【 球果植物】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

特別展「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス」と長居植物園で 恐竜ビオトープを感じてみる! トリケラトプス登場編


 博物館と植物園がコラボした「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス-知られざる大陸ララミディアでの攻防-」。 
 そして「恐竜戦国時代の『エサ』?!-化石と長居植物園で知る植物の進化-」。

 化石と植物園で見ることができる植物の紹介も、いよいよ最後。




白亜紀にあったかもしれない植物に囲まれた会場入口




 もちろん今回の主役、トリケラトプスがいた時代・場所の植物です。

 トリケラトプスの大好物もあるかもしれません。



サントニアン 8630万年~8360万年前
カンパニアン 8360万年~7210万年前
中生代 白亜紀 後期
マーストリヒチアン 7210万年~6600万年前
トリケラトプス
鳥盤類
ケラトプシア類
産地:アメリカ
展示:恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス

今回のテーマになっている人気恐竜トリケラトプス。

体も大きくなり、各地で多様化していたそれまでのケラトプシア類とちがい、たった一種で各地に広がっていきました。

しかしそんなトリケラトプスも白亜紀末の大量絶滅に飲み込まれ、最後のケラトプシア類になってしまいました。


下に並ぶのはトリケラトプスと同じ時代のララミディア大陸にはえていた植物の化石です。
つまりトリケラトプスが食べたかもしれない植物。

白亜紀の後期になると被子植物の化石が増え、繁栄をはじめたことがわかります。

ただ、今の植物との関係がわからないものも少なくないということなので、一気に多様化して、絶滅してしまったものも少なくないのかもしれません。
まるでカンブリア爆発のようです。

セコイア・ダコテンシスの球果
裸子植物
球果類
ヒノキ科
産地:アメリカ
展示:恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス

今のセコイアの球果とよく似ています。

トリケラトプスが食べるのには小さいですが、ブドウのようにまとまっていたのなら、食べごたえがあったかもしれません。
セコイア
裸子植物門 マツ綱 マツ目 ヒノキ科
産地:アメリカ
展示:長居植物園内北 明石植物群北

100mを超える巨木になることで有名。
トリケラトプスも余裕で森の中を歩くことができたでしょう。

この植物園のセコイアはそこまで大きくありませんが幾本も植えられ森になっています。
セコイアの森の中を歩いてみると恐竜の気分を味わえるかもしれません。

メタセコイアの枝
裸子植物
球果類
ヒノキ科
産地:アメリカ
展示:恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス

葉の形や生え方、対生(左右同じ場所から葉が生えること)のところなど、今のメタセコイアにそっくりです。

葉と葉の間隔が開いているようにみえるのは、化石になる前に離れてしまったため?

落葉したものが化石になったのなら、枝に小さな葉がついたまま落ちるところもメタセコイアと同じです。
メタセコイア
裸子植物門 マツ綱 マツ目 ヒノキ科
産地:中国
展示:長居植物園内北 小池東

葉が上の化石とそっくりです。

数百万年前まで日本にも生えていましたが、その後絶滅しました。

今、日本のあちこちにはえているのは、は中国で見つかったメタセコイアを増やしたものです。
コルノフィルムの葉
被子植物
産地:アメリカ
展示:恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス

現在のミズキ属の植物と同じように葉の縁にそうように葉脈が走っています。

ミズキ属ならば、ヤマボウシのような花が咲き、甘い実がなっていたかもしれません?
ヤマボウシ
被子植物門 双子葉植物綱 ミズキ目 ミズキ科
産地:日本・朝鮮半島・中国・台湾
展示:長居植物園内中央 ユーカリ北西

花弁のように見えるのは総苞片。

モクレン同様、白亜紀の花は花弁がまだ現れていなかったのでしょうか。

マーストリヒチアン
後期
白亜紀
白亜紀末の大量絶滅
中生代

新生代 6600万年前~現在 哺乳類の繁栄



 白亜紀末の大量絶滅で恐竜は絶滅。

 その後哺乳類が繁栄することで、新生代の動物相は変わってしまいました。

 しかし植物は今もある植物と同じもの、近いものが白亜紀には生えていました。

 化石に残っているくらいですから、決して少なかったわけではないはずです。

 白亜紀末の大量絶滅はもちろん植物にもキカデオイデア類の絶滅など影響があったものの、生き残った植物が少なくないというのは、おもしろいところです。



 「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス」はもう終わってしまいますが、植物園の樹木たちはまだまだ残ります。

 会場に行ったけど植物園に行けなかった方も、会場に来られなかった方も、ぜひ長居植物園で恐竜ビオトープを感じてみてください。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 恐竜戦国時代の覇者!Ceratopsia球果植物恐竜ビオトープトリケラトプスセコイア・ダコテンシスセコイアメタセコイアコルノフィルムヤマボウシ

関連記事
スポンサーサイト



theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

特別展「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス」と長居植物園で 恐竜ビオトープを感じてみる! ララミディア大陸編


 トリケラトプスの仲間がいっぱい見られる「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス-知られざる大陸ララミディアでの攻防-」。

 となりでは特別陳列「恐竜戦国時代の『エサ』?!-化石と長居植物園で知る植物の進化-」が開催中。

 植物園の中にある会場の立地を活かし、化石と一緒に今も生きている恐竜時代の植物を紹介しています。

 恐竜は白亜紀末の大絶滅ですべていなくなってしまいましたが、意外と植物は生き残っていたりします。

 そんな恐竜時代のビオトープを体験できるのが、長居植物園。




会場へ向かう階段




 ということで、会場で紹介されていた化石と、植物園にある化石の親戚や似ている植物を並べてみた第三弾。

 今回はケラトプシア類が多様化したララミディア大陸の白亜紀後期の植物の前編です。



中生代 白亜紀
後期 1億50万年~6600万年前 ケラトプシア類の繁栄

花が咲く被子植物はジュラ紀から白亜紀の間に誕生したと言われています。

初期の被子植物のひとつアルカエアントゥスは花の構造などからモクレンの仲間と考えられています。

つまり、モクレンは初期の被子植物の花の構造を残しているのです。

その特徴の一つがオシベとメシベが渦巻きのように並んでいること。

また花弁(かべん)と萼(がく)の区別がつかないところも初期の花の特徴とされます。

カラタネオガタマ
被子植物門 双子葉植物綱 モクレン目 モクレン科
産地:中国
展示:長居植物園内 大池東 マグノリア園

もうモクレンの花は終わってしまいましたが、同じモクレン科のカラタネオガタマが咲いていました。

確かに近くで見るとメシベが「彡(さん)」のように螺旋(らせん)に並んでいます。

オガタマの花はとても甘い香りがします。

中生代 白亜紀 後期
セノマニアン 1億50万年~9390万年前
ガマズミ属の一種の葉
被子植物
スイカズラ科
産地:アメリカ
展示:恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス

見るからに広葉樹の葉。

白亜紀後期になり、被子植物の時代になったことを象徴しているようです。
オオデマリ
被子植物門 双子葉植物綱 マツムシソウ目 スイカズラ科
園芸品種
展示:長居植物園内北 桜園南西

現在のガマズミ属のひとつ、オオデマリ。

アジサイと似ていますが、アジサイはバラ目アジサイ科ですのでちがう植物です。
どちらも目立つ花は装飾花(そうしょくか)とよばれ、種ができない花。

オオデマリは花全体を装飾花にした園芸品種で、野生種はガクアジサイのように周辺だけが装飾花になります。

中生代にすでに装飾花があったのかどうかは、わかりません。

セノマニアン
中生代 白亜紀 後期
チューロニアン 9390万年~8980万年前
ズニケラトプス
鳥盤類
ケラトプシア類
産地:アメリカ
展示:恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス

東アジアで誕生したケラトプシア類が、ララミディア大陸(北アメリカ西部)に渡った最初のケラトプシア類。

プシッタコサウルスよりももっと大きく、頭のフリルも角も大きくなっているので、もっと古い時代にアジア風のケラトプシア類がいたのでは、と想像します。

アロウカリア
裸子植物
ナンヨウスギ科
産地:北海道
展示:恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス

花を咲かせる被子植物ばかり紹介しましたが、まだまだ裸子植物の球果植物もいます。

シダ類もキカデオイデア類も絶滅はしていませんが、新しく登場した被子植物と球果植物が大半を占めていました。

ナンヨウスギ
球果植物門 マツ綱 マツ目 ナンヨウスギ科
原産:オーストラリア
展示:花と緑と自然の情報センター 入口前 庭園内

現在も生き残っているナンヨウスギ。

枝や葉の雰囲気は化石とちょっとちがうようにも感じますが、生きた状態のまま瞬時に化石になったわけではないでしょうから、まったく同じというわけには行かないのでしょう。

草食恐竜によく好まれた植物だそうですが、今の草食哺乳類にはどうなのでしょうか。

チューロニアン
中生代 白亜紀 後期
コニアシアン 8980万年~8630万年前
コウヨウザン属に近縁なヒノキ科の果実
裸子植物
ヒノキ科
産地:北海道
展示:恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス

「果実」となっていますが、針葉樹なので球果のことです。
マツで言うと松ぼっくり。

子房や中花被が大きくなった被子植物の果実と違い堅そうですが、植物繊維の塊と考えると、草食動物にとっては美味しい食べ物なのかもしれません。
コウヨウザン
球果植物門 マツ綱 マツ目 ヒノキ科
産地:中国・台湾
展示:長居植物園内北 渓流東

右は雄花ですから、化石とはちがいます。

スギの仲間らしく樹高が30mを超えるそうですが、ここのはまだ子供、人の背丈をやっと超えたくらいです。

30mになるのはあとどれくらいの時間が必要でしょうか。
コニアシアン
サントニアン 8630万年~8360万年前
カンパニアン 8360万年~7210万年前
中生代 白亜紀 後期
マーストリヒチアン 7210万年~6600万年前



 白亜紀後期になって被子植物が目立ってきました。

 そしていよいよ次回はトリケラトプスのマーストリヒチアンの植物です。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 恐竜戦国時代の覇者!Ceratopsia球果植物恐竜ビオトープカラタネオガタマオオデマリズニケラトプスアロウカリアナンヨウスギコウヨウザン

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

特別展「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス」と長居植物園で 恐竜ビオトープを感じてみる! ケラトプシア類登場編


 残りわずかの特別展「恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス-知られざる大陸ララミディアでの攻防-」。

 となりでは特別陳列「恐竜戦国時代の『エサ』?!-化石と長居植物園で知る植物の進化-」で恐竜時代の植物化石と、植物園で見られる「生きた化石」の案内も展示されています。




特別展へは外階段ですが「恐竜のエサ」を見るのはこちらから




 恐竜は絶滅してしまって今はいませんが、植物は今も仲間が生き残っているものもあります。

 トリケラトプスを見たあとには、植物園に行って恐竜ビオトープを感じてみるもいいと思います。

 ということで展示されている化石と、植物園で見られる関係する植物を並べてみました。

 そのジュラ紀から白亜紀前期編です。



中生代 2億5217万年~6600万年前
ジュラ紀 2億130万年~1億4500万年前 恐竜の繁栄

古生代には当たり前のようにあった木性シダ類が中生代の展示からなくなり、裸子植物がシダ類を圧倒していったことがわかります。

キカデオイデアの幹
裸子植物
キカデオイデア類
産地:アルゼンチン
展示:恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス

ソテツによく似た裸子植物。

三畳紀に現れ、白亜紀に絶滅したとこは恐竜と同じです。

ソテツは古生代に現れ、現在まで残っていますので、見た目が似ていてもなにか決定的にちがうものもあったのでしょう。

ザミテスの葉
裸子植物
キカデオイデア類
産地:フランス
展示:恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス

こちらは別のキカデオイデア類の葉。

幹同様葉もソテツによく似ています。
ソテツ
裸子植物
ソテツ門 ソテツ綱 ソテツ ソテツ科
産地:日本・中国南部
展示:長居植物園 南西 キッチンガーデン北

このように幹も葉もキカデオイデアとよく似ています。

幹や茎の先に細かく別れた葉をつけるのは木製シダ類にも共通しています。

理由はわかりませんが、古生代の後期から中生代の三畳紀には、このスタイルがよかったのでしょうか。
それとも種子植物のように枝が細かく別れた姿は、実は結構難しい進化なのでしょうか。

とはいえ、ソテツ類の化石の展示はなかったので、実はそんなに繁栄してなかったのかもしれません。

それでも2億年以上生き残っているのですから、地味にしぶとい植物のようです。

アロウカリアの球果
裸子植物
球果類
産地:アルゼンチン
展示:恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス

「球果類」は、今の針葉樹のこと。
つまり、「球果」は松ぼっくり(松笠)。

この頃は今の松ぼっくりよりも大きなものがあり、草食恐竜の食べ物になっていたようです。
ヒマラヤスギ?の球果
裸子植物
球果植物門 マツ綱 マツ目 マツ科
産地:ヒマラヤ北西部
展示:長居植物園 北 第三期植物群北西

針葉樹の球果にはいろいろな形がありますが、ポピュラーなのは松ぼっくりでしょう。

この辺りにはいろいろな種類のマツ科植物が植えられています。
どれのものかわかりませんが、落ちてたところはヒマラヤスギの下だったので、とりあえずヒマラヤスギということに。

先のほうが毛羽立っているのは、動物に食べられたためと思います。
リスかもしれません。

ヒマラヤスギは名前に「スギ」とついていますが、スギではなくマツの仲間です。

イチョウのなかま
裸子植物
イチョウ類
産地:イギリス
展示:恐竜戦国時代の『エサ』?!

「イチョウ」というと扇型に広がった葉ですが、このように深い切れ込みの葉もありました。

それだけイチョウの仲間が多様化していたということなのでしょう。
イチョウ
裸子植物門 イチョウ綱 イチョウ目 イチョウ科
産地:中国
展示:長居植物園 北 間氷期植物群付近

ポピュラーな樹木ですが、古生代から生き続ける生きた化石。

にも関わらず今はただ1種しか残っていません。

日本中のいたるところに街路樹として植えられています。
こんなに生える場所を選ばない樹木なのに、どうして衰退したのでしょうか。

中生代 ジュラ紀
前期 2億130万年~1億7410万年前
中期 1億7410万年~1億6350万年前
後期 1億6350万年~1億4500万年前
インロンの成体復元モデル
鳥盤類
ケラトプシア類
産地:中国
展示:恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス

最初に登場したケラトプシア類(トリケラトプスの仲間)の恐竜。
室内でも飼えそうな大きさです。

このインロンのおかげで、ケラトプシア類とほかの鳥盤類恐竜の関係が明らかになってきました。

後期
ジュラ紀
中生代
白亜紀 1億4500万年~6600万年前 鳥類の発達
前期 1億4500万年~1億50万年前 鳥盤類の巨大化
プシッタコサウルス成体復元モデル
鳥盤類
ケラトプシア類
産地:モンゴル・中国
展示:恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス

白亜紀の前期に登場したケラトプシア類。

まだアジアにいて、体も小さいまま。

手足のバランスからキグルミのようです。


白亜紀になると展示されている植物化石の内、キカデオイデア類も減り、球果植物の量が増えます。
裸子植物の中でも球果類が繁栄していったことがわかります。

クラッソストローブスの雄性球果
裸子植物
球果類
産地:兵庫県
展示:恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス

雄性球果、つまり“オシベ”の塊。

ただ裸子植物には被子植物のような「オシベ」はないので、この言い方は正しくありませんが。

ちょっと小ぶりに見えるのは松ぼっくり(雌性球果)でないから?
ヒマラヤスギの雄性球果
裸子植物
球果植物門 マツ綱 マツ目 マツ科
産地:ヒマラヤ北西部
展示:長居植物園 北 第三期植物群北西

松ぼっくりが大きいヒマラヤスギですから、雄性球果も大きめです。
キュプレッシオクラドゥス
裸子植物
球果類
産地:兵庫県
展示:恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス

学名は「ヒノキ科の枝に似た」という意味。

化石ではわかりにくいですが、右のスケッチをみるとたしかにヒノキによく似ています。

ヒノキ
裸子植物
球果植物門 マツ綱 マツ目 ヒノキ科
産地:日本
展示:長居植物園 北 小池北

「針葉樹」という割には針状になっていないのがヒノキの特徴。

ウロコが連なったような形をしています。

エラトクラドゥス・マンチェリカスの枝
裸子植物
球果類
産地:兵庫県
展示:恐竜戦国時代の覇者!トリケラトプス

学名は「マツのような枝」。

という割には、あまりマツのようには見えないような。

葉の先がそっていてマツよりもスギのようにも見えます。
ヒマラヤスギ
裸子植物
球果植物門 マツ綱 マツ目 マツ科
産地:ヒマラヤ北西部
展示:長居植物園 北 第三紀植物群北西

マツと並べてみると、エラトクラドゥス・マンチェリカスはやっぱりスギの方に近い気がします。
前期
中生代 白亜紀
後期 1億50万年~6600万年前



 予告では被子植物と書いていましたが、都合により次回に。

 次こそは被子植物の花が登場。

 そしていよいよトリケラトプスも!



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 恐竜戦国時代の覇者!Ceratopsia球果植物恐竜ビオトープキカデオイデアザミテスアロウカリアクラッソストローブスキュプレッシオクラドゥスエラトクラドゥス

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS