【 幼虫】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

マイマイガの終齢幼虫はぜんぜんかわいくない!

 毛虫でありながら、ハの字の眼のように見える模様でかわいいマイマイガの幼虫。

この記事にはケムシの画像があります。


 こちらがそこそこ大きくなった中齢くらいの幼虫。
 大きな頭と大きなタレ目風の模様がかわいい。


 でも、終齢幼虫はこちら。
 なんか毒を持つカレハガの幼虫っぽい感じ。
 マイマイガの幼虫は卵から生まれたばかりの一齢幼虫以外は毒を持ちませんので、毒を持ってるように見せる擬態でしょうか。


 一応、タレ目風模様は健在ですが。

マイマイガ終齢幼虫

 ぜんぜんかいわいくない……

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マイマイガ幼虫毛虫イモムシ

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

公園の手すりにいた小さな白ふわ虫の正体は?

 公園の遊歩道の階段を歩いていると、手すりに何やら白くてふわふわの小さいものがついていました。

この記事にはの画像があります。


 白くてふわふわしたもので覆われる虫の幼虫はいくつもいて、種類もチョウの幼虫、ハチの幼虫など様々。
 きっとこれも幼虫に違いない。
 と思ってカメラを近づけると、動きました。

枝のように伸びた白ふわのかたまり

 動きはすばやく、体も短いので、蝶や蜂の幼虫ではありません。
 となると、ハゴロモの仲間。
 ハゴロモはカメムシ目のセミに近い昆虫。

 白くてふわふわのものは棒状で、一点から放射状に伸びているようです。
 その中心には顔のようなものは見えないので、おしりなのかもしれません。

おしり?

 斜めから見てみると、白くてふわふわのものは内側に曲がり、その中に虫の体のようなものがあります。

横から見ると後ろから前に伸びているようです
オオシラホシハゴロモ

 よく見ると、脚があり、目のようなものもあります。
 おしりから放射状に延したふわふわを内側に曲げて体をガードしているようです。
 やはり、ハゴロモの仲間で間違いないようです。

この角度だとハゴロモっぽい

 こんなに特徴的な幼虫は早く見つかるだろうと思っていたら、意外と「これだ!」と言えるものはみつかりません。
 一番近いかな、と思ったのがオオシラホシハゴロモ。
 でも、検索してみても出てくるのは微妙に違うものからかなり違うものまで、気持ちよく「一致!」と言えるものはありません。

白ふわはおしりだけのようです

 ふわふわのはほかの白ふわ虫と同じように蝋物質でしょう。
 ですから、崩れて微妙にかわってしまったのかもしれません。

正面から見るとちょっとかわいい

 と考えると、出会ったオオシラホシハゴロモ(仮)はわりときれいな形を保った白ふわのような気がしてきました。

手すりの虫観察ガイド: 公園・緑地で見つかる四季の虫

新品価格
¥1,980から
(2022/6/7 22:08時点)

小学館の図鑑NEO〔新版〕昆虫

新品価格
¥2,200から
(2022/6/7 22:07時点)

新版 昆虫探検図鑑1600

新品価格
¥4,070から
(2022/6/7 22:07時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオシラホシハゴロモハゴロモカメムシ目幼虫白ふわ虫錦織公園錦織公園の虫

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

地を這う大顎を持った黒くて細長い虫は一体?

 おなじみの錦織公園。
 大阪府の都市公園ですが、緑が多く、一度行けばブログのネタはいくつもみつかります。

この記事にはの画像があります。


 ふと足元を見ると、黒いヤスデが。
 実はここではほとんどヤスデを見ていません。
 ムカデのほうが何倍も見てます。
 最大の理由は、落ち葉の下を見ていないから。
 なぜなら、ヤスデは枯れた植物を食べますから。
 ところが、ヤスデと言うにはちょっと動きが早いような。
 あわてて写真を数枚撮ったところで石垣の隙間に入っていってしまいました。


 そして家に帰ってパソコンで見てみると。
 体が平たくて尾に向かって細くなっていきます。
 どちらもヤスデらしくありません。
 そして足がたくさんではありません。
 ヤスデではなく、昆虫のようです。

マイマイカブリ幼虫

 拡大してみると頭とかわらないくらいの大きな顎。
 昆虫でこんな細長くて大きな顎をもっているのは、動物食(肉食)甲虫の幼虫。
 ということで調べてみると。
 マイマイカブリの幼虫のようです。

大顎

 マイマイカブリは名前のようにカタツムリ(マイマイ)にかぶりつく(食べる)昆虫。
 正しくは、カタツムリの殻に頭を突っ込んで被っているよう見えることからですが。
 大きな顎でカタツムリを噛み切るのかと思ったら、消化液を出して溶かして飲み込むという体外消化。
 大顎は、カタツムリを食べるためではなく、仕留めるためのようです。

 マイマイカブリは、オサムシの仲間では最大級の日本固有種。
 成虫の大きさは5センチ前後。
 この幼虫は2センチあるかないか。
 ですから、きっと1齢の幼虫でしょう。
 1齢幼虫というのは、卵から生まれて一度も脱皮をしていない幼虫のこと。
 2センチで1齢幼虫というのは間違いのようですが、マイマイカブリは卵自体が1センチ位という、昆虫としてはとんでもない大きさ。
 さらに1齢幼虫から脱皮して2齢幼虫になったら、次はサナギという、これもとんでもなく少ない回数。
 普通は何度も何度も脱皮と成長を繰り返して成虫になります。
 それがたった2回。
 すごい昆虫です。

成虫のマイマイカブリ これも錦織公園にて 成虫

 マイマイカブリはほかのオサムシ同様後翅が退化して飛ぶことができません。
 つまり、錦織公園のような孤立したところで一度絶滅してしまうと、二度と戻ってくることはありません。
 もちろんマイマイカブリを守るのは、マイマイカブリただ1種だけのことを考えてもだめです。
 公園の環境が大きく変わらないよう、願っています。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マイマイカブリ肉食昆虫甲虫幼虫飛べない虫オサムシ錦織公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

せっかく冬を乗り越えたというのに? ツマグロヒョウモン

 秋の終わりにスミレに産み付けられたツマグロヒョウモンの卵。
 そこから孵化したたくさんの幼虫のその後。

この記事にはイモムシの画像があります。


 2月。
 立春を迎えますが、10℃を下回る気温が続きます。
 よく見ていると、パンジーやビオラの葉がかけています。
 温かいときには葉を食べているようです。
 そして、大きいのも小さいのも寒い中でも頑張って生きています。
 ところが。

3センチを超え終齢かもしれない大きいのと


なぜか粉まみれの小さいの

劣化したプラ鉢の表面が原因?

 今年も冬が暖かったのに、春を迎えてから急に冷え込んだ日が続きました。
 その頃から幼虫の死骸が目立つようになってきました。
 12月1月を越えたというのに、春になってから?
 小さい幼虫ばかり死んでいます。
 寒さを乗り越えるために体力を使い果たし、暖かくなるのがまてなかったのでしょうか。

ひっくり返って固まっています

 3月になり、少しずつ暖かくなってきました。
 太陽が照らす日には、盛んにパンジーやビオラの葉を食べていきます。
 しかし、幼虫の数はどんどん減っていきます。
 寒さのピークは越えたはずなのに。
 多頭飼育崩壊は避けられますが、でも、なにがあったのか気になります。
 もしかしたら、スズメに食べられたのでしょうか。
 それとも、栽培品種のパンジーやビオラは、ツマグロヒョウモンの幼虫を殺すために遺伝子組み換えが行われているのでしょうか。
 たしかに、幼虫の数が減ってきたのは、あたたかくなってきてビオラやパンジーの葉を食べるようになってから、のような気がします。

花は大好きなようです

 桜が咲き始めた4月。
 ついに1匹がサナギになりました。
 卵からサナギまで、夏には1ヶ月で終わることが、およそ半年。
 夏には1週間だったサナギの期間ももっと長いのでしょうか。

捨てようと思っていたぼろぼろの鉢でさなぎになりました

蛹になりたてなのでまだオレンジ色

 そして、このサナギを含めて、ツマグロヒョウモンは6匹。
 20匹以上のほとんどが死んでしまったようです。
 野草のスミレばかり食べていた夏はこんなことはありません。
 やっぱり、遺伝子組換え?

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツマグロヒョウモン幼虫イモムシ

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

恐怖、多頭飼育崩壊! ツマグロヒョウモン

 10月に鉢植えのスミレに産み付けられたツマグロヒョウモンの卵のその後。
 10日ほどで孵化しましたが、もうすぐ11月。
 夏でも蛹までは1ヶ月は必要です。
 幼虫のまま冬を越すようです。

この記事にはイモムシの画像があります。


 幼虫はみるみる育っていきます。
 そして、次々と生まれてきます。
 大きいのから小さいのまで、冬を迎えます。

黒くなっているので孵化直前の卵?

 もちろん、冬になると虫たちは活発に動くことはできません。
 命を終える種類も少なくありません。
 大阪なら真冬でも活動する虫もいますが、大抵は命を終えるか、じっとして冬の寒さを耐えるかのどちらか。
 ツマグロヒョウモンの幼虫は、冬でも動く派でした。
 気温が10℃を下回っても、お日様があたり暖かかったら、もそもそ動いて、スミレの葉を食べます。

黒くないので一齢幼虫?

 もちろん、暖かい時に比べてかなりのんびりですが、確実に食べています。
 そして、脱皮もして、大きくなります。
 冬の間にスミレを養生しようと思っていたのですが、それどころではありません。

樹脂製植木鉢の縁の裏で寒さをしのいでいます

 しかし、冬には強い味方があります。
 ビオラとパンジー。
 どちらもスミレの仲間ですので、大丈夫。
 ホームセンター行けば買えます。
 しかし、幼虫の数は結構多そう。
 一体いくつビオラを買えばいいのか。
 このままでは、多頭飼育崩壊していまします。

冬の間でも成長します

 「多頭飼育崩壊」は、複数のペットを無計画に飼い、繁殖を繰り返した結果、異様な数にふくれあがり、飼育環境が悪化する状況です。
 飼い主の生活空間を圧迫することも少なくありません。
 時折ニュースなどで報道される、ネコに占領された家や、無数のイヌが劣悪な環境に押し込められたブリーダーなどのこと。
 同じようにイモムシの多頭飼育崩壊しつつあります?

クスノキの落葉を置いたら裏にびっしり

 といっても、“駆除”もしたくありません。
 とりあえず、食べ物だけは用意しますが、特に寒さ対策やスズメ対策もせず、自然の流れに任せることにしました。
 あとは、多頭飼育崩壊に怯えながら? 春を待ちます。

イモムシハンドブック

新品価格
¥1,512から
(2017/1/19 22:03時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツマグロヒョウモン幼虫イモムシ冬越多頭飼育崩壊

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS