【 夏の花】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

実は真っ赤だけど花は薄い黄色 つちあけび

 梅雨明け頃の低山。
 ツチアケビが咲いていました。

Cyrtosia septentrionalis

 名前は「アケビ」ですが、ランの仲間。

土木通

 薄い黄色の見た目からもわかるように光合成をしない植物。
 地面の中にいる菌類から栄養をもらっています。
 というか、一方的にもらっているだけの寄生のようです。
 ランの仲間は発芽の時から菌類を利用しているので、ずっと寄生してても不思議には思いませんし、そういうランもけっこういます。

ツチアケビ

 ツチアケビのおもしろいところは、秋になる実。
 色はよく目立つ真っ赤、大きさはアケビくらい?
 キウイフルーツをちょっと小さくしたような感じ?
 ランの仲間の実としては結構大きい方かもしれません。

 真っ赤に実が熟す秋が楽しみです。

ツチアケビ
土木通
Cyrtosia septentrionalis
被子植物 単子葉類 キジカクシ目 ラン科 ツチアケビ属
日本固有種

日本のランハンドブック (1) 低地・低山編

新品価格
¥1,760から
(2022/8/7 00:00時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツチアケビ腐生植物夏の花黄色い花

関連記事
スポンサーサイト



theme : 山野草
genre : 趣味・実用

名は体を表しているわかりやすい大南蛮煙管

 岩湧山のオオナンバンギセル。
 山頂の茅場で咲いています。


 最初に見ときの感想が「でかっ!」
 名前の通り大きなナンバンギセル。


 ナンバンギセルと同じように寄生植物。
 一年草なので毎年同じところで咲くとは限りません。
 茅場は麓の集落によった管理されているので、登山道から外れることは禁止されています。
 来年もここで咲いてくれれば。


 ナンバンギセルの場合、環境が悪くなければ、毎年だいたい同じようなところで咲くので、来年の楽しみに。

オオナンバンギセル
大南蛮煙管
Aeginetia sinensis
ゴマノハグサ目 ハマウツボ科 ナンバンギセル属の一年草の寄生植物

ナンバンギセル(南蛮ギセル)

価格:1,320円
(2022/7/31 00:50時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオナンバンギセルナンバンギセル夏の花赤紫色の花寄生植物

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

タシロランと初めて出会うことがあれば、それはとんでもない偶然、かもしれません。

 今年もタシロランが咲きました。

Epipogium roseum

 タシロランは、光合成をせず、菌類から栄養をもらって生きる植物。
 地面の上に出るのは花を咲かせて種をばらまくため。
 芽を出してから枯れるまでがたった半月ほど。
 その時期に出会わなければ気付かない、ある意味めずらしい植物。

タシロラン

 ここでは毎年花が咲いていますが、微妙に場所が違っています。

 タシロランは多年草ですが、毎年花が咲くとは限りません。
 ここで毎年見られるのは、いくつもタシロランがあり、あえて咲く時期に行くから。

田代蘭

 タシロランと初めて出会うことがあれば、それはとんでもない偶然、かもしれません。

タシロラン
田代蘭
Epipogium roseum
ラン目 ラン科 トラキチラン属の多年草

日本のランハンドブック (1) 低地・低山編

新品価格
¥1,760から
(2022/7/14 00:27時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タシロラン夏の花白い花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

ネムノキの花は、おもしろくてきれいだな。

 ネムノキが咲いていました。

合歓の木

 ネムノキは高いので咲いていても気がつかなかったり、そもそもネムノキがあることに気付いていないことがあります。
 ここは道より低いところに生えていて、さらに上り坂があるのでそこから見れば、目線の位置で花を見られます。
 少し離れますが。

 細長くたくさんとび出たオシベが目立つかわった花。
 でも、マメ科。
 マメ科の花とぜんぜん違うようにみえるのは、花びらがなくなったため。

ネムノキ

 といわれても、なんかしっくりしませんが、葉を見れば羽状複葉。
 マメ科っぽい特徴です。
 ちょっとだけ違和感ありますが。

Albizia julibrissin

ネムノキ
合歓の木
Albizia julibrissin
マメ目 マメ科 ネムノキ属の落葉高木

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ネムノキ赤紫色の花夏の花マメ科

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

道端で咲いていても見逃してしまいそうな夕化粧は強か

 道端にピンク色の花が咲いていました。

夕化粧

 ユウゲショウ。
 漢字では「夕化粧」。
 午後になってから咲き始めることが由来とか。

 でも、出会ったのは朝。
 雨が振りそうな曇なので午後と間違えたのかもしれません。

ユウゲショウ

 きれいですが、外来種。
 明治時代に観賞用として持ち込まれて、それが野生化。
 たしかに草丈が低いのにわりと大きい花。
 鉢植えにするときれいでしょう。
 でも、今は多くの人に振り向かれない雑草になってしまいました。

 そんな状態で100年生き残っているのですから、見た目によらずかなりしたたかです。

ユウゲショウ
夕化粧
Oenothera rosea
フトモモ目 アカバナ科 マツヨイグサ属の多年草。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ユウゲショウピンク色の花夏の花アカバナ科

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

曇天と雫と ささゆり

 雨に濡れたささゆり。

ササユリ

 厚い雲で光は弱く、花もなにか沈んでいるように見えます。

笹百合

 ほのかな赤紫の花被片に並ぶ水滴。
 雨だからこその景色。


 ただ、湿気のためか香りが感じられないのがちょっと残念。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ササユリ白い花夏の花ユリ

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

藪の中の紫の実の花は、ちょっとだけ紫 やぶむらさき

 藪の縁で咲いていた小さい花。

Callicarpa mollis

 ヤブムラサキ。

ヤブムラサキ

 秋に紫色の実をつけるムラサキシキブの仲間。
 ただ、実につく萼や果柄が短い毛に覆われています。
 それでムラサキシキブやコムラサキのような観賞価値は無いと思われているのでしょう。
 見るからに自生しているようなものばかりです。

薮紫

 ヤブムラサキの花はきれいです。

ヤブムラサキ
薮紫
Callicarpa mollis
シソ目 シソ科 ムラサキシキブ属の落葉低木

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤブムラサキ夏の花赤紫色の花紫色の花

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS