【 有川浩】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

海から人間を食べるためだけにやってくる怪獣の恐怖『海の底』


「海」

 『阪急電車』や『フリーター家を買う』の有川浩さんの小説です。

 「自衛隊三部作」と呼ばれる中の1冊、発表順からだと3冊目の本になります。

 3冊とも主人公の一人が自衛官で、必ず物語の中心で恋愛が描かれるのが特徴です。

 物語の舞台となるのがそれぞれ、陸、空、海。

 そして戦う相手が、怪獣。

 そう、怪獣小説です。

海の底
有川 浩著
税込価格:¥740
出版:角川書店
   角川文庫
発行:2009年4月

「怪獣」

 といっても、ウルトラマンなどの子供向け特撮番組に出てくる怪獣とはちょっとちがいます。

 1作目の『塩の街』では、そもそも怪獣かどうかもわからない宇宙から来た謎の存在をめぐる終末SF。

 2作目の『空の上』では、人間と会話ができるだけの知能を持った生命体とのファーストコンタクトSF。

 そしてこの3作目の『海の底』は、人々を襲う化け物と戦う怪獣小説です。


巨大ザリガニ

 ただし相手は高層ビルを壊す100mを超えるような大怪獣ではありません。

 人間とそれほど変わらない大きさです。

 しかし数え切れないほどの数がいて、人間の体など簡単に切断してしまう武器を持ち、拳銃弾をはじき返す装甲を持っています。
 その上、知性はないものの統制のとれた集団行動を行います。

 襲ってくるのはザリガニを大きくしたような甲殻類の生き物。

 人間の大きさの甲殻類。だから怪獣です。


サファリ レプリカ ウミザリガニ

新品価格
¥2,415から
(2011/10/15 13:57時点)

超巨大節足動物は「怪獣」だ

 なぜなら、甲殻類を含む節足動物が人間くらいの大きさになり、さらに陸上を動きまわるのは無理だと考えられているからです。

 大きな体を陸上で支えるため厚くなった外骨格の中には、十分な筋肉や内臓を収めることができないのです。

 そしてもう一つは呼吸。

 節足動物は陸上に住む脊椎動物のような効率よく酸素を取り入れる呼吸器も、体の隅々に酸素を送る循環器も持っていません。
 だから体が大きくなればなるほど心臓から遠いところから酸欠になるのです。

 ダイオウグソクムシやタカアシガニなど大きな節足動物もいますが、それは体が軽くなる海の中で、しかも体は人間よりもずっと小さく、動きも速くありません。

 脊椎動物が繁栄する前の石炭紀の陸上には長さが2メートルを越える節足動物もいましたが、体は平たくて薄かったようです。


本当の問題は

 じゃあ、『海の底』はリアリティが無い小説なのでしょうか。

 いやいや、そんな子供向け小説ではありません。

 巨大ザリガニ怪獣出現の非現実的な状況に対する警察上層部と国の対応は、いやになるほどリアリティがあります。

 拳銃が効かず人間などものともしない巨大ザリガニに対峙するのは生身の警察官。いくら精鋭ぞろいの機動隊とはいえ、怪獣相手では防衛線を維持するのが精一杯。
 有効な手段を持たないまま負傷者や殉職者を出しながらザリガニの侵攻を食い止めます。


現場の警官が上層部に怒鳴り込めるのなら簡単ですが

 基本的に銃器で武装していない人間に対処すること想定している日本の警察官を前線に並べ、一向に自衛隊に出動要請しようとしない日本政府。

 政府がもたついている間に、防衛線を死守している機動隊が疲労していくと同時に、怪獣が上陸したのが米軍基地なので米軍が爆撃の準備を始めます。
 防衛線が破れるのが先か、米軍の日本爆撃が先か、それとも政府が当然の決断してくれるのか。

 ここでリアリティの無いドラマならば、現場の一警官がコートをなびかせて警察上層部に怒鳴り込んで済むのですが、もちろんそんなことはありません。


怪獣と自然災害

 現場では血が流れ多くの人が傷つき、そして死んでいっているというのに、現場から遠くはなれたところでは有効な手段をまったく打つことが出ないどころか事態を悪化させる方向へと突き進んでいる様子は、まるで東日本大震災時の日本政府のようです。

 もう一つの怪獣小説『MM9』では、怪獣は現実世界のいろいろな自然災害の比喩的な形で現れます。

 この『海の底』の怪獣も同じように解釈すると、涙が出てくるほどリアリティのある小説なのかもしれません。


もちろん「ベタ甘」恋愛もあります


 と怪獣のことばかり書いてきましたが、有川浩さんの小説です。

 怪獣物語が進行していく中で、ちゃんと恋愛あり、いろいろな人間ドラマあり、どう考えても文庫本1冊には収まらないようなドラマが詰め込まれて、それでちゃんと収まっています。


 『海の底』は怪獣小説、恋愛小説、パニック小説、人間ドラマ、政治ドラマ、いろいろな読み方が楽しめる小説です。


◆関連タグ◆ 〔有川浩〕 〔自衛隊三部作〕 【海から迫りくる危機!?】


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 海の底有川浩自衛隊三部作怪獣SF

関連記事
スポンサーサイト



theme : SF小説
genre : 本・雑誌

高度2万メートルに広がる最強知的生命体は敵か友達か?『空の中』



 著者の自衛隊三部作の「空」に当たる二作目の作品です。

 一作目はすでに取り上げた『塩の街』


二つの航空機事故

 日本領空の高度2万メートルという、普通は飛行機が飛ばない高度で起きた二つの原因不明の航空機事故。

 その事故で生き残った航空自衛隊パイロットによって、空にいる巨大な見えない「生き物」が関係していることがわかります。

 同じころ、高知県に住む少年がクラゲのような奇妙な「生き物」と出会います。

 まったくつながりがあるようにも思えないこの出来事が話が進むにつれて重要な意味を持つようになります。

空の中
有川 浩著
税込価格:¥740
出版:角川書店
   角川文庫
発行:2008年6月

「自衛隊三部作」

 「自衛隊三部作」に物語に登場する「怪獣」。

 『塩の街』ではそもそも生物か何かもはっきりしない存在でしたが、この作品ではコミュニケーションがとれるだけの知能があり、電磁波を自由に操り防ぎようのない破壊力を持ち、人類は有効な対抗兵器を持たない上に、本人に悪意がないというなかなか最強に近い「怪獣」です。


2万メートルの怪獣

 その怪獣は高度2万メートルに浮かび、空に擬態する上に電波を通してしまうので、存在することを人間は知らなかったのです。

 前作とのちがいは明らかに「怪獣」は“生物”であること、そして高い知能を持っていて人間とコミュニケーションがとれること。

 コミュニケーションがとれて悪意がないということは、交渉できるということです。
 そこで多くの怪獣物とちがい、武力による防衛ではなく、交渉による防衛を模索します。

 そのため、未知の状況で右往左往する人間の物語だった『塩の街』に対して、この作品は人間ではない知的な生命体とのファーストコンタクトの物語でもあります。


エディアカラ動物

 空に浮かぶ巨大な生物ということで、『白鯨』にちなんで「ディック」と名付けられます。

 物語では謎が多い先カンブリア紀のエディアカラ動物群の生き残りとしているようです。

 エディアカラ動物群というのは、アノマロカリスやハルキゲニアなどのバージェス動物群のカンブリア紀よりもさらに古い今から5億5千万年以上前の先カンブリア紀の動物と思われる謎の化石のことです。
 最古の多細胞生物とも言われています。

 平たい謎が多い生き物というところは、ディックも確かにエディアカラの動物ぽくはあります。


楕円形をしたエディアカラ動物群「ディッキンソニア」の化石[兵庫県立人と自然の博物館]
楕円形をしたエディアカラ動物群「ディッキンソニア」の化石
[兵庫県立人と自然の博物館]



怪獣は動植物より奇なり

 しかし一都市を覆ってしまうほどの大きさですし、どうやって空に浮かんで、しかもさまざまな電磁波を操ることができるようになったのか、まったくわかりません。

 いやいや、そこにこだわっていては、怪獣は楽しめません。

 そして怪獣をまじめに考えるということは、そのまま生き物について知ることにもなるでしょう。

 「事実は小説よりも奇なり」という言葉がありますが、すくなとも怪獣については当てはまらないようです。

 どうして怪獣は動物でも植物でもなく怪獣なのか。

 そこに生き物の秘密と不思議が隠れているような気がします。


◆タグナビ◆ 〔怪獣〕 〔自衛隊三部作〕 〔有川浩〕

■外部リンク
兵庫県立 人と自然の博物館


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 空の中怪獣自衛隊三部作有川浩エディアカラ動物群

関連記事

theme : 読んだ本の感想等
genre : 小説・文学

ただの塩かそれとも生き物か『塩の街』


作家 有川浩

 最近映画が公開された「阪急電車」や、テレビドラマにもなった「フリーター、家を買う。」を書いた作家、有川(ありかわ) (ひろ)さん。

 その作家デビュー作がこの本『塩の街』のもとになった作品です。

 正確にはデビュー作に加筆して、同じ登場人物の短編を1冊にまとめた本です。


塩の街
有川 浩著 
税込価格:¥700
出版:角川書店
   角川文庫
発行:2010年1月

『塩の街』

 ある日、突然世界中に宇宙から落下してきた塔のような巨大な塩のかたまり。

 それと同時に人間の体が塩に変わって死んでしまうという奇病が蔓延します。

 奇病は一瞬で広がりが政府の機能はマヒ、生き残った人々はかろうじて自治的な機能を保って命をつなぎとめていました。

 そんな世界でのちょっと歳の離れた男女の物語です。

 その男性の職業は自衛官。
 そうです。
 突然の災厄と対峙する組織の一員です。


『図書館戦争』

 ここまででもわかるように、『塩の街』の世界は「阪急電車」の世界でも「フリーター家を買う」の世界でもありません。

 著者のもう一つの顔、人類の貴重な財産である図書を守るために戦う『図書館戦争』シリーズのような世界です。

 ただ有川浩作品の書評の枕詞ともなっている「ベタ甘の恋愛」はもちろんあります。
 むしろそれを描くためにこの終末を迎えたような世界が考えだされたのかもしれません。


塩の怪物

 塩になる病気の元凶と考えられているのが、宇宙から落ちてきた巨大な塔のような塩の塊。

 火を吐くわけでも、動いてビルを壊すわけでもありません。

 しかしステルス機能を持ち巨体を隠して誰にも見つかることなく地球に落下してくるなど、ただの自然現象とは思えません。

 作品はSFよりも恋愛小説に重点が置かれているため、この塩の塊の出自やこれに関することについての言及はほとんどありません。

 その数少ない言及の一つが、「塩の塊生物説」です。


図書館戦争
有川 浩著 
税込価格:¥700
出版:角川書店
   角川文庫
発行:2011年4月

いきもの?

 生物らしい構造を持っていない塩の塊は、地球の常識からすれば明らかに「生物」の枠の外にいます。

 しかし人間を自分と同じ塩の塊にし、結果的に増えていきます。

 塔のような塩の塊と塩の塊になった人間。
 形も大きさも違いますが、かたまりを作っている小さな塩の粒の一つ一つが“いきもの”だとします。

 すると、人間の体を蝕み自分と同じものを増やしているのですから細菌やバクテリアなどと同じ働きをしていると言えるかもしれません。
 ものすごく強引ですが。


「生物」とは

 地球の常識の範囲内の存在ならば、細胞を持っていれば「生物」とうやむやにできるかもしれません。

 しかし地球の常識にとらわれない存在に対して「生物」はどう定義すればいいのでしょうか。

 そこで例によってむりやり強引に「生物」の定義をまとめてみると。

 外からエネルギーを得て物質を化学的に分解し組み合わせて自分を複製して増えることができるもの

 という感じでしょうか。

 つまり、単純に個々の分子が酸素と結合するだけの鉄の錆は、何かを分解して錆を組み立てて増えているわけではないので、生き物とは呼べないでしょう。

 もちろん細胞を持っていないので地球の常識でも生き物ではありません。


塩の錬金術師

 一方。謎の塩の塊は、どのような方法かわかりませんが、人間のからだの成分を組み替えて自分と同じ塩の塊にするのですから、地球の常識を超えた生き物と呼べるのかもしれません。

 ただし、人間の体には塩分があるとはいえ、体全体をそのまま塩に換えるためにはまったく足りません。
 これを行うのには水素や炭素に酸素や窒素などの原子を塩素とナトリウムという“塩の原料”に作り替える必要があります。

 これら物質の多くは、太陽の中や太陽が爆発する時につくられるものです。
 工場でつくることはできません。

 ですから、鋼の錬金術師でも人体をすべて塩に置き換えるのは無理でしょう。

 きっと。


鋼の錬金術師 1
荒川 弘著 
税込価格:¥420
出版:スクウェア・エニックス
  ガンガンコミックス
発行:2002年2月


◆カテゴリナビ◆ [架空・実在しない生き物]

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 塩の街有川浩自衛隊三部作怪獣

関連記事

theme : 読んだ本の感想等
genre : 小説・文学

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる