【 梅雨の花】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

真っ白いから光合成はしません! ギンリョウソウ

 金剛山のギンリョウソウに間に合いました。
 今年はちょっと早めでもう終わったと思っていました。

ギンリョウソウ

 ギンリョウソウは林床に咲く真っ白な植物。
 全体が真っ白ということは、光合成をしない植物。
 タシロランと同じように菌類から栄養をとっています。

 ただ、タシロランとちがうのは、菌類の種類。
 落ち葉などを分解する菌類から栄養を取るのがタシロラン。
 ギンリョウソウは樹木と共生している菌類から栄養を取っています。
 つまり、菌類を介して樹木の栄養を取っているとも言えます。
 同じ白い植物ですが、ちょっと事情はちがっています。

 ほかの特徴は、タネを虫に運んでもらうこと。
 それも実を食べてもらって。
 つまり、タネは昆虫の消化器を素通りできるほどとても小さい。
 食べてもらう昆虫はカマドウマやモリチャバネゴキブリなど。

花は終わって実がふくらんでいます
銀竜草

 光合成をやめてしまっただけでなく、タネを広める方法もちょっと変わっています。

 学名はMonotropastrum humile (D.Don) H.Hara。
 最近、朝ドラらんまんの主人公のモデル、牧野富太郎さんがギンリョウソウについて書いた手紙のことが報道されていましたが、命名は牧野さんではありません。
 分類を変更した H.Haraさんは、植物学者の原寛さんのこと。
 牧野さんが創刊した『植物研究雑誌』の三代目編集長。
 朝ドラに登場するでしょうか?

ギンリョウソウ
銀竜草
Monotropastrum humile (D.Don) H.Hara
ツツジ目 ツツジ科 シャクジョウソウ亜科 ギンリョウソウ属

山に咲く花 増補改訂新版 (山溪ハンディ図鑑)

新品価格
¥4,620から
(2023/7/9 00:25時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ギンリョウソウ白い花夏の花梅雨の花腐生植物菌従属栄養植物

関連記事
スポンサーサイト



theme : 山野草
genre : 趣味・実用

真っ白いから光合成はしません! 田代蘭(牧野富太郎さん)

 タシロランが咲いていました。
 広葉樹の落ち葉が厚く積もった場所に咲く真っ白な植物です。

田代蘭

 6月後半ころ突然現れ、半月ほどで跡形もなく消えてしまう。
 まるで幽霊のようです。

 真っ白なのは、光合成しないから。
 地面の下に広がる菌類から栄養をもらっています。
 多くの植物は菌類に水や土の中の栄養を集めてもらう代わりに、光合成で作った栄養をわたす形で共生しているようです。
 ところがタシロランは光合成できません。
 つまり菌類から一方的に栄養をとっているようです。
 それでも毎年この場所では咲いていますので、菌類を弱らせるほどではないのでしょう。

タシロラン

 光合成しないので、地面の上に出てくるのは花を咲かせてタネを広げるときだけ。
 だからすぐ消えてしまうので気づかれないこともあるでしょう。
 実は身近で咲いているのかもしれません。

Epipogium roseum

 タシロランの学名はEpipogium roseum (D.Don) Lindl.。
 Makinoさんの名前はありません。
 実は和名の命名が朝ドラらんまんの主人公のモデル、牧野富太郎さんです。
 発見者の田代善太郎さんの名前から命名されました。
 朝ドラにもタシロランと田代さんは登場するでしょうか?
 出てこないような気がしますが、たのしみです。

タシロラン
田代蘭
Epipogium roseum (D.Don) Lindl.
ラン目 ラン科 トラキチラン属

日本のランハンドブック (1) 低地・低山編

新品価格
¥1,760から
(2023/7/7 00:33時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タシロラン白い花夏の花梅雨の花腐生植物菌従属栄養植物牧野富太郎

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

2023年、ネジバナ界に激震走る?

 最も身近な蘭のネジバナの花の季節です。
 今年は今までとちょっとちがいます。

 2023年3月に日本のネジバナの新種が発表されました。
 といっても新しく見つかったのではなく、今までネジバナと思っていたのがちがう種だと分かったと発表されたのです。


 その名はハチジョウネジバナ。
 漢字では八丈捩花。
 学名はSpiranthes hachijoensis
 ネジバナ(学名:Spiranthes sinensis var. amoena)の亜種でも変種でもなく、別の種です。
 名前は八丈ですが、関東から九州にかけて分布しています。

 見た目そっくりのようですが、幸い遺伝子を見なくても見分ける方法があります。
 小さい花が螺旋状に(まっすぐのこともありますが)並んでいる花茎に短い毛がたくさん生えていれば、ネジバナ。
 毛がなければハチジョウネジバナ。
 ただ、奄美群島から南はナンゴクネジバナ(学名:Spiranthes sinensis var. sinensis)という亜種の可能性があります。


これはネジバナ

 ネジバナを見かけたら、ぐっと顔を近づけるか、マクロ撮影してみてください。
 花茎に毛がなければハチジョウネジバナかもしれません。
 そして、その地域で最初の発見かもしれません。

日本のランハンドブック (1) 低地・低山編

新品価格
¥1,760から
(2023/6/20 00:18時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ネジバナハチジョウネジバナ初夏の花梅雨の花赤い花赤紫色の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

ねじばな 咲いています。

 ネジバナが咲く季節がやってきました。

Spiranthes sinensis var. amoena

 ネジバナはよく草刈りされるような場所に咲くランの仲間。

捩花

 マクロで見ると、ちゃんとランの花の特徴を持っています。
 ちょっと控えめなところが、かわいい。

ネジバナ

 ランというと絶滅危惧種が多い貴重な植物。
 というイメージですが、ネジバナについては、雑草。
 ランのイメージを一新させる植物です。

 もっとも、人の生活の場の外では見たことがないので、自然の中ではとても貴重なランかもしれません。

日本のランハンドブック (1) 低地・低山編

新品価格
¥1,760から
(2023/6/18 00:13時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ネジバナ赤い花初夏の花梅雨の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

小さくてもあなどれない? いちやくそう

 イチヤクソウがひっそりと咲いていました。

一薬草

 下向きに咲く小さな白い花。
 葉は地面に広がり、花の茎も20センチほどとそれほど高くありません。
 さらに雑木林の中で咲くのでなかなか気づかれないかもしれません。

 偶然見つけた場所。
 毎年見に来ます。

イチヤクソウ

 イチヤクソウはツツジ科 シャクジョウソウ亜科 イチヤクソウ属の多年草。
 担子菌の菌類と外生菌根を作り、土の中の栄養の少ない場所に適応しているそうです。

 しかしここは雑木林。
 落ち葉が積もり、栄養が少ないと言うよりも、栄養を取り合う大きな樹木に負けないように、すきまで生きていくしたたかな方法でしょうか。
 自分の持てる武器を最大限活用し、隙間にするりと入り込む。
 雑木林は植物の静かな戦いの場、のようです。

イチヤクソウ
一薬草
Pyrola japonica Klenze ex Alefeld
ツツジ目 ツツジ科 シャクジョウソウ亜科 イチヤクソウ属
多年草

持って歩きたい 里山・山地の身近な山野草図鑑

新品価格
¥1,069から
(2023/6/12 00:06時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: イチヤクソウ白い花初夏の花梅雨の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

時期が遅かったからと信じたい 銀竜草

 7月中旬。
 久しぶりの金剛山。
 いつもなら4月5月は花の季節で、ときには毎週のように行くこともあります。
 しかし、去年同様新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言を受け、登りませんでした。

 この時期の目的は、ギンリョウソウ。
 ただ、今年は天気が悪い日が多く、こんな時期になってしまいました。
 金剛山でギンリョウソウというと、メインルートの千早本道。
 しかし、年々数は減り、時期が遅れた今年はどれだけ出会えるでしょうか。

ギンリョウソウ
銀竜草

 結果、2本。
 それ以外は咲き終わって実がふくらんでいるものも見ませんでした。

 ギンリョウソウは光合成をしない白い植物。
 花を咲かせるために地面の上に出て、実が熟したら枯れて地面の上から消えてしまいます。
 多年草なので、地面の下にはちゃんといて、翌年も同じところから顔を出します。

 来年はもっと早く来なければ。
 そうすれば、もっとたくさんのギンリョウソウと出会えるでしょう。
 そう思いたい。

ギンリョウソウ
銀竜草
Monotropastrum humile
ツツジ目 ツツジ科 ギンリョウソウ属の多年草
菌従属栄養植物

森を食べる植物??腐生植物の知られざる世界

新品価格
¥5,250から
(2021/7/16 00:08時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ギンリョウソウ白い花夏の花梅雨の花菌従属栄養植物

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの トゲトゲのまるい花と思ったら、よく見るとかわいい マイヅルソウ

 6月の亜高山。
 亜高山は、本州中部の場合、標高1500~2500mくらいのところのこと。
 そのあたりに咲く花は、高山植物と呼ばれます。

 カラマツ林の林床。
 白い花が咲いていました。


 よく見るとおおもしろいかたち。
 白くてまるいものから白い糸みたいなのが出ていて、それが鈴なり。
 それが小さい。


 かわいい花。

マイヅルソウ
舞鶴草
Maianthemum dilatatum
単子葉類 キジカクシ目 キジカクシ科 スズラン亜科 マイヅルソウ属の多年草

高山に咲く花 増補改訂新版 (山溪ハンディ図鑑)

新品価格
¥4,620から
(2020/8/3 23:12時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マイヅルソウ白い花高山植物夏の花初夏の花梅雨の花浅間山

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS