【 春の鳥】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

水が少ない今年の春の狭山池はチドリの恋の舞台 鳧

 毎年冬鳥を見に行っている狭山池。
 大阪狭山市にある、日本一古いダム式溜池といわれ、溜池が多い南大阪の中でも二番目の大きさと言われます。
 カモ類を中心とした冬鳥が多く、そして周りに遮るものがなく見やすい池です。

 狭山池毎年冬には水を減らし、3月半ばにはもとに戻しますが、2017年は3月末になっても少ない!
 あちこちで池底が見え、残った池面に鳥影はほとんどありません。
 しかしこんな時には、日頃はあまり見かけない、浅い瀬や水際によくいるシギやチドリがみられるかもしれません。
 はたして、西除川が流れ込むところが砂が敷き詰められた川原のようになっていました。

西除川流入部 川原のように見える部分はいつもは水の底
狭山池

 白い翼の鳥が飛んでいました。
 そこそこ大きくて首が短い鳥なので、カモメかな、と思いました。
 ところが、地面に降り立った途端、見えなくなりました。
 カモメなら白い姿が見えるはずです。
 おかしいと思って望遠で写した画像を拡大してみると。
 いました!
 ケリ(鳧)です。

砂の上では保護色

 ケリはチドリ科タゲリ属のハトくらいの大きさの鳥。
 でも足が長いので、ハトよりも大きく見えます。
 渡り鳥ですが、渡らず同じところに居続ける留鳥もいます。
 たたんだ羽は暗い褐色。
 翼の裏はよく目立つ白なのに、池底の砂の上では保護色となって、どこにいるのかわかりません。
 田んぼで見たとき変な色とは思っていましたが、まさかこんなところで保護色になっているとは思いませんでした。

 よく見ていると、2羽いるようです。

微妙な距離感の2羽

 並んで歩いていたかと思うと、離れていってしまいます。
 ちょっと離れたところからもう1羽の頭の上を飛わざとらしくびます。
 縄張り争いのようにも見えますが、なんか緊迫感がなく、妙です。
 あまり接近しませんし、頭の上を飛ばれたケリも逃げようともやり返そうともしません。
 もしかして、ディスプレイ?
 鳥のプロポーズ?

横に並んで

飛び上がって

2羽で舞って

並んで歩いていきました

 ケリの繁殖期は3月から7月。
 日本でも繁殖するそうなので、たぶん、そうでしょう。
 でも、ケリは絶滅危惧種。
 環境省ではDD(情報不足)ですが、大阪ではNT(準絶滅危惧)。
 運が良かったようです。

 今年の春の狭山池は、水鳥がほとんどいませんでしたが、チドリの恋の舞台になっていました。

■参考外部リンク■
大阪府/狭山池ダム

日本の鳥550 水辺の鳥 増補改訂版 (ネイチャーガイド)

新品価格
¥3,888から
(2017/4/10 21:00時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ケリ  チドリ  春の鳥  狭山池の鳥  狭山池  3月の狭山池 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

「玄鳥至」をすぎて初燕〈七十二候 第十三候〉


 毎年のことですが、七十二候(しちじゅうにこう)の「玄鳥至(つばめきたる)」をすぎてからの初燕です。




「玄鳥至」をすぎてからの初燕




 低い電線にとまって「ピチピチ」といかにも小鳥らしい鳴き声や、「ビリビリビリ」と小鳥らしからぬ鳴き声でさえずっています。

 南の国からやってきたところで、巣作りをするためのペアになるツバメを探しているのでしょうか。



 ツバメを見ると、なんだか夏の足音が聞こえてきそうです。





◆関連タグ◆ 〔玄鳥至〕 〔七十二候〕 〔ツバメ〕


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツバメ  玄鳥至  七十二候  春の鳥 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

梅にウグイス、じゃなくて本当はメジロ、と思ったらジョウビタキだった。大阪城公園梅園


 今年は遅れた梅の季節。

 春分の日の大阪城公園の梅園。



 満開の梅の木に小さな鳥が。



満開の梅の枝にとまる鳥
満開の梅の枝にとまる鳥




 梅といったらウグイス(鴬)

 というのは間違いで、人目につくところが大嫌いのウグイスが、こんな目立つところに出てくることはめったなことではないでしょう。

 ということで、この「ウグイス」はメジロ(目白)のことといわれています。

 花の蜜が好きなメジロは、梅の季節は梅に、桜の季節になったら桜に、花の蜜を吸いにやってきます。

 というわけで、この鳥はメジロ。



 とおもったら、色がちょっと黒すぎます。
 それにオレンジ色も見えます。
 どちらもメジロの色ではありません。

 ということで、この鳥はジョウビタキ(尉鶲)。

 梅の花の蜜を食べに来たようです。



梅に尉鶲
梅に尉鶲

ジョウビタキ(尉鶲)

スズメ目 ツグミ科 ジョウビタキ属
冬鳥
スズメくらいの鳥

黒い上半身と羽、オレンジ色の下半身、羽の白い斑点はジョウビタキの雄の特徴





 そして梅の木の下にはツグミ(鶫)。通称「つぐみん」。

 梅の木まで人がやってこないとはいえ、まわりは大勢の人に囲まれ草はきれいに刈られ、隠れるところはありません。

 気弱なつぐみんは、なんだか落ちつかなそうです。

 でも、薮の方へ飛んでいかないのが、つぐみんです。



梅園につぐみん
梅園につぐみん



■外部リンク■
大阪城公園


◆関連タグ◆ 〔ジョウビタキ〕 〔つぐみん〕 〔大阪城公園梅園〕




この記事の続きを読む


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ジョウビタキ  ツグミ  つぐみん  大阪城公園梅園  春の鳥    スズメくらいの鳥  冬鳥 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

磯が近いのでイソヒヨドリ?


 みさき公園からの帰り。
 南海のみさき公園駅のホームにて。

 人気の無い向かいのホームに動く影。
 鳥です。

 スズメよりも大きくてハトよりも小さい。
 黒い姿はカラスのようですが、もちろんカラスよりももっと小さい。

 よく見ると黒くはなく濃い紺色のよう。
 そして、お腹は赤みがかったオレンジ色。

 イソヒヨドリのオスです。



 ちょうど手に持っていた低倍率のカメラで数枚写したところで飛んで行ってしまいました。


 駅のホームにイソヒヨドリが飛んでくるとは、さすがみさき公園です。


イソヒヨドリ(磯鵯)
スズメ目・ツグミ科
ハトより小さい(約23cm)
留鳥
みさき公園駅のホームのベンチの下のイソヒヨドリ
みさき公園駅のホームのベンチの下のイソヒヨドリ
名前は「ヒヨドリ」ですが、ツグミの仲間です。



■外部リンク■
みさき公園
南海電鉄


◆タグナビ◆ 〔イソヒヨドリ〕 〔みさき公園〕



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: イソヒヨドリ  みさき公園駅  春の鳥  ハトより小さい鳥  留鳥 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

「玄鳥至」ツバメが空を舞い始めました。〈七十二候 第十三候〉


 桜もそろそろ満開。
 暖かくなってきました。


 ツバメがまだ田植えの準備も始まっていない田んぼの上を軽やかに飛び回っているのを見ました。
 今年最初のツバメです。

 ちょうど七十二候(しちじゅうにこう)の第十三候「玄鳥至(げんちょう いたる)」。
 ツバメが南の国からやってくる時期です。


青空を舞う春のツバメ
青空を舞う春のツバメ



 飛びまわるツバメは空を飛んでいる虫をとらえているのでしょう。

 南から海を渡って飛んできたので、虫をいっぱい食べて体力を取り戻そうとしているのかもしれません。

 ということは、ツバメがやってくるほど暖かくなっただけでなく、ツバメが食べるだけの虫が活動始めたということなのでしょう。



 中国では第十三候は「桐始華(トン シ ファ)(きり、はじめてはなさく)」。
 「玄鳥至(シュァヌ ニァォ ジ)」は2週間前の第十候。

 中国の方がちょっと早くツバメがやってくるようです?



 今回はすぎる前に出会うことができました。


◆タグナビ◆ 〔ツバメ〕 〔玄鳥至〕 〔春の鳥〕 〔七十二候〕




Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索
キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 玄鳥至  七十二候  ツバメ  春の鳥 

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

さくらメジロと堺市都市緑化センター


 大阪の堺市の百舌鳥(もず)古墳群(こふんぐん)にある大仙公園(だいせんこうえん)
 その南にあるのが堺市(さかいし)都市緑化センター。

堺市都市緑化センターの位置


 なんかややこしそうな名前ですが、一言でいえば植物園です。無料の。

 南北に細長い敷地は建物もあり「植物園」というには狭すぎるようですが、600種類あまりの植物が植えられています。



 花卉(かき)花木(かぼく)が何種類も植えられている中で、今の時期に華やかさを添えていたのが桜。
 もちろん、ソメイヨシノ(染井吉野)ではありません。

 名前は「オカメザクラ(おかめ桜)」。
 カンヒザクラとマメザクラを交配して作り出された早咲きの桜です。

 ソメイヨシノよりも少しだけ濃いピンク色の花がうつむいているのが特徴です。


堺市都市緑化センターのオカメザクラ
堺市都市緑化センターのオカメザクラ



 そこに小鳥が飛んできました。
 チュルチュルという鳴き声。

 メジロです。
 2羽います。


オカメザクラの花蜜を吸うメジロ
オカメザクラの花蜜を吸うメジロ



 メジロはヒヨ以上に花木の花蜜が大好きな鳥で、花のシーズンには毎日同じ木に花蜜を吸いにやってきます。
 きっと毎日の巡回コースに組み入れているのでしょう。


 メジロは本当によく動き回り、止まるのは花に嘴を差し込む一瞬だけです。

 桜の幹には横向きに、枝には鳥らしく上に、そして下にぶら下がり、花から花へを飛び回って、2羽一緒にどこかへ行ってしまいました。


花の中に嘴を入れるメジロ
花の中に嘴を入れるメジロ



■外部リンク■
堺市都市緑化センター

■桜の開花情報■
さくら情報 - ウェザーニュース
桜情報 - 開花予想 - 日本気象協会 tenki.jp
ウェザーマップ『さくら開花予想2011』
桜前線研究所
お花見に行こう! 桜前線とれたて便2011:るるぶ.com


◆タグナビ◆ 〔メジロ〕 〔桜〕




Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索
キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: メジロ  オカメザクラ  堺市都市緑化センター  春の鳥  春の花    植物園  ピンク色の花  スズメより小さい鳥  留鳥 

関連記事

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

錦織公園に鵺現る!!


 鵺。
 読みは「ぬえ」。

 いろいろと説ありますが、頭が猿、体は狸、脚は虎、尾が蛇という異様な姿で、夜には不気味な声で鳴くといわれる怪物です。

 主に平安時代の京都に現れたようで、今の京都にも鵺明神(ぬえみょうじん)をはじめ鵺にまつわる場所や伝承も少なくありません。



 梅を見に行った大阪の富田林市(とんだばやしし)錦織公園(にしこおりこうえん)

 梅にはちょっと遅かったのですが、公園内の自然林でツグミのような鳥を見ました。

 大きさも行動もツグミやシロハラそっくり。
 体には黒い斑模様(まだらもよう)があります。
 シロハラには斑模様はありませんがツグミにはあります。ただしお腹だけ。

 その鳥はお腹だけでなく折りたたんだ羽にも斑模様があります。
 全身斑です。


全身斑の謎のツグミ風の鳥
全身斑の謎のツグミ風の鳥



 全身斑模様のツグミに似た鳥。

 考えられるのは一つ。

 トラツグミ。

 ツグミ科の漂鳥(ひょうちょう)です。


トラツグミ(虎鶫)
ツグミ科トラツグミ属
ハトより小さい(約30センチ)
漂鳥(日本北部では夏鳥)
実はトラツグミ
実はトラツグミ



 話は戻って鵺について。

 夜に鳴く鵺の不気味な鳴き声なのですが、実はその声はトラツグミの鳴き声らしいのです。

 夜になく不気味なトラツグミの鳴き声が想像を膨らませて生まれたのが、鵺かもしれません。


 ということで、本当に怪物の鵺が錦織公園に現れたわけではありません。
 ご安心ください。


■外部リンク■
大阪府営 錦織公園


◆タグナビ◆ 〔錦織公園〕



Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索
キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: トラツグミ    春の鳥  錦織公園  ハトより小さい鳥  漂鳥 

関連記事

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる