【 春日山原始林の生き物】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

世界遺産の山からにじみだした水の中の小さな小さなキノコたち 春日山原始林のカンムリダケ


 世界遺産の奈良の春日山。

 千数百年の歴史を持つ都市の隣にある原始林として特別天然記念物に指定されています。

 残念ながら原始林の多くは春日大社の神域として立ち入りが禁止されていますが、その周囲をめぐるように春日山遊歩道が整備されています。

 遊歩道は山腹を削るようにしてつくられ、奈良奥山ドライブウェイとつなげる予定だったのか、車が通れるような広くて平らな道になっています。



 遊歩道の南側、能登川沿いには別にトレッキング道があります。

 旧柳生街道、東海自然歩道の一部にもなっている滝坂の道です。

 遊歩道とちがってここは登山の雰囲気が楽しめます。



春日山の滝坂の道
春日山の滝坂の道




 去年のゴールデンウイークの頃、滝坂の道を歩いていました。

 春日山の南東、首切地蔵休憩舎に近づいた頃、広がった道の脇で奇妙なものをみました。

 斜面から湧きだした水がたまっているところで、沈んでいる杉やいろいろな落ち葉になにか小さなものがはえています。

 高さは1センチか2センチくらい。

 白い軸の先がマッチのように黄色く太くなっています。

 キノコというよりもカビか変形菌(粘菌)のようです。

 こういう何かわからないような知らない生き物を調べるのは大変。

 結局調べられず、そのままになっていました。



春日山の滝坂の道で出会った小さなキノコ?
春日山の滝坂の道で出会った小さなキノコ?




 そして偶然、ヒント到来。

 再び調べてみたら、わかりました。

 カンムリタケ。

 子嚢菌のキノコです。



カンムリタケ(冠茸)
菌界 子嚢菌門 テングノメシガイ綱 テングノメシガイ目
 テングノメシガイ科 カンムリタケ属



 山などの湧き水の流れの中に落ち葉に生えるキノコで、珍しい種類のようです。

 たしかにこんな小さなキノコ。
 水たまりのような浅くて強い流れのないところでなければ育たないでしょう。

 そんなキノコを見ることができた春日山。



カンムリタケが生えている様子
カンムリタケが生えている様子




 観光地にあって行きやすいためか、多くの人が通り過ぎますが、みんな気づきません。

 小さい珍しいいきもの、そしてかわいいいきもの。

 カンムリタケに出会うことができてよかった、と思います。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カンムリタケキノコ春日山原始林滝坂の道春日山遊歩道春日山原始林の生き物東海自然歩道奈良公園

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

山でヘビに出会いました。一度に2種類も


 東海自然歩道。
 大阪の箕面(みのお)と東京の八王子(はちおうじ)を結ぶ長距離自然歩道です。
 その奈良県部分は、春日山(かすがやま)原始林を通ります。



この記事にはヘビの画像があります。




 並行している春日奥山遊歩道は春日山の山腹に、車が走れるように広く平らにならされた林道。

 東海自然歩道は川沿いにぐにゃぐにゃでこぼこの歩道が続いています。
 この部分の東海自然歩道は、剣豪柳生(やぎゅう)十兵衛(じゅうべえ)で有名な柳生の里まで続く柳生街道。

 遊歩道とはまた違った趣です。



柳生街道の東海自然歩道
柳生街道の東海自然歩道




 道の端を流れる水の近くを動くものが。

 ヘビです。

 陰になっていて見えにくいですが、なんだか黄色か黄緑色のようです。

 どんなヘビだろうと家に帰って調べてみると、ピタリと合うヘビは見つかりません。

 いろいろとヘビの画像を見ていると、どうやらヤマカガシ(山楝蛇)のようです。



ヤマカガシ(山楝蛇)

ナミヘビ科 ヤマカガシ属
好む環境:低地から山地,水辺,
日本での分布:本州,四国,九州,※日本固有種

多分水辺が好きなヤマカガシ
多分水辺が好きなヤマカガシ
猛毒動物 最強5025位
毒の投与形態噴出,噛みつき,
※毒牙は口の奥にあり、毒が注入されることは稀。
 首から噴出される毒は50cmも飛ぶことがあり、目に入ったり粘膜に触れると危険。



 ヤマカガシというと、黒地に黄色と赤が散った日本のヘビとしては派手な色です。

 ただ色の変異が多く、必ずしもこの取り合わせではないようです。

 よく見ると、ヤマカガシ標準型から赤を取って黒を薄くすると……
 という感じです。

 腹が黄色いタイプは近畿地方でよく見かけるタイプだそうです。



多分ヤマカガシの頭
多分ヤマカガシの頭




 しばらく歩いていくと谷から水が染み出してくる所に別のヘビが。

 こちらを意識しつつも逃げる素振りは見せずマイペースで進んでいます。

 それほど大きくなく、また長くもありません。

 背中には黒っぽい小判型の模様。

 そう、マムシです。

 ただ日本での学問的な名前は「ニホンマムシ(日本蝮)」。
 図鑑などの索引で調べるときは「マ行」ではなく「ナ行」になります。



ニホンマムシ(日本蝮)

クサリヘビ科 マムシ属
好む環境:低地から山地の水辺や湿気の多い所,
日本での分布:北海道,本州,四国,九州,※日本固有種

コケの上のニホンマムシ
コケの上のニホンマムシ
猛毒動物 最強5035位
毒の投与形態噛みつき,



 マムシというと北海道から九州までは恐ろしい毒蛇として有名です。

 と言っても自分から人間を襲いに来ることはなく、不意に間近で出会って驚かさなければ、()みつかれることはそうあることではないようです。
 ということで、しばらく写真を撮った後は、そのままどこかへ行きました。



結構こわいニホンマムシの頭
結構こわいニホンマムシの頭




 こんな短い間に2種類の蛇と出会うとは、流石へび年です。

 どちらも毒蛇ですが、日本には人間を食べるヘビはいません。

 つまり、ヘビが人間に噛みつくのは自分を守るため。
 無理やりつかまえようとしなければ、向こうから噛み付きにやってくることはめったに無いそうです。

 ですから、道端でヘビを見かけても近づかず、怖がらずにそっとその場を離れるのが一番のようです。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマカガシニホンマムシヘビ春日山原始林東海自然歩道毒蛇春日山原始林の生き物

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

イモリだって外を歩いてみたい! 春日山原始林のアカハライモリ


 10月末、紅葉にはまだ早い時期の奈良市の春日山(かすがやま)原始林。

 原始林のまわりにある春日山遊歩道を歩いていると、排水用のコンクリートの溝にへばりついている黒いトカゲが。

 いや、コンクリートの垂直の壁にへばりついているのでヤモリでしょうか。



この記事にはイモリの画像があります。





春日山原始林
春日山原始林




 珍しいと思い、手にとって見ると体の表面は鱗はなくザラッとした感じ。
 トカゲじゃなくてヤモリっぽい感じですが、目はヤモリのように大きくなく違和感があります。



コンクリートにへばりつく黒いヤモリ?
コンクリートにへばりつく黒いヤモリ?




 体をひっくり返してみると、オレンジ色。

 まるでアカハライモリ(赤腹井守)です。



おなかがオレンジ色のアカハライモリ?
おなかがオレンジ色のアカハライモリ?




 しかしイモリは両生類。
 水の中に住んでいます。

 ところがこの黒くてオレンジ色の生き物がいたのは乾いたコンクリートの壁。

 水のないところで体も乾いています。

 トカゲもヤモリも陸上で生活する爬虫類。
 イモリは水辺から離れられない両生類。

 するとこの黒オレンジの生き物は爬虫類に進化しつつある両生類新種イモリなのでしょうか。



 日本の本州に住むイモリはアカハライモリの一種だけ。

 アカハライモリは生まれたときはエラがあって水の中でないと生きることができません。
 しかし成長してエラがなくなり大人と同じ体になると、水辺から離れてミミズや昆虫などを食べる生活をするそうです。

 出会ったのは大人(成体)になる前の子供(幼体)のアカハライモリなのかもしれません。



この角度で見るとなかなかカッコいいアカハライモリ
この角度で見るとなかなかカッコいいアカハライモリ




 ちなみに、イモリを触ると手が腫れる、と言われることもありますが、実際体の表面には毒があるそうです。

 黒い背中と対照的な赤い腹は毒を持っていることを知らせる警告色(警戒色)と考えられています。

 毒はフグとおなじテトロドトキシン。

 触るだけでは問題ありません。
 ただイモリを触った手でつかんだものを食べたり、粘膜、例えば目をこすったりすると体の中に入るかもしれないので危険です。

 注意しましょう。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アカハライモリ毒生物春日山原始林の生き物警告色両生類春日山原始林春日山遊歩道

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS