【 芹乃栄】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

現代の春の七種はセリがよく育つ時 七十二候:芹乃栄

 今年も1月7日の七草粥の日が終わりましたが、本来は旧暦の行事なのでおよそ1ヶ月早かったのです。

 1年を24等分して春夏秋冬の季節の移り変わりを表した二十四節気
 それをさらに3等分したものが七十二候
 それでは、現在の新暦1月7日は「芹乃栄(せり すなわちさかう)」という期間になります。
 意味はセリがよく育つ季節。

 セリは、田んぼや用水路のなど水気が多いところや浅い流れのある溝などに生える野草で野菜、つまり山菜。
 さらに春の七種(春の七草)のひとつ。
 その名前を織り込んだ歌の最初に名前が挙げられる植物です。

 今年の「芹乃栄」のころの錦織公園。
 ここの河内の里の田んぼの端にはセリが生えています。
 勝手に生えているのか同じところに生えているイグサやクサネムに押されて次第に弱々しくなって来ました。

まるで雑草

いろんな植物の中でがんばるセリ

小さい葉に荒い鋸歯 三出複葉が集まった2回羽状複葉

 それがいつの間にか七十二候のように増えていました。
 まだ丈は低いですが、今年は芹の花を見ることができるかもしれません。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 芹乃栄七十二候セリ錦織公園山菜

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

七十二候第六十六候「雪下出麦」と第六十七候「芹乃栄」 寒い冬でもがんばってます。


 1月。
 新しい年のはじめ。

 一年で最も寒くなると言われる小寒を挟んだ七十二候(しちじゅうにこう)の「雪下出麦」と「芹乃栄」。
 一年で最初とその次の候です。

 よみは「ゆきわたりて むぎのびる」と「せり すなわちさかう」。

 もうちょっとわかりやすくると「麦、雪の下で芽を出す」と「芹、よく育つ」。

 寒い中でも成長している様を表しています。



里山の農家を再現した錦織公園の河内の里の風景
里山の農家を再現した錦織公園の河内の里の風景
大阪南東部の南河内(みなみがわち)地方の農家の雰囲気を再現した河内の里。
小さいですが、田畑のビオトープが再現され、ほかにも今の河内地方では見ることがなくなった茶畑や、和紙の原料となるコウゾやミツマタなどが栽培されています。
隣にはコナラを中心とした里山のビオトープもあります。



 日本では稲刈りが終わってから田植えまでの間にムギを育てることがあります。

 冬はムギが育つ季節。

 そして多年草のセリも青々しています。

 ムギはこのまま育って春に収穫を迎えます。
 セリはいつでも食べることができます。

 植物が枯れて寒々とした冬でも、身近で青々としている植物をみて、暖かくなりはじめる春を思っていたのでしょうか。



青々している「雪下出麦」の頃のムギ
青々している「雪下出麦」の頃のムギ
河内の里では田んぼではなく畑に植えられています。
ほかにダイコンやカブなどが育っていました。



 もちろん本州の太平洋側平野部では冬でも枯れない草はたくさんあります。

 その中からムギとセリが選ばれたのも、身近で大切な食べ物だったからかもしれません。



ちょっと元気がなさそうな「芹乃栄」の頃のセリ
ちょっと元気がなさそうな「芹乃栄」の頃のセリ
セリは田んぼの一角に生えています。
田んぼそのものは雑草もなくきれいですので、意図的に残されているのだと思います。
水辺が好きなセリですので、ちょっと元気が無いようにみえるのは、田んぼの水がなくなったためかもしれません。



 この後、二十四節気(にじゅうしせっき)は一年で一番寒いという「大寒(だいかん)」になりますが、七十二候では春を思わせるような候が続きます。



◆タグ 七十二候 芹乃栄 錦織公園 ◆

■参考外部リンク■
大阪府営 錦織公園


【新品】【本】【2500円以上購入で送料無料】現代こよみ読み解き事典 岡田芳朗/編著 阿久根末忠/編著

価格:2,853円
(2014/1/8 20:49時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 七十二候雪下出麦芹乃栄セリムギ錦織公園河内の里

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS