【 始祖鳥】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

特別展「スペイン 奇跡の恐竜たち」で恐竜と鳥の境界をさがしてみました!〈大阪市立自然史博物館〉


 大阪市長居公園の自然史博物館で開催中の「スペイン 奇跡の恐竜たち」。

 タイトルのように「恐竜」が展示されているので恐竜に興味がある人しか楽しめないのかな、と思ってしまうかもしれません。

 いえいえ、決して恐竜だけではありません。



◆「スペイン 奇跡の恐竜たち」の記事をまとめてみる
【「スペイン 奇跡の恐竜たち」が大阪ではじまりました!】
【「スペイン 奇跡の恐竜たち」で恐竜にも肉球があるのか見てみました!】
【「スペイン 奇跡の恐竜たち」ででっかい恐竜が歩く姿を想像してみました!】




会場までの道を教えてくれる特別展恒例の幟




 多くの恐竜が見つかっているスペインのラス・オヤスでは、恐竜以外に鳥の化石も見つかっています。

 鳥です。

 恐竜が含まれる爬虫類の爬虫綱と別の鳥綱に分類されていますが、鳥が恐竜から進化したというのは、専門家でなくても知っている人は少なくないと思います。

 恐竜から鳥への変化を見られるように、世界中で見つかった鳥みたいな恐竜、恐竜みたいな鳥、そして鳥の化石や復元模型もが並べられています。



 ということで、恐竜→鳥コーナーに展示されている化石と復元模型を展示順に並べてみました。

 それに会場の展示や図録に書かれていた説明などもまとめてみました。

 さあ、恐竜と鳥の境界は、どこにあるでしょうか。




羽毛がある復元に変わったペレカニミムス




 会場では恐竜から鳥への変化については、このように説明されています。
1.羽毛が生える
 例)シノサウロプテリクス

2.翼ができる
 例)カウディプテリクス

3.羽ばたける
 例)アーケオプテリクス

4.飛べる
 例)コンコルニス

5.上手に飛べる
 例)現在の鳥


 鳥としては「3.羽ばたける」と「4.飛べる」が重要でしょう。

 飛ばない恐竜にとっては羽ばたく、つまり前肢を左右に広げて体の前後に動かす必要はないはず。

 翼で推力と揚力を生み出すために必要な風切羽(左右非対称の羽毛)が発達したのも「3.羽ばたける」。

 「4.飛べる」では低速時の安定を生み出す小翼羽の発達と、軽量化のためでしょう、尾が短くなります。

 「5.上手に飛べる」は羽ばたくための強力な筋肉をつけるための胸の竜骨突起の発達があります。



シノサウロプテリクス
分類:獣脚類 コンプソグナトゥス類
時代:白亜紀前期
分布:中国
羽毛:チューブ状羽毛
顎:クチバシはなく細かい歯
尾:長い尻尾
後肢第1趾:後ろ向きだが小さく枝はつかめない
これはどう見ても毛が生えた恐竜。
鳥には見えません。
分類:獣脚類 オヴィラプトル類
時代:白亜紀前期
分布:中国
羽毛:左右対称の羽
顎:クチバシになっているが上顎に小さな歯
尾:羽が生えた尻尾
後肢第1趾:後ろ向きだが小さく枝はつかめない
前肢には羽が生えてますが、やはり鳥というより違和感がある恐竜って感じ。
分類:獣脚類 ドロマエオサウルス類
時代:白亜紀前期
分布:中国
羽毛:風切り羽
顎:クチバシはなく小さい歯
尾:長い尻尾
後肢第1趾:後ろ向きだが小さく枝はつかめない
これだけ大きな羽がつくと復元模型ではかなり鳥っぽくなってます。
でも化石を見ると、まだ恐竜みたい。

分類:獣脚類 アーケオプテリクス類
時代:ジュラ紀後期
分布:ドイツ
羽毛:風切り羽
顎:クチバシはなく鋭い歯
尾:長い尻尾
後肢第1趾:後ろ向きで枝をつかめる
飛んでる姿は鳥ですが、顔はまだ恐竜。
趾(あしゆび)は、かなり鳥っぽい。
分類:鳥類 コンフキウソルニス類
時代:白亜紀前期
分布:中国
羽毛:風切り羽
顎:クチバシで歯は無い
尾:尾端骨
後肢第1趾:後ろ向きで枝をつかめる
化石はわかりにくいですが、復元模型ではもう鳥。
飾り尾羽の有無でオスとメスのちがいがわかるそうです。
ちなみに、この復元模型はオス。
コンコルニス・ラクストリス
分類:鳥類 エナンティオルニス
時代:白亜紀前期
分布:ラス・オヤス
羽毛:風切り羽
顎:クチバシに歯?
尾:尾端骨
後肢第1趾:後ろ向きで枝をつかめる
ラス・オヤスで見つかったのですが、復元模型はありません。
残念。
趾は鳥そのものですが、足の骨の長さは鳥よりも獣脚類の恐竜っぽい。
アホウドリ(信天翁)
分類:鳥綱 ミズナギドリ目 アホウドリ科 キタアホウドリ属
時代:現代
分布:北太平洋
羽毛:風切り羽
顎:クチバシで歯は無い
尾:尾端骨
後肢第1趾:退化
大阪市立自然史博物館オリジナルの展示。
木にとまらない水鳥の例にもれず第1趾は退化しています。
もちろん、樹上を生活の場にしている鳥には長い第1趾があります。



 さあ、どうでしょう。

 会場の表示ではアーケオプテリクスまでが「獣脚類」。

 コンフキウソルニスから「鳥類」。

 Dに恐竜と鳥の境界があるようです。

 復元模型を見てみると、アーケオプテリクスは鳥のふりをしている恐竜のようですが、コンフキウソルニスはもう鳥。



 もちろん鳥と恐竜はなんとなく「雰囲気」で分けているのではありません。

 「鳥」としての特徴の有無も大切。

 ということで、図録に書かれていた鳥の特徴です。
1.脳が大きくなり、頭骨の癒合が進んでいる
2.手の骨が癒合し、骨の数が少なくなる
3.腰の骨が癒合している
4.尾椎が癒合し尾端骨になっている
5.胸骨が大きくなり竜骨突起が発達する
6.(肋骨に)かぎ状の突起がある
 確かにこれからすると、コンフキウソルニスから当てはまりそうです。




オニオオハシの全身骨格
趾の第4趾が後ろをむいて、樹上生活に適応しています。




 ただ前足に風切羽が生え、後ろ足の親指がほかの指と向き合うようになったものを「鳥」とする場合もあります。

 樹上生活になり、飛ぶことができるようになったのが「鳥」ということでしょう。

 その場合は、足の第1趾のちがいでミクロラプトルまでが恐竜、アーケオケオプテリクスからが鳥、境界はCになります。

 図録でも、アーケオプテリクスから鳥綱に含まれています。



 このように会場ではいろいろな恐竜や鳥が並べられ、鳥の進化の様子を見ることができます。

 しかし気をつけなければならないことがあります。

 展示は段階的な特徴を持った化石を並べているだけで、恐竜から鳥へと変化していく途中の化石を時代の順番に並べたものではありません。

 「進化の順」ではなく、恐竜から鳥への試行錯誤の結果が段階的に並べられているのです。




ネイチャースクエアのオオタカ




 実際、この中で一番古い化石は、ほとんど恐竜のシノサウロプテリクスではなく、かなり鳥のアーケオプテリクスだったりします。

 ですからよく見てみると、単純に恐竜から鳥へと変わっていったのではなく、それぞれ特徴がいろいろと混ざっています。

 それでも、少しずつ鳥に近づいているようにみえるのが、おもしろいところです。



 こんな感じで、恐竜は詳しくないけど、鳥に興味があるという人も楽しめるのが「スペイン 奇跡の恐竜たち」。

 化石は鳥の骨格の知識がないとわかりにくいかもしれませんが、直感的にわかるように生体復元模型も展示されています。

 足や羽のちがいは会場でじっくり見てください。



 そして会場の下のネイチャースクエアや本館の展示室には、鳥をはじめ様々な動物の剥製や骨格標本が展示されています。

 もちろん恐竜の化石もあります。

 いろいろ比べてみると新しい発見があるかもしれません。

 ネイチャースクエアは無料。
 本館も特別展のチケットがあれば当日は無料。

 行かないのはもったいない!



タグ♦ スペイン 奇跡の恐竜たち 白亜紀

■参考外部リンク■
スペイン 奇跡の恐竜たち/2015年3月21日(土・祝)~5月31日(日)/大阪市立自然史博物館
ようこそ大阪市立自然史博物館へ


サファリ社フィギュア405001ミクロラプトル

価格:1,080円
(2015/4/19 00:22時点)

始祖鳥 55034 恐竜フィギュア PAPO

価格:2,700円
(2015/4/19 00:24時点)

そして恐竜は鳥になった [ 土屋健 ]

価格:1,620円
(2015/4/19 00:30時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: スペイン奇跡の恐竜たちシノサウロプテリクスカウディプテリクスミクロラプトル始祖鳥孔子鳥コンコルニス大阪市立自然史博物館spaindino-osaka

関連記事
スポンサーサイト



theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

ティラノだけでなく恐竜いっぱいの京セラドーム「よみがえる地球の覇者!世界大恐竜展」


 京セラドーム大阪のスカイホールではじまった恐竜展。

 タイトルは「よみがえる地球の覇者!世界大恐竜展」。

 ティランノサウルス(会場での表記。一般には「ティラノサウルス」)の亜成体「ジェーン」が関西初公開。



会場は京セラドームのキノコの傘のようになってるところ
会場は京セラドームのキノコの傘のようになってるところ




 同じ時期にやっているATCの「大恐竜帝国2013」は地下の会場ですが、こちらはドーム球場の外側を取り巻くようにあるドーナツ型の会場。9階にあります。

 エスカレーターを乗り継いで到着した入口の前では、巨大なスピノサウルスの全身の骨格模型。

 ティラノサウルスを超える肉食恐竜といわれるだけあって、ものすごい大きさです。

 ここはまだ会場の外。

 そんなところからこんな迫力のある展示が登場するとは。



入り口前の大きなスピノサウルス
入り口前の大きなスピノサウルス




 タイムトンネルをくぐって最初に登場するのは2億年前の恐竜が登場した三畳紀コーナー。

 「世界最古の獣脚類」と説明にあるヘルレラサウルスが登場。

 それも骨ではなく、生きていた時の様子を再現したものです。

 他にもエオラプトルやラゴスクスなど、初期の恐竜が羽毛恐竜として復元された姿で展示されています。



「世界最古の獣脚類」のヘルレラサウルス
「世界最古の獣脚類」のヘルレラサウルス




 そして恐竜が繁栄をはじめ大型化したジュラ紀。

 ジュラ紀の大型肉食恐竜のアロサウルスと、全長27mのディプロドクスが出迎えてくれます。

 それから鳥の先祖とも言われるアーケオプテリクス(始祖鳥)の化石と、生きていた姿を復元した生態モデルも。

 鳥のような嘴ではなく、爬虫類のような顎になっているところは、鳥というより羽毛恐竜。

 そしてその上には翼竜。
 先が菱形になった細長い尾はランフォリンクス?



鳥というよりトカゲのアーケオプテリクスの生態モデル
鳥というよりトカゲのアーケオプテリクスの生態モデル




 そしてティランノサウルスが登場した白亜紀。
 中生代の最後の紀で恐竜が絶滅した時代です。

 始祖鳥のように復元されたミクロラプトルや、鎌のように長く鋭い爪を持ったテリジノサウルスの仲間のノスロニクスなど、今までよりも多くの恐竜たちが出迎えてくれます。



 そして進んでいくと、ティランノサウルスの亜成体ジェーンが生きていた時の姿で待っていました。

 そして、動いています。

 そして、目が会います。

 そして、かみつこうとしてきます。



吠える亜成体ティランノサウルスのジェーン
吠える亜成体ティランノサウルスのジェーン




 となりには骨格のジェーン。

 筋肉や皮がついていると無いのとではまったく別の生き物のようです。

 骨格だけの復元でも時代によって大きく変わってくるというのに、生きていた時の状態にするというのは、ほとんど想像の世界になってしまうかもしれません。

 でも、骨を見るよりも生きている姿は想像しやすくなります。

 生きていた時の姿の学術的な復元が進むことを願っています。



雰囲気が変わった骨格のジェーン
雰囲気が変わった骨格のジェーン




 同じ時期に南港ATCでも「大恐竜帝国2013」が開かれています。

 2013年の夏の大阪は恐竜だらけになってしまったようです。



■参考外部リンク■
よみがえる地球の覇者!世界大恐竜展 T-REXジェーン関西初上陸


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 世界大恐竜展ティラノサウルススピノサウルスヘルレラサウルス始祖鳥恐竜化石アニマトロニクス

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

「お披露目!博物館に届いた新しい標本」で「大化石展」の予告やってました。大阪市立自然史博物館


 大阪市南部の長居公園(ながいこうえん)にある大阪市立自然史博物館。

 この一年の間に館にやってきた収蔵品の一部の展示会をやっています。



 興味深いのは、大阪湾に漂着したマッコウクジラの胃でみつかったカラストンビ、つまりイカの「クチバシ(顎板(がくばん))」です。

 その数1000個以上。
 具体的な数字を見ると、マッコウクジラの大きさが実感できます。

 マッコウクジラといえば、もちろんダイオウイカ。
 当然ダイオウイカのカラストンビもあります。

 もちろん、こちらも大きい!


ダイオウイカのカラストンビ[大阪市立自然史博物館「お披露目!博物館に届いた新しい標本」]
ダイオウイカのカラストンビ
[大阪市立自然史博物館「お披露目!博物館に届いた新しい標本」]



 他には鳥の剥製(はくせい)や昆虫の標本、そして冬虫夏草(とうちゅうかそう)の標本も。

 昆虫に寄生する菌類(きんるい)ですが、なんと菌類に寄生する種類もあるようです。

 またまた驚きです。


セミに寄生する冬虫夏草の標本[大阪市立自然史博物館「お披露目!博物館に届いた新しい標本」]
セミに寄生する冬虫夏草の標本
[大阪市立自然史博物館「お披露目!博物館に届いた新しい標本」]



 そして今年の夏の特別展、7月2日からはじまる「大化石展」の予告コーナーもあります。

 神戸で見つかった新生代の植物の化石のほかに、なんと中国で見つかった恐竜時代の鳥、孔子鳥(こうしちょう)の化石です。


中国の孔子鳥の化石[大阪市立自然史博物館「お披露目!博物館に届いた新しい標本」]
中国の孔子鳥の化石
[大阪市立自然史博物館「お披露目!博物館に届いた新しい標本」]


ドイツの始祖鳥化石のレプリカ[大阪市立自然史博物館 常設展示室]
ドイツの始祖鳥化石のレプリカ
[大阪市立自然史博物館 常設展示室]

 古代の鳥というとドイツで見つかった始祖鳥(しそちょう)が有名ですが、口には歯があり尾も長く鳥なのか羽毛恐竜なのか微妙なところがあります。

 しかし孔子鳥は歯がない変わりに(くちばし)があり、尾も短く鳥のようです。

 孔子鳥は長い指が残っているなど今の鳥とちがうところもありますが、たしかに始祖鳥よりも鳥っぽく見えます。


 大化石展ではカンブリア紀の生き物や巨大トンボのメガネウラ、昆虫が入った琥珀など大阪や日本、そして世界で見つかった様々な時代の化石が展示されるそうです。

 夏が楽しみです。


◆外部リンク◆
What's New: 2011/04/29特別陳列「お披露目!博物館に届いた新しい標本」を開催します
 2011年5月29日(日)まで

大阪市立自然史博物館「大化石展」
 2011年7月2日(土)~8月28日(日)


◆タグナビ◆ 〔大阪市立自然史博物館〕 〔ダイオウイカ〕




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 大化石展大阪市立自然史博物館ダイオウイカ孔子鳥始祖鳥冬虫夏草博物館

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS