【 立春】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

立春 素心蝋梅の香

 2月。
 そしんろうばい。
 咲きはじめました。

素心蝋梅

 道を歩いていいると感じる香り。

 そして蝋細工のような淡い黄色の花。

ソシンロウバイ

 全身に花をまとい、色と香りで冬の終わりを知らせてくれます。

ソシンロウバイ
素心蝋梅
Chimonanthus praecox form.concolor
クスノキ目 ロウバイ科 ロウバイ属の落葉低木
ロウバイの栽培品種

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ソシンロウバイロウバイ黄色い花春の花初春の花立春

関連記事
スポンサーサイト



theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

一番寒い時期ですが、よく見ると春は来ています。立春

 今日は立春
 暦の上では春がはじまります。

 でも、一番寒さが厳しい時期。
 違和感があります。

 ところが。
 生き物たち、特に植物がひそかに動き始はじめています。

フクジュソウの蕾が顔を出していました。

フクジュソウのつぼみ

冬芽を覆っていた芽鱗を脱いでいるネコヤナギもありました。

ネコヤナギの花

アジサイも固く結んでいた冬芽を開きはじめていました。

アジサイの冬芽

 日本は南北に長く起伏に富んでいますので、もう春がきているところも、まだまだ春がこないところもありますが、ここにはもう春がやってきています。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 立春初春フクジュソウネコヤナギアジサイ錦織公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

立春。春の気立つをもってなり



春の()()つをもってなり。


立春


 今日は立春(りっしゅん)です。

 1年を24個に分けた二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、いろいろな暦日(れきじつ)はこの日を一年の基準(きじゅん)にします。
 たとえば、節分(せつぶん)立春(りっしゅん)の前日になりますし、新茶を()む時期といわれる八十八夜(はちじゅうはちや)もこの立春(りっしゅん)から数え始めます。
 旧暦(きゅうれき)の正月も立春(りっしゅん)の直前の新月(しんげつ)の日です。

まだつぼみが固い遅咲きの鶯宿梅
まだつぼみが固い遅咲きの鶯宿梅(おうしゅくばい)




すぐそこまで来た春


 そろそろ寒さも(とうげ)をこえ、気温も上昇し始め、草木の芽も少しずつですが(ふく)らみ始める時期です。
 まだまだ落葉樹(らくようじゅ)の多くは葉を落とした寒々とした姿ですが、気の早い花はもう咲き始めていたりします。
 少し離れた公園の梅林(ばいりん)南高梅(なんこううめ)はもうちらほらと咲き始めていました。

 まだまだ寒いながら、気がつくと日暮(ひぐ)れが遅くなっていて、いつの間にか春がすぐそこまで来てることを知ります。

開きはじめた南高梅
開きはじめた南高梅




太陽と星座


 立春(りっしゅん)はだいたい毎年2月5日ころになり、この日を年越(としこし)と考える風習があるために正月節(しょうがつせつ)歳首月(さいしゅづき)などともいいます。

 太陽は日日(ひび)昇っては沈んでを繰り返しますが、その道筋は毎日わずかにちがい、高いところを通る夏と低いところを通る冬の間を行ったりきたりしています。

 この太陽の位置は、夜空に見える星座と(くら)べてもずれていきます。
 もちろん太陽が出ているときは星座は見えませんが、夜の同じ時間に見える星座が季節で違ってくるのは、太陽と星座の位置が毎日変わっているからです。


太陽の通り道


 もちろん太陽と星座は一緒(いっしょ)に空を動いていくように見えますが、実は太陽と星座では動く早さがちがいます。
 ただ、その差がとても小さいので、目で見てもわからないだけなのです。

 毎日の太陽の位置を星座の上に書き写していくと、1本の線になります。
 プラネタリウムのように丸く空をつないでみると、その線は一つにつながって、輪になります。
 その太陽の通り道の輪のことを「黄道(こうどう)」といいます。

 その黄道(こうどう)を24に分けたのが二十四節気(にじゅうしせっき)なのです。


冬と春の境


 昔は冬至(とうじ)基準(きじゅん)にしていましたが、今は昼と夜の時間が同じになる春分(しゅんぶん)から翌年(よくねん)春分(しゅんぶん)までを、一番昼が長い夏至(げし)春分(しゅうぶん)と同じように昼と夜の長さが同じ秋分(しゅんぶん)、そして夜が一番長い冬至(とうじ)で4つに分けます。
 そして、それぞれを6つに分けると、4×6で24に分けられます。

 その中で冬至(とうじ)春分(しゅんぶん)のちょうど真ん中が、今日の立春(りっしゅん)なのです。

 今のカレンダーは、冬至(とうじ)に合わせた形で1年が始まりますが、昔の日本のように立春(りっしゅん)に合わせて一年の始まりを感じてみましょう。

 草木や鳥、虫たちも、一年の始まりとしてそろそろ活動し始めているかもしれません。


大きな地図で見る
南北に長い日本

南国に長い日本


 ただし、日本の二十四節気(にじゅうしせっき)は昔から(みやこ)が置かれた京都(きょうと)や今の東京(とうきょう)気候(きこう)にあわせて考えられています。
 日本は人が住んでいる範囲(はんい)だけでも、南北に2500kmもあるとても長い国です。

 たとえば、北海道(ほっかいどう)最北端(さいほくたん)宗谷岬(そうやみさき)と同じくらいの緯度(いど)はというとヨーロッパのイタリア北部、ちょうどアルプス山脈(さんみゃく)のあたりになります。
 そして人が住んでる最南端(さいなんたん)沖縄県(おきなわけん)波照間島(はてるまじま)と同じくらいの緯度のところは、なんと地中海(ちちゅうかい)を通り抜け、アフリカのアルジェリアやリビアの南部、サハラ砂漠(さばく)()只中(ただなか)になります。

 これほど長い国ですので、二十四節気(にじゅうしせっき)の意味も地方によって大きく変わってきます。


キッズ スペース
(はる)になったといってもまだまだ(さむ)()がありますので、服装(ふくそう)には()をつけましょう。

キッズgoo



二十四節気の記事は タグ二十四節気
二十四節気の順番は 記事【二十四節気表】



●二十四節気の日付がわかります
暦要項国立天文台:トップページ







››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 立春二十四節気南高(梅)鶯宿梅

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS