【 担子菌】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

秋と勘違いしたちょっと変わった小さなキノコ? コチャダイゴケ

 雪が積もった金剛山の山頂広場。
 ベンチの影に小さなキノコが。


 いわゆるキノコ型ではなく、おちょこのような形。
 中に小さなマーブルチョコのようなものが入っています。
 キノコはとても小さく、大きさは1センチもありません。


 この変わった形のキノコは、チャダイゴケの仲間。

 これはコチャダイゴケでしょうか。
 出現時期は初夏から秋。
 真冬ではありません。
 ちょっと前まで冬なのに雪が積もらない日が続いていたので、秋と勘違いしたのでしょうか。


 傘のあるキノコは傘の裏から目に見えないような小さな胞子を飛ばして広がっていきます。
 チャダイゴケの胞子はずっと大きな粒。


 ではなく、この粒は胞子がたくさん入った小塊粒。
 雨が当たった衝撃で周りに飛ばし、そこから胞子が広がるようです。
 見た目だけでなく、胞子の飛ばし方もちょっと変わったキノコです。

きのこ (小学館の図鑑NEO POCKET 13)

新品価格
¥1,045から
(2024/2/7 00:33時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: コチャダイゴケチャダイゴケ担子菌キノコ金剛山

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

またまた遅れて10月15日はきのこの日でした。

 10月15日は化石の日ですが、きのこの日でもあります。
 きのこの化石があると最強ですが、残念ながら見たことがありません。
 あるようですが。

 きのこの日は「きのこの消費拡大と生産振興を図るため、きのこに対する正しい知識の普及、啓蒙活動を積極的に推進して、消費者にきのこの健康食品としての有用性や調理、利用方法の浸透を図るため」日本特用林産振興会によって制定されました。

 キノコというとシイタケのような傘のあるものがよく描かれますが、色々な形があります。
 たとえばキクラゲの仲間。

コナラのキクラゲ(コガネニカワタケ?)

 くしゃっとした柔らかいものが重なり合うように枝に並びます。
 食べるキクラゲは黒い色をしていますが、鮮やかな黄色のキクラゲもあります。

クリノキのキクラゲ(コガネニカワタケ?)

 キクラゲは担子菌の仲間。
 木を分解して食べますので、枯れ枝でときおり見かけます。
 キクラゲのように木を分解する担子菌がいるので、森は倒木や落ち葉で埋まることがなく、生き物と物質は循環して何世代も続いていくことができます。

ヤマザクラのキクラゲ(コガネニカワタケ?)

 キノコを作る菌類は木を分解するだけでなく、植物と共生して生きていくものもいます。
 そういう菌類がいなければ育つことができない植物も少なくないでしょう。

 きのこの日は食用キノコのために作られたようですが、この日をきっかけにして、キノコと植物の関係に少しだけでも興味を持てば、まわりの世界が少しだけちがって見るかもしれません。

DVD付 きのこ[改訂版] (小学館の図鑑 NEO)

新品価格
¥2,200から
(2023/10/17 00:31時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: コガネニカワタケキクラゲ類担子菌キノコきのこの日

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

低山の登山道の小さなキノコ くちべにたけ

 9月中旬の低山の登山道で出会った小さなキノコ。

口紅茸

 まるくて小さくて中心のオレンジ色の星型?

クチベニタケ

 シイタケのような形はしていませんが、これもキノコ。
 クチベニタケ。

 中は胞子がつまっていて、熟すとオレンジ色のところが割れ、雨が当たるととびだしてきます。

Calostoma japonicum

 よく似たキノコにホオベニタケがありますが、そちらは全体が赤みがかっています。

 キノコはキノコ型いがいにもいろいろあっておもしろい!

クチベニタケ
口紅茸
Calostoma japonicum P.Henn.
坦子菌門 ハラタケ綱 イグチ目 クチベニタケ科 クチベニタケ属

山溪カラー名鑑 増補改訂新版 日本のきのこ

新品価格
¥3,520から
(2023/9/22 00:29時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: クチベニタケ担子菌秋のキノコ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ふつうのキノコとちょっとちがうところがいいマンネンタケ

 マンネンタケ生えていました。

マンネンタケ

 タマチョレイタケ目のキノコ。
 サルノコシカケの仲間。

 サルノコシカケというと、何年も成長する木のようにかたいキノコ。
 マンネンタケもかたくて食用にはされませんが、キノコ部分は成長を続けることなく消えてしまいます。
 木から直接傘が生えるように見えるサルノコシカケの仲間とちがい、普通のきのこのように柄があり、地面から生えます。

万年茸

 柄は傘の中心から外れ、傘は柄のところが切れ込んでいてサルノコシカケの仲間らしい形をしています。

 このマンネンタケの傘は4センチ位ですが、大きいものでは15センチにもなるようなので、まだ成長途中でしょうか。

Ganoderma lucidum (Leyss. ex. Fr.) Karst

 誰でも入れる公園の道の近く。
 折られたり踏みつけられたりしなければいいのですが。

マンネンタケ
万年茸
Ganoderma lucidum (Leyss. ex. Fr.) Karst
担子菌門 ハラタケ綱 タマチョレイタケ目 マンネンタケ科 マンネンタケ属
別名:レイシ(霊芝)

きのこ (小学館の図鑑NEO POCKET 13)

新品価格
¥1,045から
(2023/9/12 23:50時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マンネンタケタマチョレイタケ目サルノコシカケ担子菌秋のキノコ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

金剛山の登山道でいい感じのツチグリと出会いました。

 金剛山の登山道でいい感じのツチグリと出会いました。

 漢字ではそのまま土栗。
 でもクリの仲間ではなく、キノコ。
 キノコといっても「キノコ型」はしていません。

Astraeus hygrometricus

 謎の宇宙生物のようなおもしろい形は、中に胞子が詰まった球形のまわりを覆っていた部分が開いたため。
 胞子の飛ばし方もユニークで、球形のところに雨粒が当たると、その衝撃で真ん中の穴から胞子が吹き出されます。

土栗

 そのため開くのは雨の日だけ。
 晴れの日には閉じるそうですが、今日は晴れ。
 もう胞子を飛ばしきって、役目を終えたのでしょうか。

ツチグリ

 晴れの日にいい感じのツチグリでした。

ツチグリ
土栗
Astraeus hygrometricus
担子菌門 ハラタケ亜門 ハラタケ綱 イグチ目 ディプロシスティス科 ツチグリ属
宿主範囲の広い外生菌根菌

きのこ (小学館の図鑑NEO POCKET 13)

新品価格
¥1,045から
(2023/7/14 00:28時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツチグリ担子菌菌根菌外生菌根菌梅雨のキノコ夏のキノコ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

謎の生物に遭遇しました!

 先日、謎の生物に遭遇しました。

 公園のクスノキ。
 なにの木かわからないほど苔に覆われています。

 そのコケのすきまに肌色ののっぺりしたものが張り付いていました。


 たいらで一様な表面、大きさも形もいろいろなので、動物ではないでしょう。


 変形菌の子実体が密に並んでいるのかと思いますが、表面にそのように見えるような凹凸はありません。
 ウメノキゴケのような地衣類にも見えますが、厚みがあります。
 それに光合成できそうにない薄い肌色。
 大きさや形が不規則。

 変形菌、地衣類、キノコの中では、キノコの可能性が高そうなので、調べてみると、


 コウヤクタケの仲間?
 担子菌綱ハラタケ亜綱のキノコ。
 公園の木に普通に生えているようなものなのになかなか名前がわかりません。
 キノコの世界は想像のずっと上を行く深い洞窟のようです。
 いや、そもそもキノコではないのかもしれません。
 生き物の世界は一つのことがわかっても、すぐ新しい謎が現れます。
 どこまでいっても先が見えません。

きのこ (小学館の図鑑NEO POCKET 13)

新品価格
¥1,045から
(2023/5/26 00:21時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: コウヤクタケ担子菌クスノキ夏のキノコ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

小さく赤いキノコは種類がたくさん

 小さい赤いキノコが生えていました。

ヒイロガサ

 トガリベニヤマタケ?

 ベニヒガサ?

 ヒイロガサ?

緋色傘

 似たものが多く、図鑑やネット画像もゆらぎが多くて見れば見るほどゲシュタルト崩壊してしまいます。

Hygrocybe punicea

 結局ヒイロガサ?
 まったく自信ありません。
 ほんと、キノコをいろいろ見分ける人はすごいと思います。

ヒイロガサ
緋色傘
Hygrocybe punicea
担子菌門 真正担子菌綱 ハラタケ目 ヌメリガサ科 アカヤマタケ属

きのこ (小学館の図鑑NEO POCKET 13)

新品価格
¥1,045から
(2022/10/26 22:09時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒイロガサ担子菌秋のキノコ赤いキノコ小さいキノコ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS