【 昆虫】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

タマムシはきれいなだけじゃなくてかっこういいな!

 久しぶりのタマムシ。
 キラキラ輝く甲虫の仲間。

この記事にはの画像があります。


 タマムシの名前を出すと必ずといっていいほどついてくるのが玉虫厨子。
 仏像などを室内に安置するためのもの。
 その装飾に使われたほど、タマムシの鞘翅は美しい。
 ということらしい。

 実際、タマムシの翅はきれいです。
 これは構造色といういろいろな色の光を複雑に反射して色々な色に見えるもの。
 構造色を持つ虫、特に甲虫は数が多く、その中でもどうしてタマムシが選ばれたのでしょうか。
 よくわかりませんが、単純に大きいから、のような気がします。

玉虫

 どの虫が一番かはともかく、タマムシがきれいなのは確か。

 えのきやけやきなどを食べる植物食ですが、顔を見ると複眼が大きく、昭和の仮面ライダーのよう。
 強うそうな顔です。

タマムシ

タマムシ
玉虫、吉丁虫、金花虫
Chrysochroa fulgidissima (Schonherr, 1817)
甲虫目(鞘翅目) カブトムシ亜目 タマムシ科 ルリタマムシ属

タマムシハンドブック

新品価格
¥1,760から
(2023/7/22 00:18時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タマムシ甲虫昆虫夏の虫構造色

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

春のフライング カミキリ

 大阪と奈良和歌山の境の稜線をつなぐダイヤモンドトレール。

 歩いていると、小さな虫のようなものが。

この記事にはの画像があります。


 よく見ると、甲虫のようです。

 ずんぐりとした体に体と同じくらいの長さの触角が節くれだっているので、カミキリムシの仲間?


 でこぼこした背中は全体が焦げ茶のまだらで、おしりの方が白っぽい。
 よくみると、背中にはイボが連なる筋が4本。  ただ中央の2本が接しているので3本に見えます。
 大きさは1センチくらい。


 アトモンサビカミキリ?

 幼虫は広葉樹からモミなどの枯枝を食べる広食性。
 成虫は4月5月から現れるようなので、ちょっとだけフライング。
 だからでしょうか、動きは鈍く接写してもにげようとはしません。


 春です。

アトモンサビカミキリ
後紋錆髪切虫
Pterolophia granulata
甲虫目 カミキリムシ科 フトカミキリ亜科 サビカミキリ族

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アトモンサビカミキリカミキリムシ昆虫春の昆虫

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

流線型の体で駆け抜けていったムシ

 公園の地面を走っている虫が。

 細長い体は硬そうなので甲虫。

この記事にはの画像があります。


 頭からお尻まで流線型のような形ですが、鞘翅のあるところとないとこがきれいに分かれているのでコメツキムシの仲間?

ヒゲコメツキ

 少し赤みがかった焦げ茶色の背中の左右には不鮮明ですが白斑が並んでいます。
 たぶん、ヒゲナガコメツキ。
 名前の通り触角が長くて櫛状になっています。
 が、これは普通の触覚です。

 それはメスだから。

 といっている間にすごい勢いで走っていきました。

髭米搗虫

ヒゲコメツキ
髭米搗虫
Pectocera fortunei
甲虫目 コメツキムシ科 ヒゲコメツキ亜科 ヒゲコメツキ属

世界甲虫大図鑑

新品価格
¥7,150から
(2021/5/25 23:23時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒゲコメツキコメツキムシ甲虫昆虫

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

まだ寒い初春の竹の切り株の上にいた紅色で触角の長い虫

 立春を過ぎ、まだ啓蟄を迎えていない竹林。
 切り株の上に赤い虫が。

この記事にはの画像があります。


 ホタル? のわけないと思いながらよく見てみると、黒い触角が長いのでカミキリムシ?
 細くて小さい体は華奢なので、ジョウカイボン?


 図鑑で調べてみると、ベニカミキリに似ているようです。
 見た目の通りの名前なのですが、頭と翅の間の前胸の模様がちょっと違います。


 図鑑やネットのベニカミキリは赤地に黒い丸がつながって並んでいます。
 ところが竹林にいた虫は左右日黒い部分は太く、中央の黒丸は小さくなっています。
 微妙な違いですが、基本的なレイアウトは同じなのでベニカミキリ?


 ベニカミキリの幼虫が食べるのは枯れた竹。
 成虫は越冬するようです。
 出会った状況とぴったりです。

 どうやらベニカミキリ?


ベニカミキリ
紅天牛
Purpuricenus temminckii
甲虫目 カブトムシ亜目 カミキリムシ科 カミキリ亜科

新 カミキリムシハンドブック

新品価格
¥1,760から
(2021/3/2 23:58時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ベニカミキリカミキリムシ甲虫昆虫初春の虫成虫越冬

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの ムネアカアワフキでいいのかな?

 去年の4月。
 タンポポを調べていたら、花茎に小さな虫が。

この記事にはの画像があります。


 翅が硬そうですが、透明な部分があるようなので甲虫ではなく、多分カメムシ目。
 丸い形から植物の樹液を吸うセミやハゴロモの仲間。

Hindoloides bipunctata Haupt

 絞り込んで調べてみたら、どうやらムネアカアワフキの雄のよう。
 背中の翅の間が赤いのが特徴。
 でも、多くの画像ではムネアカアワフキの翅はぜんぶが黒く見えます。
 これは横や下のほうが透明のように見えます。

ムネアカアワフキ

 ちがう泡吹虫なのでしょうか?

胸赤泡吹虫

 ムネアカアワフキ。
 胸赤泡吹虫。
 Hindoloides bipunctata Haupt
 カメムシ目 ヨコバイ亜目 トゲアワフキ科。

昆虫 (小学館の図鑑 NEOポケット)

新品価格
¥1,045から
(2020/1/30 21:53時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ムネアカアワフキアワフキムシカメムシ目昆虫

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの 色はちょっと地味だけど、やっぱりかっこういい虫 ニワハンミョウ

 何年か前の5月。
 奈良公園。
 ニワハンミョウ。

この記事にはの画像があります。


 きれいな色をしているハンミョウの仲間。
 でも、ニワハンミョウは地味。

 ハンミョウらしく6本の足で体を浮かせ、まるでホバー走行のように、流れるように移動する。
 ハンミョウと同じように格好いい昆虫です。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニワハンミョウ地味ハンミョウハンミョウ甲虫昆虫

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの 大海を去った紙魚?

 5年前の写真を発掘。
 シミの写真です。

この記事にはの画像があります。


 シミは翅がない古いタイプの昆虫です。
 退化したのではなく、無いのです。
 昆虫が翅を持つ前に別れた古いタイプの生き残り。
 でも、幾度の大絶滅をくぐり抜け、何億年も生き残っているのですから、すごい昆虫なのかもしれません。


 どこで、どのような経緯で写したのかまったく覚えていません。
 シミは和紙の表面や澱粉糊を食べるということで、室内の昆虫ですが、撮影は屋外です。


 シミの世界にも外来種の波は押し寄せ、よく目にするのは外来種のセイヨウシミのほうが多いそうです。
 シミは丸い頭に胸のあたりが一番幅広く、お尻に向かってしぼんでいく涙滴形。
 このシミは、なんかヘン。
 からだはなんか同じような太さで、イシノミのようです。

 調べてみると、在来種のヤマトシミ(大和紙魚、Ctenolepisma villosa)のようです。
 外来種の圧力に負けて室外に追い出されたのでしょうか?

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマトシミシミ昆虫

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS