【 担子菌】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

杉の落ち葉の中で出会った謎の生物?

 9月の岩湧山。
 杉林の下生えの中で変わったものと出会いました。

チャダイゴケ

 動物でないことはわかります。
 大きさは1センチありません。
 薄い黄色?
 浅い茶碗のような花らしきものだけで、茎も葉も見えません。
 小さな茶碗のような生き物というと、キノコのチャワンタケの仲間があります。
 ところが、この物体はチャワンタケのように薄くなく、もっとしっかりした作りに見えます。

茶台苔

 寄生植物?
 キノコ?
 地衣類?
 変形菌?

 そのどれでもあり、どれでもないような奇妙生き物?

 いろいろ調べてみると、どうもチャダイゴケの仲間のようです。


 この「チャダイゴケ」という名前もまた、ややこしいのです。
 「コケ」「ゴケ」がつく生き物は、もちろん蘚類苔類などのコケ。
 そして地衣類。
 とことがチャダイゴケはそのどちらでもありません。
 キノコです。

 おもしろい名前をしています。

チャダイゴケ(茶台苔)
担子菌門 ハラタケ綱 ハラタケ目 チャダイゴケ科

増補改訂新版 日本のきのこ (山溪カラー名鑑)

新品価格
¥8,800から
(2020/10/1 22:27時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: チャダイゴケ担子菌秋のキノコ岩湧山のキノコ岩湧山

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

こんなときでもキノコははえています。下向きに開いています きくらげ

 4月。
 朽木にキノコが生えていました。
 キノコというと、梅雨時や秋のイメージがありますが、年中あります。

 キノコは、じつは、胞子を飛ばす花のようなもの。
 本体は土の中や木の中に隠れています。
 それが胞子を作るために作り出したのがキノコ。
 胞子は、キノコが増える種のようなもの。
 だからキノコは花のようなもの。

キクラゲ

 このキノコは、多分キクラゲ。
 中華料理に使われる、あのキクラゲ。
 たぶん。

木耳

 キノコはすぐ崩れてしまうものが多いのですが、キクラゲの仲間は結構残っています。
 乾燥して色も形も変わってしまうこともありますが、雨が降ると元通り。
 おもしろいキノコです。

 キクラゲ。
 木耳。
 Auricularia auricula-judae
 菌界 担子菌門 真正担子菌綱 キクラゲ目 キクラゲ科 キクラゲ属。
 広葉樹の倒木や枯枝に発生

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キクラゲ担子菌春のキノコ腐朽菌茶色いキノコ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

丸いキノコはおもしろいキノコ ほこりたけ

 秋の金剛山で出会ったキノコ。
 ホコリタケ。


 埃茸。
 担子菌というシイタケなど仲間のキノコ。


 キノコですが、傘のようなものはありません。
 丸いところはそのまま柄につながり裏にはひだはありません。
 ですから、胞子の飛ばし方がちょっと変わっています。


 丸いところの中心には穴が開いています。
 たとえば、雨が丸い部分に落ちます。
 すると真ん中の穴から煙のようなものが吹き出します。
 胞子です。
 そうやって胞子を飛ばす、おもしろいキノコです。

DVD付 きのこ[改訂版] (小学館の図鑑 NEO)

新品価格
¥2,200から
(2019/10/24 23:31時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ホコリタケ担子菌キノコ秋のキノコ金剛山のキノコ金剛山

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

梅雨の里山の黄色い儚いきのこ

 まだ梅雨の頃の里山公園。
 落ち葉の間から鮮やかな淡い黄色の小さなキノコが。

キツネノハナガサ

 多分、キツネノハナガサ(狐花傘)。
 その傘が開く前の幼菌。

狐花傘

 傘が開いても5センチにもなりません。
 もっと色が淡くなり、とても儚げ。

 とてももろいので、見つけたら、さわらないでそっと写真を撮るだけにしてください。

くらべてわかるきのこ 原寸大 (くらべてわかる図鑑)

新品価格
¥1,944から
(2019/8/1 22:28時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キツネノハナガサ黄色いキノコ担子菌梅雨のキノコ錦織公園のキノコ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

秋の台風の倒木の枝にきれいなキノコがついていました。黄金膠茸

 台風で倒れたクリの木の枝に、山吹色の半透明のものがついていました。
 キクラゲの一種です。


 瑞瑞しく、光が透け、とてもきれいです。
 きれいなものが少ないキノコですが、これは特別。
 このキノコは何でしょう。


 案外簡単に見つかりました。
 コガネニカワタケ(黄金膠茸)Tremella mesenterica
 担子菌門 異型担子菌綱 シロキクラゲ目 シロキクラゲ科 シロキクラゲ属。
 結構普通にあるキノコのようです。


 ところが。
 キクラゲ風のキノコには様々な種類があり、黄色いキクラゲ類も複数あるようです。
 キノコの種を見分ける大きなポイントは胞子や胞子を作る部分です。
 もちろん、どちらも離れたところからカメラで写せるものではありません。


 ということで、コガネニカワタケ(暫定)です。

増補改訂新版 日本のきのこ (山溪カラー名鑑)

新品価格
¥8,640から
(2018/10/6 22:06時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: コガネニカワタケキクラゲ腐朽菌キノコ秋のキノコ黄色いキノコ担子菌

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

名前も見た目もちょっとキモなきのこ 脳茸

 秋雨の季節になりました。
 そしてキノコの季節にも。

 最近良く見かけるようになった大きなキノコ。
 ノウタケ。


 漢字で書くと「脳茸」。
 成熟すると、名前から想像するような形になります。

浅いしわと深いしわで脳のようになります

 以前は見かけなかったのですが、数年前に大量の腐葉土が入れられてから見かけるようになったので、その腐葉土に菌糸が含まれていたのかもしれません。
 今年はほかの場所でも見かけるようになりました。
 これからどんどん広がっていくかもしれません。

短い柄はありますがひだはありません

 ノウタケは担子菌類ホコリタケ科ノウタケ属の担子菌類。
 夏から秋にかけて、林床の地上に発生しましす。

 大きさは15センチまでとも言われますが、これは20センチ近く。
 かなり大きなノウタケのようです。


胞子は中にできて表皮がはがれてとびちっていきます

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ノウタケホコリタケ担子菌秋のキノコ雑木林のキノコ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

今年の梅雨のキノコらしくないキノコいろいろ

 キノコ。
 と言われて思い出すのは、多分いわゆるキノコ型のキノコ。
 シイタケやシメジのような。

 キノコは、菌類の内、胞子を作る大きな器官(子実体)を作るもののこと。
 小さいものはカビと呼ばれます。
 キノコは生物学的分類では担子菌(たんしきん)と子嚢菌(しのうきん)に分かれます。
 担子菌を見た目で分けると、キノコ型の「ハラタケ類」、キクラゲやサルノコシカケのようにヒダがない「ヒダナシタケ類」、丸かったり塔のような形をしている「腹菌類」。
 子嚢菌の見た目はいろいろな担子菌と似ています。

 ということで、今年の梅雨に出会った、キノコっぽくないキノコ、ハラタケ類以外のキノコです。

腹菌類のキヌガサタケ

まわりにあるレース状の部分が広がると、きれいです。
中華料理の食材でもあります。

腹菌類のキツネノエフデ


ヒダナシタケ類のシロソウメンタケ


ヒダナシタケ類のツガサルノコシカケ

サルノコシカケの仲間のキノコは何年も成長します。
そのため他のキノコとちがって硬く、
年輪のような輪があります。

子嚢菌のノボリリュウタケ

一見傘の形が崩れたハラタケ類のようですが、
胞子を作るのは「傘」の表面。
ハラタケ類のように傘の裏側ではありません。

 たった5種類。
 この間見かけたハラタケ類はもっとたくさん。
 さすが、キノコの代名詞となっているキノコです。
 その分、名前を探すのはたいへんです!

ポケット図鑑 日本のキノコ262

新品価格
¥1,296から
(2016/7/19 23:32時点)

増補改訂新版 日本のきのこ (山溪カラー名鑑)

新品価格
¥8,640から
(2016/7/19 23:33時点)

日本の毒きのこ (フィールドベスト図鑑)

新品価格
¥2,052から
(2016/7/19 23:33時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キヌガサタケキツネノエフデシロソウメンタケツガサルノコシカケノボリリュウタケキノコ腹菌類ヒダナシタケ類担子菌子嚢菌

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる