【 巨樹・古樹・老樹】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·巨樹・古樹・老樹  ·堀越さんのご神木  ·大阪市指定保存樹  ·クスノキ  ·堀越神社  ·巨樹・古樹・老樹  ·流谷八幡神社の勧進杉  ·流谷八幡神社の鳥居杉  ·杉  ·八幡神社  ·流谷八幡神社  ·巨樹・古樹・老樹  ·流谷八幡神社の鼠黐の大樟  ·クスノキ  ·八幡神社  ·流谷八幡神社  ·巨樹・古樹・老樹  ·流谷八幡神社のいちょう  ·大阪府天然記念物  ·イチョウ  ·八幡神社  ·流谷八幡神社  ·黄葉  ·巨樹・古樹・老樹  ·クスノキ  ·楠木正成  ·千早赤阪村  ·巨樹・古樹・老樹  ·千早のトチノキ  ·大阪府天然記念物  ·トチノキ  ·金剛山  ·金剛山の樹木  ·金剛山の植物  ·巨樹・古樹・老樹  ·流谷八幡神社のいちょう  ·大阪府天然記念物  ·イチョウ  ·八幡神社  ·流谷八幡神社

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

巨樹・古樹・老樹 その67 天王寺の堀越神社の大阪市指定保存樹林第10号の堀越さんのご神木の楠

 大阪の天王寺駅の少し北にある小さな神社。
 でも、聖徳太子が四天王寺と一緒に建立したと言われるので千四百年の歴史を持つ古い神社。
 そして「一生に一度の願いを聞いてくださる神さん」。
 境内の南に堀があり、それを渡って参拝したのが由来と言われます。
 ただ、昔から今のような狭い境内とは思えませんので、その堀がどこにあったのかは見ただけではわかりません。

浪華茶臼山・堀越神社

 その小さい境内に焦げたような黒くて太い木が生えています。
 高さ13メートル幹周り3.2メートル。
 幹には菰が巻かれ、「御神木」と書かれた木札が掛けられています。

天王寺の堀越神社の大阪市指定保存樹林第10号の
堀越さんのご神木の楠(2017年12月)

 「堀越さんのご神木」とよばれ樹齢550年と言われるクスノキです。
 そんなに大きく感じないのは、数度の落雷と二度の大火を経験したため。
 それだけでなく大阪大空襲もくぐり抜けてきたはず。
 幹は真っ黒に炭化して、枯れているように見えます。

 ところが横から見てみると、幹を後ろに伸ばしています。


 そして神社の外から見ると、道路の方に枝を出し、たくさん葉をつけています。


 若いクスノキでも、もっと大きな木は珍しくはありません。
 しかし、黒焦げになった太い幹を見ていると、このクスノキがご神木とされるのも納得できます。

 このクスノキ。
 昭和40年の地下鉄谷町線の工事のため、ここに移されたのです。
 大火や空襲だけでなく、掘り返され植え直されるという、年老いた木にはつらい出来事まで乗り越えてきました。

 炭化した幹、そして何度もの大変な出来事を耐えてきたクスノキ。
 多くの人が訪れ、手を合わせて行きます。

■参考外部リンク■
浪華茶臼山・堀越神社(大阪天王寺)
大阪市市政 保存樹・保存樹林等、貴重な緑の保全・育成への助成について

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自に選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

クスノキ 樹高80cm 庭木に最適です!常緑樹

新品価格
¥1,555から
(2018/1/24 20:38時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 巨樹・古樹・老樹  堀越さんのご神木  大阪市指定保存樹  クスノキ  堀越神社 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その66 流谷八幡神社の勧進杉或は鳥居杉

 大阪府の天然記念物の大イチョウや幹からネズミモチが生えたクスノキがある八幡神社。
 河内長野市にあるおよそ千年の歴史がある古い神社です。

 集落からは対岸に位置し、橋を渡って参拝します。
 その橋のたもとにたっているのが勧進杉。
 別名鳥居杉。
 1月6日に対岸のカキノキまで注連縄(しめなわ)が張られる「勧請(かんじょう)縄かけ」は、河内長野市指定無形民俗文化財になっています。

流谷八幡神社の勧進杉或は鳥居杉(2017年11月)

 「勧進(かんじん)」はもともと仏道に入ることをすすめることを意味していましたが、次第に寺社の修理のために寄付を募ることの意味を持つようになりました。
 社寺への喜捨(進んで行う寄付)は、神仏の加護を受けることになると説かれました。
 このスギが勧進を記念して植えられたものか、スギ自体が勧進されたものかはわかりません。
 しかし、八幡神社に関係していることは間違いないでしょう。
 ちなみに、お祭りは「勧請(神様を分祀してお迎えすること)」で、スギは「勧進」なのでちょっとややこしい。

 ちょっと離れてみると、ほかのスギとちがって隙間が多く見えます。
 下から見上げると太い枝がいろいろな方向に向かって伸び、あきからに材木用のスギとは趣が違っています。


 この八幡神社は、社殿はあるものの境内は広くなく、神職の方が常駐しているとは思えないような小さな神社です。
 でも、狭いながらも大きな木がいくつもあるのも千年に近い歴史をもつ神社だからかもしれません。

左から勧進杉 大銀杏 鼠黐楠

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自に選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

■参考外部リンク■
流谷八幡神社 - ブログ | 河内長野市観光協会

苗:八房瑞寿杉(やつふさみすずすぎ)

価格:1,620円
(2017/11/30 21:14時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 巨樹・古樹・老樹  流谷八幡神社の勧進杉  流谷八幡神社の鳥居杉    八幡神社  流谷八幡神社 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その65 流谷八幡神社の鼠黐の大楠

 大阪府の天然記念物の大銀杏がある流谷八幡神社。
 大阪府河内長野市の天見にある1000年以上の歴史のある神社です。

 この神社にはじめてきた8月。
 実は最初に目についてのは、大イチョウではありません。
 山に埋もれるように生えているイチョウですから、葉が緑の夏はまったく目立ちません。
 よく目立っていたのが、この大きなクスノキ。
 このクスノキを見るために神社に立ち寄ったのです。

流谷八幡神社の鼠黐の大楠(2017年11月)

 神社のとなり、イチョウと反対側の石垣の上に立つクスノキは、枝が届く範囲には他に木がないので、クスノキらしいまるい樹形になっています。
 クスノキは成長が早いので背が高いからと言って年を取っているとはいえません。
 しかし太い幹周りは、齢を重ねていることが想像できます。


 よくみると、一度幹が折れたか切られたのか、人の背丈よりずっと上の方で蘖(ひこばえ)のようにいくつもの細い幹が輪になって伸びているところがあります。
 そして、幹の間にクスノキじゃない木が生えています。


 鋸歯が無いつるりとした葉は先が尖り、真ん中の葉脈のところで少し内側に折れ曲がっています。
 そして枝で向かい合うように葉が生える対生。
 多分ネズミモチ。


 ネズミモチであろうとなかろうと、芽を出して何年もたっていることは確か。
 蘖のように生えた枝の間に落ち葉が溜まり、それが朽ちて土になり、木が育つ土台ができたのでしょう。
 葉が朽ちた土なら、地面がなくても植物が成長するために必要な栄養は揃うでしょう。

 長生きのクスノキはいろいろな植物を着生させています。
 よく見るのはシダのノキシノブですが、このクスノキは樹木。
 ネズミモチはクスノキほど大きくなりませんから、これからも一緒に育っていくのでしょう。

流谷八幡神社の鼠黐の大楠(2017年11月)

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自に選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 巨樹・古樹・老樹  流谷八幡神社の鼠黐の大樟  クスノキ  八幡神社  流谷八幡神社 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その64 大阪府指定天然記念物の流谷八幡神社のいちょう 其ノ貮 初冬

 8月に訪れた大阪府河内長野市の流谷八幡のいちょう。
 齢四百年。
 黄葉する姿を是非見てみたいと思いました。

 ということで行ってきました。
 11月中旬。
 暦の上では、冬。
 全体が黄葉していました。
 すべての葉が黄色く色づき、それが落ちた地面も黄色くなっています。

大阪府指定天然記念物の流谷八幡神社のいちょうの黄葉
(2017年11月)

 夏は、常緑に紛れて遠くからは目立ちませんでした。
 それがイチョウ全体が黄色いに染まり、緑の山にはめ込まれたようになっています。


 イチョウは幹を真っすぐ伸ばしたきれいな樹形になる木。
 それが山の急斜面、しかも岩だらけのところで大地をつかむように根を這わせています。

大阪府指定天然記念物の流谷八幡神社のいちょうの黄葉と根
(2017年11月)

 まわりは植樹された針葉樹などの常緑樹。
 夏には気が付かなかったのですが、イチョウが山に飲み込まれようとしているみたいです。
 長寿のイチョウ。
 周りの木々との戦いはまだまだ続きそうです。

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自に選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

■参考外部リンク■
『流谷八幡神社の大いちょう』 - ブログ | 河内長野市観光協会
樹木・大阪府の天然記念物(植物)概要 冊子15-18 [PDFファイル/874KB]

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 巨樹・古樹・老樹  流谷八幡神社のいちょう  大阪府天然記念物  イチョウ  八幡神社  流谷八幡神社  黄葉 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その63 千早赤阪村の史跡の楠公誕生地の楠

 楠公。
 歴史好きの人には説明の必要もないほど有名な人物。
 鎌倉時代から南北朝時代にかけての武将、楠木 正成(くすのき まさしげ)さんのこと。
 よみは「なんこう」ですが、なんでもさん付けをする大阪では、「なんこうさん」と呼ばれます。

 河内地域の「悪党」と呼ばれていました。
 昔は「悪」には「とても強い」というような意味があり、決して悪い意味ではありません。
 そして阪神地域には楠公さんに縁のあるところがいくつも残っています。
 その一つが、千早赤阪村の史跡、楠公誕生地。


 文字通り楠公さんが生まれたとされる場所です。
 安土桃山時代、太閤さん(豊臣秀吉)の命でここに壇が築かれ、以後も何度も整備され、今に至ります。
 その壇の上には数本の大きなクスノキが立っています。
 樹齢数百年というほど年老いているようには見えませんが、その枝ぶりからはそれなりの時を経ていることがわかります。

千早赤阪村の史跡の楠公誕生地の楠(2017年9月)

 クスノキが植えられた理由は説明板には書かれていません。
 楠公さんの「楠」にちなんだのか。
 寺社にクスノキを植えるのが好きな大阪だからなのか。
 きっと両方なのでしょう。

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自に選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

■参考外部リンク■
千早赤阪村ホームページ - 楠公誕生地
楠公誕生地 / 道の駅 ちはやあかさか| 千早赤阪村観光協会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 巨樹・古樹・老樹  クスノキ  楠木正成  千早赤阪村 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その62 金剛山の伏見林道の大阪府指定天然記念物の千早のトチノキ 其ノ貮 夏

 金剛山の主に下山に使われる伏見峠からの下り坂、念仏坂。
 そこにある大阪府の天然記念物のトチノキ。
 高さは25メートル、幹まわりは4メートル以上、樹齢は推定300年。

金剛山の伏見林道の大阪府指定天然記念物の千早のトチノキ
(2017年8月)

 杉の植林の中の谷筋では少し狭そう。
 でも大きな葉を広げて、太陽の光を集めています。
 芽生えの5月はまだ空が見ていましたが、8月には葉を広げて、もうほとんど隙間はありません。


 トチノキはクリのような実を毎年たくさんつけます。
 アクが強いですが、手間と時間がかかりますがアク抜きをすれば食べることができます。
 昔は飢饉のときに人々を救う食べ物になりました。
 水分の多いところを好むので、集落近くの谷筋によく植えられました。
 古くからの参道のようですから、このトチノキもそういった役割があったのかもしれません。

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自に選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

■参考外部リンク■
大阪府/大阪府指定天然記念物千早のトチノキ
千早赤阪村ホームページ - 千早のトチノキ

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 巨樹・古樹・老樹  千早のトチノキ  大阪府天然記念物  トチノキ  金剛山  金剛山の樹木  金剛山の植物 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その61 大阪府指定天然記念物の流谷八幡神社のいちょう

 大阪と和歌山の境にある紀見峠(きみとうげ)。
 熊野巡礼や高野山巡礼の道でした。
 その紀見峠から大阪側に下ったところに南海高野線の天見(あまみ)駅があります。
 そこから西に10分あまり行ったところに小さな神社があります。
 八幡神社(はちまんじんじゃ)。
 通称「流谷八幡神社(ながれたにはちまんじんじゃ)」。
 日本に44,000社あると言われる八幡宮の総本社、大分県宇佐市の宇佐神宮から神様が勧請された京都の石清水八幡宮からさらに神様が勧請されたのがこの八幡神社。
 創建は古く平安時代、1039年。

 その社殿の隣に大きなイチョウの木があります。

大阪府指定天然記念物の流谷八幡神社のいちょう(2017年8月)

 岩盤の上に立っているということで、太い根が地面の上をうねっています。
 そして幹からはイチョウの老木の特徴、枝のような乳が垂れ下がっています。


 老木らしく、葉の中央に切れ込みがありません。


 樹高は30メートル。
 これはイチョウが成長できる限界近い高さ。
 樹齢は、大阪府が設置した説明板では400年、河内長野市では700年。
 イチョウは中国原産の「生きた化石」で、日本に伝来した時期はわかりませんが、最も古い確認できる史料では15世紀ころといわれます。
 樹齢が700年だとすると、日本に伝来したころのイチョウかもしれません。
 しかし幹周りが5.5メートル。
 10メートルをこえるイチョウがあるということですから、400年のほうが信憑性がありそうです。
 どちらにしろ、樹齢は実際に切り倒して年輪を数えなければわかりませんし、それも多少の誤差は含んでいます。
 実年齢はどうであれ、巨木で老木なのはまちがいないでしょう。

 このイチョウは雌株。
 まだ青い銀杏がなっていました。


 これだけ大きいと、初冬の黄葉も見事でしょう。

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

■参考外部リンク■
『流谷八幡神社の大いちょう』 - ブログ | 河内長野市観光協会
樹木・大阪府の天然記念物(植物)概要 冊子15-18 [PDFファイル/874KB]

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 巨樹・古樹・老樹  流谷八幡神社のいちょう  大阪府天然記念物  イチョウ  八幡神社  流谷八幡神社 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる