【 外来種】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

野良百合は場所を選ばないけど、いずれ消える らしい

 ちょうど今頃。
 野山や花壇で咲いてそうなユリが、野良状態で白い花を咲かせています。

 それらは、たぶん、タカサゴユリ。

 台湾の固有種のユリですが、園芸用に栽培され、そこから逃げ出したのが野良百合としてあちこちで咲いています。
 こんなにあちこちで咲いていたら特定外来種に指定されそうですが、今のところはされていません。
 同じ場所で長期間育つことはできず、一時的に増えても数年で消えてしまうそうなので、対象になっていないのかもしれません。

石垣で咲いてた野良百合
タカサゴユリ

 学名はLilium formosanum Wallace。
 命名はアルフレッド・ラッセル・ウォレスさん。
 19世紀から20世紀にかけのてイギリスの博物学者。
 東洋とオーストラリアの間の生物分布の境界のウォレス線の発見者。
 そしてダーウィンさんとは別に生物進化の仕組みを考えたひと。
 マレー諸島で標本採集を行っていたので、そのときに台湾まで来たのでしょうか?

 テッポウユリとの雑種にシンッテポウユリがあり、花被片の外側の赤紫色の部分の有無で区別されます。
 赤紫の筋があればタカサゴユリ、真っ白ならシンテッポウユリ。
 ところが園芸植物として栽培されたためか、赤紫色の濃さにもバリエーションがあり、見た目では簡単に区別できないようです。

赤紫の筋がとても薄いタイプ
高砂百合

濃いの薄いのいろいろ
Lilium formosanum

タカサゴユリ
高砂百合
Lilium formosanum Wallace
単子葉類 ユリ目 ユリ科 ユリ属 テッポウユリ亜属
台湾固有種の多年草

四季の宿根草図鑑 決定版

新品価格
¥1,980から
(2023/9/3 00:04時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タカサゴユリユリ白い花初秋の花外来種

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

小さな鳥の大きな影響

 金剛山できれいな声で啼くきれいな鳥と出会いました。

 スズメくらいの大きさ。
 濃い空色の体と濃い緑色の頭。
 その境は自然なグラデーション。
 顔は目の周りが白く、首は濃い黄色。
 クチバシが差し色のような明るい赤。

ソウシチョウ

 ソウシチョウです。

 インド北部から中国東南アジアまでに分布。
 日本はその外。
 つまり外来種。
 しかも特定外来生物に指定されています。

 もちろんソウシチョウが日本にやってきたのは人間がつれてきたから。
 野山に放ったのも人間。

 有限の環境で外来種が増えるということは、同じところに住む他の生き物から食べ物や住むところを奪うことになります。
 そこに余裕がなければ。
 ペットなど本来そこにいない生き物を放つということは、その何倍もの生き物に長年に渡って影響を与えることになる、かもしれません。

帰化&外来植物 見分け方マニュアル950種

新品価格
¥4,950から
(2023/6/3 00:11時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ソウシチョウスズメくらいの鳥留鳥外来種特定外来生物

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

千三百年の古墳と茶の木

 小さな古墳。
 円墳
 六世紀中頃につくられたよう。
 石垣で囲まれていますが、千年以上経ているようには見えません。

古墳

 その上にはお茶の木。
 花が咲いています。

茶の木

 お茶は日本に持ち込まれた外来種。
 自家用に農家の庭や田畑や里山などによく植えられていました。
 今ではわざわさお茶にする手間をかけなくても簡単に買えます。
 しかもおいしい。
 そしていつしか忘れ去られ、野良化してしまいました。

チャノキ

 茶畑以外で見るお茶はだいたい野良お茶かもしれません。
 外来種だけに、お茶の木が生えていると、以前その周辺には人が住んでいた可能性があります。
 この古墳のお茶も野良お茶かもしれません。

チャノキ
茶の木
Camellia sinensis
ツツジ目 ツバキ科 ツバキ属の常緑低木

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: チャノキお茶古墳野良お茶外来種

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

アオイの仲間は外来種がいっぱい!

 マメアサガオと出会った大和川河口の堤防の内側。
 ほかにも外来種が多そうです。

 同じく道端で咲いていた白い花。

矢の根梵天花

 5枚の花びらが重なって、中心が濃い赤、いや赤紫?
 オシベかメシベかわからないものがぐちゃぐちゃとなっています。
 花からすると、アオイ科の草?

ヤノネボンテンカ

 調べてみると。
 アオイ科の植物は在来種も外来種も種類が多いのですが、大抵葉が広いか切れ込んでいます。
 細長い葉のものは、なかなか見つかりません。

Pavonia hastata

 結果。
 ヤノネボンテンカというカタカナで書いたらナンノコッチャという名前の外来種。
 南米原産。
 草と思ったら、草みたいな木。
 名前の由来は細い葉が梵天ににているから、とか。
 葉の根元のふくらみを蓮の花に見立て、その上に立っている姿に見えないことも。
 でも、それなら他の天でも神でも菩薩でもいいような。
 いや、不動明王とか千手観音菩薩とか普賢菩薩文殊菩薩とか無理そうですが。

 由来をもっと詳しく知りたくなってきます。

ヤノネボンテンカ
矢の根梵天花
Pavonia hastata
アオイ目 アオイ科 ヤノネボンテンカ属の常緑低木

帰化&外来植物 見分け方マニュアル950種

新品価格
¥4,950から
(2022/10/7 22:50時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤノネボンテンカ白い花秋の花アオイ科外来種大和川

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

秋に咲いていた白くて小さい朝顔

 大和川河口付近の堤防の下を歩いていると、金網にまきついた蔓に白い花。


 ちょっとしおれかかっているように見えますが、なんとなくアサガオっぽい。


 ここは埋立地。
 川からは堤防で隔てられている。
 ということは外来種っぽい。


 アサガオと同じヒルガオ科の白い花の外来種で探してみると。

 マメアサガオ。


 アサガオと同じナス目ヒルガオ科サツマイモ属。
 サツマイモにとても近い仲間。

 サツマイモは食べられますが、アサガオは有毒。
 マメアサガオはどちらでしょう?

マメアサガオ
豆朝顔
Ipomoea lacunosa
ナス目 ヒルガオ科 サツマイモ属の蔓性一年草
北アメリカ原産

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マメアサガオ白い花秋の花蔓植物外来種大和川

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

細くて小さいはかなそうな花。実は…… マツバウンラン

 小さな花咲いていました。


 大きさは1センチくらい。
 それが40センチくらいの細い茎の先の方についています。
 枝分かれもせず、ついてないかと思うほど小さい葉。
 花の色も薄い紫で、見過ごしてしまいそうな植物。

 でも、外来種。


 マツバウンラン。
 花の根元の細長い距が特徴。
 日当たりのいい場所を好むので、密かに身近で咲いているかもしれません。

マツバウンラン
松葉海蘭
Nuttallanthus canadensis
シソ目 オオバコ科 マツバウンラン属の一年草

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マツバウンラン紫の花春の花外来種

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

淡黄蘗色の花はキク科の花

 10月の公園で薄い黄色の花。
 淡黄蘗(うすきはだ)色でしょうか。

秋の野芥子

 まわりをたくさんの花びらで囲み、内側にオシベのようなものがいくつかあるキク科。
 キク科の黄色い花というとタンポポのような濃い黄色。
 これは薄い黄色。
 珍しい花?

アキノノゲシ

 いえいえ、ここは多くの人が訪れる公園。
 こんな道端に生えるのは、外来種にちがいありません。

 ということで、この花はアキノノゲシ。
 東南アジア原産の外来種でした。

アキノノゲシ
秋の野芥子、秋の野罌粟
Lactuca indica
キク目 キク科 タンポポ亜科 アキノノゲシ属

街で見かける 雑草・野草図鑑

新品価格
¥1,650から
(2021/11/4 23:35時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アキノノゲシキク科外来種黄色い花秋の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS