【 春の花】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·アオスゲ  ·カヤツリグサ科/SA-tanada  ·スゲ属/SA-tanada  ·下赤阪の棚田の植物  ·緑色の花  ·春の花  ·セキショウ  ·肉穂花序/SA-tanada  ·ショウブ科/SA-tanada  ·下赤阪の棚田の植物  ·緑色の花  ·春の花  ·漢方薬  ·生薬  ·ホウキセイハナモモ  ·桃  ·サトザクラ  ·長居公園  ·春の花  ·白い花  ·ヒメハギ  ·春の花  ·紫色の花  ·小さな花  ·タンポポ  ·カンサイタンポポ  ·ケンサキタンポポ  ·セイヨウタンポポ  ·3倍体雑種タンポポ  ·春の花  ·黄色い花  ·キク科の花  ·タンポポハンドブック  ·菫  ·シハイスミレ  ·ヒメスミレ  ·コスミレ  ·ノジスミレ  ·春の花  ·紫色の花  ·APG_IV  ·APG  ·キュウリグサ  ·春の花  ·青い花  ·小さい花

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

アオスゲ(青菅)-下赤阪の棚田のカヤツリグサ科

アオスゲ(青菅)Carex leucochlora

被子植物 単子葉類
イネ目 カヤツリグサ科 スゲ属
多年草
草丈:15~50cm
花期:4~6月
果期:5~7月
痩果
自然分布:北海道~九州の草地


2014年4月中旬

よくあるスゲ属。

雄花ばかり集まった雄小穂と雌花ばかりの雌小穂があります。
花穂の先端に雄小穂、そのまわりのトゲトゲがあるのが雌小穂。

このユニークなつくりの花は、カヤツリグサ科ではよくあるパターン。
このようなつくりになっていたら、多分カヤツリグサの仲間。

アオスゲ(青菅)Carex leucochlora

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

カヤツリグサ科ハンドブック

新品価格
¥1,350から
(2017/4/29 00:06時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アオスゲ  カヤツリグサ科/SA-tanada  スゲ属/SA-tanada  下赤阪の棚田の植物  緑色の花  春の花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

セキショウ(石菖)-下赤阪の棚田のショウブ科

セキショウ(石菖)Acorus gramineus

被子植物 単子葉類
ショウブ目 ショウブ科 ショウブ属
多年草
草丈:20~40cm
花期:3~5月
肉穂花序
蒴果


2014年4月下旬

ショウブの仲間です。
といっても、あやめのような花が咲くキジカクシ目アヤメ科のショウブ(ハナショウブ)ではなく、ショウブ目ショウブ科のショウブ。

花びらがない小さな花が軸にたくさん集まったようす(肉穂花序)はサトイモのようです。
ということで、古い分類ではサトイモ目でした。
水辺や水気の多いところを好むのもサトイモの仲間に似ています。


2014年4月下旬

根茎を乾燥させたものは漢方や中医学の薬で、「石菖根(せきしょうこん)」「石菖蒲(せきしょうぶ)」、「菖蒲根(しょうぶこん)」、「水菖蒲(すいしょうぶ)」などとよばれます。

セキショウ(石菖)Acorus gramineus

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: セキショウ  肉穂花序/SA-tanada  ショウブ科/SA-tanada  下赤阪の棚田の植物  緑色の花  春の花  漢方薬  生薬 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

4月下旬の桃にびっくり! 2017年の長居公園

 4月下旬の長居公園。
 南西入口から植物園までの道に桜を中心にバラ科サクラ属の木々が植えられています。
 もちろん、早咲き品種やソメイヨシノなどは葉桜、花は遅咲きの八重品種にかわっています。

八重咲の桜 サトザクラ

 ところが、びっくりしました。
 モモが咲いています。

ホウキセイハナモモ(箒性花桃)

 駐車場入口のところに、箒性花桃があります。
 ここにはクスノキの大木があり少し日当たりが悪い場所。
 そのためかいつもちょっと遅めに咲き、ソメイヨシノと同じくらいになることもあります。
 それが、今年はソメイヨシノが葉桜になっても咲いています。


 さすがに葉が出ていますが、花も残っています。
 今年も暖冬でしたが、春先に冷え込み梅も桜も開花がいつもとちがっていました。
 しかし、ソメイヨシノが終わっても咲いている桃にはおどろきました!

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ホウキセイハナモモ    サトザクラ  長居公園  春の花  白い花 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

春のおもしろい紫色のちいさな小さな花 姫萩

 4月。
 好きな花が咲きました。
 姫萩。
 読みはそのまま「ひめはぎ」。


 高くても30センチ。
 それよりずっと小さいものも少なくありません。
 ですから、きれいな紫色の花が咲いていたとしても、足下で気づかないかも。

ヒメハギ

 名前に「萩(はぎ)」とついてますが、マメ科ハギ属のハギのなかまではありません。
 同じマメ目ですが、ヒメハギ科ヒメハギ属。
 かなり遠い親戚くらいです。

 確かに小さな花に近づいてみると、どうみてもマメ科には見えない形をしています。
 左右に広がった紫色の花びらは、萼(がく)。
 花びらは真ん中の筒状になったもの。
 3枚がひっついています。


 その先についているヒゲのようなものは、下の花弁の先が細かく分かれた付属体。
 もうこの説明でマメ科でないことはわかります。

 名前の由来は、萩の花に似ているからといわれますが、「ほんとうに?」と思ってしまいます。
 似ているところを探そうとしても、できません。
 もっとちがうところに「ハギらしさ」があるのかもしれません。
 たとえば、葉。
 細い茎について披針形や楕円形の葉。
 花が終わって葉だけになったのなら、小さなハギが生えているように見えないこともないような気がします。


 花の形だけでなく、名前の由来も不思議な花です。

山野草の苗/トキワヒメハギ2.5号ポット

価格:515円
(2017/4/21 22:08時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒメハギ  春の花  紫色の花  小さな花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

『タンポポハンドブック』でいろいろたんぽぽさがし

タンポポハンドブック

新品価格
¥1,350から
(2017/4/18 23:02時点)

 毎年春になるとスミレと並んで気になるのが、タンポポ。
 それも、在来種タンポポと外来種タンポポとその雑種の勢力図。
 今年は待望の『タンポポハンドブック』の出版で、楽しくなりました。

 ということで、『タンポポハンドブック』で最近写したタンポポ写真の分類を。

在来種 カンサイタンポポ

花の集まり(頭状花序)の下にある葉(総苞片)が反り返らずにピタリとひっついているのが多くの在来種の特徴。
カンサイタンポポは、近畿より西に分布して、外側の総苞片(外片)が内側の総苞片(内片)の半分以下。






在来種 ケンサキタンポポ?

外片はない片の半分より長く、ちょっとふわっとした感じでゆるく内片を覆います。
ちょっとゆるいカンサイタンポポのように見えますが、とりあえずケンサキタンポポ(仮)。



外来種 セイヨウタンポポ

外片が大きく反り返っているのが特徴。
反り返り方にはいろいろあり、花の柄(花柄)につくほど反り返ります。
とすると、これはちがうかも?




雑種の3倍体タンポポ?

在来種のタンポポとセイヨウタンポポが交配した雑種。
外片が反らない在来種タンポポと、思いっきり反り返るセイヨウタンポポの両方の遺伝子があるためか、横方向に開きます。
ただ、外見での区別は難しく、遺伝子を見なければはっきりとしたことはわからないようです。




 『タンポポハンドブック』で紹介されている在来種のタンポポは30種。
 近畿地方でも数種が分布しています。
 カンサイタンポポ以外の在来種もあるはず。
 まだタンポポの季節は続きます。
 『タンポポハンドブック』を手にして、出会えるかな?

タンポポハンドブック

新品価格
¥1,350から
(2017/4/18 23:02時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タンポポ  カンサイタンポポ  ケンサキタンポポ  セイヨウタンポポ  3倍体雑種タンポポ  春の花  黄色い花  キク科の花  タンポポハンドブック 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

今年出会ったすみれ いろいろ

 4月。
 スミレもいろいろ咲き始めています。

シハイスミレ(紫背菫)
よく見かけるスミレ
葉の裏が赤紫色をしているの由来
葉は長く伸ばしたハート型
メシベの左右の花びらには毛がありません
花の色は赤紫系

ヒメスミレ(姫菫)?
シハイスミレに似ていますが
メシベの左右の花びらに短い毛が密生しています
葉の裏が緑色ならヒナスミレかもしれません

コスミレ(小菫)?
葉はちょっとだけ伸びたハート型で裏は少し赤紫
茎は見えません
西日本ではメシベの左右の花びらに毛があるのが多く
東日本ではけがない方が多い
花の色は濃いのから薄いのまで様々

ノジスミレ(野路菫)
スミレ(Viola mandshurica)に似ていますが
葉の軸の左右に短い葉(翼)がついていません
普通メシベの左右の花びらには毛がありませんが
このスミレにはとても短い毛が生えていました

 これらのスミレはまだほんのわずか。
 これからどんどん種類も増えていくでしょう。

スミレハンドブック

新品価格
¥1,512から
(2017/4/12 21:45時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ:   シハイスミレ  ヒメスミレ  コスミレ  ノジスミレ  春の花  紫色の花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

祝「ムラサキ目」新設記念(ちょっと遅れたけど) ムラサキ目ムラサキ科キュウリグサ属 キュウリグサ

 現在、植物の分類に使われているルールのAPG体系。
 遺伝子の情報から被子植物の系統を調べて分類をしています。
 ところが、どこに属すのかわからないグループがあります。
 そのひとつがムラサキ科。
 どこの「目」に属すのがわかりませんでした。

 APG体系は改訂を続け、2016年に最新のAPGIVを公表。
 そこでムラサキ科1科だけが属する「ムラサキ目」が新しく作られました。
 これでムラサキ科も、ほかの植物同様「目」を持つことができました。
 めでたい!

 ムラサキ科には多くの植物がありますが、身近な植物の一つが、キュウリグサ。
 春に水色の小さな花を咲かせる野草です。




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: APG_IV  APG  キュウリグサ  春の花  青い花  小さい花 

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる