【 水族館】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

閉館の前に行きたかったやさしい水族館 沖縄県南城市がまがま水族館

 地方の小さな水族館が閉館しました。
 最近話題になっていたので、一度行ってみたいと思っていた水族館です。

 水族館があるのは、沖縄県南城市。
 沖縄本島とも呼ばれる沖縄島の南部の東、太平洋側で、世界遺産の斎場御嶽(せーふぁーうたき)や、鍾乳洞の玉泉洞があります。

 水族館の名前は「がまがま水族館」。
 「がま」は沖縄で洞窟を意味します。
 石灰岩の地面が多い沖縄では、自然にできた洞窟がたくさんあります。
 その洞窟を探検するワクワク感をイメージされたようです。
 実際、外観も風化した石灰岩のように見えます。

全館訪問取材 中村元の全国水族館ガイド 125

新品価格
¥2,420から
(2021/10/11 23:49時点)

 ホームページによると開館は1973年5月。
 沖縄県が日本に復帰したのは1972年5月。
 その1年後です。
 ほぼ半世紀の歴史があります。

 旅行などでどこかへ行くときは、その土地の博物館、植物園、動物園、そして水族館などの施設はチェックするのですが、前回沖縄に行ったときには気づきませんでした。
 それだけ地域密着型の小さな水族館のようです。

白い砂のアクアトープ Blu-ray Vol.1

新品価格
¥10,165から
(2021/10/11 23:51時点)

 ホームページの館内案内を見ると、屋内の魚類展示と、屋外のペンギンペン展示の2つに別れ、それぞれが円形なので8のようになっています。
 魚類コーナーのほうが種類も数も多く全体のスペースは広いのですが、館内の映像を見てるとケープペンギンがいるペンギンコーナーが広く感じます。
 ペンギン展示館です。

 魚類は沖縄の沿岸の魚が中心のようで、地域密着型なのがわかります。
 種類は豊富ですが、おそらくその時時で大きく変わるのでは、と思います。
 漁師さんがめずらしい魚を捕まえたら持ってくるとか、職員さん自ら魚を捕まえに行くとか。

白い砂のアクアトープ Blu-ray Vol.2

新品価格
¥10,165から
(2021/10/11 23:52時点)

 ドキュメンタリー風の番組でも来館者には地元の人が多く、愛されていることがわかります。
 入館料も高校生以上が500円。
 公立博物館並の値段です。
 城南市私立とも沖縄県立とも書かれていないので私立だと思いますが、どうしてこのような値段で今まで維持できるのか不思議なくらいです。

 閉館の理由が設備の老朽化なのも、地元の人が来館しやすいような入館料にしたためかもしれません。
 確かに円形の建物はデッドスペースだらけでしょうし、石灰岩を模したような外壁の維持は普通の建物よりたいへんでしょう。
 それに館内もバックヤードも番組で見る限りきれいに整えられ、半世紀という時間を感じさせません。
 来館者が気持ちよく訪れることができるようにという心遣いなのでしょう。

 それは展示にも反映しているように感じます。
 一般に沖縄の水の生き物というと、海をイメージすることが多いと思います。
 でも実は、沖縄には絶滅危惧種や希少野生動植物種などに指定されている淡水の生き物がとてもが多いのです。
 カエルの仲間には沖縄島固有種など沖縄にしか住んでいない種類がたくさんいます。
 サワガニにいたってはは小さな沖縄島にもかかわらずいくつもの種類がいます。
 そういった淡水の生き物をほとんど展示せず、海の魚類に絞ったところも、ビーチに行けば会えるような身近な魚がたくさんいる憩いの場を目指していたから感じます。

 きれいな館内を見ればまだまだ水族館を続けることはできたように思います。
 でも、魚たちを優先するのは当然として、その分館内や外壁が汚れ、養生できず、来館者が気持ちよく見て回ることができなくなることを避けたかったのでは、と思います。

 ジンベイザメやイルカなど人気が高い魚がいるわけではありませんが、このようなほっこりする水族館が閉館するのは残念です。
 沖縄に行ったときに訪れなかったのが悔やまれます。

 がまがま水族館と入れ替わるように新しい水族館が開館されました。
 がまがま水族館の飼育員さんも移られた聞きました。
 がまがま水族館のこころはまだ消えないようです。

■参考外部リンク■
がまがま水族館

おしらせ

このがまがま水族館は、アニメ作品『白い砂のアクアトープ』に登場する架空の水族館です。
実在するホームページも作品の一部となっています。
今回の記事はそれをテーマにした二次創作としてお読みください。

■参考外部リンク■
TVアニメ『白い砂のアクアトープ』

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: がまがま水族館白い砂のアクアトープ沖縄水族館

関連記事
スポンサーサイト



theme : 最近のアニメ
genre : アニメ・コミック

海遊館のリニューアル その1 見上げればワモンアザラシ


 2013年の7月に一部リニューアルした海遊館。

 生物多様性をコンセプトにした、「新・体感エリア」が新しくできたのです。

 ちょっと時間がたちましたが、見に行ってきました。



いっぱい人がやってくる海遊館
いっぱい人がやってくる海遊館




 いつものようにエスカレーターで8階まで上がり、新しいエリアはどこかなと思いながら回っていきますが、なかなかありません。

 大水槽が終わってクラゲ館も終わって、エントランスビルに移動したところにやっとありました。

 天井から氷山のようなものが飛び出ている廊下を通って入った部屋は、天井の真ん中にドーム状の水槽があり、そこにアザラシがやってくるのです。

 体中に模様があるのでゴマフアザラシのようですが、よく見ると模様は丸い輪になっています。

 そう、ワモンアザラシ(輪紋海豹)です。

 なんかゴマフアザラシに似てるなぁ、と思っていたら、同じゴマフアザラシ属でした。



気持ちよさそう
気持ちよさそう




 アザラシは入れ替わりにやってきて、目を閉じてドーム水槽の下にへばりついています。

 そしてどういうわけか目を閉じ、それが笑っているように見えます。

 よく見るとアザラシは足のヒレを動かし泳いでいます。

 止まっているように見えるのは、ドームに沿うように水の流れと同じ早さで泳いでいるからのようです。

 ですからどのアザラシも同じ方向に顔を向けます。



入れ代わり立ち代わりやってきます
入れ代わり立ち代わりやってきます



 入れ替わり立ち代りアザラシがやってくることからすると、この場所が気持ちいいのでしょうす。

 そして目を閉じるのも、なにか水の流れと関係がありそうです。

 ドームの底にやってくるアザラシ。
 なぜか目を閉じるアザラシ。

 半球になったアクリルガラス越しに見るためか笑っているように見えます。

 よく考えてデザインされています。



笑うワモンアザラシ
笑うワモンアザラシ




 アザラシを間近に見ることができるのはおもしろいことです。
 しかも下から見上げるのは、めったにないことでしょう。



 大水槽ブームの火付け役になり、海遊館を超える大水槽の水族館がどんどんできる中、水族館トップクラスの人気を20年以上持ち続け、日本中からリピーターがやってくる海遊館。

 リニューアルで新しい魅力が増えました。

 もちろん、リニューアルはこれだけではありません。

 それはまた次回!



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 海遊館ワモンアザラシアザラシ水族館

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

海遊館の大水槽のとなりの深海の生き物 タカアシガニとオオグソクムシ


 もう説明の必要のないほど有名な水族館。海遊館。

 開館した1990年から大水槽で泳ぐジンベイザメがシンボルになっています。



1990年開館の海遊館
1990年開館の海遊館




 その後日本各地に大水槽を持つ水族館が開館しましたが、それでも多くの人を惹きつけ、なんと入場者の過半数がリピーター。

 ただ、展示が魚や海獣といった脊椎動物が中心で、ナマコやエビ・カニのような無脊椎動物の展示が少ないことが、ちょっと不満。

 それでもまた来たくなるので、この思い切りが海遊館の魅力なのでしょう。



海遊館の大水槽を泳ぐジンベイザメともっと大きなイワシ(の群れ)
海遊館の大水槽を泳ぐジンベイザメともっと大きなイワシ(の群れ)




この記事にはカニダンゴムシの仲間の画像があります。





 海遊館の数少ない無脊椎動物の中でも興味を引くのが「日本海溝」にいます。

 その名のとおり、日本の太平洋沿岸の深海に住む生き物が集められています。

 もちろん魚もいるのですが、目を引くのは今生きている節足動物の中で最大のタカアシガニ(高脚蟹)。

 成長すると3mを超える大きさにまでなる超巨大ガニです。

 といってもほとんどは脚の長さで、体は40cmくらいですが、目の前で動いている姿を見ると、結構迫力があります。



巨大節足動物の海遊館のタカアシガニ
巨大節足動物の海遊館のタカアシガニ




 3mの大きさがあると言われつつも体は40cm。

 体の大きさではもっと大きい50cmもあるといわれるのがダイオウグソクムシ(大王具足虫)。
 しかし住んでいるのは日本から遠く離れた大西洋周辺ですが、日本の近くにも同じスナホリムシ科の生き物がいます。

 それが海遊館にもいるオオグソクムシ(大具足虫)。



向こうを向いてしまった海遊館のオオグソクムシ
向こうを向いてしまった海遊館のオオグソクムシ




 ダイオウグソクムシが「大王具足虫」だから「王具足虫」かとおもったら「オオグソクムシ」。
 「オウグソクムシ」ではありません。

 ダイオウグソクムシより小さいとはいえ、大きさは15cm。

 見た目の通りダンゴムシやワラジムシとおなじ等脚目(ワラジムシ目)です。

 なかなかかわいい深海ダンゴムシです。


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 海遊館水族館タカアシガニオオグソクムシ甲殻類深海生物

関連記事

theme : 水族館・動物園
genre : 学問・文化・芸術

実はかくれた水族館。滋賀県立琵琶湖博物館の水族展示室


 琵琶湖(びわこ)博物館。

 その名の通り琵琶湖に特化した博物館です。

 琵琶湖東岸の烏丸(からすま)半島の先にあります。



 順番に見ていくと、まずは地質の展示です。

 琵琶湖とその周辺の地質の資料が展示され、琵琶湖のおいたちを教えてくれます。

 化石も展示され、さすがに恐竜はいませんが、大きなゾウが出迎えてくれます。

 次は人間と琵琶湖の歴史。

 自然科学で始まったが人文科学になり、人々と琵琶湖の関係がわかります。

 そして琵琶湖で暮らす人々の民俗展示になります。



滋賀県で見つかったミエゾウに近い黄河象
滋賀県で見つかったミエゾウに近い黄河象




 その後にやってくるのが水族(すいぞく)展示室。

 ややこしそうな名前ですが、つまり水族館です。

 琵琶湖博物館は地理や歴史から民俗まで幅広い展示を行なっているので、「水族館」とは呼ばないのでしょう。



 飼育されているのは当然琵琶湖に住む生き物。

 固有種が多い古代湖です。
 他の水族館では見ることができない魚がいっぱい。

 それが海水魚の水族館に負けない規模で展示されています。

 「水族展示室」ではなく「水族館」と呼びたくなるくらいの量です。



淡水魚を下から見れるトンネル水槽
淡水魚を下から見れるトンネル水槽




 魚に混じって展示されているのが滋賀県の鳥でもあるカイツブリ(鳰)。

 カイツブリは池などに住む決して珍しい鳥ではありません。
 しかし警戒心が強いうえに潜水が得意なので、人間の気配を察知すると池に潜って遠くに逃げていってしまうのです。

 そのため身近にいながら、意外と近くで見る機会がない鳥なのです。

 それが透明なアクリル板を隔てたところをスイスイと泳いでいます。

 アクリル板を越えてやってこないことがわかっているのか、人間を怖がりません。

 こんな近くでカイツブリを見る機会などそうあることではないでしょう。



間近に見れるカイツブリ
間近に見れるカイツブリ




 さらにカイツブリコーナーの特徴は、餌やり見ることができることです。

 飼育員の方が生きた小アユを水槽に放ちます。

 するとカイツブリは水に潜り、右へ左へ逃げるアユを追いかけ、見事に捕まえます。

 間近でカイツブリを見れるだけでなく、泳いで魚をつかまえるところまで見ることができる施設はそうないでしょう。



小鮎(右の白くて細い筋)を追いかけるカイツブリ(左の白くて太い筋)
小鮎(右の白くて細い筋)を追いかけるカイツブリ(左の白くて太い筋)




 滋賀県立琵琶湖博物館水族展示室。

 もう「琵琶湖水族館」と言ってもいいんじゃないでしょうか。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 琵琶湖博物館淡水魚琵琶湖淀川水系カイツブリ水族館古代湖

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

イルカショーだってやっています。海から離れた海水族館 京都水族館


 今年、2012年3月に開館した京都水族館。

 海から遠く離れた水族館です。

 海から離れた水族館というと、滋賀県の琵琶湖博物館の水族展示室があります。
 琵琶湖に関係した淡水魚だけで海水魚中心の水族館に負けないくらいのすごい展示ですが、淡水魚中心です。


 海から離れているにもかかわらず、淡水魚だけでなく、海に住む動物も展示しているのが京都水族館です。



横から見た京都水族館
横から見た京都水族館




 海水魚だけでなくアザラシやオットセイのような海獣(かいじゅう)のほか、ペンギンやクラゲなど普通の海水族館のようです。

 こんなに海から離れているにもかかわらず、これだけの海水の生きものを飼育できるのか不思議です。

 そしてそれだけでなくイルカショーがあるのがここの特徴。
 海から遠くはなれているのにイルカのショーです。

 それを可能にしたのが人工海水で、京都水族館では人工海水100%で、海から遠く離れた水族館と言われています。



京都水族館の「京の川」ゾーンのアマゴ
京都水族館の「京の川」ゾーンのアマゴ




 と言っても最初の展示は京都市街を流れる鴨川(かもがわ)にいる魚やサンショウウオの展示です。

 それだけでも多くのスペースが割かれていて、京都の川に多くの生き物がいることがわかります。



京都水族館の「ペンギンゾーン」のケープペンギン
京都水族館の「ペンギンゾーン」のケープペンギン
泳ぐ姿を下から見れます




 そのあとは海水魚やクラゲ、オットセイやアザラシにペンギンなど普通の海水族館のような展示になり、もちろん流行りの大水槽もあります。
 大水槽は京都らしく日本海の魚が集められています。



クエやナポレオンフィッシュもいる京都水族館の大水槽
クエやナポレオンフィッシュもいる京都水族館の大水槽




 そして最後はイルカショー。

 夏休みということもあり、イルカショーは満員。
 次の回まで2時間近く待たなけれあなりません。

 このあとの予定があったので泣く泣く断念しましたが、追加料金無しで見れるのですから、見られなかった人にはもう少し配慮してほしかったと思います。


 ということで、イルカショーはまたの機会。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 京都水族館アマゴケープペンギン大水槽水族館淡水魚海水魚川の魚海の魚ペンギン

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS