【 桃始笑】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

雨の中 桃花をみてみれば 花見 桃ヶ池公園 そして長居公園の桜


 七十二候第八候「桃始笑(もも はじめてさく)」から数日。

 雨の中、桃の花をみてきました。



 場所は桃ヶ池公園。

 大阪市阿倍野区。
 JR南田辺駅、地下鉄昭和町駅・田辺駅、近鉄北田辺駅に囲まれた住宅街の真只中にあります。

 元は「股ヶ池」「百ヶ池」などとよばれ、聖徳太子伝説が残るなど歴史の古い池です。

 まわりには旧石器時代からの遺構がある大阪でも歴史がむちゃくちゃ古いところの一つにあります。



竜王を祭った股ヶ池明神
竜王を祭った股ヶ池明神




 昭和初期ごろから今の「桃ヶ池」と呼ばれるようになったそうで、それにあやかってでしょうか、公園のあちこちに桃が植えられています。



名札がないので品種不明の桃
名札がないので品種不明の桃




雨水が滴る桃
雨水が滴る桃




 八分咲といった感じでしょうか。

 桃色の花が中心に植えられています。



雨が降る中の桃
雨が降る中の桃




 このあと長居公園へ行きましたが、こちらの桃はまだつぼみが固そうでした。

 その分、早咲の河津桜(かわづざくら)が満開。



見頃の河津桜
見頃の河津桜




 十月桜もまだ花をつけていました。



そろそろ終わり?の十月桜
そろそろ終わり?の十月桜




 そして白木蓮(はくもくれん)も咲いていました。



雨の中でもきれいな白木蓮
雨の中でもきれいな白木蓮




 今年も去年と同じように桃の花はちょっとおそいようです。



桃ヶ池の周辺地図




タグ♦  河津桜 十月桜 

モモ(桃):しだれ桃照手水蜜(テルテスイミツ) 5号ポット[美しい枝垂れ花桃 花も果実も楽しめます]

新品価格
¥1,874から
(2014/3/24 00:26時点)

[春の花木特集]桜[サクラ・カンヒザクラ系]:河津桜[カワヅザクラ]接木苗4~6号ポット

新品価格
¥2,786から
(2014/3/24 00:27時点)

桜 苗木 冬に咲く桜 十月桜 (じゅうがつざくら)1年生 接ぎ木 苗 庭木

新品価格
¥1,416から
(2014/3/24 00:27時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 桃ヶ池公園河津桜十月桜桃始笑七十二候長居公園

関連記事
スポンサーサイト



theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

二十四節気「啓蟄」の初候「蟄虫啓戸」と末候「菜虫化蝶」


 3月にはいると春の真ん中、春分を前に虫たちが動き始める「啓蟄」になります。

 「啓蟄」は立春から3つ目の節気。

 よみは「けいちつ」。
 暖かくなってきたので“土の中にこもっていた(蟄)”虫たちが、“穴を開いて(啓)”出てくる。という意味。

 春らしい二十四節気です。



この記事にはの画像があります。





啓蟄の次候は「桃始笑(もも はじめて わらう)」
啓蟄の次候は「桃始笑(もも はじめて わらう)」
2013年は3月下旬が見頃だった花桃「ほうき性花桃(長居公園)」。
今年はまだ桃の花は見ていません。




 啓蟄の期間は3つの七十二項に分けられます。

 その一つ目、初候は「蟄虫啓戸」。

 よみは「かくれたるむし とをひらく」「ちっちゅう こをひらく」「すごもりむし とをひらく」など。

 意味は基本的に啓蟄と同じ、暖かくなってきたので冬ごもりしていた出てくるとような意味です。



フクジュソウの花に集まってきた啓蟄のコバエ(ちはや園地)
フクジュソウの花に集まってきた啓蟄のコバエ(ちはや園地)
ハナバエ科のタネバエ?
受粉のためにこういった虫があつまるようにパラボラアンテナのような花で太陽の光を花の中心に集めると言われています。




 ただし、IWO(いきもの は おもしろい!)では、「啓」と「蟄」の位置がちがうことからこう解釈をしています

 「啓蟄」は「(暖かくなってきた気候“が”)こもっていた虫“を”開放する」。
 「蟄虫啓戸」は「(暖かくなってきたので)こもっていた虫“が”出口を開く」。

 それぞれ視点がちがいます。

 「啓蟄」は、虫が出てきたくなるほど暖かくなってきた気候が中心。

 「蟄虫啓戸」は暖かくなってきので出てきた虫が中心。

 そう解釈すれば、啓蟄の中にもう一つの虫の候「菜虫化蝶」が含まれることも納得できます。

 冬ごもりしていた虫も出てくるほど暖かくなったので、チョウも羽化しはじめるのです。



モンシロチョウに似ているキタキチョウの秋型(天野街道)
モンシロチョウに似ているキタキチョウの秋型(天野街道)
キタキチョウは秋に羽化した成虫(秋型)で越冬します。
冬越しが大変だったようで翅(はね)が傷んでいます。




 啓蟄の末候の「菜虫化蝶」。
 よみは「なむし ちょうとけす」「なむし ちょうとなる」。

 「なむし」は「菜虫」、モンシロチョウの幼虫のアオムシのこと。

 それが羽化してモンシロチョウになるということです。

 まだまだ寒い日がある3月。

 見かけるチョウは成虫のまま越冬してきたものばかり。
 「菜虫化蝶」よりも「蟄虫啓戸」の方がしっくりします。



成虫で越冬するテングチョウ(近つ飛鳥風土記の丘)
成虫で越冬するテングチョウ(近つ飛鳥風土記の丘)
翅が欠けているようですがこれがこのチョウの特徴です。
モンシロチョウはまだ見ていません。




 ところがモンシロチョウは蛹で越冬して、3月には羽化を始めるのです。

 七十二候は二十四節気と同じように中国由来ですが、「菜虫化蝶」は日本オリジナル。

 江戸前期の天文暦学者の渋川春海(しぶかわ はるみ)さんが1685年に日本に合うように改正した貞享暦(じょうきょうれき)に使われてから続いています。

 渋川春海さんは宇宙をみる天文暦学者でしたが、足下の生き物たちもじっくりと観察する学者だったのかもしれません。



タグ♦ 啓蟄 蟄虫啓戸 桃始笑 菜虫化蝶 二十四節気 七十二候

■参考外部リンク■
長居公園 - NAGAI PARK -
大阪府民の森(ちはや園地)
泉北ぐるりんウォーキング|陶器山パノラマコース
近つ飛鳥風土記の丘 - 近つ飛鳥博物館


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 啓蟄蟄虫啓戸桃始笑菜虫化蝶渋川春海二十四節気七十二候ほうき性花桃タネバエテングチョウ

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

桃の花へ梅の花から 七十二候第八候「桃始笑」過ぎて

大仙公園の位置


 七十二候(しちじゅうにこう)第八候「桃始笑(ももはじめてはなさく)」が終わって次の「菜虫化蝶(なむしちょうとけす)」になってしまいましたが、桃の花です。

 去年は大阪市の大阪城公園の桃園とその近くにある藤田邸跡公園に行きました。

 今年は、大阪二つ目の政令指定都市の堺市の大仙公園(だいせんこうえん)にある日本庭園へ行ってきました。



 大仙公園は日本最大の前方(ぜんぽう)後円(こうえん)(ふん)大仙古墳(だいせんこふん)(通称「仁徳(にんとく)天皇(てんのう)(りょう)」)を含む百舌鳥(もず)古墳群の中にあります。
 日本庭園はその大仙公園の北西にあります。



大仙公園日本庭園の桃源台の東屋
大仙公園日本庭園の桃源台の東屋
 細長い日本庭園の南にあるのが桃源台(とうげんだい)

 東屋(あずまや)のある広場を囲むように何本も桃が植えられています。

 桃の花を見るというのであれば、大阪城公園の桃園は品種も多く、品種が書かれたプレートもよくかけられ、木もそれほど高くないので間近に花を見ることができます。

 しかし桃の花が咲いている姿を見るのであれば、この大仙公園日本庭園も悪くはありません。
 そのはずです。


大仙公園日本庭園桃源台の桃の花
大仙公園日本庭園桃源台の桃の花



 なぜなら「桃始笑」をすぎたばかりだからでしょうか、満開というには程遠く、一つも花をつけていない木も少なくありません。

 桜が咲き始めるくらいが、一番の見ごろかもしれません。

 それでも一生懸命白い花をつけている桃もありました。

 梅は満開をすぎています。

 梅から桃へ花のバトンタッチがはじまっているようです。


蕾も膨らみ咲き始めの桃源台の桃
蕾も膨らみ咲き始めの桃源台の桃




 ところで。
 大仙公園の北にある大仙古墳は「仁徳天皇陵」と呼ばれて、5世紀頃に在位していた仁徳天皇の陵墓(りょうぼ)ともされています。
 しかし仁徳天皇の陵墓とされたのは明治時代。それまでは誰の墓かはわかっていませんでした。
 宮内庁が立ち入りを禁止しているために調査ができませんが、周辺の調査などから考古学的には仁徳天皇の陵墓ではないと考える研究者も少なくないようです。



■外部リンク■
大仙公園 日本庭園


◆タグナビ◆ 〔桃〕 〔桃始笑〕 〔七十二候〕 〔春の花〕



Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索
キッズgoo


タグ: 桃始笑七十二候春の花白い花ピンク色の花大仙公園日本庭園

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

桃が笑う日〈七十二候第八候〉


七十二候第八候


 七十二候(しちじゅうにこう)の第八候「桃始笑(ももはじめてさく)」です。

 桃の木が笑う??

 「笑」は「えむ」とも読んで、花が咲くことを意味します。
 つまり、「桃の花が咲きはじめる」という意味です。


桃はいつ笑う


 第八候は毎年3月の10日ころ。この頃になってやっと桃が咲き始めるということです。
 桃の開花の中心は3月下旬から4月上旬。桜の季節とそれほど変わりません。

 しかし、よく考えると、3月3日のひな祭りは別名「桃の節句(せっく)」。実際の開花時期とは1ヶ月も開きがあります。なぜでしょうか。

 昔の太陰暦の暦の3月3日はだいたい今の4月くらい。ちょうど桃の花が盛りの頃です。

 七十二候の第八候は桃の花が咲き始める頃。桃の花の見ごろはもう少し、先のようです。

笑み始めた桃(寒緋/花桃)〔藤田邸跡公園〕
笑み始めた桃(寒緋/花桃)〔藤田邸跡公園〕




日本語と中国語のちがい


 日本の「桃始笑(ももはじめてさく)」が中国では「桃始華(ももはじめてはなさく)」となります。同じ意味です。

 実は「笑」という文字に花が咲くという意味があるのは日本だけで、中国語にはそういう意味はありません。
 「花が咲く」の「咲」という漢字も、中国語では笑うという意味で「花が咲く」という意味はありません。

 中国語の「咲く」は「開」という字になります。「ひらく」という意味があるのは日本と同じ。
 ものすごくストレートに表現していると思います。

 「笑う」という言葉に「花がさく」という意味を持たせた昔の日本人の感性はすばらしいものだと思います。



 ちなみに、中国の「桃始華」は一つ前の第七候。啓蟄(けいちつ)と同じ日です。
 日本の第七候は「蟄虫啓戸(ちっちゅうけいこ)」。「啓蟄」とかぶっています。

 日本のように二十四節気と七十二候がかぶったりしないところが、中国らしいのかもしれません。


七十二候の記事は タグ〔七十二候〕
二十四節気の記事は タグ〔二十四節気〕



■外部リンク■
 藤田邸跡公園:OSAKA-INFO 大阪観光情報



Yahoo! JAPAN



キッズgoo



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 桃始笑七十二候寒緋藤田邸跡公園春の花ピンク色の花

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS