【 変形菌】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

マクロ世界のツノホコリは、いい!

 梅雨も明け、夏真っ盛りの低山。
 倒木の一部が白くなっています。
 これは、ツノホコリ!


 ツノホコリは、原生粘菌とよばれる、アメーバの親戚です。
 よく粘菌とか変形菌と呼ばれる生き物の兄弟のような生き物です。

Ceratiomyxa fruticulosa var. fruticulosa

 白くカビのように見えますが、よーく見ると、面白い形をしています。
 種類によっていろいろな形がありますが、これは1本の柔らかそうな棒状のものがたくさん並んでいます。
 たぶんツノホコリ。

 マクロで撮影すると、ちいさくかわいい生き物です。

ツノホコリ

ツノホコリ
Ceratiomyxa fruticulosa var. fruticulosa
アメーボゾア 原生粘菌

日本変形菌類図鑑

新品価格
¥9,053から
(2020/8/9 23:41時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツノホコリアメーボゾア原生粘菌変形菌粘菌

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

梅雨 変形菌と食べる虫たち ふしぎがいっぱい

 梅雨は変形菌の季節。
 いや、他のシーズンもいるのですが、変形菌素人にとって梅雨は見つけやすい季節です。

 金剛山の千早本道八合五勺付近。
 たぶんクダホコリ。
 里山でもよく見かける普通の変形菌。


 よく見ると、小さな虫がいます。
 カタツムリは多分、コハクガイの仲間じゃないかと思います。
 その隣りにいるのは?


 昆虫のようですが、こんな小さい虫は、ほんとまったくわかりません。
 変形菌はそんなに栄養があるのでしょうか?
 変形菌はそんなにいつもあるようなものじゃないと思うのですが、食べ物は大丈夫なのでしょうか?
 ふしぎがいっぱいです。

変形菌 (Graphic voyage)

新品価格
¥3,278から
(2020/7/6 22:53時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: クダホコリ変形菌コハクガイ金剛山

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

秋の真夏日の低山の変形菌に集まった小さな小さな虫たち

 初秋の真夏日に出会った変形菌
 いろんな虫があつまっていました。

この記事にはの画像があります。


 小さな小さな虫たち。
 きっと変形菌を食べに来たのでしょう。
 彼らにとっては、変形菌は大きな大きな山ですから。

マメホコリ

 ただ、小さい虫はハンディの本はもちろんネットでもなかなか名前を見つけることができません。
 ということで、「だいたい」「だろう」となっています。

 マルトビムシの仲間?
 内顎類と呼ばれる、狭い意味では昆虫でないトビムシの仲間。
 「古いタイプの昆虫」とも呼ばれていますが、トビムシの仲間は個体数は昆虫の中で最も多いと言われることもあります。

マルトビムシ

 イボトビムシの仲間?
 こちらもトビムシの仲間。
 お腹に跳躍器があってまるで消えるように跳ぶのがトビムシの由来ですが、イボトビムシは跳躍器を持たないので跳べません。

イボトビムシ

 小さな甲虫。
 カブトムシの仲間の甲虫は、昆虫の中でももっとも種が多いと言われます。
 だからでしょうか、こんな小さな甲虫はなかなか名前を見つけることができません。
 というか、何科なのかもわかりません。

甲虫

 小さな小さな虫たち。
 日頃は目にすることはありませんが、ちゃんといます。

落ち葉の下の小さな生き物ハンドブック

新品価格
¥1,728から
(2019/9/15 20:51時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マルトビムシイボトビムシ甲虫内額類マメホコリ変形菌

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

秋の真夏日の低山の変形菌 まめほこり

 秋の低山。
 といっても9月なのでまだまだ真夏のような暑い日が続いていましたが。

 変形菌。
 倒木の上。


 薄いピンク色で表面はつぶつぶ。
 丸い形でかたまっています。


 多分、マメホコリ?

 今まで見たことがあるマメホコリはもう少し赤みが強かったような。

 でも、老菌らしきものはそっくりなので、マメホコリでよさそうな。


 小さな変形体よりももっと小さな虫が集まっている秋の変形菌です。

変形菌 (Graphic voyage)

新品価格
¥3,218から
(2019/9/11 23:59時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マメホコリ変形菌粘菌秋の変形菌

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

黄色い網のような大きな単細胞生物 変形菌

 これも梅雨明け直後の金剛山。
 登山道の脇に黄色い網状の生物が。
 変形菌の、多分モジホコリの仲間。
 その変形体。

変形菌

 変形体は、あちこち移動してバクテリアなどを食べます。
 ですから、変形体はどの変形菌もとる姿のはずですが、だいたい眼にするのはこのモジホコリの仲間ばかり。
 理由はよくわかりませんが、普通の変形菌は朽木の中や落ち葉の下など目に見えないところを徘徊し、モジホコリの仲間は目立とところを徘徊するのでしょうか。

モジホコリ

 この黄色い塊で一つの細胞。
 単細胞生物です。
 といっても、複数の細胞が一つに融合したもので、細胞核はたくさんあります。
 細胞がたくさん集まって、細胞の区切りを取っ払って、中身をみんな一緒にしてしまったもの。

変形体

 なんかすごい究極の平和生物。
 ところが、一つになれるのは遺伝的にとても近い仲間だけで、同じ種類でも遺伝的にはなれた細胞とは一つになれないようです。
 なかなか生き物が持つ垣根を取り払うのは難しそうです。

日本変形菌類図鑑

新品価格
¥8,888から
(2019/8/9 21:56時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: モジホコリ変形菌変形体金剛山の変形菌金剛山

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

今年の梅雨の変形菌 かな?

 去年も今年も天気と都合が合わず、なかなか梅雨の変形菌探しができませんでした。

 変形菌は、粘菌とも呼ばれる生き物。
 胞子から生まれた小さなアメーバが、スライムのように集まって大きなアメーバになリあちこち移動して食べ物を食べます。
 あるときカビのような、または小さなキノコのようなものを作って胞子を飛ばします。

 変形菌は年中見られるもののようですが、未だ初心者なので梅雨と秋雨の季節が中心になってしまいます。
 今年、やっと出会えて変形菌?
 マメホコリの幼菌?


 マメホコリはいくつもまとまってできるタイプなのに、たった一つだけというのが気になります。
 1センチもないので、キノコではなく変形菌だと思うのですが。

マメホコリ

 昔は初心者でも変形菌を見つけやすい朽ちた切り株がたくさんあったのですが、それがことごとく壊されてしまいました。
 自治体の公園ですので、来園者の安全を確保するために手入れをすることは当然のことだと思いますが、特に通行のじゃまにならないのに。
 というか、じゃまにならなから朽ちるまでほっとかれたのでしょう。

 ここは2年ほど前から自然環境を破壊する方向に管理が進んでいて、さまざまな生き物が見られなくなってきています。
 年々、ここに来るのはやめようかな、と思う回数が増えてきています。

 残念です。

変形菌 (Graphic voyage)

新品価格
¥3,218から
(2019/8/3 22:06時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マメホコリ変形菌粘菌梅雨の変形菌錦織公園の変形菌錦織公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ツノホコリは拡大して見るとけっこういい!

 梅雨明けの金剛山。
 もう変形菌はだめだろうな、と思っていたら、ツノゴケが。
 ツノゴケは変形菌とも原生粘菌ともいわれるはっきりしないいきもの。
 見た目がよく似ているので、専門家でなければ、「粘菌」や「変形菌」の仲間と思ってもいいんじゃないかな、と思います。

 ツノゴケや変形菌は昔は「粘菌」とよばれていました。
 たくさんの細胞が一つにまとまった大きな単細胞生物。
 ゆっくりと移動し、ある時カビのようになって胞子を飛ばします。
 なかなかおもしろい生き物です。

 エダナシツノホコリ?


胞子をつくる変形体

 タマツノホコリ?


おもしろい構造の変形体

変形体完成直前?

これから変形体になろうとかたまったところ?

 ひとつのかたまりが1センチあるのかないのかという小さな生き物ですが、たくさんの突起などで複雑な形がきれいな生き物です。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: エダナシツノホコリタマツノホコリツノホコリ原生粘菌変形菌粘菌金剛山

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる