本だけのよう。

 ということで、鉢植えの同じネジバナの今年と去年の写真を比べてみました。


2014年のネジバナ
ちょっとわかりにくいですが
どちらも彡巻
右側の巻きが乱れてる

2015年のネジバナ
わかりやすい
彡巻とミ巻
巻きもきれい

 すると、去年はどちらも彡巻。

 しかし今年はミ巻と彡巻。

 ネジバナは株分けしても同じ性質にならなこともあるとか。

 同じ株でも巻き方は毎年ちがうようです。

タグ♦ ネジバナ 

ネジバナ(ネジ花)1ポット「☆」

価格:702円
(2015/7/3 22:58時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ネジバナ    梅雨の花  赤紫色の花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

晩春に咲いた黄色くてまるまったままの花 キンラン


 ギンランと同じように晩春に咲く黄色い蘭。

 キンラン。

 里山でありふれた植物でしたが、今は環境省のレッドリストでは「VU(絶滅危惧II類/ 絶滅の危険が増大している種)」に指定されています。

 大阪のレッドリスト、前回の2000年版では「要注目」、ランク外でした。

 それが最新の2014年版では環境省と同じ「VU」。

 一気に「NT(準絶滅危惧/変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種)」を跳び越しました。



ギンランによく似た黄色い花のキンラン
ギンランによく似た黄色い花のキンラン




 もちろん、キンランが好む丘陵地の林や里山が減ったこともあります。

 それ以外にも心無い人々が勝手に持ち帰る“盗採”があります。

 こういうところもギンランと同じ。



キンランとちがって花は開くのですがもう咲き終わった?
キンランとちがって花は開くのですがもう咲き終わった?




 地面に生えるランの仲間は、地面の下の見えない菌類のネットワークを利用して生きています。

 そういった菌類は樹木と共生して生きています。

 ですからランだけを持ち帰っても、菌類のネットワークが切れてしまい、いずれ枯れてしまいます。



蘭の仲間らしく捻れた子房
蘭の仲間らしく捻れた子房




 そもそも日本の土地には所有者がいるはずですから、その許可を得ないで動植物を持ち帰ることはどろぼうです。

 そしてその結果、貴重な生き物を地球上から減らすことになるのです。

 野生の生き物は、その生き物だけでなく、周りの見えるところも見えないところも含めてのいろいろな生き物が生きている環境、ビオトープがあってこそ生きていられるのです。

 興味がある生き物だけに目を向けるのではなく、一見関係なさそうなまわりも含めて見れば、いろいろなことが見えてくるはず。



タグ♦  絶滅危惧種

■参考外部リンク■
大阪府/大阪府レッドリスト
絶滅危惧種検索(生物多様性情報システム)


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キンラン    絶滅危惧種  大阪VU  環境省VU  黄色い花  晩春の花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

晩春に咲いた白くて丸い花 ギンラン


 晩春のあまり大きくない花。

 林床に咲く小さな白い花。

 ギンランです。



 漢字では「銀蘭」。

 しかし丸くて小さい花。
 先端が尖った長楕円形の平行脈の葉。
 互いちがいに葉が生える互生。

 ランの花というと、特殊化した6枚の花弁が左右対称の形を作るのが特徴です。

 丸くすぼまったような花は、ランというよりスズランのようなクサスギカズラ科のようです。



 しかしギンランは、ラン科キンラン属。

 ランの花に見えないのは、花弁が開ききらないからだそうです。

 受粉のために目立つように花を変化させたランですが、それに逆行したかのような花。







 ギンランは35都府県でレッドリストに掲載されています。
 過半数で絶滅危惧II類(VU/絶滅の危険が増大している種)以上のランクに。

 絶滅危惧種に指定されるのは、開発などによる環境の変化の影響があるのはもちろんですが、それ以外にも勝手に持ち去ってしまう盗採、つまり泥棒されることも影響しています。



 このようなラン科は野生種でも観賞価値が高いとされるものが少なくなく、ひどい場合になると、大切に保護していた場所から盗まれることがあります。

 ギンランも含めて、特定の場所にしか生えないような植物は、気温や日照、土質や地中に棲む様々な生物との複雑な関係の上で生きているものも少なくありません。

 そういった生き物は、仮に持ち帰ったとしても育てることは困難。

 目に見えない生き物を含めた様々な条件を人間が満たすことは、不可能といってもいいほどのことですから。

 希少な植物を持ち帰ることは、犯罪で、さらに貴重な植物を絶滅へ追いやる行為です。







 植物に限らず、生き物はその生き物だけで生きているわけではありません。

 目に見ないものも含めて様々な生き物たちが相互に影響しあう環境、つまりビオトープがあることで生きることができます。

 そこから切り離されれば、その生き物はどうなってしまうのかは、簡単に想像できることでしょう。



タグ♦  絶滅危惧種

■参考外部リンク■
日本のレッドデータ検索システム


笹葉ギンラン 【山野草】

価格:843円
(2015/5/4 00:31時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ギンラン    絶滅危惧種  大阪VU  白い花  晩春の花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる