【 海水魚】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

なかよしに見えるけど。ホンソメワケベラと大きな魚ニシキベラ?

 何度も行きたくなる博物館の一つ。
 和歌山県立自然博物館。


 名前のように自然史の博物館。
 ですが、展示の量ではむしろ水族館。
 和歌山近辺に住むものを中心に数多くの海洋生物が展示されています。

 個人的には無脊椎動物が色々展示されている「いろいろな生物」コーナーがお気に入りですが、その直前の潮間帯のタッチプールもおもしろい。
 短時間で水量を変化させ、擬似的な潮間帯をつくっています。
 そこに多数の潮溜まりの生き物を展示していて、触ることができます。


 20センチくらいの平たい魚のそばを小さくて細長い魚が泳いでいます。
 ホンソメワケベラのようです。
 大きな魚の体についた寄生虫などを食べて掃除します。
 小魚を食べる魚もホンソメワケベラは食べず、掃除してもらいます。


 大きい方は解説を見るとニシキベラでしょうか。
 地味な色合いをしていますが。


 寄生虫を取ってもらう魚と食べる魚。
 どちらも得をするので相利共生。
 図鑑や自然番組などで見たことは何度もありますが、実際に見たのははじめてです。

ホンソメワケベラ
本染分倍良
Labroides dimidiatus
スズキ目 ベラ科 ソメワケベラ属

ニシキベラ
錦倍良
Thalassoma cupido
スズキ目 ベラ科 ニシキベラ属

改訂新版 海水魚 (ネイチャーウォッチングガイドブック)

新品価格
¥3,102から
(2024/4/17 00:17時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ホンソメワケベラニシキベラ海水魚和歌山県立自然博物館

関連記事
スポンサーサイト



theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

進化した生きた化石サメ ドタブカ「いきもの いっぱい 大阪湾 ~フナムシからクジラまで~」


 大阪湾にいる生き物がいっぱい集まった大阪市立自然史博物館の「いきもの いっぱい 大阪湾 ~フナムシからクジラまで~」。

 大阪湾とその周辺に住む生き物の標本がいろいろと展示されていますが、大阪湾に迷い込んできたと思える生き物もいっぱい展示されています。



恒例の階段幕
恒例の階段幕




 深さが20から40mほどの大阪湾。

 大きなクジラはほとんどが迷いこんできたり、流されてきたりしたもの。

 名前が決まったマッコウクジラの「マッコ」やハセイルカ、アカウミガメなどの大きな標本は展示の後半

 入り口の小さなクジラのスナメリの模型の次に天上からぶらさがって待ち構えている大きな生き物は、サメ。

 人間よりも大きい、“人喰いザメ”型のサメです。



天井から下るサメ
天井から下るサメ




 これはドタブカ。
 メジロザメ科のサメ。
 その剥製(はくせい)。

 これの大きさは3.2m、明石海峡(あかしかいきょう)の底引き網にかかったもの。

 このドタブカはメスで、お腹には子サメが8匹いたそうです。

 その1匹が反対側の「外海とのつながりのコーナー」に展示されています。



ドタブカの顎の実物
ドタブカの顎の実物




 子ドタブカは、クロマグロと同じ水槽に入っていました。

 大きさは90cm。
 水族館の水槽で普通泳いでいるような大きさ。

 それが8匹もお腹の中に入っていたとは、とても信じられません。



子ドタブカ
子ドタブカ



 もっと信じられないことは、この子ドタブカにはへその緒(お)がついていること。
 魚類に「へその緒」という表現は間違っていないのか、そもそも胸のあたりから出ているので「むねの緒」じゃないか……

 というのは置いといて、へその緒はお腹の中の赤ちゃんがお母さんから栄養などをもらったりいらないものを送り返したりするための器官で、哺乳類の中の有胎盤類(ゆうたいばんるい)がもつものです。

 卵から生まれる爬虫類や両生類に無いのはもちろん、同じ哺乳類で有袋類(ゆうたいるい)には無いしくみなのです。



 いくらお腹の中で卵を孵化(ふか)させるからといって、生きた化石と言われるほどのサメにへその緒があるとはびっくりしました。

 もちろん、へその緒の端には胎盤があります。

 いつの間にか軟骨魚類が人間と同じ哺乳類の有胎盤類に進化したのでしょうか?



サメの“へその緒”
サメの“へその緒”
と胎盤
と胎盤



 子供(と言うより「胎児」?)のドタブカの胎盤は、卵の栄養部分の卵黄をつつんでいた卵黄嚢(らんおうのう)が変化したもの。

 卵黄を使い果たしあと胎盤となって母親から栄養をもらうことになります。

 だからこんなに大きな子供が8匹も育つことができるのでしょう。



 中生代からほとんど形が変わっていないので「生きた化石」と言われるサメ。

 でも長い間、海の食物連鎖の生態系ピラミッドの頂点に立ち続けているのですから、この姿はサメのような生活では完成形に近いものなのかもしれません。


 そんな進化したサメも展示されている「いきもの いっぱい 大阪湾」も、2013年10月14日まで。

 あとわずか!



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: いきものいっぱい大阪湾ドタブカサメ大阪湾44胎盤臍の緒海水魚生きた化石

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

イルカショーだってやっています。海から離れた海水族館 京都水族館


 今年、2012年3月に開館した京都水族館。

 海から遠く離れた水族館です。

 海から離れた水族館というと、滋賀県の琵琶湖博物館の水族展示室があります。
 琵琶湖に関係した淡水魚だけで海水魚中心の水族館に負けないくらいのすごい展示ですが、淡水魚中心です。


 海から離れているにもかかわらず、淡水魚だけでなく、海に住む動物も展示しているのが京都水族館です。



横から見た京都水族館
横から見た京都水族館




 海水魚だけでなくアザラシやオットセイのような海獣(かいじゅう)のほか、ペンギンやクラゲなど普通の海水族館のようです。

 こんなに海から離れているにもかかわらず、これだけの海水の生きものを飼育できるのか不思議です。

 そしてそれだけでなくイルカショーがあるのがここの特徴。
 海から遠くはなれているのにイルカのショーです。

 それを可能にしたのが人工海水で、京都水族館では人工海水100%で、海から遠く離れた水族館と言われています。



京都水族館の「京の川」ゾーンのアマゴ
京都水族館の「京の川」ゾーンのアマゴ




 と言っても最初の展示は京都市街を流れる鴨川(かもがわ)にいる魚やサンショウウオの展示です。

 それだけでも多くのスペースが割かれていて、京都の川に多くの生き物がいることがわかります。



京都水族館の「ペンギンゾーン」のケープペンギン
京都水族館の「ペンギンゾーン」のケープペンギン
泳ぐ姿を下から見れます




 そのあとは海水魚やクラゲ、オットセイやアザラシにペンギンなど普通の海水族館のような展示になり、もちろん流行りの大水槽もあります。
 大水槽は京都らしく日本海の魚が集められています。



クエやナポレオンフィッシュもいる京都水族館の大水槽
クエやナポレオンフィッシュもいる京都水族館の大水槽




 そして最後はイルカショー。

 夏休みということもあり、イルカショーは満員。
 次の回まで2時間近く待たなけれあなりません。

 このあとの予定があったので泣く泣く断念しましたが、追加料金無しで見れるのですから、見られなかった人にはもう少し配慮してほしかったと思います。


 ということで、イルカショーはまたの機会。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 京都水族館アマゴケープペンギン大水槽水族館淡水魚海水魚川の魚海の魚ペンギン

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS