【 多丘公園】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

今年の梅はちょっと遅いようです


 植物園めぐりや金剛山めぐりで、木田内川(きたないがわ)同様すっかり行かなくなってしまった多丘公園(おおおかこうえん)(仮称)。

 梅の季節なので行ってみましたが、まったくだめ。

 咲いていたのは花の文化園でも咲いていた八重寒紅(やえかんこう)鹿児島紅(かごしまべに)だけ。

 それもやっと咲き始めたという程度。



八重寒紅
八重寒紅


鹿児島紅
鹿児島紅
木についていたプレートには「鹿児島紅」となっていましたが
ちょっと色が薄いような気がします。




 植物園や公園のページなどを見ていても、今年はちょっと梅の咲き始めが遅れているようです。


 最近よく行くようになった富田林市(とんだばやしし)錦織公園(にしこおりこうえん)の梅林を見に行こうと思っていますが、もうちょっと先の方がいいようです。

 今月の26日の日曜日は、河内長野市(かわちながのし)の花の文化園が駐車場無料デーなので行こうと思っていますが、これが一つの目安になるでしょう。

 花の文化園はセツブンソウ(節分草)、オオミスミソウ(大三角草)、ユキワリイチゲ(雪割一華)など春の野草が咲き始めていますので、梅林以外にも見所が多いので楽しみにしています。



花梅 八重寒紅 接木苗 1本

価格:900円
(2012/2/19 21:48時点)

梅盆栽 八重寒紅(ピンク・八重咲き)

価格:6,090円
(2012/2/19 21:49時点)

花梅 鹿児島紅 接木苗 1本

価格:1,200円
(2012/2/19 21:49時点)

◆関連タグ◆ 〔梅〕 〔八重寒紅〕 〔鹿児島紅〕 〔多丘公園〕


■外部リンク■
大阪府営 錦織公園
大阪府立花の文化園公式サイト


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 八重寒紅梅鹿児島紅(梅)春の花ピンク色の花多丘公園

関連記事
スポンサーサイト



theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

カナブンがぶんぶん集まる木


「ぶんぶんぶん」


 多丘公園(おおおかこうえん)の森の中の道を歩いていると「ぶんぶんぶん」という(はね)の音が聞こえてきました。

 どうやらあたりを虫が飛んでいるようです。
 しかもハエなどよりもかなり大きいそれなりの重さのある虫です。

 まさかハチ、しかもスズメバチ?!
 それが群れ飛んでいる?

 背筋に冷汗が流れる――ような感じがしました。

 スズメバチは、毒針で刺されると死ぬこともある恐ろしい昆虫です。


この記事にはの画像があります。






「金蚊」


 しかし羽音を聞いているとスズメバチよりもさらに重いような気がします。

 ふと木を見上げると、羽音の主が群れていました。木の幹に。
 それはカナブン(金蚊)。
 関西地方では「ぶいぶい」と呼ばれることもある甲虫です。
 その名の通り「ぶいぶいぶい」と集まってきます。
 樹液を吸いにきているのでしょう。

樹液を吸いに集まっているカナブン
樹液を吸いに集まっているカナブン


 葉の形からすると、コナラ(小楢)でしょうか。
 虫が大好きな樹液を出す木の一つで、日本の温帯地域では平野から山地まで人の住んでいるところではよく植えられていた木です。


量で勝つ? 昼間で勝つ?


 無数のカナブンが限られた樹液の出てくる場所を奪い合っています。

 カブトムシやクワガタムシよりも小さい体ですが、相手も同じ大きさ。場所の取り合いです。
 「ガリガリ」「バリバリ」とケンカしている音が聞こえてきます。

 見ている間にもあちこちからカナブンが飛んできます。

 よく見ると、ほかの場所にも数匹群がっています。数が少ないので樹液の出がよくないのでしょうか。

 よく見るとクワガタもいます。

樹液を吸っているクワガタムシのおしり
樹液を吸っているクワガタムシのおしり


 さすがのクワガタもカナブンの数に勝てないのか、それとも昼間なので元気がないか。
 おとなしく樹液を吸っているようです。

大アゴ内側のキバが頭よりにあるので多分ヒラタクワガタ
大アゴ内側のキバが頭よりにあるので多分ヒラタクワガタ



退散


 これだけ樹液が出てくるのなら、夜になるとカブトやクワガタの樹液レストランになるのでしょう。

 コナラなどの樹液が好きな昆虫はカナブンやクワガタムシ、カブトムシだけでなく、チョウやハチ、しかもスズメバチもいます。

 ということで、恐ろしいスズメバチがやってくる前に退散しました。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カナブン多丘公園ヒラタクワガタコナラクワガタムシ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

謎の鳥はやはりシロハラでした。

 多丘公園(おおおかこうえん)で半ば謎の鳥だったシロハラをやっと捕らえました。あ、写真で、です。

 出会ったのは開けた道の階段のところ。
 運よく鳥は階段を下へ下へと降りていきます。

 体を低くしてカメラを上に挙げ、そろそろ近づきながら写していきます。

ツグミ科らしくツグミ立ちのシロハラ
ツグミ科らしくツグミ立ちのシロハラ



 そして帰り間際に人気の少ない道でまたぱったり。

 今度はもっと近かったのですが、その分あっと言う間に藪の中に逃げ込んでしまいました。

背中の茶色、頭の灰色、お腹の白はシロハラの証
背中の茶色、頭の灰色、お腹の白はシロハラの証



 シロハラは冬鳥。
 もうアムール川まで飛んでいったことでしょう。
 次に会えるのは冬になってからになります。

◆記事リンク◆ 〔シロハラ〕 〔多丘公園〕



Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: シロハラ多丘公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

森の鳥はむずかしい



森の多丘公園


 このブログで取り上げる勝手に名前をつけた多丘公園(おおおかこうえん)には、あまり手を加えてないと思われる森があります。
 ということで野鳥の数も少なくありません。

 しかし、人が入ることができないような(やぶ)だらけなので「声はすれども姿は見えず」。写真を撮るのは本当に運頼み。
 ですから住宅街にいる鳥なら住宅街の方がいい写真が撮れます。

 そんな多丘公園(おおおかこうえん)では何とか写せたものの、種類がわからない鳥もいます。

 なかなか森の野鳥を写すのは難しいものです。

ある日に写せた多丘公園の鳥たち

スズメくらいの大きさの鳥
町の中にもいるメジロ
町の中にもいるメジロ

すぐ逃げるジョウビタキのオス
すぐ逃げるジョウビタキのオス

かわいいエナガ
かわいいエナガ

ウグイス?(ヤブサメ?)
ウグイス?(ヤブサメ?)

ルリビタキのメス?
ルリビタキのメス?

これはちょっと自信がありません。
羽に白い点があればジョウビタキのメスなのですが。
多分ヒタキ系のメスではないかと思います。
しかしここではジョウビタキ以外のヒタキ系の鳥を見た事がありません。
単に見逃しているだけかもしれませんが。

ヒヨドリくらいの大きさの鳥
シロハラ?
シロハラ?

大きさも雰囲気もツグミによく似ています。
しかし背中が薄いこげ茶色に腹側が灰色。
驚くと木に飛び移るツグミに対して、藪の中を飛んで生きます。
森の中でも割と開けたところを好むツグミに対して、藪の中を好みます。
ということで、一瞬見ることはできても写真に撮ることは難しい鳥です。
それらはシロハラの特徴にぴったりですが、首に白いところがあるので「?」ははずせません。

 多丘公園。
 豊かな自然がある公園ですが、その分、鳥との出会いは一期一会です。


■記事リンク■ [鳥] 〔多丘公園〕
 〔メジロ〕 〔ジョウビタキ〕 〔ウグイス〕



Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

Yahoo! JAPAN


キッズgoo


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 多丘公園メジロジョウビタキエナガウグイスヤブサメルリビタキシロハラ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

スミレが待ち遠しい今日この頃です。


 去年のゴールデンウイークのころ、通称多丘公園(おおおかこうえん)ニオイタチツボスミレに出会いました
 ということで、その場所へ行ってきました。

 花にはまだ早いですが、タチツボスミレの仲間は多年草ということですので、去年と同じところに生えているはずです。

 果たして、いました。ニオイタチツボスミレ。
 よく見るとあたりには何株も生えています。

まだまだつぼみも見えないニオイタチツボスミレ
まだまだつぼみも見えないニオイタチツボスミレ



 まだまだつぼみも見えませんが、花が咲くのが楽しみです。

ニオイタチツボスミレの記事は タグ〔ニオイタチツボスミレ〕
スミレの記事は タグ〔スミレ〕



Yahoo! JAPAN



キッズgoo




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニオイタチツボスミレスミレ多丘公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

桜のつぼみは  まだ



 多丘公園(おおおかこうえん)へ行きました。

 桜があります。
 多くのソメイヨシノと、いくつかのオオシマザクラです。

 このあたりの開花の予想はまだ1ヶ月くらい先ですが、様子を見に行ってきました。

 はたして。

 つぼみは固く、開花まではまだまだ時間がかかりそうでした。

 桜が咲くのは待ち遠しいですが、桜を見ない「花見客」がたくさん現れるのが残念です。

まだまだつぼみが固いサクラ
まだまだつぼみが固いサクラ



■外部リンク■
ウェザーマップ『さくら開花予想2010』
桜情報 - 開花予想 - 日本気象協会 tenki_jp
さくら情報 - ウェザーニュース



桜の記事は タグ〔桜〕
多丘公園の記事は タグ〔多丘公園〕



Yahoo! JAPAN



キッズgoo




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ソメイヨシノ多丘公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

冬の丘 雪虫が舞う 雨のあと


初雪?


 初冬の多丘公園(おおおかこうえん)へ行ってきました。

 小さな山の尾根伝いの遊歩道を歩いていると、雪のようなものが舞っていました。

 もちろん初雪が降るような時期でも気温でもありません。
 なにより上へ行ったり下へ行ったり、小虫が飛んでいるようです。

 そうです。
 雪虫(ゆきむし)です。

舞う雪虫
舞う雪虫



雪虫


 その正体は小さな虫。

 腹から糸状のロウ物質を出してそれがふわふわの綿のようになっています。
 虫が数ミリの大きさなので、ふわふわ飛んでいるところが雪のように見えるのです。

 北海道などの北国では、雪虫が見られるとそろそろ初雪の季節ということで、初冬の風物詩となっているそうです。


実は……


 このあたりでは初雪は12月に入ってから。うっすらと積もるのは年に数回、雪だるまがつくれるほど積もるのは数年に一度くらい。
 雪虫はあまり意識されていないように思います。

 そんな雪虫は「ワタムシ」と呼ばれる種類のアブラムシです。
 卵で越冬(えっとう)するために、寄生する木を探して飛んでいるのです。

木の葉にとまっている雪虫
木の葉にとまっている雪虫


 白くてふわふわ雪みたいな虫ですが、実はアブラムシ。害虫です……

昆虫の記事は カテゴリ[昆虫]

キッズgoo


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 雪虫アブラムシ多丘公園冬の虫

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS