【 山菜】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

春にしか現れないまるで寄生植物のようなツクシの実の姿は、

 春。
 いろいろな植物が色んなところから顔をのぞかせています。


 これは、ツクシ。
 シダの仲間。
 植物ですが、花も咲かず、種もできず、キノコのように胞子で増えます。

 シダの仲間には胞子を飛ばすための葉と、光合成をするための葉があります。
 光合成をする葉に胞子をつけるものもありますが、ツクシは完全に分業したタイプ。
 緑色をしていないので光合成はやめ、春先に一気に成長し、すぐに胞子をとばし、あっという間にしおれてしまいます。


 そして光合成をするスギナが現れます。
 ツクシとはあまり似ていないスギナは、実は同じ植物だったのです。
 たとえるなら、ツクシは花でスギナは葉と枝。
 そして茎は地面の下。
 見えないところでじわじわと勢力を広げていたりします。


 春先に現れ、一瞬で消えてしまうツクシですが、実は春から秋まで茂っているスギナの一部でした。
 ツクシが含まれるトクサの仲間が現れたのは3億年くらい前。
 大絶滅を4度も乗り越えてきたしたたかな植物です。

スギナ
杉菜,接続草
Equisetum arvense
シダ植物門 トクサ綱 トクサ目 トクサ科 トクサ属

くらべてわかる シダ (くらべてわかる図鑑)

新品価格
¥2,640から
(2022/4/9 22:49時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツクシスギナシダ春のシダ山菜

関連記事
スポンサーサイト



theme : 山野草
genre : 趣味・実用

あちこちに春がおとずれています! つくし

 3月中旬。

 日当たりの良い芝生の上につくし。

つくし

 頭に並ぶ六角形の胞子嚢床の開き具合からすると、顔を出してからちょっと時間が立っているようです。

土筆

 どんどん春の生き物たちがうごきはじめています。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: つくしスギナシダ山菜

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

ヤマノイモのむかごがついているのにヤマノイモじゃない?

 むかごがありました。
 ヤマノイモの茎に出きる丸くて小さな実のようなもの。
 埋めると芽が出るので種のようですが、花が咲いていないところにできます。


 むかごはたねではなく、イモのようなもの。
 食べることもできますし、味もヤマノイモに似ています。

 ところが、なんか細長い葉。
 ヤマノイモの葉ではありません。
 おかしい。

 と思ったら、下の方に幅が狭いハート型の葉が。
 ヤマノイモの葉です。
 ほかの植物にヤマノイモのツルが巻き付いていたようです。


 ヤマノイモは、つるをどんどん伸ばしていく多年草。
 草では足りません。
 きっと、まだ若いヤマノイモなのでしょう。

よくわかる山菜大図鑑―新芽 葉 実 花

新品価格
¥1,650から
(2019/11/1 22:32時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマノイモむかご山菜

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

里山の秋 口を開けた甘い実 木通

 低山から里にはずれに降りてきたときであったのがアケビ(木通)。
 種のまわりが甘い、里山の秋の果物です。
 アケビは蔓植物。
 ここではアカメガシワの木にまきついて、上の方で実をつけていました。
 なぜ気づいたかというと、地面に落ちてたから。


 よく見るともう口を開けていました。
 ということは熟しています。
 木の上で熟す甘い液果。
 液果は実を種ごと食べてもらって、ほかの場所に運んでもらうことが目的。
 そして甘味を好むのは、哺乳類。
 ということは、サル目当てでしょうか。


 ここは金剛山地と和泉山脈のはずれ。
 サルはいません。
 ということは、タネを運んでくれるのは鳥?
 それとも地面に落ちてからタヌキやイタチに食べてもらう?
 いやいや、落ちるころにはもう鳥に食べられた後では?

 高く細い枝先なので、人間がとるにはちょっと難しそうです。

ジャンボアケビ (紫水晶) 三つ葉あけび 《果樹苗》

新品価格
¥2,592から
(2017/10/29 14:54時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アケビ液果秋の実山菜

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 3月下旬には つくし


 金剛山が育む下赤阪の棚田ビオトープもだんだん春らしくなってきています。



梅満開の3月下旬の下赤阪の棚田
梅満開の3月下旬の下赤阪の棚田




 3月下旬には春の山菜、ツクシも生えていました。

 土の中からニョきりと生えた肌色の棒は、なんか植物っぽくありません。

 緑色をしていないので、寄生植物なのでしょうか。



いっぱい生えてるツクシ
いっぱい生えてるツクシ




 いえいえ、ツクシは立派な植物。

 ただし、花は咲かず種もできないシダ植物です。

 ツクシが緑色をしていないのは、胞子を飛ばしたら枯れる茎(胞子茎)のためだからでしょう。



つくしの本体のスギナ(近つ飛鳥風土記の丘)
つくしの本体のスギナ(近つ飛鳥風土記の丘)




 ツクシの栄養を作る部分、つまり緑色の部分はスギナといいます。

 ツクシがしおれるくらいから芽を出し始めますが、ツクシを作らないで直接生えてくることもあります。

 ツクシよりもスギナのほうが「本体」っぽいので、種としては「スギナ」の方の名前を使います。

 スギナは緑色ですが葉っぱといえるようなものはなく、緑色の細い棒が節ごとに生えているだけ。

 これが葉っぱということになります。



スギナ(杉菜)の胞子茎のツクシ(土筆)
植物界 シダ植物門 トクサ綱 トクサ目 トクサ科 トクサ属

スギナ(杉菜)の胞子茎のツクシ(土筆)



 今から4億年くらい前の古生代のシルル紀からデボン紀のあたりの原始的な植物には、葉といえるようなものはありませんでした。

 もしかしたら、ツクシは何億年も昔の植物の姿を残した生きた化石なのかもしれません。

 春の山菜として食べられるツクシ。

 古生代の植物を想像しながら食べると、ひと味ちがうかもしれません?



ここにもツクシいっぱい
ここにもツクシいっぱい




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツクシスギナ山菜シダ下赤阪の棚田下赤阪の棚田201403

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

七十二候 第七十候「款冬華」すぎて山菜顔を出す


 1月中旬、最後の二十四節気(にじゅうしせっき)「大寒(だいかん)」の初候(しょこう)。

 七十二候(しちじゅうにこう)「款冬華」。

 よみは「ふきのはな さく」または「かんとう はなさく」。

 「款冬」は山菜のフキのこと。

 意味は「フキの花が咲くころ」ではなく、「フキノトウがそっと顔をのぞかせるころ」。

 フキノトウ(蕗の薹)は、フキの蕾(つぼみ)。

 てんぷらにして食べるあのフキノトウです。



 山菜といいつつ、近所に自生地の心当たりはありません。

 ということで、「款冬華」がすぎた河内長野市の植物園、花の文化園へ。

 ここの球根園にフキが植えられています。

 しかしその一角は何も植わっていないように見えます。

 ちょっと早すぎたかな、と思いながら顔を近づけてみると、七十ニ候の通りフキノトウが顔を覗かせていました。



落ち葉の下から顔をのぞかせたふきのとう
落ち葉の下から顔をのぞかせたふきのとう




 食べごろにはまだちょっと早そうなフキノトウがあちこち顔を覗かせています。



緑色の蕾が顔をのぞかせています
緑色の蕾が顔をのぞかせています




 いつもはずれていますが、今回はさすが七十二候。

 ぴったりです。



まだまだ小さいふきのとう
まだまだ小さいふきのとう




 もちろんここは植物園。

 どんなにおいしそうに見えても、見るだけです。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 七十二候款冬華フキノトウ花の文化園フキ山菜

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

針葉樹なのにおいしそうな実 金剛山のイチイ


 金剛山(こんごうさん)の山頂付近にはイチイ(一位)の木が生えています。

 ちょうど実の季節。

 真っ赤になった実がいっぱいなっています。


 イチイは葉を見ればわかるように針葉樹。

 でも実はおいしそうな赤い実。

 針葉樹というと、マツやメタセコイアみたいな丸くて乾燥したものばかりだと思っていましたが、そうではないのですね。





針葉樹らしくない? イチイの実
針葉樹らしくない? イチイの実

イチイ科 イチイ属 常緑針葉樹



 赤い実は見たとおり食用になるそうですが、その中の種やそのほかの部分には毒があるそうなので、注意が必要です。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: イチイ赤い実秋の実金剛山の植物山菜有毒植物金剛山金剛山の実

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS