【 氷河時代展】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

第47回特別展「氷河時代」気候変動の証拠はいつの時代にだってあります!?〈大阪市立自然史博物館〉

 氷河時代は、もちろん今よりも寒かった時代です。
 それどころか、地球全体が凍ったこともあったことがわかっています。
 不思議です。
 温暖化温暖化と言われていますので、二酸化炭素が地球を温めるのはわかります。
 じゃあ、地球を冷やすのは何でしょう。

●今までの「氷河時代展」の記事
【気候変動はなにも今にはじまったことではありません?!】
【大きな動物は日本中しかも大阪にもいました!?】

園路分岐点の看板

 これはとんでもない不思議ですが、それ以前に、どうして何万年や何百万年の昔、人間がいなかった時代の温度がわかるのでしょうか。
 こちらのほうも、とんでもない謎です。

 それを教えてくれるのが、氷河時代展!

 寒い氷河時代には、もちろん氷河があります。
 氷河は名前のように、氷の川。
 目で見てもわからないほどゆっくりですが、川のように氷が流れていきます。
 そのとき、地面の石を巻き込んだり、地面を削ったりします。
 川の流れとそっくり。
 もちろん、流れるものも、流れ方もちがいますから、削り跡もちがいます。
 ですから、岩の表面に残った跡から、氷河があったことから、氷河の流れる方向までわかります。

なでると流れた方向がわかる氷河擦痕

 氷河は流れながら石を取り込んでいきます。
 そして氷河が溶けた時に落とします。
 そういった石がたくさん見つかれば、そこまで氷河がやってきたことがわかります。

氷河が運んだ石のドロップストーン

 そのほか、氷河だけが作ることができる地形の痕跡が見つかれば、氷河があったことがわかります。
 この方法だと、理屈の上では地球が固まってから今までの間の氷河があった時代と場所を知ることができます。
 実際は、地面は動き、新しく創りだされているので、古い時代になればなるほど、地層がそのまま残っていることは少ないのですが。

 このように古い時代のことは知ることができても、とても大雑把になってしまいます。
 でも、「最近」のことならばもっと細かい気候の変動の様子を知ることができます。
 その一つが木の年輪。
 日本の場合、木は春から秋に成長しますが、冬は成長しないので区切りができます。
 それが年輪。
 たとえば、木が成長する春から秋にかけて寒いとあまり成長しなくて年輪が狭くなり、暖かいとよく成長して広くなります。
 いつ切られたのかが分かれば、さかのぼっていけば、いつが寒くていつが暖かかったかがわかります。
 もちろん、実際の木の成長はそんな単純なものではありませんので、年輪を読み解くにはさまざまな専門的知識や技術が必要です。

同じように見えて微妙にちがいがある秋田杉の年輪

 木の寿命は長くても数百年。
 時折樹齢何百年、数千年と聞きますが、そんな木は稀。
 ですが、遺跡から発掘された木や化石になった木の年輪の幅の変化をつなぎあわせていき、1万くらいさかのぼれるところもあります。

 年輪よりも昔のことを知ることができるのが、年縞。
 湖などに底に溜まって縞状になった層のこと。
 四季の変化によって底にたまるものが変わります。
 その時の気温などの変化によってたまるものの種類や量が変わります。
 それが毎年繰り返され、木の年輪のような縞模様になります。
 それで、いつ、どのような気候の変化があったのかわかるのです。

世界の基準になってる福井県水月湖の年縞

 展示されている滋賀県水月湖の年縞は、数万年分の気候変動の様子が記録されています。
 しかも誤差が少なく、世界の標準になっている年縞です。

 ほかにも氷床コアがあります。
 南極やグリーンランドに雪が積もってできた厚い氷の塊。
 厚く積もった雪と一緒に空気や空気中のホコリ等が閉じ込められます。
 その空気やホコリ等からその時の気候の様子がわかります。

溶けてないと思ったら氷床コアのレプリカ

 ほかにもどういった環境で育つかわかっている生き物の化石が見つかったら、その場所の昔の環境がわかります。
 もちろん、寒かったのか暖かかったのかも。
 こういった情報を総合して、過去の気候の変化を読み解くことができるのです。

 そういう貴重な証拠を見ることができるのが「氷河時代展」。
 さまざまな過去の証拠や、詳しい説明は会場で。
 実際に触れるものもあります!
 たぶん、気候変動の証拠の実物を一度に見られる機会は、そうないでしょうから。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 47th-hyougajidai氷河時代展大阪市立自然史博物館氷河擦痕ドロップストーン年輪年縞氷床コア氷河時代気候変動

関連記事
スポンサーサイト



theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

第47回特別展「氷河時代」大きな動物は日本中しかも大阪にもいました!?〈大阪市立自然史博物館〉

 副題は「化石でたどる日本の気候変動」。
 動物などいろいろな化石で、日本の気温の変化をなぞっています。
 「氷河時代」というと、普通は新生代、恐竜が滅んでからのこと。
 残念、大きな動物の化石は、ない!

特別展恒例の幟

 いえいえ、まったくいないわけではありません。
 哺乳動物には「ベルクマンの法則」というのがあります。
 同じ種類の動物は、寒いところに住む種のほうが大きくなる、というものです。
 簡単に言うと、寒いところの哺乳類は、でかい! ってことです(かなり乱暴な説明!)。
 つまり、今よりも寒い氷河時代には、今よりも大きな哺乳類がいたはずだ! ということ。

 まずは入口の、ヘラジカ。
 これは大阪万博のとき展示されていたという年代物。
 最終氷期(最も近い寒い氷河時代)のころは、日本中にいたと考えられています。
 奈良公園や厳島神社に行ったことがある方は実感できると思いますが、ニホンジカは四足で立っているとそんなに大きくありません。
 ただ、鹿せんべいを食べようと伸び上がると、人間よりも大きく(長く)なりますが。
 ヘラジカはニホンジカよりちょっと大きいくらいですが、ちょっと牛っぽくてずいぶん重そう。

角がないのでちょっと残念なヘラジカ

 そして、その奥にもっと大きな動物が見えますが、順路は右手へ。
 うーん、やっぱり、こういうのは入り口から見えないほうがその場で見たときのインパクトが強いように思います。

 そして20億年前の化石や、7万年の歴史を刻んだ地層などを見ながらグルっと回って、その大きな生き物たち。
 まず目を引くのは、真ん中のケナガマンモス。
 ただ、日本でマンモスがいたと思われるのは北海道だけですが、別のゾウ、ナウマンゾウは大阪にもいました。
 頭の骨だけですが、マンモスのとなりにちょこんとあります。
 マンモスとナウマンゾウは同じゾウ科のゾウ。
 どちらも肩の高さが3メートルほど。
 アフリカゾウよりも小さいとはいえ、見上げるような大きさ。

アフリカゾウより遥かに迫力がある牙のケナガマンモス

 マンモスの隣には大きな角の鹿がいます。
 ヤベオオツノジカ。
 マンモスの隣では小さく感じまずが、肩の高さ2メートル近く。人間よりもずっと大きく、ずっと重い鹿で、大阪にいました。
 ニホンジカとちがい、角が手を広げたような形になり、ヘラジカのように大きく広がっています。
 もし、奈良公園の鹿がニホンジカでなくヤベオオツノジカだったとしたら、まるでオオタカが襲ってきたように、上の方から角を広げた顔が降りてきて鹿せんべいを食べます。
 もっとくれとヤベオオツノジカが群がってきたら……
 春日大社の参拝は命がけになったでしょう。

背骨の長い突起(棘突起)は筋肉がたくさんついてた証拠のヤベオオツノジカ

 会場のは骨を組み立てたものですが、本館のナウマンホールには、生きているときの姿を再現したヤベオオツノジカと、ナウマンゾウがいます。

大昔の大阪にいた本館のヤベオオツノジカとナウマンゾウ

 そして、ちょっと目立たないですが、もう一つ大きな生き物が。
 ケナガマンモスの展示場所からちょっと戻ったところに、ぺったりと寝そべっています。
 パレオパラドキシア。
 今から1300万年前、今の氷河時代が始まるより前の、まだ暖かかった時代の日本にいた束柱類と言われる絶滅哺乳類。
 展示されている化石は、組み立てずに並べているだけなので、生きている姿が想像しにくいですが、海辺でカバかセイウチのような生活をしていたと考えられています。

寝そべってる?パレオパラドキシア

 パレオパラドキシアの体長は2メートルほど。
 大きいとはいえ、ゾウには及びません。
 やっぱり、暖かいよりも寒いほうが哺乳類は大きくなるのだなぁ。
 ベルクマンの法則は正しかった!

 パレオパラドキシアと同じ束柱類のデスモスチルスの復元骨格が本館第2展示室にあります。
 こちらは四足で立っています。

パレオパラドキシアもこんな感じだった?本館のデスモスチルス

 ということで、氷河時代展の後には博物館本館がおすすめです。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 47th-hyougajidai氷河時代展大阪市立自然史博物館ヘラジカケナガマンモスヤベオオツノジカナウマンゾウパレオパラドキシアデスモスチルス

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

第47回特別展「氷河時代」 気候変動はなにも今にはじまったことではありません?!〈大阪市立自然史博物館〉

 今年も自然史博物館の夏の特別展がはじまりました。
 春は巡回する特別展。
 夏は学芸員の方が企画した博物館オリジナルの特別展。
 今年は「氷河時代」。
 ブロガー招待で内覧会に行ってきました。

おなじみ「予告」つきの案内板

 「氷河時代」。
 アメリカのCGアニメ「アイス・エイジ」シリーズを思い出すかもしれません。
 関係のない、ものすごく大昔のこと、と思うかもしれません。
 でも、ちがいます。
 実は、今、国際的に重要な問題になっている地球温暖化などの環境問題に大きく関係しているのです。
 それを自然史の博物館らしい視点でとりあげたのが、この特別展。だと思います。

入口で出迎えて?くれるヘラジカ

最終氷期には日本中にいたと考えられます

 「氷河時代」または「氷河期」。
 言葉はよく耳にしますが、さあ、一体いつのことでしょう。
 それは、今。
 氷河時代のわかりやすい説明は、氷河がある時代のこと。
 今は南極やグリーンランドなどにあるので、実は氷河時代。
 ただし、氷河時代の中でもちょっと暖かい、「間氷期(かんぴょうき)」と言われる時代です。
 氷河が発達する寒い時期が「氷期(ひょうき)」。
 氷河期は、寒い氷期とちょっと暖かい間氷期が繰り返し訪れます。

多分今回の展示の中で最も古い24.6億年前の縞状鉄鉱石

シアノバクテリアに作られた酸素によって
大量の海水中の鉄が酸化して沈殿したもの

 「氷期」「間氷期」を身近な言葉で言い換えると、「寒冷化」と「温暖化」。
 そう、なにかとおさわがせな「温暖化」です。
 今までの気候変動のことを知って、今、そしてこれからの温暖化という気候変動についても理解を深めてみましょう、ということなのです。

スノーボールアース(全球凍結)後にできた7億年前の縞状鉄鉱石
海が氷で覆われて無酸素状態になったところで
温暖化で氷がとけて一気に酸素が海水に溶け込んで
溜まっていた鉄が酸化して沈殿したもの。

 地球46億年の歴史の中で、氷河時代は何度もありますが、ほとんどが恐竜より古い時代のこと。
 唯一いろいろと細かいことがわかっているのが、今の氷河時代。
 そこで展示の中心は260万年前にはじまる「新生代後期氷河期」と、その中の7万年前から1万1700年前までの「最終氷期」。
 最も新しい氷期です。

三方五湖の水月湖から取られた7万年以上の気候変動が刻まれた年縞

年輪のように1年毎の縞になって
毎年の気候変化の痕跡が閉じ込められています。

 氷期には海水面が下がって日本と大陸がつながり、大陸の動物がやってきます。
 最終氷期は本州四国九州がつながり、北海道はアジア大陸つつながったサハリンとつながります。
 そして狭くなった津軽海峡が凍ったことで、北海道から大陸の動物が本州にまでやって来ました。
 今、日本でもっとも大きい野生動物は、本州がツキノワグマ、北海道がヒグマですが、もっと大きい動物も大陸から渡ってきました。
 大きい動物の代名詞でもあるゾウも、日本の多くの地域に住んでいました。
 そういった動物の化石もたくさんあります。

氷期の日本にいた巨大動物のケナガマンモスとヤベオオツノジカ

マンモスは北海道にいました。
ヤベオオツノジカは北海道と沖縄以外にいましたが
なんと大阪にもいました。

 こういった動物たちは、日本が暖かくなるといなくなりましたが、暖かい間氷期に日本にやってきた巨大動物もいます。
 巨大ワニ。
 特に大阪は巨大ワニ化石の産地。
 マチカネワニ、キシワダワニ、タカツキワニの3大大阪ワニの化石が展示されています。
 こういった動物たちは、日本が寒くなるといなくなりました。

最近種として認められたキシワダワニ

名前のように岸和田市でみつかりました。

ほぼ全身が見つかったマチカネワニ(本館第2展示室)

会場のマチカネワニは撮影禁止なので
写真は本館に展示されているもの。
本館内の壁にもエイリアンのようなマチカネワニがいます。

 もちろん、植物も氷期と間氷期では変わります。
 それだけ気候の変動は生き物にとって重要だということ。
 だからこそ、ただただ恐れるのではなく、その仕組を知り、過去の事実を知ることで、未来を想像することができます。
 ただただ訳もわからず恐れるのと、ちゃんと知識を持って対処するのは、雲泥の差があります。
 「氷河時代」展。
 人間にとっても重要な気候変動について知る機会になると思います。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 47th-hyougajidai氷河時代展大阪市立自然史博物館キシワダワニマチカネワニヤベオオツノジカケナガマンモス水月湖年縞縞状鉄鉱石ヘラジカ

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS