【 秋のキノコ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

キノコは見て楽しむのがいいと思う 鬼茸

 秋の公園を歩いていると、キノコ。


 すっくと立ち上がってばっと傘を広げたキノコっぽいキノコ。

 傘は横に開いて円盤型、直径は7センチくらい。
 色は茶色の地がひび割れて白っぽくなったような感じ。

オニタケ

 傘の裏はヒダ。
 ヒダの間隔は狭く、柄の周りは凹んでいます。

鬼茸

 柄の色は色で、上も下も同じくらいの太さ。
 真ん中より少し上に膜のようなものが下がっていますが、根本にはそのようなものは見えません。
 広葉樹林の林縁の苔に覆われた地面から1本だけ生えています。

Lepiota aspera

 これらの特徴に近い普通のキノコは?

 オニタケ?

 ただ、オニタケは落ち葉が溜まったところや地面の上で朽ちかけた木から生える腐朽菌(ふきゅうきん)。
 そこは苔に覆われていますが、その下は土の地面のよう。
 オニタケとはちがうキノコかもしれません。

オニタケ
鬼茸
Lepiota aspera
坦子菌門 ハラタケ亜門 ハラタケ綱 ハラタケ目 ハラタケ科 キツネノカラカサ属の腐朽菌

 オニタケは毒があるようです。
 キノコはよく似たものが多く、食用キノコと毒キノコがよく似てることも珍しくはありません。
 毒があるかどうかを図鑑やネット画像などで判断するのはおすすめしません。
 食べるつもりなら、専門家の指導の元で。
 キノコは見て楽しむことをおすすめします。

きのこ (小学館の図鑑NEO POCKET 13)

新品価格
¥1,045から
(2022/9/20 23:57時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オニタケ茶色いキノコ秋のキノコ

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

キノコって本当に難しい。チチアワタケ

 公園を歩いているとキノコが。
 傘がまるいいかにもなキノコ型。
 茶色い色の表面がぬめっています。
 ナメコの仲間?

チチアワタケ

 用事があったので観察もそこそこに、写真を撮ってその場を去りました。

 後ほど画像を拡大して見ると。
 あれ?
 ヒダが無い?

乳粟茸

 ということは、ナメコの仲間ではありません。
 キノコ型でヒダがないということは、イグチの仲間?

 ここキノコの特徴は、柄が白く概ね同じような太さ。
 傘の裏は自然な形で柄について隙間がない。
 柄の上の方には袋のようなものはついてなく、柄の根元にも袋のようなものはついてない。

Suillus granulatus

 調べてみると、チチアワタケが一番似てるような気が。
 チチアワタケの特徴の一つは、松の木下に生えること。
 しかしそこはコンクリートブロックの下。

 でも、その2メートルほど上には松が生えているので松の下なのはまちがいない?  チチアワタケでいい?

 キノコって本当に難しい。
 山のキノコを食べてる人は本当にすごいと思う。

チチアワタケ
乳粟茸
Suillus granulatus
担子菌門 ハラタケ綱 イグチ目 ヌメリイグチ科 ヌメリイグチ属

山溪カラー名鑑 増補改訂新版 日本のきのこ

新品価格
¥7,040から
(2022/9/17 00:01時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: チチアワタケ秋のキノコ担子菌

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

カチカチの林道に落ちていたオレンジ色の花。とおもったら!

 秋の低山。
 林道を歩いていると、オレンジ色の花びらがいくつも散っていました。


 なんかヘンです。
 ここは杉林の中の林道。
 道も広く、杉は間伐され、日当たりもそんなに悪くなさそうですですが、こんな色の花を咲かせる植物はありそうに見えません。
 というか、こんな色の花の植物は、ちょっと思い出せません。

 しゃがんでよく見ると。
 なんと、キノコのようです。

Aleuria aurantia

 皿のように縁が盛り上がった丸いチャワンタケの仲間のようです。

ヒイロチャワンタケ

 あとで調べてみると、ヒイロチャワンタケが一番似ているようです。
 でも、多くの画像はグチャッと群生していて、皿の形は歪んでいます。
 一つだけの画像でも歪んでいます。

 ここのはまばらに生えています。
 歪んだものは、枝が皿の広がりを邪魔したものくらい。


 でも、色や林道のようなところに生えていることなどヒイロチャワンタケのようです。
 ここのは大きくても2センチほどなので、まだ成長途中だから歪んでないかもしれません。

緋色茶椀茸

ヒイロチャワンタケ
緋色茶椀茸
Aleuria aurantia
子嚢菌門 チャワンタケ亜門 チャワンタケ綱 チャワンタケ目 ピロネマキン科 ヒイロチャワンタケ属

ポケット図鑑 日本のキノコ262

新品価格
¥1,320から
(2021/10/9 00:32時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒイロチャワンタケチャワンタケ子嚢菌オレンジ色のキノコ秋のキノコ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

杉の林の中の柿色の小さな林 べになぎなたたけ

 緋色のカエンタケと出会うことになるひととき前。
 別の赤いキノコと出会っていました。


 こちらはカエンタケとちがって細いキノコ。
 カエンタケが炎なら、こちらは儚げな火。
 杉林の下で小さな林をつくっています。


 これはおそらく、ベニナギナタタケ。
 カエンタケによく間違われるキノコです。
 つまり、それだけカエンタケよりもよくあるキノコ。
 そして毒はありません。


 ただ、無毒と言われるキノコでも、似た有毒キノコがよくあります。
 十分なキノコの知識がないときは、赤くて、傘がなくて、棒状のキノコはさわらないことをすすめします。


ベニナギナタタケ
紅薙刀茸
Clavulinopsis miyabeana
担子菌門 真正担子菌綱 ハラタケ目 シロソウメンタケ科 ナギナタタケ属

増補改訂新版 日本のきのこ (山溪カラー名鑑)

新品価格
¥8,800から
(2021/9/26 23:45時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ベニナギナタタケ担子菌秋のキノコ赤いキノコオレンジ色のキノコ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

フィールドで会いたいと思っていたキノコに会うことができました。それは真っ赤でアブナイやつ!

 フィールドで会いたいと思っていたキノコにやっと会うことができました。

 天を焦がすように真っ赤な炎が立ち上げる姿を模したような色と形。
 それもベニナギナタタケのように風に吹き消されてしまいような細い火ではなく、風にもそよぐこともないような力強い炎。


 そのキノコは、カエンタケ。
 枯れたナラ類の木のまわりにできる少し珍しい部類に入るキノコ。


 艶消の赤。
 ちょっと短いけど指くらいの太さ。
 いかにもカエンタケ。


 実は、カエンタケかどうかを知るとてもかんたんな方法があります。
 それは、触ること。
 できれは潰すくらいの力で。
 すぐに触ったところがただれてきたらカエンタケ。
 毒を持つキノコが多い中、さわっただけでただれるような毒を持つのはカエンタケだけと言われています。


 ですから、すぐに、かんたんに、確実に確認できますが、全く現実的ではありません。
 決して触らないように!
 そして食べるとたった3グラムで死ぬほどの猛毒です。

カエンタケ
火炎茸、火焔茸
Trichoderma cornu-damae
子嚢菌門 チャワンタケ亜門 フンタマカビ綱 ニクザキン目 ニクザキン科 トリコデルマ属

おいしいきのこ毒きのこハンディ図鑑

新品価格
¥1,782から
(2021/9/24 23:58時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カエンタケ子嚢菌赤いキノコ秋のキノコ毒キノコ危険生物

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

杉の落ち葉の中で出会った謎の生物?

 9月の岩湧山。
 杉林の下生えの中で変わったものと出会いました。

チャダイゴケ

 動物でないことはわかります。
 大きさは1センチありません。
 薄い黄色?
 浅い茶碗のような花らしきものだけで、茎も葉も見えません。
 小さな茶碗のような生き物というと、キノコのチャワンタケの仲間があります。
 ところが、この物体はチャワンタケのように薄くなく、もっとしっかりした作りに見えます。

茶台苔

 寄生植物?
 キノコ?
 地衣類?
 変形菌?

 そのどれでもあり、どれでもないような奇妙生き物?

 いろいろ調べてみると、どうもチャダイゴケの仲間のようです。


 この「チャダイゴケ」という名前もまた、ややこしいのです。
 「コケ」「ゴケ」がつく生き物は、もちろん蘚類苔類などのコケ。
 そして地衣類。
 とことがチャダイゴケはそのどちらでもありません。
 キノコです。

 おもしろい名前をしています。

チャダイゴケ(茶台苔)
担子菌門 ハラタケ綱 ハラタケ目 チャダイゴケ科

増補改訂新版 日本のきのこ (山溪カラー名鑑)

新品価格
¥8,800から
(2020/10/1 22:27時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: チャダイゴケ担子菌秋のキノコ岩湧山のキノコ岩湧山

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

道端のキノコとやさしさ ダイヤモンドトレールのあかやまどり

 秋のダイヤモンドトレール。
 大阪と奈良・和歌山の境にある金剛山地と和泉山脈の尾根をつなぐ50キロ近くある山道。

 木の階段に、キノコが3本。
 赤い茶色の傘と黄色く太い軸。
 多分、アカヤマドリ。

赤山鳥

 まだ成長途中でですが、ときには開いた傘が30センチくらいの大きさになることも。

アカヤマドリ

 階段の陰になっていますが、ここはよく人が通る道。
 大丈夫でしょうか。

 この日は同じ道を往復するピストン。
 帰りに同じところを歩くと。

 小さいキノコが転がっていました。
 誰かが折ったのか、足が当たったのか。
 登山する人が皆自然に興味を持ち、大切にする、というわけがありません。
 ときに、登山道周辺でキノコや植物が伐られて転がっているのを目にします。

Leccinum extremiorientale

 今回は、2本も残っているので運悪く足が当たって折れてしまったのでしょう。

アカヤマドリ
赤山鳥
Leccinum extremiorientale
担子菌門 真正担子菌綱 イグチ目 イグチ科 ヤマイグチ属

きのこの教科書 観察と種同定の入門

新品価格
¥2,420から
(2020/9/18 22:07時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アカヤマドリキノコ秋のキノコ赤いキノコイグチ科ダイヤモンドトレール

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS