【 夏の花】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

ノビル(野蒜)-下赤阪の棚田の植物

 野草で野菜で山菜の植物です。

植物界 被子植物門 単子葉類

ノビル(野蒜)Allium macrostemon

クサスギカズラ目 ヒガンバナ科 ネギ属
多年草
花期:5~6月 散形花序
草丈:60cm(花茎)
山菜
タグ:ノビル

野草で山菜で野菜の植物。

花を見ているとニラに似ていますが、同じネギ属。

花柄が長く、根元に瘤があります。
この瘤は珠芽(しゅが)。またはムカゴ。
種子ではありませんが、ここから芽を出し成長して増えていきますので、その意味では種子と同じものです。

珠芽から花がつかないネギっぽいものが生えていますが、これは新芽。
地面に落ちる前にもう成長を始めています。

ノビルには珠芽がたくさんできるものとそうでないものがあります。
このノビルはたくさんできる方のようです。

ノビルは花が咲いても種子ができなものが多いようですので、この珠芽と地下の鱗茎(りんけい)で増えることになります。

ノビルはネギやニラのように葉などを食べることができます。
ニラは有毒のスイセンと間違われて食中毒を起こすことがよくあります。

ノビルはニラよりも細く真ん中が厚くなる半月形。
よく見れはわかりますが、知識がないとスイセンと間違うかもしれません。

山菜採集は知識と注意が必要です。

植物界 被子植物門 単子葉類

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ノビル  下赤阪の棚田  下赤阪の棚田の植物  白い花  夏の花  珠芽  山菜  野菜 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

銀竜草が減ってちょっと残念な今年の梅雨の金剛山

 梅雨も後半。
 ギンリョウソウの季節です。
 ということで、金剛山に行ってきました。

 ギンリョウソウは金剛山では梅雨のころに現れる真っ白な植物。
 光合成をやめてしまい、地下でいろいろな植物とネットワークを作っている菌類に寄生している植物。
 漢字では「銀竜草」。
 鱗片状の葉をつけた茎とその先につく花を白い竜に見立てたもの、と言われます。
 ということで、竜ぽいようなな気がする銀龍草です。




 金剛山でギンリョウソウというと、メインルートの千早本道。
 三合目をすぎたあたりから山頂まで、登山道の左右の落葉の中や土留めの丸太の下から顔を出します。
 ところが、ここ数年千早本道の改修が進み、すっかり減ってしまいました。
 この日も最初に見かけたのは四合目を過ぎたあたり。
 その後は八合目まではほとんど見かけません。
 残念です。

 といっても、金剛山からギンリョウソウがなくなったわけではありません。
 時間がたては千早本道にも戻ってくるでしょう。
 きっと。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ギンリョウソウ  梅雨の花  夏の花  白い花  寄生植物  金剛山の花  金剛山の植物  金剛山  千早本道 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

初夏の山で出会った蘭 采配蘭

 春の花も一段落。
 落葉樹の葉も広がり、林床も薄暗くなってきた初夏。
 蘭と出会いました。


 まっすぐ伸びた花茎にちょっとうつむき加減の花が並んでいます。
 なんとなくキジカクシ科のような雰囲気ですが。
 花びらの根本のところを見ると、縦の溝がねじれています。


 これは花柄じゃなくて子房。
 子房がねじれて花の上下が逆になるのが蘭の特徴。
 果実が熟す間にねじれがなくなっていきます。
 ですから、この植物は蘭。

サイハイラン

 この蘭はサイハイラン(采配蘭)。
 戦いのとき指揮官が軍勢を指揮するときに使った采配に似ていることが由来。
 というには、采配が多すぎ、「船頭多くして船山に登る」になってしまいそうです。
 リーダーにとってちょっと縁起が悪い花かもしれません?


 この蘭も盗採が後を絶たず、数を減らしているようです。
 蘭は菌類と共生して生きる植物。
 ですから多くの蘭は栽培は困難。
 サイハイランもそのような蘭の一つ。
 盗採はいたずらに蘭を減らすだけ。
 もちろんそれ以前に犯罪です。

日本のランハンドブック (1) 低地・低山編

新品価格
¥1,728から
(2017/5/30 22:09時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: サイハイラン    初夏の花  夏の花  紫色の花  白い花 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

ちっちゃな富士山の谷で咲いてた赤紫色花びらが上下2枚に広がっている花

 大阪にある富士山の一つ、旗尾岳。
 富士山の七分の一ほどのちっさい富士山の北から西に流れる谷、才ノ神谷。
 そこで8月のはじめころに咲いていた、ちょっと小さな花。


 ちょっとだけ紫がかったピンクの花びらが上下に広がっています。
 でも、それぞれ形がちがっていて、花の真ん中に縦線を引いたら、左右対称になります(左右相称花)。
 葉は左右に対になって茎についている対生(たいせい)。
 どうもシソの仲間(シソ目)のようです。


 調べてみたら、ハグロソウ(葉黒草)。
 シソ目キツネノマゴ科ハグロソウ属の多年草。
 ちょっと暗くて、ちょっと湿った、林の中に生えます。


 名前の由来は、葉の色が濃く黒っぽく見えるから、らしいですが、それはちょっと誇大な表現かも。
 花を横から見ると、上下に開いた2枚の葉(苞)の間から細い筒状になってとびだし、その先が上下に広がります。
 関東より西の広葉樹林に分布する横から見るとおもしろい形の花です。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ハグロソウ  赤紫色の花  夏の花  キツネノマゴ科  旗尾岳  天見富士  和泉山脈 

関連記事

theme : 草花
genre : 趣味・実用

ネジバナのネジネジを決めるのは一体なんだろう?

 蘭なのに雑草のネジバナ。
 公園など草刈りがよくされるところに生えます。

彡巻のネジバナ

 ネジバナの特徴は、名前のように小さな花が花茎の上を螺旋(らせん)を描いて並んでいること。
 螺旋は、自然界ではよく目にすることで、たとえば巻貝の殻や、フジの蔓(つる)の巻き方などがあります。
 螺旋の重要な特徴は、巻の方向が必ずあること。「右巻き」「左巻き」です。
 ただ、右から巻くのが右巻きか、右へ巻いていくのが右巻きか、呼び方はとてもややこしかったりします。

 それで螺旋を扱う業界では、混乱を避けるためにそれぞれ呼び方を決めています。
 植物の蔓が巻くのをイメージして、「S巻」「Z巻」という呼び方がされることもありますが、全体で統一された呼び方はありません。
 IWO(いきもの は おもしろい!)では、もっと直感的にわかりやすいように、横から見たときの螺旋の方向を文字の形に見立て「ミ巻(みまき)」「彡巻(さんまき)」としています。

ミ巻のネジバナ

 さて、ネジバナの花の巻き方は、ミ巻なのか、彡巻なのか。
 それは、両方。
 出現する割合は、ほぼ半々と言われています。
 IWOでも2014年2015年に調べてみた結果、たしかにほぼ半々でした。
 そこで次に気になるのは、ミ巻彡巻は、どのようにして決まるのか。
 同じ株からは毎年同じ巻き方の花が咲くのか。

 ところが、ネジバナは多年草ですが、地面に出ている葉のひとかたまり(株)は1年で枯れてしまいます。
 花が咲いて実がなると、その株は枯れ、入れ替わるようにとなりから新しい葉が生えてきて、新しい株になります。
 地面の下でも古い根は枯れて、新しい根に入れかわります。
 毎年新しくなりますが、種を経ないで連続していますので、多年草。
 つまり、毎年咲いているのは株が変わっても同じ遺伝子のネジバナです。

ネジバナの根

 それで、同じ鉢に咲くネジバナの巻き方を追ってみると、みごとにばらばら。
 この鉢には根の塊を一つしか植えていないので、2株は同じ遺伝子のはず。
 種が落ちた可能性もありますが、1年では花は咲かないので、同じ根由来でしょう。


2016年
ミ―彡

2015年
彡―ミ

2014年
彡―彡

 巻貝やフジの蔓のように螺旋の向きが決まっている生き物は少なくありません。
 でも、ネジバナの巻き方は遺伝で決まるのではないようです。
 新しい株になると、葉の形などの性質も変わるそうなので、そういう「個性」の細かいところは、なにか外からの要因で決まるのでしょう。
 とはいえ、右か左に巻くか決める何かがあるはず。
 それが働かなかったのか、時折ねじれないネジバナもありますが。
 身近な雑草ですが、なかなか不思議がいっぱいのネジバナです。

【山野草】白花秋咲大輪ネジバナ

価格:820円
(2016/8/3 20:21時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ネジバナ    夏の花  赤紫色の花  螺旋 

関連記事

theme : 草花
genre : 趣味・実用

万両はともかく千両には負けない花は十両じゃなくて五千両だ! 藪柑子

 里山公園の錦織公園でヤブコウジ(藪柑子)の花が咲いていました。
 冬の間中赤い実をつける常緑樹ということで、縁起物として使われることも。
 それで別名は「十両」。
 マンリョウ(万両)やセンリョウ(千両)とともに、「両シリーズ」「小判シリーズ」のひとつ。


 里山の林床では珍しくはありませんが、小さい上に葉の陰で下向くに咲くのでなかなか気付かないかもしれません。
 ヤブコウジはツツジ目サクラソウ科。
 プリムラなど観賞用の花が多い科。
 同じサクラソウ科のマンリョウとはよく似てきれいな花。


 センリョウはコショウ目センリョウ科は、古いタイプの双子葉植物で、花弁も萼もない小さく地味な花。
 花で比べれば、十両(ヤブコウジ)のほうがきれい。
 だから万両と千両の間で五千両?


 ヤブコウジは常緑の小低木。
 「小低木」といっても、高さは20センチほど。
 木どころか、草よりも低い木。
 でも、見た目は木。
 例えるなら、盆栽の木。
 でも、ヤブコウジの本体は地面の下。
 地下茎を張り巡らせて、地面の上の部分が20センチほど。
 ですから、同じ所に何本ももまとまって生えているように見えます。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤブコウジ  白い花  夏の花  錦織公園  小判シリーズ 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

進化の途中の不思議な花? 真弓・檀

 5月の錦織公園の河内の里。
 マユミが小さな花を咲かせていました。

 マユミを調べてみると、雌雄異株。
 1本の木に雌花か雄花のどちらかしか咲かない木。
 そして錦織公園で咲いていたのは、長いオシベと小さなメシベ。
 雄花。
 ということは、雄株。

オシベが目立つので雄花?
マユミの花

 ところが。
 このマユミ、実がなります。
 数は少ないですが。
 ということは、雌株?

秋の同じ木には実がなっています
マユミの実

 ふたたびところが。
 ここに生えているのはこの1株のみ。
 公園中にもほかにマユミを見たことがありません。
 これは一体どういうこと?

 調べてみると、どうやらマユミはまだ雌雄異株に移る途中のようです。
 メシベのみが発達しているのが雌花。
 オシベのみが発達しているのが雄花。
 でも、それぞれオシベメシベが退化しきっていないので、実がなることもあるそうです。
 たしかにこのマユミは、花に対して実がものすごく少ないと思っていました。


 今は不思議なマユミも数十万年もすれば、完全に雌雄異株になるのでしょう。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マユミ  緑色の花  夏の花  赤い実  錦織公園 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる