【 花の文化園】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

小さな節分草の花の意外な秘密?

 節分の頃に咲き始めるセツブンソウ。
 キンポウゲ科の石灰岩地帯を好む好石灰植物。

小さなセツブンソウ
セツブンソウ

 キンポウゲ科の花といえば、萼(がく)。
 花の下にある緑色の葉っぱみたいな部分。
 変化が激しく、いろいろなパターンがあります。
 これが緑色の葉っぱみたいなのと、まるで花びらのようなものがあります。
 さらに、萼が花びらみたいになって、花びらそのものが無くなったり別のものに変わったりするものもあります。

 その組み合わせを調べてみたらこんなかんじになりました。

花弁\萼普通の萼咲くと落ちる萼花弁みたいな萼
普通の花弁 キンポウゲ属
フクジュソウ属等
   
花弁は小さい     ルイヨウショウマ属
キンバイソウ属
花弁は筒状     レンゲショウマ属
オダマキ属等
花弁は萼に隠れる     トリカブト属
花弁は蜜腺     セツブンソウ属
オウレン属等
花弁は無い   カラマツソウ属
モミジカラマツ属
イチリンソウ属
ミスミソウ属等

 じっくり見てみるとおもしろいのが、キンポウゲ科の花。
 セツブンソウは「花弁みたいな萼+花弁は蜜腺」型。
 花弁のように見えるのは、もちろん萼。
 先が黄色い雄蕊のようなものが蜜腺。つまり元は花弁。
 でも、正面から見てると普通のきれいな花に見えるのがおもしろいところ。

花を裏側から見ると萼がない!

 キンポウゲ科の花に出会ったら、横から見て緑色の萼があるかないかを確認して、どのタイプの組み合わせか考えてみるとおもしろいかもしれません。


セツブンソウの画像は別館にもあります。
【いきもの を ぱちり! セツブンソウ】

■参考外部リンク■
大阪府立花の文化園公式サイト

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: セツブンソウ花の文化園キンポウゲ科の花萼の花白い花春の花春植物

関連記事
スポンサーサイト



theme : 山野草
genre : 趣味・実用

今年も小さな小さな節分草がさきはじめました。花の文化園


 2015年2月3日は節分(せつぶん)です。

 節分は二十四節気以外の季節の区切りを表す雑節(ざっせつ)の一つ。

 本来は四季の始まりの立春・夏至・秋分・冬至それぞれの前日のことですが、今では立春の前日のことを指します。

節分草

価格:615円
(2015/2/2 20:36時点)




 ということで、今年も節分の頃に咲き始める節分草です。

 キンポウゲ科センツブンソウ属の多年草。

 多年草と言っても、春先に芽を出し、花を咲かせ、夏が始まる前に枯れて、次の春まで地面の下でじっと待っている春植物(スプリング・エフェメラル)。

 ですから出会えるのは春先のわずかな間だけ。



 西日本の石灰岩地帯にしか生えないと言われる珍しい植物です。

 大阪では絶滅危惧 I 類。
 絶滅の危機に瀕しています。



 そんな節分草を簡単に見ることができる場所の一つが、大阪府河内長野市の植物園、花の文化園。

 今年も節分を前にして咲きはじめていました。



花を咲かせるためだけのような小さな節分草
花を咲かせるためだけのような小さな節分草




咲きかけのつぼみと
咲きかけのつぼみと




蟲師のように光っているように見えます
「蟲師」のように光っているように見えます




 花の文化園の節分草の見頃は2月後半。

 狭い範囲ですが、一面咲いている姿を見ることができるのは、もう少し先。

 そうなったら、きっとホームページで教えてくれるでしょう。



タグ♦ 節分草 花の文化園

■参考外部リンク■
大阪府立花の文化園公式サイト


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: セツブンソウ節分花の文化園冬の花白い花キンポウゲ科の花絶滅危惧種大阪CR+ENNT

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

もうすぐ春の1月の植物園の花 花の文化園


 1月の植物園。

 大阪の河内長野市の花の文化園は、12月1月は入場料が40%オフ。

 確かに花は少ない季節です。

 でも立春直前にもなると、花が咲きはじめていました。



花の文化園のピラミッド風温室
花の文化園のピラミッド風温室




 下赤阪の棚田でも咲いていた素心蝋梅(そしんろうばい)

 ここではまだ咲きはじめという感じ。

 つぼみがかたそうな木もありました。

素心蝋梅(そしんろうばい)




 冬に咲く桜の十月桜(じゅうがつざくら)

 名前の通り10月くらいからソメイヨシノが咲き始めるくらいまで咲いています。

 ということで、実は去年から咲いています。

十月桜(じゅうがつざくら)



 そして梅。

 もう早咲きが咲いていました。

 冬至の頃に咲き始めるという紅冬至(こうとうじ)

紅冬至(こうとうじ)



 こちらも冬に咲く八重寒紅梅(やえかんこうばい)
 ちょっと色が薄いようにも思いますが。

八重寒紅梅(やえかんこうばい)



 そして草本ではあの花も咲きはじめていましたが、それは立春の前日に。



タグ♦ 花の文化園

■参考外部リンク■
大阪府立花の文化園公式サイト


この記事の続きを読む


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 冬の花ソシンロウバイ十月桜花梅紅冬至八重寒紅梅花の文化園

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

未年に羊の顔が現れた?


 2015年未年(ひつじどし)。

 ということで、羊の顔です。

 といっても本当の羊でないのは、見ての通り。



謎の羊の顔
謎の羊の顔




 これは、植物に出来た羊の顔。

 霊的な作用で出来た人面疽(じんめんそ)、じゃなくて羊面疽。
 ではありません。

 樹木の葉が落ちた跡、葉痕(ようこん)です。

 それが羊っぽい模様に。



斜めでも羊の顔
斜めでも羊の顔




 この樹木はオニグルミ。

 クルミ目 クルミ科 クルミ属の落葉高木。

 そう、高く成長するので、もちろん葉がつくのは上の方。

 ちょっと見にくいのです。

 写真は大阪府河内長野市の植物園、花の文化園のオニグルミ。
 新聞に載っていました。

 まだ植えられて間がないようで、高さも2メートルをちょっとこえたくらい?

 なので葉痕を目線の高さで、そして近くで見ることができます。



オニグルミの葉痕
オニグルミの葉痕




 オニグルミは植物園では珍しい樹木ではないと思いますが、羊の葉痕を間近で見ることができるのは、珍しいかも?

 もしかして、樹木の葉痕をさがしてみると、十二支がそろったりして?



タグ♦ 花の文化園 

■参考外部リンク■
大阪府立花の文化園公式サイト


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オニグルミ葉痕ヒツジ花の文化園

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その19 花の文化園の園内最大のメタセコイア(仮)


 大阪府河内長野市にある植物園、花の文化園。

 開園24年ですが、意外と大きな樹木があります。



 今年、園内の巨木の高さが測られ、結果がセンペルセコイアに掛けられていました。

 それによると園内最大の樹木はカラーリーフガーデンのメタセコイア。

 高さは30.5m。

 ところがそこは何本もメタセコイアが並ぶ場所。



どれが30.5mのメタセコイア?
どれが30.5mのメタセコイア?




 地図は簡略化され、木にも印はついていないようです。

 どれが30.5mのメタセコイアでしょうか。

 しかたないので、となりの広場から見て、いちばん高そうなメタセコイアにしました。



花の文化園の園内最大のメタセコイア(仮)(2014年5月)
花の文化園の園内最大のメタセコイア(仮)(2014年5月)




 樹高30mはメタセコイアとしては限界の高さのようです。

 となりには100m超えもありうるセコイアがあります。

 現在27.2m。

 いずれメタセコイアを抜き、園内一番になることでしょう。

 楽しみです。

 あと何年かかるかわかりませんが。



巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木




■参考外部リンク■
大阪府立花の文化園公式サイト


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 巨樹・古樹・老樹メタセコイア花の文化園

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

七十二候 第三十二候「蓮始開」 梅雨のハスの花


 7月中旬。

 梅雨も後半。

 沖縄では梅雨も開け一年で最も暑い時期になっています。

 そのころやってくるのが七十二候の第三十二候「蓮始開」。

 よみは「はす はじめてはなさく」、または「はす はじめてひらく」。

 意味は見たとおり。

 ハスの花が咲きはじめる時期。



雨の中の蜀紅蓮
雨の中の蜀紅蓮




 アジサイもそろそろ終わりになるころ、入れ替わるように咲いているのがハス。

  ヤマモガシ目 ハス科の多年生の抽水植物(ちゅうすいしょくぶつ)です。

 「抽水植物」は、根は水底の土の中にあり、葉や茎を水面から出す水生植物のこと。



 梅雨の花の文化園では、「蓮始開」を待たずハスがもう咲いていました。



水を弾く碧台蓮の花托
水を弾く碧台蓮の花托




 同じ頃に同じように咲く花にスイレンがあります。

 こちらはスイレン目 スイレン科。

 目(もく)からちがうので、見た目とちがってハスとは縁遠い植物です。



 見分けるポイントはいくつかあります。


 葉や花が水面からずっと上で広がっていたらハス。

 葉も花も水面に浮くようになっていたらスイレン。
 だからスイレンは浮葉植物。


 葉の形が丸ければハス。

 一部に切れ込みがあったらスイレン。


 葉が水を弾いて水玉ができたらハス。

 できなかったらスイレン。



こちらがスイレン
こちらがスイレン




 雨の日には、葉にたまった水が流れ落ちる鹿威しのような様子を見ることができます。



突然蓮の葉から流れ落ちる水
突然蓮の葉から流れ落ちる水




 なかには微妙な種類もあるようですが、概ねこの方法で見分けられるようです。


 植物園や公園の池窓で見かけた時は、ハスかスイレンか見分けてみるのも梅雨の楽しみ方になるかもしれません。



タグ♦ 蓮始開 七十二候 ハス 花の文化園

■参考外部リンク■
大阪府立花の文化園公式サイト


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 蓮始開七十二候ハス蜀紅蓮碧台蓮スイレン花の文化園夏の花梅雨の花

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

梅雨の植物園だってたのしいよ 雨のしずくと紫陽花


 梅雨。

 雨。

 冬に次いで植物園に人が少ない時期では。

 そんな時期に咲くのがアジサイ。

 雨の降る中、いつもの河内長野市の植物園、花の文化園へ行ってきました。



 もちろん目的はアジサイ。

 園の南、もみじ谷のとなりにアジサイ園があります。

 およそ80品種、1000株が植えられているそうです。



ヒノキ林の中のアジサイ園
ヒノキ林の中のアジサイ園




 アジサイというと、大きな花弁の花が丸く集まっている姿を想像するかもしれません。

 それはヨーロッパで品種改良されたアジサイ。

 その元となった日本のアジサイは、大きな花は小さな花のまわりを丸く囲むだけのガクアジサイ。

 そんなガクアジサイ風の品種の一部を集めてみました。



城ヶ崎 Hydrangea macrophylla f.normalis‘Jogasaki’
城ヶ崎




白ガク Hydrangea serrata "Shirogaku"
白ガク




品種不明
品種不明




 花の文化園のあじさいは、7月3日に剪定されたようです。

 雨にぬれるアジサイの花を楽しめるのは、また来年。



 風がなければ雨の日の植物園も趣があります。

 ただ種類によっては雨の日には咲かない花や閉じてしまう花がありますので、よく確認の上、雨の植物園を満喫してください。



タグ♦ 梅雨の花 アジサイ 花の文化園

■参考外部リンク■
大阪府立花の文化園公式サイト


アジサイ 【紫陽花の中苗】城ヶ崎アジサイ

価格:1,900円
(2014/7/8 00:29時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アジサイガクアジサイ城ヶ崎(Hydrangea)シロガク(Hydrangea)花の文化園梅雨の花夏の花青い花

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる