【 哺乳類】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

姿は見えないけれど実は身近な野生の哺乳類 油蝙蝠(あぶらこうもり)

 コウモリがいました。
 夏の昼間。
 建物の壁にへばりついていました。
 コウモリは夜行性。
 隠れ家に帰ることができなかったのでしょう。


 人間がつくった建物に住むのは、日本ではアブラコウモリのみ。
 アブラコウモリで間違いないでしょう。
 漢字では油蝙蝠。
 学名はPipistrellus abramus
 コウモリ目(翼手目) ヒナコウモリ科 アブラコウモリ属の哺乳類。
 頭からお尻までの長さは38~60mm。


 アブラコウモリの特徴は、なんといっても人間の家や人間がつくった建物に住むこと。
 都市部にも住み、逆に人がいない洞窟などで見かけることはほとんどないそうです。
 ですから、最も身近なコウモリ。


 夜になって空を見上げたとき、ひらひらと鳥のようなものが飛んでいるのが見られたら、それは多分アブラコウモリです。

顔はコウモリのイメージと全然ちがい結構かわいい

コウモリ識別ハンドブック 改訂版

新品価格
¥1,620から
(2018/9/21 22:53時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アブラコウモリコウモリ哺乳類

関連記事
スポンサーサイト



theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

アライさん ついに姿を現す!

 一度行くと使いきれないほどのネタが転がっていている錦織公園。
 今回はアライさんこと、アライグマのおはなし。

 アライグマは北アメリカから中央アメリカにかけてが原産地。
 つまり、日本にいるのは外来種。
 公園では足跡は何度か目撃していますが、姿を見たことはありません。

左が前足で右が後足
アライグマの足跡

 アライグマは食肉目(ネコ目)アライグマ科アライグマ属の哺乳類。
 ただの外来種じゃなくて、「特定外来生物」に指定され、さらに「総合的に対策が必要な外来種」の「緊急対策外来種」や「日本の侵略的外来種ワースト100」にも指定される、外来生物三冠のツワモノです。

 先日、目の前をネコのような生き物が駆け抜けていきました。
 立ち止まったときによく見ると、しましま模様のもふもふしっぽ。
 アライグマです。

柵の下からこちらを伺うアライさん

 タヌキをすっきりさせたような姿はかわいいですが、特定外生成物。
 無許可の飼育や移動などが禁止されています。
 また、人間に伝染する恐れのある病原体を持っている可能性もありますので、見るだけにしましょう。

藪の中からこちらを伺うアライさん

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アライグマ食肉目哺乳類錦織公園錦織公園の脊椎動物アライさん特定外来生物総合的に対策が必要な外来種緊急対策外来種日本の侵略的外来種ワースト100

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

ぬいぐるみみたいなウォンバットと出会える五月山動物園

 大阪府池田市の五月山動物園。
 日本で二番目に小さいと言われる動物園ですが、無料。
 そして、日本では数少ないウォンバットを見ることができる場所。
 五月山動物園にいるのは、ヒメウォンバット。

小さいけど無料でウォンバットが見られる五月山動物園

 ウォンバットはオーストラリアに住む哺乳類。
 オーストラリア大陸は恐竜がいた中生代白亜紀末にほかの大陸と別れ、恐竜絶滅後独自の進化をしました。
 そのため、有袋類という、人間を含む有胎盤類とはちがう哺乳類が繁栄しています。
 白亜紀後期に現れた有袋類はほかの大陸にも広く分布していましたが、恐竜絶滅後に現れた新しい哺乳類の有胎盤類との競争に負け、各地で絶滅。
 オーストラリアは有胎盤類が誕生した大陸から遠くはなれていたので、有袋類は多様化しました。
 その一つがウォンバット。

ぬいぐるみみたいなヒメウォンバットのフク

ヒメウォンバットの分類の位置
動物界
脊索動物門
脊椎動物亜門
哺乳綱
後獣下綱真獣下綱
有袋上目有胎盤類
双前歯目ウマ
ヒツジ
ウサギ
トラ
 カンガルー科
ウォンバット科コアラ科カンガルー
ワラビー
ヒメウォンバット属ケバナウォンバット属コアラ

 ヒメウォンバットは草食で、室内犬くらいの大きさ。
 全体がころころしていて、まるでくまのぬいぐるみが動いているよう。

顔もかわいい

 五月山動物園は、オーストラリア以外で最初にウォンバットの繁殖に成功した動物園。
 展示場の近くの五月山ギャラリーではヒメウォンバットについての展示があります。
 そこにはヒメウォンバットの骨格標本や剥製もあります。

五月山ギャラリーでは標本を展示

 五月山動物園、大阪府池田市にある日本で2番めに小さいと言われる、ヒメウォンバット以外にもワラビーやエミューなどオーストラリア率が高い動物園です。

■参考外部リンク■
五月山動物園 公式サイト [SATSUKIYAMA ZOO]

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウォンバットヒメウォンバット五月山動物園哺乳類有袋類

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

世界で最初のウォンバットが…… 五月山動物園


 2011年12月1日、大阪の池田市にある池田市立五月山(さつきやま)動物園でウォンバットの「サツキ」が亡くなりました。



 ウォンバットはオーストラリアにいる、袋で子供を育てる有袋類(ゆうたいるい)と呼ばれる哺乳類(ほにゅうるい)の一種です。

 有名な動物で言うと、カンガルーやコアラの仲間になります。

 五月山動物園は、オーストラリア以外で世界ではじめてウォンバットの繁殖に成功した動物園です。

 そのウォンバットが「サツキ」。

 サツキは19歳。

 ウォンバットの寿命はわかりませんが、サツキの両親は動物園で健在ですから、早い死だったとはまちがいないでしょう。


五月山動物園のウォンバットその1(2009年11月)
五月山動物園のウォンバットその1(2009年11月)




 日本で2番目に小さいといわれる動物園。

 確かに小さいですが入場は無料。

 ウォンバットもサツキの両親を含めてまだ3頭います。

 まるで熊のぬいぐるみのようなウォンバット日本で出会える数少ない場所のひとつ。

 それが池田市立五月山動物園です。


五月山動物園のウォンバットその2(2009年11月)
五月山動物園のウォンバットその2(2009年11月)




 動物園の役割の一つに、数が少ない動物の繁殖があります。

 人気者のウォンバットのサツキが短い一生を終えてしまったのは残念ですが、19年間育てた経験を次の機会に生かしてほしいと思います。



※五月山動物園には2009年に行きましたが、ウォンバットが目的ではなかったので、残念ながら写真のウォンバットがサツキかどうかはわかりません。



■外部リンク■
五月山動物園 公式サイト [SATSUKIYAMA ZOO]
池田市観光協会/五月山ハイキングとウォンバットのいる動物園


PLANTOYS ウォンバット

新品価格
¥3,570から
(2011/12/2 17:55時点)

ウォンバット No.3248

新品価格
¥4,620から
(2011/12/2 17:29時点)


◆関連タグ◆ 〔動物園〕

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウォンバット五月山動物園哺乳類有袋類

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS