【 春日山遊歩道】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

世界遺産の山からにじみだした水の中の小さな小さなキノコたち 春日山原始林のカンムリダケ


 世界遺産の奈良の春日山。

 千数百年の歴史を持つ都市の隣にある原始林として特別天然記念物に指定されています。

 残念ながら原始林の多くは春日大社の神域として立ち入りが禁止されていますが、その周囲をめぐるように春日山遊歩道が整備されています。

 遊歩道は山腹を削るようにしてつくられ、奈良奥山ドライブウェイとつなげる予定だったのか、車が通れるような広くて平らな道になっています。



 遊歩道の南側、能登川沿いには別にトレッキング道があります。

 旧柳生街道、東海自然歩道の一部にもなっている滝坂の道です。

 遊歩道とちがってここは登山の雰囲気が楽しめます。



春日山の滝坂の道
春日山の滝坂の道




 去年のゴールデンウイークの頃、滝坂の道を歩いていました。

 春日山の南東、首切地蔵休憩舎に近づいた頃、広がった道の脇で奇妙なものをみました。

 斜面から湧きだした水がたまっているところで、沈んでいる杉やいろいろな落ち葉になにか小さなものがはえています。

 高さは1センチか2センチくらい。

 白い軸の先がマッチのように黄色く太くなっています。

 キノコというよりもカビか変形菌(粘菌)のようです。

 こういう何かわからないような知らない生き物を調べるのは大変。

 結局調べられず、そのままになっていました。



春日山の滝坂の道で出会った小さなキノコ?
春日山の滝坂の道で出会った小さなキノコ?




 そして偶然、ヒント到来。

 再び調べてみたら、わかりました。

 カンムリタケ。

 子嚢菌のキノコです。



カンムリタケ(冠茸)
菌界 子嚢菌門 テングノメシガイ綱 テングノメシガイ目
 テングノメシガイ科 カンムリタケ属



 山などの湧き水の流れの中に落ち葉に生えるキノコで、珍しい種類のようです。

 たしかにこんな小さなキノコ。
 水たまりのような浅くて強い流れのないところでなければ育たないでしょう。

 そんなキノコを見ることができた春日山。



カンムリタケが生えている様子
カンムリタケが生えている様子




 観光地にあって行きやすいためか、多くの人が通り過ぎますが、みんな気づきません。

 小さい珍しいいきもの、そしてかわいいいきもの。

 カンムリタケに出会うことができてよかった、と思います。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カンムリタケキノコ春日山原始林滝坂の道春日山遊歩道春日山原始林の生き物東海自然歩道奈良公園

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

うすたびがのまゆはからから


 冬や春や夏に開けた山を歩いているとときおり目にするのが薄緑色のちょっと変わった形の(まゆ)
 ウスタビガ(薄手火蛾)の繭です。



 といっても、ウスタビガの羽化は秋。

 当然中は空。

 落ちで時間のたっているものは踏まれてぺっちゃんこですが、落ちたてのものはまた形を保っています。

 そういうのは振るとカラカラ音がすると教えてもらいました。



ウスタビガの繭が落ちていた奈良公園の春日山遊歩道
ウスタビガの繭が落ちていた奈良公園の春日山遊歩道



 ということで、奈良公園の春日山(かすがやま)の遊歩道を歩いている時に見つけたウスタビガの繭を耳の近くで振ってみると。

 微かにカラカラと音がします。
 多分幼虫と(さなぎ)の抜け殻が入っているのでしょうが、見てみたい!

 しかしどこにも穴はあいていません。
 それに繭は丈夫で手で破ることもできません。



落ちていたウスタビガの繭
落ちていたウスタビガの繭




 よく考えると、どこかにウスタビガの成虫が出て行った穴があるはずです。
 それがみつかりません。
 もしかしたら、羽化に失敗した繭なのでしょうか。

 どうしようと思っていたら、まっすぐになっている繭の上の部分に隙間があるのをみつけました。

 両端をつまんで押してみると、貝口のようにパクリと蓋が開きました。



 繭は外敵から蛹を守るために丈夫でなければなりません。

 しかし丈夫すぎると羽化した成虫が出ることができません。

 ということで、この貝口の部分は最初から糸がかけられて無く、ただピタリと合わさっているだけなのでしょう。

 きっと。



貝口のように開いたウスタビガの繭
貝口のように開いたウスタビガの繭




 ファーブルさんは虫たちが巣や卵を産み付ける「ゆりかご」を設計図もなしで巧みに作り上げる姿を見て、職人と呼んでいました。

 ウスタビガの幼虫も生まれながらの貝口職人のようです。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウスタビガ奈良公園春日山遊歩道

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

イモリだって外を歩いてみたい! 春日山原始林のアカハライモリ


 10月末、紅葉にはまだ早い時期の奈良市の春日山(かすがやま)原始林。

 原始林のまわりにある春日山遊歩道を歩いていると、排水用のコンクリートの溝にへばりついている黒いトカゲが。

 いや、コンクリートの垂直の壁にへばりついているのでヤモリでしょうか。



この記事にはイモリの画像があります。





春日山原始林
春日山原始林




 珍しいと思い、手にとって見ると体の表面は鱗はなくザラッとした感じ。
 トカゲじゃなくてヤモリっぽい感じですが、目はヤモリのように大きくなく違和感があります。



コンクリートにへばりつく黒いヤモリ?
コンクリートにへばりつく黒いヤモリ?




 体をひっくり返してみると、オレンジ色。

 まるでアカハライモリ(赤腹井守)です。



おなかがオレンジ色のアカハライモリ?
おなかがオレンジ色のアカハライモリ?




 しかしイモリは両生類。
 水の中に住んでいます。

 ところがこの黒くてオレンジ色の生き物がいたのは乾いたコンクリートの壁。

 水のないところで体も乾いています。

 トカゲもヤモリも陸上で生活する爬虫類。
 イモリは水辺から離れられない両生類。

 するとこの黒オレンジの生き物は爬虫類に進化しつつある両生類新種イモリなのでしょうか。



 日本の本州に住むイモリはアカハライモリの一種だけ。

 アカハライモリは生まれたときはエラがあって水の中でないと生きることができません。
 しかし成長してエラがなくなり大人と同じ体になると、水辺から離れてミミズや昆虫などを食べる生活をするそうです。

 出会ったのは大人(成体)になる前の子供(幼体)のアカハライモリなのかもしれません。



この角度で見るとなかなかカッコいいアカハライモリ
この角度で見るとなかなかカッコいいアカハライモリ




 ちなみに、イモリを触ると手が腫れる、と言われることもありますが、実際体の表面には毒があるそうです。

 黒い背中と対照的な赤い腹は毒を持っていることを知らせる警告色(警戒色)と考えられています。

 毒はフグとおなじテトロドトキシン。

 触るだけでは問題ありません。
 ただイモリを触った手でつかんだものを食べたり、粘膜、例えば目をこすったりすると体の中に入るかもしれないので危険です。

 注意しましょう。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アカハライモリ毒生物春日山原始林の生き物警告色両生類春日山原始林春日山遊歩道

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その12 奈良公園春日山原始林の405番モミ近くのモミ


 奈良の春日大社(かすがたいしゃ)の後ろ側、若草山の右隣りにこんもりとしたあまり大きくない山があります。

 いくつかの小さな山がありますが、それらをまとめて「春日山(かすがやま)」と呼ばれています。

 長いあいだ春日大社の神域として大切に守られてきました。
 そのため多くの人が生活する都市の隣にありながら原生林(原始林)となっています。

 ということで特別天然記念物に指定されています。

 そして世界遺産でもありますが、こちらのほうは奈良の寺院群などと一緒になった「自然遺産」ではなく「文化遺産」です。



遊歩道から見た春日山原始林
遊歩道から見た春日山原始林




 今回も「巨樹に親しむ会」の『奈良公園の巨樹』をもとにしています。

 春日山にはぐるりと囲むように道が整備されています。

 その「春日山遊歩道」の北側、遊歩道の入り口からしばらく行って車止めから100mほど行ったところにまっすぐ天をつくように木が生えています。

 モミ(樅)の木です。



 そのような木は遊歩道のあちこちに生えていますが、遊歩道の木の切れ間の谷側にまっすぐ立っているので、目立ちます。

 『奈良公園の巨樹』の405番のモミを探そうとして、出会ったのはこのモミ(樅)の木。
 はじめはの405番のモミだと思っていたのですが、帰ってから地図で確認してみると、少し場所がずれているようなので、どうやらの405番モミではないようです。

 とはいえ、齢を重ねた立派なモミなのはまちがいないでしょう。



奈良公園春日山原始林の405番近くのモミ(2012年10月)
奈良公園春日山原始林の405番近くのモミ(2012年10月)




 モミは針葉樹。
 針葉樹といっても松のような針型ではなく、少し平たく細長い形をしています。
 同じような葉の木にカヤがありますが、葉の先が別れているのがモミの特徴です。

 下に落ちている葉をひろってみるとなんと先が二股に分かれていません。

 年老いたモミの木の葉は先が丸まってくるといいます。

 大きさからもわかるようにこの木は長い間ここに立っているようようです。



奈良公園春日山原始林の405番モミ近くのモミの葉
奈良公園春日山原始林の405番モミ近くのモミの葉

比叡山の若いモミの葉
比叡山の若いモミの葉




 モミは日本ではクリスマスツリーとして有名です。
 ですからとがった円錐形の形でイメージされることが多いでしょう。

 葉や枝を落としクリスマスツリーには程遠い形は、原生林の中多くの木々と戦って勝ち残った証なのかもしれません。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 巨樹・古樹・老樹モミの木奈良公園春日山遊歩道春日山原始林天然記念物世界遺産世界文化遺産

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

秋の終わりと奈良公園のルリセンチコガネのおやすみ


 そろそろ糞虫の季節も終わったかなと、今年は遅めの10月下旬に行った奈良公園。



この記事にはコガネムシの画像があります。





若草山山頂付近から見た晩秋の天然記念物春日山原始林
若草山山頂付近から見た晩秋の天然記念物春日山原始林




 国立博物館近くの日当たりの良い芝の上では、相変わらずエンマコガネが鹿の糞の中にもぐりこんでいました。

 そして糞虫シーズンにはよくルリセンチコガネ(るり色のオオセンチコガネ)を見かける飛火野の林の中では、1匹も見かけることはありませんでした。



鹿苑近くで出会った晩秋のルリセンチコガネ
鹿苑近くで出会った晩秋のルリセンチコガネ




 そこで春にルリセンチコガネを何匹も見かけた鹿苑のまわりへ行ってみると、やっと1匹。

 そのあと行った春日山遊歩道で1匹。

 この日はたった2匹でした。



春日山遊歩道で出会った晩秋のルリセンチコガネ
春日山遊歩道で出会った晩秋のルリセンチコガネ




 10月下旬の奈良公園。

 秋と一緒にセンチコガネの季節も終わりのようです。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ルリセンチコガネオオセンチコガネ奈良公園糞虫春日山遊歩道春日山原始林センチコガネ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

春日山の奥で出会った小さな紅葉


 10月下旬のセンチコガネなどの糞虫の様子を見に行った奈良公園。

 いつのまにか最高気温が20℃ほどの日が増えてきました。
 予想通り飛火野(とびひの)付近ではルリセンチコガネ(オオセンチコガネ)はほとんど見かけません。



 ということで、ちょっと足を伸ばして春日山(かすがやま)原始林をぐるりと囲む春日山遊歩道を歩きました。

 まだまだ木の葉は緑色。
 ところどころに生えているモミジ(ヤマモミジ?イロハモミジ?)もまだまだ緑色。

 人里に接したところでナンキンハゼが紅葉している程度で、木々の紅葉にはちょっと時間が必要なようです。



 車が走る奈良奥山ドライブウェイからちょっと外れたところにある(うぐいす)の滝。

 そこへ行く途中でモミジが紅葉していました。



緑の中の鴬の滝近くの紅葉
緑の中の鴬の滝近くの紅葉




 葉っぱは7つに別れて鋸歯(きょし)(葉の周辺のぎざぎざ)が小さいので、オオモミジでしょうか。



大きく七つにわかれて目立たない鋸歯の葉っぱなのでオオモミジ(多分)
大きく七つにわかれて目立たない鋸歯の葉っぱなのでオオモミジ(多分)




 緑の山の中で見かけた小さな紅葉です。



他の場所よりちょっと早い鴬の滝近くの紅葉
他の場所よりちょっと早い鴬の滝近くの紅葉




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオモミジモミジカエデ紅葉奈良公園春日山遊歩道

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS