【 稲】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

村の棚田の稲刈りはじまりました。下赤阪の棚田


 日本の棚田100選の下赤阪の棚田。

 大阪唯一の村、千早赤阪村の棚田です。

 10月初旬。

 稲穂も色づいて稲刈りの季節がやって来ました。



稲刈りが始まった下赤阪の棚田
※画像スライドできます ⇒⇒




 この棚田は複数の方が管理されているようで、田植えも稲刈りもバラバラ。

 でも、この様子では、10月中旬にはきれいに稲刈りが終わっていることでしょう。

 11月のライトアップまで、棚田ビオトープもちょっと静かになるかもしれません。



タグ♦ 下赤阪の棚田の2014年 下赤阪の棚田

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田下赤阪の棚田の2014年下赤阪の棚田201410稲刈り棚田

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

やっと脱穀。プランター稲・バケツ稲・ペットボトル稲2013


 「やっと」がやたらとつく今年のバケツ稲。

 ついに脱穀(だっこく)までやってきまいた。



 稲穂(いなほ)からお米が入った籾(もみ)をはずす脱穀は、いつもの通りガラスコップを使用。

 コップでしごくようにして稲穂から籾をこそぎとっていきます。

 量が少ないバケツ稲だからできる技です。



プランター稲のガラスコップ脱穀
プランター稲のガラスコップ脱穀




 今年は化成肥料を使ったおかげで稲の成長もよく……と思っていたら、穂が出る直前に病気に

 薬を使わず病変を切り取るという古典的対症療法で何とか乗り越え、ちょっと丈は低かったのですが、なんとか去年よりいっぱい収穫することが出来ました。



 2012年は有機肥料を使ったために水が悪くなり、稲の成長に大きく影響しました。
 そのため収穫できた籾はプランター稲で30g、バケツ稲で11g、ペットボトル稲は量るほどもありませんでした。

 それに対して今年、2013年はプランター稲で150g、バケツ稲で90g、ペットボトル稲で20g。

 やっぱり田んぼとは比べられなほど小さなプランターでは、肥料は化成肥料のほうがいいようです。

 それでもはじめてつくった2011年にはプランターで250gとれましたので、病気の影響は少なくないようです。



脱穀前のプランター稲
脱穀前のプランター稲




 来年はプランター稲ビオトープの方に力を入れようと思っています。

 カブトエビたちの酸欠防止のために植える苗の数を大幅に減らす予定なので、来年は病気にかからなくても収穫量はもっと減るかもしれません。

 それもちょっとさみしいので、あと半年の間に来年のプランター稲・バケツ稲の予定をじっくり考えます。



◆タグ プランター稲 プランター稲201320122011 バケツ稲 ◆

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: バケツ稲プランター稲プランター稲2013バケツ稲2013ペットボトル稲2013脱穀プランター稲の脱穀プランター稲の考察

関連記事

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

金剛山が育む棚田の稲刈り 下赤阪の棚田2013年10月


 大阪南東部にある大阪唯一の村、千早赤阪村。

 そこにある日本の棚田百選にも選ばれた下赤阪の棚田。

 ちょうど七十二候の第四十八候「水始涸(みず、はじめてかるる)」。
 田んぼの水を干して稲刈りにそなえる時期です。

 6日に「棚田ふるさとファンクラブ」の稲刈りがあるというので行ってみました。



稲刈りがはじまっていた下赤阪の棚田
稲刈りがはじまっていた下赤阪の棚田
※画像スライドできます ⇒⇒


 棚田は田んぼによって稲の色づき具合は違っています。
 田植えの時期も違っていました。

 それは水や日当たりの具合もあるでしょうし、全部同じ人や団体が管理しているわけでもないようなので、ほかにもいろいろとちがいもあるでしょう。

 ということで、稲刈りが終わっているのは下赤阪城址の谷の半分くらいでしょうか。



稲刈りが終わった田んぼのとなりにはまだ黄金色の稲穂
稲刈りが終わった田んぼのとなりにはまだ黄金色の稲穂




 稲刈りの終わった田んぼには丸太を組み合わせた稲木(いなぎ)が作られ、刈り取られた稲の束が掛けられています。
 棚田のお米は自然乾燥のようです。

 昔は自然乾燥が当たり前でしたが、今ではコンバインで刈り取りと同時に脱穀(だっこく)して機械で乾燥するのが当たり前になっています。

 棚田はコンバインが入らないので、自然乾燥なのかもしれません。



稲木に垂れる刈り取られたばかりの稲
稲木に垂れる刈り取られたばかりの稲




 半年稲を育ててきた棚田もそろそろ半年のお休み。

 毎日毎日黄金の稲が刈り取られ、冬の棚田へと変わっていっています。



◆タグ 下赤阪の棚田 田んぼ ビオトープ ◆

■参考外部リンク■
大阪府/棚田ふるさとファンクラブ
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田棚田田んぼビオトープ稲刈り七十二候水始涸下赤阪の棚田2013下赤阪の棚田201310

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

金剛山が育む棚田の登熟 下赤阪の棚田2013年9月下旬


 夕暮れが早くなり、夜が涼しくなり虫の声も聞こえてくるようになりました。

 大阪南東部の千早赤阪村(ちはやあかさかむら)にある下赤阪の棚田も稲穂が垂れ、黄色くなり、秋の色が濃くなってきています。



黄色くなった穂が垂れている下赤阪の棚田の稲
黄色くなった穂が垂れている下赤阪の棚田の稲




 「登熟(とうじゅく)」は完熟した種を食べる農作物が実って完熟してく期間のことです。

 稲作でも籾(もみ)が緑色で硬さを感じるようになる時期を「登熟期」と呼びますが、さすがに棚田のお米を触るわけにはいきませんので、「実っている最中」という意味です。



登熟が進んでいる9月下旬の下赤阪の棚田
登熟が進んでいる9月下旬の下赤阪の棚田
※画像スライドできます ⇒⇒


 近くで見ると穂は黄色くなって垂れていますが、まだまだ葉は黄緑色。

 遠くから見るとまだまだ緑色が強く見えます。



富田林市立総合スポーツ公園から見た下赤阪の棚田
富田林市立総合スポーツ公園から見た下赤阪の棚田




 今年は10月6日に稲刈りイベントがあるようです。

 稲刈りまであとわずか。

 黄金に棚田が現れるのもあとわずか。

 でも、今の様子からすると、黄金の棚田が現れる前に稲刈りがはじまりそうな?



◆タグ 下赤阪の棚田 田んぼ ビオトープ ◆

■参考外部リンク■
大阪府/棚田ふるさとファンクラブ
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

富田林市立総合スポーツ公園


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田棚田田んぼビオトープ下赤阪の棚田2013下赤阪の棚田201309

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

金剛山が育む棚田の台風一過 下赤阪の棚田2013年9月中旬


 日本各地に様々な被害をもたらした台風18号。

 氾濫した川の水に飲み込まれてしまった田んぼがテレビに写っています。
 川が氾濫しなくても強い風で倒されているものもあるようです。

 日本の棚田百選の下赤阪の棚田はどうなっているでしょうか。

 ということで、台風一過の下赤阪の棚田へ行きました。



9月中旬の台風一過の下赤阪の棚田
※画像スライドできます ⇒⇒


 ほんの2週間あまり前の下赤阪の棚田は、やっと穂に色がつき始めたくらいでした。

 そこがもっと黄色くなり、重くなり、みんな葉より下に垂らせています。

 稲穂が重たそうですが、倒れているものはありません。
 みんな元気に育っています。



頭を垂れる9月中旬の下赤阪の棚田の稲穂
頭を垂れる9月中旬の下赤阪の棚田の稲穂




 そして、真っ赤なヒガンバナが咲き始めています。

 名前の通りお彼岸(秋分の日とその前後3日間)の頃に咲く真っ赤な花です。



ヒガンバナと9月の下赤阪の棚田
ヒガンバナと9月の下赤阪の棚田




 棚田が黄金色に染まるまではまだ時間がありますが、真っ赤のヒガンバナと穂を垂れる黄緑の稲もいい感じです。



ヒガンバナが咲く9月の下赤阪の棚田
ヒガンバナが咲く9月の下赤阪の棚田




 これからも稲穂はどんどん重くなり、中ではお米がどんどん大きくなっていくことでしょう。



◆タグ 下赤阪の棚田 田んぼ ビオトープ ヒガンバナ ◆

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪棚田田んぼビオトープヒガンバナ秋の花赤い花下赤阪の棚田2013下赤阪の棚田201309

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

金剛山が育む棚田の乳熟 下赤阪の棚田2013年9月初旬


 暑い夏も一段落。
 ときおり秋を感じる瞬間もあります。

 日本の棚田百選に選ばれた大阪府千早赤阪村(ちはやあかさかむら)の下赤阪の棚田の稲も、花が終わり穂が膨らんできました。



穂が垂れ始めていた9月初旬の下赤阪の棚田の稲
穂が垂れ始めていた9月初旬の下赤阪の棚田の稲




 徐々に垂れ始めていますが、まだ緑色。

 もみの中ではお米がどんどん大きくなっていることでしょう。

 そういう状態のことを「乳熟(にゅうじゅく)」といいます。



少し黄緑色になってきた9月初旬の下赤阪の棚田
少し黄緑色になってきた9月初旬の下赤阪の棚田
※画像スライドできます ⇒⇒




 稲刈りまではあと1ヶ月はかかると思いますが、それまでどんどん熟して穂が垂れ、稲も黄金色に染まっていくことでしょう。



◆タグ 下赤阪の棚田 田んぼ ビオトープ ◆

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田棚田田んぼビオトープ下赤阪の棚田2013下赤阪の棚田201309

関連記事

theme : 大阪
genre : 地域情報

稲の花が咲きましたが、これからどうなるのか?プランター稲2012


 土の中に腐敗成分が溜まり成長が悪くなったプランター稲

 水を一度入れ替えたくらいでは臭いはなくなりません。

 そんな状態で花が咲き始めました。



オシベが垂れエイが閉じて咲き終わっている稲の花
オシベが垂れエイが閉じて咲き終わっている稲の花
稲の花が咲いている時間はとても短い




 こんな中途半端な成長の状態で果たしてお米はできるのでしょうか。

 お米はできたとしても、普通のお米はできるのでしょうか。



 あとはお米の神様の判断を待つばかりです。





◆関連タグ◆ 〔プランター稲2012〕 〔プランター稲〕


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: プランター稲プランター稲2012夏の花緑色の花

関連記事

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS