【 紫色の実】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

初冬の雑木林の小さな紫色の実。薮紫

 初冬の雑木林の黄葉した小さな木の小さな紫色の実。

薮紫

 ムラサキシキブのなかま。

 近づいてみると、萼や果柄に短い毛が生えています。

ヤブムラサキ

 これはヤブムラサキ。
 ムラサキシキブやコムラサキほどたくさんつきませんが、大きめの実がいい感じ。

ヤブムラサキ
薮紫
Callicarpa mollis
シソ目 シソ科 ムラサキシキブ属の落葉低木 液果

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤブムラサキムラサキシキブ冬の実紫色の実

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

無事役目を終えた? 紫色の実 あけび

 秋の金剛山。
 花だけでなく、実もあります。

 登山者が道端にしゃがんでスマホでなにか写しているようです。
 紫色の物体が転っています。

 アケビの実です。


 ただ、下に落ちるのは熟しきってから。
 種のある甘い部分はすっかり食べられ、ちょっと厚めの皮だけ。

 見上げると口を開けた実がいくつもなっていましたが、すべて中身は食べられたあとのようです。


 鳥たちが食べたのでしょう。
 鳥は甘みを感じないと聞いたことがありますが、アケビはおいしいのでしょうか?

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アケビ秋の実紫色の実金剛山

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

秋。クサギの花が咲いていました?

 9月中旬。
 クサギの花が咲いていました。

臭木

 クサギはシソ科の木。
 秋に花が咲き、すぐ実ります。

 赤い花びらに中心が藍色。
 きれいです。

クサギ

 と言いたいのですが、これは実。
 赤いのは花を包んでいた萼。

 花の色は白。

Clerodendrum trichotomum

 花だけでなく、実も楽しませてくれます。

クサギ
臭木
Clerodendrum trichotomum
シソ目 シソ科 クサギ属の落葉小高木

クサギ 華王 クレロデンドルム・クアドリロクラレ

価格:1,980円
(2020/9/22 23:28時点)
感想(0件)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: クサギ秋の実紫色の実秋の花白い花

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

なんともいえないヘンな形。いったい何の実?

 11月。
 おもしろい形の実。
 何科の植物かさっぱりわかりません。


 実は、マメ科。
 タネが2つはいったさやが開き、タネが左右に一つずつついたもの。
 といえば、多少はマメ科っぽく見えてくるでしょうか。


 この植物は、タンキリマメ(痰切豆)かトキリマメ(吐切豆)。
 どちらもよく似ています。

 わかりやすい違いは、葉。
 3枚の葉がついているのは、マメ科でよくあるタイプ。
 その1枚の葉の形にちがいがあります。
 タンキリマメは左右の角が丸い菱形。
 トキリマメは、先をぐいっと引き伸ばしたような楕円形。


 ということで、これはタンキリマメ。
 豆を食べるとタンが切れると言われるのが由来。
 でも、俗信で、漢方薬ではないようです。

野草図鑑 新装版 (Boutique books)

新品価格
¥1,404から
(2019/12/13 22:35時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タンキリマメ冬の実紫色の実マメ科

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

初冬の里山の紫色のちっちゃな実 藪紫

 初冬に小さな紫色の実。
 ムラサキシキブ。
 シソ目 シソ科 ムラサキシキブ属の落葉低木。


 とおもったら、これはヤブムラサキ。
 同じムラサキシキブ属の落葉低木。
 ムラサキシキブより全体に短い毛が多いのが特徴。


 実には毛はないので、ムラサキシキブと同じようにきれいな紫色です。

ヤブムラサキ
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤブムラサキ冬の実紫色の実錦織公園の実錦織公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

冬の里山公園の紫色の小さな実 ヤブムラサキ

 大阪南河内にある大阪府営の公園、錦織(にしこおり)公園。
 田んぼと住宅街の中に残った里山を元にした公園です。
 作るときに広範囲に植樹されたと聞きます。
 確かに大阪の平野部や丘陵部には生えていないと思える樹木も少なくありません。
 そういうのは植栽されたと考えられるのですが、生えていても不思議でない木の場合、一体どれが植栽されたもので、どれが自然に生えたものかわかりにくいところがあります。

ヤブムラサキの実

 冬の里山を彩る小さな紫色の実がなる落葉樹。
 ムラサキシキブ属。
 公園の北部にある河内地方の農家をイメージした河内の里には、実の小さなコムラサキが植えられています。
 そして、公園のはずれにはコムラサキよりも実の大きなムラサキシキブがあります。
 ただし、実のまわりや枝に毛がたくさんはえているので、ヤブムラサキ。

大きさは5ミリくらい

 木ですがシソ科。
 ですから、葉は2枚が左右に並んでつく対生(たいせい)。

対生の葉

 花の季節はは5月から6月にかけて。
 小さく葉にかくれて咲きますので、実ほど目立ちません。

花が咲くのは5月から6月

 コムラサキは植栽されたものだと思いますが、ヤブムラサキがはえていたのはあまり人がやってこない場所。
 こちらは元から生えていたか、実を食べた鳥によって運ばれてきたのかもしれません。
 まわりから孤立した里山ですが、明治神宮に匹敵するほどの広さのある公園です。
 じっくり見て回ると、ときおりおもしろい出会いがあったりします。

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤブムラサキ紫色の実冬の実錦織公園

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS