【 成虫越冬】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

冬の蝶 うらぎんしじみ

 12月下旬。
 冷え込んで風が強い日。

この記事にはの画像があります。


 道端のコケの上に小さな蝶が。
 背中に合わせた翅の裏側が少し灰色がかった白。
 ウラギンシジミ。
 シジミチョウの仲間。
 蝶とししては小さい方ですが、シジミチョウとしてはかなり大きい。

ウラギンシジミ

 成虫で冬を越すので葉の裏で休んでいたところ、風に飛ばされてしまったのでしょうか。
 冬を越すとはいえ、寒いと動くのはたいへん。
 飛ぶことができなかったのでしょう。

翅の表に白いところがあるのでメス。オスは赤い。
裏銀小灰蝶

 近くのこんもりとした常緑樹の葉陰にそっと移しました。

 無事冬を越えられればいいのですが。

ウラギンシジミ
裏銀小灰蝶
Curetis acuta paracuta
チョウ目 シジミチョウ科 ウラギンシジミ属

日本チョウ類E図鑑

新品価格
¥1,250から
(2022/12/26 00:24時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウラギンシジミシジミチョウ冬の虫成虫越冬

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの 緑色だけど青いカメムシ?

 何年か前の12月。
 それもあと少しでお正月の年末。
 カメムシがいました。

この記事にはの画像があります。


 カメムシは成虫で冬を越す種類が多く、冬でも見かけることがありますし、暖かければ出てくることもあります。
 硬い翅で背中を覆っているのは甲虫みたいですが、カメムシは蛹にならない不完全変態の昆虫。
 硬い翅も先のほうは固まってないのが甲虫とのちがい。
 それだけでなく、両方の翅の付けの間にある中胸小楯板(小楯板)が大きいのも特徴。
 中には大きくなりすぎて背中全体を覆っているものもあります。

ツヤアオカメムシ

 このカメムシは多分ツヤアオカメムシ。
 よく似たカメムシが多い中、中胸小楯板の先のほうに小さな黒点があってその先が白くなっているのが決め手。
 名前に「アオ」とありますが、緑色。
 昔の日本語では、緑色も「あお」と言っていました。
 そのため、緑色の動植物で名前に「アオ」がつくものがよくありますが、このカメムシもそのタイプのようです。

ツヤアオカメムシ
艶青亀虫
Glaucias subpunctatus
カメムシ目 カメムシ科 カメムシ亜科

カメムシ博士入門 (観察と発見シリーズ)

新品価格
¥3,047から
(2021/11/6 23:37時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツヤアオカメムシアオカメムシカメムシ冬の虫成虫越冬

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

まだ寒い初春の竹の切り株の上にいた紅色で触角の長い虫

 立春を過ぎ、まだ啓蟄を迎えていない竹林。
 切り株の上に赤い虫が。

この記事にはの画像があります。


 ホタル? のわけないと思いながらよく見てみると、黒い触角が長いのでカミキリムシ?
 細くて小さい体は華奢なので、ジョウカイボン?


 図鑑で調べてみると、ベニカミキリに似ているようです。
 見た目の通りの名前なのですが、頭と翅の間の前胸の模様がちょっと違います。


 図鑑やネットのベニカミキリは赤地に黒い丸がつながって並んでいます。
 ところが竹林にいた虫は左右日黒い部分は太く、中央の黒丸は小さくなっています。
 微妙な違いですが、基本的なレイアウトは同じなのでベニカミキリ?


 ベニカミキリの幼虫が食べるのは枯れた竹。
 成虫は越冬するようです。
 出会った状況とぴったりです。

 どうやらベニカミキリ?


ベニカミキリ
紅天牛
Purpuricenus temminckii
甲虫目 カブトムシ亜目 カミキリムシ科 カミキリ亜科

新 カミキリムシハンドブック

新品価格
¥1,760から
(2021/3/2 23:58時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ベニカミキリカミキリムシ甲虫昆虫初春の虫成虫越冬

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

あたたかい日差しにでてきた虫は花が大好きなハエ ツマグロキンバエ

 桃の花が咲き始めています。

 近くで花をのぞいていると。
 虫です。

この記事にはの画像があります。



 ツマグロキンバエのようです。

褄黒金蠅

 ハエですが、うんちや腐ったものじゃなくて花にやってきます。
 蜜を飲むのか花粉を食べるのか。

ツマグロキンバエ

 大きな複眼に干渉縞のような模様があります。

Stomorhina obsoleta

 成虫の活動時期は5月から10月。

 ん?
 5月から10月?
 今は梅の花が咲く2月。
 暦の上では春ですが、実際は一年で最も寒いと言われる時期。
 このツマグロキンバエはまぼろし?

 どうやらツマグロキンバエは成虫で冬をこすようです。
 成虫越冬の昆虫は、ちょっと暖かくなると活動するので、春の陽気に誘われて出てきたのでしょう。

ツマグロキンバエ
褄黒金蠅
Stomorhina obsoleta
双翅目(ハエ目) 短角亜目 クロバエ科 ツマグロキンバエ亜科

NHK「香川照之の昆虫すごいぜ!」図鑑 vol.1

新品価格
¥1,210から
(2021/2/18 22:45時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツマグロキンバエハエ花ハエ初春の虫成虫越冬

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS